« クルマ散策:拙書お分けします | トップページ | クルマの他:週末の珈琲とライブ »

新車心象風景:マツダ・デミオ(マイナーチェンジ)

Demio

 実際にメインは欧州市場なんだけど、商品展開もたしかに欧州っぽいと思わせるんである。

 社運を賭けた?らしいスカイアクティブ技術を、仮にエンジンだけとは言え、マイナーチェンジモデルから始めるのが、まずそれっぽい。トヨタや日産あたりなら新型車なりフルモデルチェンジに合わせそうということで。

 そもそも、例のファミリーフェイスへの変更だけじゃなく、今回は足回りやボディにまで手を入れているから、もう本来それだけでマイナーチェンジとしては十分なメニューになっていたのに。

 ただ、マイナーチェンジが販売の”テコ入れ”だとするなら、逆に言えばこんなに強力なアイテムはないんである。日進月歩のエンジン技術、いいものはすぐに載せるというやり方は、ここでも欧州流だと。

 もちろん、現行デミオの出来がよくて、4年を迎えても基本的な商品力が落ちていないっていう前提はあると思う。この秀作をこのまま放置するのはあまりにもったいないものね。

 ところで、その欧州風云々を別にしても、このマイナーチェンジで感じるところがふたつほどある。

 まずは品揃えの話で、このスカイアクティブの次の展開がアクセラと聞くと、やっぱりせめてもう1車種コンパクトが欲しいな、と。

 あ、高級コンパクトを狙ったベリーサがあるんだけど、あれはどうも立ち位置が中途半端で。デミオがあるなら、もう少しスペース系の、たとえばノートやラクティス、あるいはフィットシャトル、もしかしたらティーダ方面でもいいかもしれない。

 とにかく、せっかく燃費に優れた技術を持ったのであれば、その展開としてデミオとアクセラの間を埋める5ナンバーがあればいいのにと思う。もちろん、妙に日本市場に媚びたクルマである必要はないけれど。

 それと、もうひとつはリッター「30キロ」という数字だ。

 スカイアクティブという印象的なネーミングや、圧縮比14という先進技術のアピールで「すごい」ことになっているんだけど、こうして30キロが連呼されると、実は個人的に?な感じなんである。

 いや、たとえばこの30キロは他にもアイドリングストップや空気の整流、ミッションの改良とか、もう色々な工夫を凝らしての数字でしょう。それで「HVじゃないのに30キロ!」っていうのがどうもピンと来なくて。

 たとえば、アイドリングストップだの低燃費タイヤだのということなら、とくに最新技術を謳っていないヴィッツだってリッター27キロでしょ。安物扱いのマーチだって26.5キロ。

 その3キロが大変なんだ!というエンジニアの声が聞こえてきそうだけど、ユーザーにとってはどうもね。たしかに30キロの”大台”に乗ったのは印象的だけど、だからってことさら特別扱いはどうなんだろう。

 もちろん、ここでは実燃費という問題もある。

 ほぼ同時に発表されたダイハツのe:Sテクノロジーもやっぱり30キロオーバーだけど、あっちはJC08モード。ところが、コールドスタートのJC08にしたってせいぜい1割程度の違いしかなくて、6掛けが当たり前の10.15を考えればまだまだ甘い。

 さらに、HVについては異なる動力源を持つクルマを他と同じ基準で測定するのもいかがなものか、という話もある。

 今後、自動車生産主要6カ国で統一基準を設けるらしいけれど、そのあたりの整理なしで、27キロとか30キロという数字ばかりを追いかけているのは、まあ経済ニュース方面はいいんだろうけど、クルマファンとしてはチョットね。

|

« クルマ散策:拙書お分けします | トップページ | クルマの他:週末の珈琲とライブ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

スカイアクティブの次の展開はアテンザとCX-5ではないでしょうか.
 アクセラはさすがにフルモデルチェンジしたばかりですし.

CX-5は今年のプロ野球オールスターゲームのMVPの賞品にもなってますね.

投稿: akira isida | 2011年7月24日 (日) 17時39分

乗ってきましたが、デミオの燃費、結構がっかりですよ。
試乗用で、短距離とはいえ、10km/l割る燃費。しかも、いくら猛暑とはいえ15分の試乗でアイドリングストップが一度も作動せず。これ結構問題かと…
燃費でアピールさせる試乗となると、もうすこし長く走らせ、街中じゃなく、郊外でなんてことになると、あまり意味もないし。

やっぱり実用燃費で結果を出せるのは、HVになってしまう。
ホンダのようなHVとスカイアクティブを組み合わせにしないと、効果がでないのかもしれません。

デミオとアクセラの隙間を埋める車種の追加も含め、今のマツダはこのスカイアクティブで成功しないと、かなり厳しいかと…
フォードも当てにできないし、使えない。しかし、単独で自力でやるにしては資金も戦略もイマイチ。さて次はどうやら?

投稿: アクシオム | 2011年7月24日 (日) 20時40分

akira isida様
すでに北米仕様アクセラのマイナーチェンジ版が発表されていて、エンジンとミッション、i-Stopの進化版でスカイアクティブをやるようです。日本国内は今秋発売みたいです。
噂によると、ミッションは6速ATのスカイドライブになるとも…
フルスカイアクティブは、CX-5かアテンザ、もしくは次期デミオとも言われているようですが…

投稿: アクシオム | 2011年7月25日 (月) 19時13分

私は、マツダにご縁があったのと、今、一番国産車のメーカーで「車が好きな人」ががんばっている感じがあるので、贔屓しちゃいますよ~

スタイル・デザイン云々が取り上げられることが多いマツダですが、前にも書いたようにデザイン自体はあまり評価していませんbleah

が、他社が安易なハイブリッド等々で(マツダはトヨタから貰いますが)お茶を濁している間に、しっかり自分たちのできる範囲でやれることからやり、商品を出しただけでも、オメデトウと言いたいです。 

他国がエンジンの開発に血道をあげている中、日本だけ「ハイブリッド」ばかりが売れているって実際に危機感を感じているので、なおさらです。

ハイブリッドでも初代プリウスは、やはり、出したことに意義がある車でした。
マツダ一連のスカイアクティブも、やっとエンジンが出た所です。 長い目で見てあげたいなーと言う気持ちです。 リッター30キロを売りにするのは許してやってください。 ここで踏ん張らないと、日本車自体が終わる気がします。今、一番「男気」があるマツダ、「エ~ッ」と言う前に「もっとできる!」と励ましても良いのでは?

投稿: ぷじお | 2011年7月27日 (水) 00時28分

akira ishidaさん

こんにちは。
アクセラが意外に早く搭載という話がありますよ。それにしても
これから発売されるクルマから賞品を選べるとは・・・。

アクシオムさん

そうですか、10キロ割りましたか。まあ、条件にもよるのでしょう
が、ポロのように飛び道具がなくても高値安定の燃費車もあるわ
けですしね。プジョーがディーゼルハイブリッドをやってますけど、
スカイアクティブ+HVが本命のような気がしますね。

ぷじおさん

スカイアクティブはエンジン以外のミッションやボディにまで至る
そうですが、商売として成功するには理想値ではなく、やっぱり
実燃費に目を向けた開発が必要な気がします。VWの小排気量
+過給器は、「踏み込まなくてもいい」という現実に即した発想が
いい結果を招いているのでは、とか。

僕もマツダは好きですから、志だけで終わってほしくないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年7月27日 (水) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/40935643

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・デミオ(マイナーチェンジ):

« クルマ散策:拙書お分けします | トップページ | クルマの他:週末の珈琲とライブ »