« 新車心象風景:ホンダ・フィットシャトル | トップページ | 新車心象風景:日産・ラフェスタ・ハイウェイスター »

新車心象風景:トヨタ・プリウスα

Prius

  この震災で実車もなかなか用意できないのに、すでに5万台近い受注を記録したのは、やっぱりプリウスというブランド力なんだと思う。

 で、そのブランド力がポイントだ。

 もともと現行プリウスの掟破りな価格設定は、他社はもちろん、自社のミディアムクラス車の存在すら危うくすると言われていた。実際、同じような金額を出すならマークXよりいいや、というユーザーは少なくないと思う。

 そうして投入したαはウィッシュやアイシス、他社ではストリームだのプレマシーといったミニバンはもとより、レガシィのようなワゴンまでも相当な影響を与えているんだと思う。

 さらに、年末頃に発売といわれるコンパクト版の「C」では、ヴィッツやラクティス、他社ではマーチはもちろん、いよいよフィットも射程に入れて「根こそぎ」なんて声もある。

 ただ、そうやって同クラスの上級車種と変わらない値付けができるほどHVシステム=THSⅡが”普通”の動力源になったとき、プリウスブランド以外のクルマの魅力は何だろう、って話なんである。

 トヨタはαを輸出前提で作ったけれど、じゃあ国内ではべつにアイシスHVでよかったかと言えば、やっぱりプリウスだからこその爆発的受注なんだと思う。

 実際、レクサスHSの廉価版であるSAIは、HV専用車であるにも関わらず苦戦中だ。これが、顔つきを変えてプリウスS(セダン)として売っていたら、状況は大きく変わっていたんじゃないかと。

 同じく、仮にCが150~160万円で登場、大ヒットしたとして、じゃあヴィッツHVを同じ値段で出したら同様に売れるかっていうと、たぶんそうは行かない。

 そうなると、ヴィッツやラクティスはHV以外に相応の特徴が必要になるわけだけど、これがどう考えても価格差しか思いつかない。Cが150万円前後なら高くても110万円くらい、つまり1.3リッター以下の廉価グレードみたいな。もう、1.3の上級やRSを含めた1.5リッターは価格的な説得力を完全に失ってしまう。

 けれども、同車格で大幅な廉価を実現させるなど、パッソあたりを見ればロクな商品にならないのは明らかだ。そもそも、車種が違えばそこには異なる魅力があるべきなんだけど、その差異が残念な”思いつき”レベルなのであれば、ヒットブランドの相手には到底ならない。

 いや、たとえばトヨタ以外のマーチにしたって、コスト云々じゃなく、この愛らしいスタイルは他に代え難いっていう存在にしていれば、もしかしたらプリウス旋風に対抗できたのかもしれないし。

 αの登場は、一球入魂の商品展開を怠ってきたトヨタのラインナップを、図らずも露呈した感じだ。それぞれの車種にはそれぞれのブランド力があって然るべきなのに、そういう次元にはして来なかった。

 もちろん、プリウスシリーズがその分しっかり売れてくれれば、トヨタとしては何の問題もないのかもしれないけれど

|

« 新車心象風景:ホンダ・フィットシャトル | トップページ | 新車心象風景:日産・ラフェスタ・ハイウェイスター »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

プリウスのブランド力というより、多くの日本人が低燃費と低価格にしか興味を持たなくなったとしか思えない。
でなければかっこ悪いプリウス、ヴィッツ、パッソなんかが売れるわけがないじゃない。
消費者がデザインは二の次、三の次じゃあ、メーカーも手の込んだカッコいい車なんか造らなくなるよね。
個人的には、ベストカー掲載の次期スカイラインV37に期待してます。すぎもとさん的には如何ですか?

投稿: キースの庭師 | 2011年6月20日 (月) 17時11分

低燃費、低価格、ハイブリッド、環境性能…すべてひっくるめてプリウスというブランドを買えばとりあえず安泰であり、安心してしまう。
正直な話、トヨタってもうあんなに多くの車種を擁する必要がないのかもしれない。事実、プリウスブランドだけでも、他のメーカーに1位を譲り渡すことはない月が多い。(先月のランキングは陥落しました)
一球入魂は、もうプリウスだけでもいいと言える。
なんだかそれで話が終わってしまうほど、プリウスには圧倒的な販売力があるとともに、圧倒的にツマラナイクルマだと言えますね。

でも今のトヨタを見ていると、また北米のリコールや震災以上に、深刻な問題を抱え、また危機に見舞われそうな気がします。以前の盤石さがない気が…

投稿: アクシオム | 2011年6月20日 (月) 18時32分

ブランドの指名買いでしょうね。
少し前なら液晶テレビの「アクオス」とか。
無知な人ほど、指名買いしますから。そうなるとあまり価格なんて気にしないかもしれないですね。
プリウスでトヨタは自分の首を自分で絞めた感がありますが、それならいっその事、HV専売メーカーとしてプリウスブランドの拡充を計った方が分かりやすいと思うのですが。

投稿: アレスタ | 2011年6月20日 (月) 19時49分

キースの庭師さん

低燃費はともかく、低価格は引っ掛かります。安いなりの魅力
があればいいのですが、単なる安物は?ですね。次期スカイラ
インですか? コンセプトカー・エッセンスやエセレアの方向性は
アリだと思います。が、凹型のグリルと爬虫類みたいな目つきの
組み合わせは個人的にナシです。

アクシオムさん

まさにプリウス1本でいいじゃん、という様相です。でも、冗談では
なく、このことは真剣に考えないと、今後さらに自分の首を絞める
方向が待っていますね。かつて80点主義は揶揄でしたが、いま
となっては褒め言葉ですね。

アレスタさん

どうにもならなくなってきたレクサスがすでにその方向ですね。
α、Cに続くプリウス戦略があるのかないのか。ここは相当慎重
な計画が必要だと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年6月21日 (火) 23時06分

おぉ~皆さんの意見が厳しすぎて、プリウス嫌いの私の立場が無いですねhappy01
フィットシャトルでも書いたのですが、これも、写真のみで見ると、本家より嫌いじゃない。というのはαには、私の理由があって、コレ、「ウィッシュ」の後継車みたいな形なんですよ。
パクリ云々言われても、ホンダのストリームよりは単に形で見ると好きだったので… でも、コレがあれば、ウィッシュもアイシスもほとんどαより安いとかの理由でしかきっと存在理由なくなっちゃいますね。

ヒット商品て、コワイ~もう、「トヨタ」じゃなくて「プリウス」が社名になりそうな勢い。トヨタの名前と自社の他製品をも破壊しそうなクルマって、クルマ屋としてどうなんでしょう?
日本がプリウスだらけになったらキモチワルイ! αだって、基本的には嫌なデザインですからね(笑)

投稿: ぷじお | 2011年6月21日 (火) 23時26分

もともとのプリウスのデザインはブランド力を汚さないように上手く出来ていると思います。
それだけに安売りムードは良くないと思われます。

投稿: abcd | 2011年6月23日 (木) 04時50分

ぷじおさん

先代から、プリウスとウィッシュって、各所に近似性を感じるエクステリア
なんですよね。デザイナーが同じ?と思うくらいでした。
好き嫌いはともかく、プリウスってやっぱり力が入っているんですよね。
HVシステムじゃなくても、同じような「こだわり」を他の車種でも展開すれ
ばいいと思うんですけど。もう遅いかな。

abcdさん

そうですね、初代から独自の世界を作っていますね。その時からもう特別
感は群を抜いていたわけで・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年6月24日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/40411416

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・プリウスα:

« 新車心象風景:ホンダ・フィットシャトル | トップページ | 新車心象風景:日産・ラフェスタ・ハイウェイスター »