« 雑誌ナナメ読み:若手も御用記事? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 »

クルマ散策:「3高」?、いえ「3低」で

Photo

 あるサイトのアンケート報告で、最近のクルマの購入傾向として「3低」傾向にあることが指摘されていた。即ち「低価格」「低燃費」「低維持費」なんだそうで。

 牛丼1杯250円のデフレ?時代に、クルマだってお安くといのは自然な流れだ。だた、一体いくらなら「低価格」なのかはユーザーのお財布状態によって違ってくるから、まあ安易な線引きはできないんである。

 僕なんかはコンパクトカーの100万円台前半がパッと頭に浮かぶけれど、絶好調のプリウスは200万円オーバーだし。もちろん、この場合は「低燃費」が絡んでくるからやっぱり「3低」なのかもしれないけど。

 その「低燃費」は数年前のガソリン高騰あたりからユーザーの意識を変えてきたようだけど、ちょうどその頃から新車の燃費性能が急激に上がってきたこともあるかと。ちょっと前まで、カローラクラスでさえATなら平気でリッター10キロを切っていたような状況が、ふつうに13、4キロ走ってくれるような変化。そしてハイブリッドがこれを後押しした。

 「低維持費」はふつうに考えれば軽自動車なんだろうけど、これもダウンサイジングを考えればもう少し幅があるかもしれない。そもそも、故障の少ない日本車自体が以前から低維持費車とも言えるだろうし。

 じゃあ「3低」はまったく報告のとおりじゃないか、となるところだけど、どうも記事の行間からは、同時に「低品質」というオマケが読み取れるのが気になるんである。

 目に見えるコストダウンといえばタイ製のマーチが話題の筆頭だけど、国内製だってヴィッツやパッソ・ブーンなんかも結構すごいことになっている。

 それに、ある雑誌では新興国で生産されるコンパクトカー、たとえばトヨタのエティオスなんかは日本でも売るべきだと訴える評論家もいるから、そうなればこの方向はさらに加速する。

 80年代、北米を中心に反感を買った日本車の特徴は「個性はないけど安くて壊れない」だった。じゃあ、低品質だったかといえばそれは違うと思う。もちろん、20~30年前なりのチープさはあっても、ことさら安物を目指していたわけじゃないと。さらに、北米ユーザーが当時日本車を選んだのは、小型軽量故の燃費のよさがあった。

 つまり、もうずいぶん前から日本車は低価格・低燃費・低維持費の3拍子が揃っていたし、可能な範囲での品質管理もできていたんである。だから、それから四半世紀を経た現在は、日進月歩の技術向上によって、それはそれは素晴らしい「3低」車が溢れている筈、だった。

 なんだけれど、現実は少々違って、単に安易なコストダウン方面へ傾いてしまったみたいだ。もちろん、スイフトやデミオのような良品もあるけれど、当時の勢いで四半世紀をかけた「成長」はほとんど見られず、軽にしてもわずかな規格変更に縛られて歩みが加速しない。

 メーカーがそういうことをやれば、ユーザーは「クルマなんか動けば何でもいいや」となるだろうし、「とにかくお金のかからないやつ」にもなる。じゃあもっと安いクルマをとメーカーが考えれば、もう完全に悪循環だ。そりゃあ、クルマ離れだって起こるわな。

 「3低」は日本車の武器ですらあると思うけれど、僕が考えていた2011年の「3低」はいまみたいなクルマじゃない。それは一体何が原因なんだろう?

 メーカーの怠慢か、動かし難い市場原理か。それとも御用評論家を含めたメディアなのか、あるいはもしかして僕らユーザー自身にあるんだろうか?

|

« 雑誌ナナメ読み:若手も御用記事? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

国産メーカーも色々とやってはいるけど、やっぱり現実対処型で、未来をみているけど、そんなに前向きじゃないっすね。
低燃費、低負荷、低コストを追求していたら、低質感、低魅力、低ブランドになっちゃった。それだったら、使う方もいっそのこと所有せず、使う時だけ借りちゃおう!そうだ、レンタカー品質でいいぞ!ってなわけで、コンパクトカーは見切られていくわけですね。

メディアは…メーカーさんと共謀して、クルマが売れるように仕向けているつもりでも、結局ニュースで垂れ流される政治ショウと同じで、見透かされて国民からそっぽを向かれるわけです。
そういえば、今日買った自動車雑誌にはメーカーの広告が27年間掲載されていないそうです。そこにはすぎもとさんのお名前もございましたので、これから拝読いたします。

投稿: アクシオム | 2011年8月26日 (金) 23時52分

日本国内に目を向けて考えると、問題は低価格を売りにする土台だった低人件費や為替面での優位性が崩壊きていることに加えて、雇用や賃金面の格差拡大や経済成長や賃金上昇が見込めない現在の社会情勢、高すぎる自動車関連税制などなど、車の購入意欲が削がれてしまっても仕方がない社会情勢もいい加減、再考しないといけない時期かと。こういう枠組みにメスを入れることなく、その枠組みにおいて旧来的な価値観の元、中長期的
なビジョンが欠落した、場当たり的な施策を繰り返した所でなかなか出口は見えないように思います。

投稿: AK23 | 2011年8月27日 (土) 10時40分

社会経済の面などから見れば色々理由もあると思いますが、もう一つ自動車ジャーナリストの諸先輩方たちの犯した大きなミスリードもあると思いますよ。
趣味道楽で車を乗ることが社会悪のように言われるマスコミなどに対しても、明確な意思表示をされなかったライターの方たちが結構居ましたから。
素人である一般読者とマニア読者をごっちゃにして記事を書いてる人も居たりしてね。
一例を上げればGT-Rやランエボ、インプSTIの記事などにも最後の方に「実に素晴らしい性能だが、もう少し乗り心地と燃費が」などと言う記述があったりしてね。もう意味不明です。
一種の免罪符のつもりなのかも知れませんが、結局そういうので読者の中には走行性能より燃費、操縦性より乗り心地と真に受ける人も少なくはないわけで。
そう言う車ばかりになってしまうというか、そう言う車しか売れない状況にした責任の一端はあるように思います。
大メーカーも「ユーザー教育なんて考えることはないし。売れ筋作って手っ取り早く儲けましょう」的なクルマづくりをしてきたわけです。
いろんな意味で国内ユーザーは舐められていると思いますよ。

投稿: nobol | 2011年8月30日 (火) 01時05分

アクシオムさん

レンタカー品質! たしかにそうですね。健全なメディアの衰退は、音楽なんかと一緒で
「流行」にならないと売れない、という極端な市場に向かってしまいます。いいモノって何
なのかが語られない市場です。

AK23さん

年金もエネルギー政策も、震災復興もそうですけど、根本的な部分に切り込まないのは
もはや日本の特性なのかと思います。それでも政治家や官僚、大手メディアに比べれば
結局は民間が頑張っているのも日本なんでしょうけど。

nobolさん

たしかに仰るとおりですね。結局、クルマを「お得」という選択を上回る存在にしてこなか
った。自動車大国でありながら、ユーザーの選択理由が極めて狭い妙な市場ですね。
まあ、モノの善し悪しを見極める目がないというのは、とくにクルマに限った話ではない
ようですけど・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年9月 5日 (月) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/41330097

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:「3高」?、いえ「3低」で:

« 雑誌ナナメ読み:若手も御用記事? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 »