« 雑誌ナナメ読み:提灯記事で失うもの | トップページ | 雑誌記事:今日の取材とマガジンX発売 »

クルマ散策:産業界としての自工会

 夏の業務曜日をシフトするという自工会の判断は極めて早かったし、内容も妥当だと思う。

 浜岡原発停止要請に際しては、ニガ虫をつぶしたような顔の中部電力社長だけじゃなくて、経団連会長までが「民主党はブラックボックス」だの「なぜ浜岡だけ」だのと批判ばかりを露わにしていた。

 実はその時点からトヨタは「夏に停電になるようなことはないだろう」と言っていたし、スズキは「社員の安全を考えれば、むしろ評価する」とコメントしていたんである。

 日本の基幹産業である自動車会社のトップと経団連会長のコメントに、なんでこんなズレがあるのかが実に不思議なところだけど、結局はこういうときに器の違いが出てしまうのかもしれない。

 もちろん、いまや報道とは言えないレベルまで劣化したTVニュースでは「そうは言っても影響は大きいですよねえ」などと、とりあえず批判方向だったけれど。

 今回僕がいいなと思ったのは、自工会の決定について、他の産業もフォローしてくれればいいという考え方だ。誰の発案か分からないけれど、自動車業界という自身の立場をよくわきまえているし、とても柔軟だ。ここも経団連会長との落差が浮き彫りになったところかも。

 まあ、裏を返せば休日以外の「休業」はできません、ということなんだろうけど、現在の厳しい生産状況を考えれば可能な限り稼動させたいのは無理もない。平日の休業は管理部門に影響があるとの話もあるけど、まあ、あくまでも3カ月間の話だし。

 これからフォロアーが出るか否かはまだ分からないし、原発保有道府県などはいきなり主体性をなくしたように「停止中の炉の再開をどうしたらいいんだ」と騒いでいるので、まだまだ状況は不透明だ。

 ただ、結局はこの極東の国が世界最悪レベルの事故を起こし、収束行程表を示したいまでも毎日大気と海に放射能物質を漏らし続け、仮に収束しても事後処理すら想定できないという事実を、どれだけリアリティを持って考えられるのか、ということなのかもしれない。

 実は停止中の各種火力や揚力発電を使えば夏期の需要も十分賄えるという話はともかく、直近の課題に対し、柔軟かつ現実的な提案をいち早く提示したことは、クルマファンとしても歓迎したい。もちろん、部品メーカーなど、すそ野の広さを考えれば相応の調整が不可欠なんだろうけど、産業の大きさを考えれば、ある種の政治的判断は必要だし。

 ま、商品も毎回このくらい同感できるといいんだけどね。

|

« 雑誌ナナメ読み:提灯記事で失うもの | トップページ | 雑誌記事:今日の取材とマガジンX発売 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

原子力発電の割合って、多いようで、実のころ少ない。今となっては、計画停電って東電+原発推進派の見せしめ停電だったんじゃないかと?言わざる蛮行でしたね。
自動車業界、確かに夏場の休日振替の対応は素早いとはいえ、ちゃっかり割安な業務用の休日エコノミー電力を使ってさらなるコストダウンもしちゃおうってこんたんでしょうか?抜け目ないな…というか、したたかでもある。
しかし、この震災でクルマの業界は、ボクとしては何か震災に対して影響力がないというか、対応に物足りなさを感じる。
とくに、被災したクルマへの対応に関しては思いますね。
被災したクルマは、一定期間所有物して扱われたあと、廃棄処分されるところまでは報道されても、業界としてそれにどう対応するかなんて扱いはない。
あと、被災したクルマの代わりに中古車が不足している現状に対して、業界がドーン!と自社の中古車を提供なんて話はあまり見かけない。あくまでも市場まかせみたいな…
クルマだって立派な動く社会インフラのひとつなのに、被災した工場が早期復旧のニュースは流れても、災害に対してクルマそのものについてどう対処していくのかがさっぱりですね。

投稿: アクシオム | 2011年5月22日 (日) 22時48分

どこも、電力会社は、その地区の経済団体の組員ですからね~

東電をかばう経団連は、いくら身内とはいえ常軌を逸しているくらい擁護一辺倒で一発蹴りでも入れてやろうかとpout

中電・浜岡は、スズキの修ちゃんが、即、「停止賛成!」と言った事でほぼ、決まりですね。浜松市と、静岡県知事は「スズキ」に頭上がらないですから、最初からポーズをとっていただけで、あの発言で実は、決定していたと思いますよ。
それと、中電は、原子力の発電量の割合が、10数パーセントと低いのもすんなり行く原因です。(そのかわり、東電より電気料金は圧倒的に高いです)

トヨタは、「トヨタカレンダー」をずらすだけなので、比較的、休日を変えることは楽なんですよね。 しかし、トヨタが、義援金3億円だけっていうのは本当なのでしょうか?何か、中古車ドーンでもいいですが、災害用の車両とか出してますかね? 金額は、ほぼ、VWと同じ、ベンツですら、「ウニモグ」に「三菱のトラック」なんかもくれたりしているのに・・・まさか 日本の会社ですよね!?

日産の3000万円にもびっくりですがthink 本当?

投稿: ぷじお | 2011年5月28日 (土) 21時50分

車両は寄贈しても、メンテまで面倒見ているのかな。ウニモグ呉れても被災地でちゃんと保守管理できるのか心配です。アラブの砂漠のベンツ(壊れたら乗り捨て)のようにならなければいいけど。
さあ夏。たとえば多数の自転車を改修して足こぎ発電機をつくり、体育館などのようなところに置く。だれでもこいで発電、発電量に応じて金銭を支給すれば、ちょっとした就労対策にもなるし、肥満の方にはダイエットできておカネまでもらえ一石二鳥。メガソーラーより簡単で安価で効果の高い(?)人力発電所。孫さん、100億も要らないと思うけど、やってみませんか。

投稿: 優 路 | 2011年6月 5日 (日) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/40085789

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:産業界としての自工会:

« 雑誌ナナメ読み:提灯記事で失うもの | トップページ | 雑誌記事:今日の取材とマガジンX発売 »