« クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) | トップページ | クルマ散策:フランクフルトショー雑感(その他) »

クルマ散策:フランクフルトショー雑感(イタリア編)

Photo

 信頼性が高く使い勝手のいい2代目のパンダがふつうにヒットしたのは、イタリア人にとってこのクルマが道具そのものだから、らしい。日本で傑作と言われようと、自国で初代の残存数が非常に少ないのは、もしかしたらそのためなのかも。

 それにしたってこの3代目は酷い。パンダらしくないという2代目だって、ベルトーネによるトールスタイルは、そういう目で見なければなかなかまとまりがよかった。けれども、これはどんな目で見てもイケナイ。

 500は例外として、最近のフィアット社内デザインのユルユルな面処理が全開な感じで、どうにもつかみどころがないんである。このところ内外装の質感を上げるコツは掴んだみたいなので、この緩さは余計に残念だ。

Photo_2

 マセラティのクーバンは、まあどう見てもイタルデザイン・コンセプトが基本ネタだ。けれども、サイドのキャラクターラインをはじめ、ホークアイなヘッドランプなど、単にいまどきのエッジを利かせたボディへ化粧直しをするのに、8年間は長すぎた。

 さらにボディ細部へクアトロポルテの香りを散りばめたりしているけれど、この表面上のアップデートは、残念ながら8年前の提案を越えていないんである。まだコンセプトとはいえ、そういうレベルで出てきてしまったのが惜しいところだ。

 もっとも、マラネロ製の新エンジンとか、クーバンを買うような層へのウリはべつにあるのかもしれないけど。

 アルファは4Cコンセプトを再登場させたけど、もう本格的にこっち方面に行くってことなんだろうか。

C

 8Cの評判に気をよくしたか、コンパクトハッチであるミトでこそ同方向でも破綻はしなかったけれど、5ドアのジュリエッタはひどく緩慢で、未消化な部分が多いのが気になったんである。

 ミト並のコンパクトさ故か、4Cもまた破綻しているとは思わないけれど、いささか演出過剰気味だ。で、問題なのは、その演出方向が明快じゃないというか”思いつき感”に溢れているところ。

 アルファはスポーティなメーカーだけど、スポーツカーメーカーじゃない。159の後継をはじめ、実用車の今後がよく見えないのが不安なんである。

 しかし、クライスラー顔になっちゃったランチア・イプシロンもそうだけど、最近のイタリア車、大丈夫なのかな?

|

« クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) | トップページ | クルマ散策:フランクフルトショー雑感(その他) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

今のイタリア車≒フィアットグループは、ほとんどがチェントロスティーレでやっちゃうから、みなユルいんでしょうね。
確かにパンダは実車で見てもキープコンセプトなのに、仕上げはそんなによくなかったですね。ボクはインテリアの妙に四角張ったディテールが気に食わなかったですが…パンダのFMCはどうみてもツインエア搭載のために行ったとしか思えません。それ以外見るとこなし!
まぁアルファオーナーとして、新型ジュリエッタの名誉?のために言わせてもらうと、実車は写真ほど面の処理はそんなにユルくはないかと…リアに行くと意外と絞れている。フロントマスクは寝そべって、ボテっとしちゃってあまりよくないですが。
でも、ジウジアーロがVWに吸収されちゃったのは、イタリア車≒フィアットグループにとっては、いざという時デザインをちゃんと処理してくれるという意味で損失でしたね。アルファデザインを救うには、VWの会長が欲しがっているとおりアルファを買収するしかないでしょう?
ピニンファリーナもそんなに活躍する場がなさそうだし、ザガートを活かすにしても完全にニッチでしか使えそうにない。まぁいずれチェントロスティーレだけではニッチもサッチも行かなくなるでしょう。
それよりフィット本体がちょっとヤバい気がします。

投稿: アクシオム | 2011年9月27日 (火) 21時06分

「おまえはプレオか!」と思わず突っ込みたくなるニューパンダ。(笑)
緩やかに弧を描くルーフライン。センス良いカラーリングも相まって明らかに小粋、オシャレオーラを発していた先代パンダが好きでした。
周辺諸国に圧倒されているからなのか何なのか、ほんとイタ車が痛車化(?)の混迷期といえそうですね。

投稿: knock | 2011年9月27日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/42068100

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:フランクフルトショー雑感(イタリア編):

« クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) | トップページ | クルマ散策:フランクフルトショー雑感(その他) »