« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:産業界としての自工会 »

雑誌ナナメ読み:提灯記事で失うもの

Ft86

 『ベストカー』のFT-86応援記事を見て、うーんと思ったんである。

 僕はもともと、いわゆる提灯記事を書く「御用評論家」の存在はいかがなものか、そして、そういう記事に疑問を持たないユーザーもどうなのか、というテーマでライターを始めた。

 そこに、スポンサーという存在がある限り御用評論家は仕方ないよ、なんてツッコミを入れてくれる方はまだありがたいのだけど、実際には御用という存在すら意識しないユーザーが多くを占めるんだと思う。

 そういう人間が毎日TVに出て提灯解説を続けると、2カ月前に起きていたメルトダウンが「いま判明しました」という、もはや笑えない事態や状況を作ってしまうわけだけど、それだってやっぱり多くの人がまだ疑いを持っていないと考えられたりする。

 ドライバーの身体や生命を守ることに関しては、各種の安全装備の装着がいちばん分かりやすいだろう。たとえば「横滑り防止機能」の義務化が決まっても、駆け込みで非装着車を市場に送り出すメーカーを本気で批判したり、あるいはユーザーへ大声で警鐘する、とか。

 いや、そこまで重い話じゃない、多くの雑誌でのFT-86のように、商品企画にだっていろいろな課題が含まれているんである。

 まともな市場すらなさそうなクーペについて、いまだクルマを横にしたいFR方面の関係者が盛り上がるのは仕方ないとして、ただ、仮にこの2社協業のクルマを扱うなら、もっとほかに書くべきことがあるでしょうって話だ。

 たとえば、スバル虎の子の水平対向をトヨタブランドで売っちゃうことについて、きっちり書いた記事を僕はまだ見ていない。量産効果だの直噴技術だの、あるいは新しいFRパッケージだの、そういう技術解説ばっかりだけど、そうじゃなくて。

 スバルは軽やコンパクトをOEMで賄い、その分の資源を上級車に集中するというけれど、そいう安易なOEMは中・長期的に見たときに「ブランド」の扱いとしてどうなのかとか。

 そもそも、FT-86だって資源を集中するべき上級車種に入っている筈で、それがトヨタブランドになるのはどうなのか。サイオン版のコンセプトカーも出展されたけど、事情を知る日本でも?なのに、欧米市場でほとんど同じクルマがふたつのメーカーで同時販売されるようなことがあれば、それこそブランドが揺らぐ。

 もっと言えば、トヨタが水平対向を欲するなら、この”ハチロク”で終わるのかどうか。普通に考えればセダンもハッチバックもとなるわけど、実際トヨタは何を考えているのか。じゃあ、本来ブランドを大切に育てるのは一体どういう方法がいいのか、など。

 そうやって、ブランドの扱いひとつでも書くことは山ほど見当たるんである。実際、僕はスバルブランドは日本の財産だと思っているので、最善の方法で生き残って欲しいけど、「サンバーがなくなるのは惜しい」とかだけじゃダメなんである。

 もちろん、雑誌巻頭のスクープ記事としてあれこれ書くのはいいんだけど、しかし評論家やジャーナリストの記事が「期待度」だの「技術解説」だけじゃあ、原発推進の御用解説者と何ら変わらないもの。

 かつてのマツダ5チャンネル化、近年ではレクサスの国内導入など、失敗確実の案件でも、事前に「止めておいた方がいい」と書く評論家はほとんどいなかったけれど、そういうのは小谷真生子方面の経済評論家任せ、という発想はやっぱり間違いだ。

 いまのハチロク応援大会は1車種の話だけど、本質的にはだからほとんど同じことだと僕は思っているんである。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:産業界としての自工会 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

提灯記事なのかどうかは別として、まぁメーカーの意図通り伝えるだけのライターさんは、自動車評論家ではなく、自動車解説者、あるいは自動車説明者なんでしょうね。太鼓持ちというと、かなりの芸当がある本家太鼓持ちさん対して失礼だし、御用ってのも御用達ほど由緒あるもんじゃないし…

いまのトヨタって日産なんかに比べて戦略的にクリアじゃなし、新社長になってもあんだけリコール騒ぎとかあると、会社的にも、商品的にももうごちゃついちゃっていますね。
決算報告で、社長が日本でのものづくりに頑張るといいつつ、副社長が日本での生産に限界を感じるなんて発言しちゃうんですから、この会社はどっちを向いてるんだかよくわかりませんね。

しかし、FT-86ってなぜそんなに86にこだわるのか?それならエンジンを供給しているロータスも入れて、きちんとライトウェイトスポーツってものをやった方がいい。トヨタだからどうしても量産を狙うけど、いまのFT-86が技術的に優れていても、エンスーを揺さぶるほどの魅力を感じない。もっと割り切ってそれこそ、社長の道楽でやればいいと思いますが…

投稿: アクシオム | 2011年5月19日 (木) 19時15分

〈アルテッツア〉しかり、〈iQ〉しかり事前キャンペーン?をいっしょけんめいやったモデルの“その後”がどうなったか、トヨタは学習してないのかと思うんですよ!?

豊富な資金、資産を有していることが決していいことばかりではないな気もするのです。

手当たり次第、多数の新型車を発売し、市販後尻すぼみになれば、一世代限りでフェードアウトさせる?。まあトヨタだけに限ったことではないのでしょうが、そうしたこともクルマ離れの遠因になっているのではないかと、個人的には思うんですけどね。coldsweats01

投稿: イニシャルN子. | 2011年5月20日 (金) 09時47分

何だか最近は自動車評論家もそろそろ自覚してきてるんじゃないか?って思うくらい、半分開き直った書き方をしてきてるような気がします。「俺は○○に詳しい」と言わんばかり。奴ら同士で変な棲み分けを行ってますよね。ちんけな商売してからに・・・。

トヨタはスバルの事なんか考えてないでしょうね。そのうち自然消滅すればいいとでも思ってるかも。FT-86についてはホントに不思議な存在ですね。こんな、どこを向いて作ってるのか不明な車が、あちこちで走ってる姿が想像出来ません。全くもって旧世代の人間だけが喜ぶ(でも買わない)商品でしかないでしょう。

投稿: アレスタ | 2011年5月20日 (金) 20時18分

アクシオムさん

自動車解説者、で十分ですね。広報者とか。
トヨタの件は新聞等でも話題になってましたね。まあ新しい社長
さんですから、色々あるんでしょうけど。ハチロクは正直トヨタ自身
がここまでこだわるとは思いませんでした。Dな人が勝手に伝説を
作るのはいいんですけど、日本を代表するメーカーがハチロクとか
言ってると悲しくなって来ます。

イニシャルN子さん

まあ、日本ユーザーをある次元で見切った企画ということなんだと
思いますね、だいたいが。MR2とか初代エスティマとか、市場もしっ
かり見据えつつ、先進の商品を出すこともあるんですけど、IQみた
いなこともやっちゃうんですね。悲しいのは、新しいヴィッツとかが、
そのIQの恩恵を受けているように見えないことでしょうか。

アレスタさん

休刊が続いてから、まさに仰るような「棲み分け」が始まりましたね。
そりゃあ、書く場所が少なくなったのですから大変でしょうけど、何で
そうなったのかを考えないと。ハチロクは本当にマーケティングが読
めませんね。どこか海外で勝算があるんでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2011年5月22日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/40050557

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:提灯記事で失うもの:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:産業界としての自工会 »