« クルマの他:今日のコンサートと芝居 | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その4) »

クルマ散策:モーターショー目白押し(その3)

Photo_3

 ヒット作ティーダの2代目も、予想とおり最近の日産車に倣ったエモーショナル路線?となった。

 なんだかデミオを前後に引っ張ったようなボディは、フロントフェンダーの抑揚や、リアから緩やかに下るキャラクターラインが特徴だけど、それが鼻につくようなことはなくて、パッと見は意外におとなしいイメージだ。

 それでも、水平基調の端正な初代から「なぜ」デミオ方向にしたのか、少なくとも造形上からその理由は読みとれない。もちろん、今度は初代以上にグローバルカーとしての任を負っているんだろうけど、それが理由なのかも不明なんである。

Vasa

 それは、こうした曲線や面を使うことで、とくに新しい独自性を築いているわけじゃないからだ。僕の目には、「初代のイメージを随所に残しつついまどきの線を引いていたら、何となくこう落ち着いた」としか見えない。少なくとも、プジョーっぽいと揶揄されつつも、脱サニーとして独自の存在感を出した初代の明快さはない。

 それはインテリアも同じで、日産がモダンデザインを標榜していた当時の初代は、ティアナ同様木目パネルの独特な使い方など、その狙いがはっきりしていた。けれども、新型のそれはいまどきどこにである造形で、日産らしさもティーダらしさも特段に感じない。

 ただ、そうは言っても、ラティオ後継と目されるヴァーサセダンの酷さよりはいいんだよね。広州でサニーとして発表されたこれは、いまの日産のエモーショナル路線が実に残念な結果になってしまった例なんである。

Photo_4

 そりゃあ、中国で大ヒットの現行ティアナの弟版が欲しいとか、そういう都合もあるんだろうけど、それにしても酷い。現行ラティオの寸詰まり感を嫌う人もいるけれど、じゃあこれが伸びやかでいい、なんて思えないし。まあ、デザイン本を書くような「まとめ役」がいてこうなったんだから、きっと深遠な理由があるんだろうけど。

 一方で、上海に出展された合弁会社によるヴェヌーシアなんかを見ると、プラットホームとかパワートレインとか、あるいはそもそもの車格の違いとかはともかく、こっちの方がラティオでいいんじゃない?なんて思ったりする。

 いや、同じメーカーで、同時にこれほど違うモデルを出すほどグローバルカーっていうのは難しい、ってことなのかもしれないけれど。

|

« クルマの他:今日のコンサートと芝居 | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その4) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

この枝分かれしたHBとセダンを、国内ではどう売るつもりなんでしょうか・・・。
ラティオとシルフィをヴァーサセダン(サニー)に統合という話もあるようですが、
これって(内装からしても)スクープ等でマーチセダンと言われてた車そのものでしょうからねぇ。

http://www.nissan-global.com/JP/DESIGN/NEWSLETTER/
↑の16号でヴァーサセダンについて述べられてますが、これを読まれてすぎもとさんは共感できます?私はできませんでした。

ヴェヌーシアのコンセプトカーが日産セダンで言うどのくらいの車格かわかりませんが(旧ブルーバードとシルフィの間くらい?)、一応日産より格下ブランドとされる中国向けブランドである車と比較して、現地向け日産サニーの方が、(コンセプトカーと市販車との違いはあるにせよ)もろ途上国専用車って雰囲気になっちゃてるのも戦略として疑問です。とはいえ新ブランドへ注力している姿勢をアピールする必要もあるわけで難しい舵取りとは思いますけど。

また、改めて日産はエモーショナルなテイストより、ソリッドなテイストの方が得意だと感じましたね。初代ティーダは、なんだかんだ言われてましたが、ムラーノの亜流ともとれるフロントの立体構成含め日産としての独自性ある立体構成をしていたわけで、現行ムラーノともども、それを継承発展できず、新しさを求めて弄繰り回した結果、独自性が退化したのは失敗だと思いますね。

インテリアに関してですが、一世代前の日産のインテリアって簡潔ですっきりした構成の造形が多かったと思うんですが、顧客ニーズが強い質感、見栄え品質という点では不利だったと思うんですよ。ティーダはそれでいて実際に使っている素材は肌触りに凝っていたりしたところが逆に評価に繋がったのかと。しかし、自動車のインパネの評価軸って、そのスタイリングや立体構成における斬新さといったデザイン性より、圧倒的に質感評価が優先されているのは残念に思います。

投稿: AK23 | 2011年5月 4日 (水) 13時36分

・次期ティーダ
 レクサステイストのティーダ。クリーンだった初代から、よりマーケットを重視するとこのようになると某社デザイナーが仰っていましたが…それにしても中国を念頭にしていることは明らかですね。
 あと最近の日産は、スクープ情報に対して厳しい割に次どのようなデザインで出るか、簡単にわかってしまいますね。
・サニー≒次期ラティオ
 これも中国念頭商品ですし、Bプラットフォームから格下のVプラットフォームを使用すると、いくらマーチと共用するとはいえパッケージ、デザインまでも貧弱になってしまうのはいかがなものか?
・ヴァヌーシア
 どうも東風汽車の意向が強いデザインに見えますね。日産車としてのアイデンティティなんてかけらもない。ホンダとして出してもいいし…日産がデザインに口を出す必要なんてないでしょう。

日産はゴーン・ナカムラ以降のデザインポリシーを貫徹させたいのか?それとも売れるデザインに行きたいのか?トヨタのデザインに失敗感を感じていましたが、日産にもその気配を感じずにはいられませんね。

投稿: アクシオム | 2011年5月 5日 (木) 00時11分

80年代のトラッド・サニーの直線基調が好きだったのですが
来月には曲面多用のマツダの車を仲間にするのですから
そっちの方に安い車を移して行くのもありかな、と。
たとえば現行デミオとノートをぱっと見たらたぶんデミオの方が
高価に見えたりするのでは。曲線コンプレックスがきっとあるな(笑)。
ジョークのようなジュークが売れたりしたのも
「曲線はイケる」という自信になったのかも。

数年後には車を買い替えることになりそうで
でかくなった新型カングーは論外なので
小振りながら5人+荷物のきっちり積めるl車、考えています。
ポロしかないか、現状では。
転勤になったのでアイドリングストップの付いた旧ヴィッツ、
不要のため1年で売り払いました。安かった(笑)。

投稿: 優 路 | 2011年5月 5日 (木) 04時47分

個人的にはHBとセダンをグローバルカーとしてやりたいなら、VWのゴルフ&ジェッタの関係であればいいと思ってます。
HBをセダン化しても全く違和感ないですしね。
別モデルや現地モデルを作ってしまうと余計にコスト掛からないですか?
デザインの方向性もバラバラになると、小手先での商売してるように思えてしまうのですが・・・

投稿: アレスタ | 2011年5月 5日 (木) 08時21分

AK23さん

サイト初めて見ましたが、共感できないというか、ああいう理屈
ばかりを並べた場合は大抵失敗、といういい例かと思いますね。
デザイナーの想いなり提案なりは、ぱっと見て無意識に理解で
きるものじゃなくちゃいけないと思います。

エモーショナル方向に「慣れていない」気がしますね。慣れる前
に商品にしてしまっている。ムラーノもそうですがキューブにして
もマーチにしても。インテリアも同感です。V字回復当時はコスト
的に厳しかった面もあるかと思いますが、いまこそあのアイディ
アを相応のコストで実現させたいですよね。

アクシオムさん

ティーダやティアナなど、中国で大評判となった一世代前のクル
マを、じゃあ今度は最初から市場を意識して作ろうとしたら、なぜ
かまったく違う方向の商品になってしまったのが残念というか不
思議です。

その辺が方向性の迷いを感じるところですね。しかし、マーチ、キ
ューブ、ティーダ、ラティオ、ムラーノと、こうも続くとそろそろマズイ
んじゃないかと思いますね。

優路さん

コンプレックスですか・・・。マーチはここ2、3代目は曲線もいいと
ころですから、要は直・曲ではなく単純にデザイン力ですよね。ジュ
ークは企画力も大きいですけど。

ポロ、いいですねー。個人的にはこれでもっとポップなボディ色や
明るいインテリアカラーを用意してくれればと思いますが。この辺
VWの弱いところです。最近、近所でアマガエル色の後期型初代
ヴィッツを見て「欲しい」と思ってしまいました。

アレスタさん

つまり現行ティーダ、ラティオでいいということですよね。まったく
です。グローバルカーといえばカッコいいですけど、他の国を念頭
に入れた商品を、自国の従前のラインアップに無理矢理当てはめ
るのがおかしいんですよね。まさに小手先です。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年5月 7日 (土) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39826614

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:モーターショー目白押し(その3):

« クルマの他:今日のコンサートと芝居 | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その4) »