« クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号発売 »

クルマ散策:モーターショー目白押し(その2)

Impressa

  残念な流れではあるけど、インプレッサもまた海外ショーでの発表となった。

 それこそまだ日本仕様が発表になったワケじゃないから詳細は後日にするとして、しかしここで想うのは、コンセプトカーの「味」を市販版でどこまで再現できるか、なんである。

 もともとスバルはコンセプトカーと市販車は「別モノ」という傾向があるけれど、それだけコンセプトカーにはかなり刺激的で面白い提案が多いとも言える。

 最近では「これをレガシィにすればよかったのに」の、ハイブリッドツアラー・コンセプトがそうだけど、例によって「これはとくにレガシィを意識したものじゃありません」とお決まりのコメントだったし。

 それでも昨年末来のインプレッサ・コンセプトは、珍しく具体的な車名を使いつつ、そのハイブリットツアラー・コンセプトの勢いを、そこそこ引き継いだ装いで出て来たんである。 じゃあ、あとは巧いこと市販版に落とし込むだけだと思ったら、あれ、こんなんだったっけ・・・と。

 「あれ?」の理由は、シャープさの劣化だ。現行レガシィにぴったり沿うフロント回りと前後ホイールアーチ、そのフロントを反復する新提案のリア。こういう各要素はそのままなんだけど、それらをまとめて全体を引き締めていた、ボディサイドのショルダーラインがキレを失ってしまった。

 だから、たしかにコンセプトカーにそっくりなんだけど、同時にどこにでもあるような凡庸さを感じてしまう。もともと強めのショルダーラインと、同じような円弧のルーフラインを持っている現行と代わり映えしないじゃないか、となるくらい。

 従来は「コンセプトカーは派手に、市販車は想定内に」というお約束があって、それ相応のパワーダウンは仕方ない感じだった。けれども、たとえば日産のジュークやボルボのS60など、最近は市販車こそチャレンジングに、が珍しくなくなりつつある。

 つまり、いまは意外とそういう挑戦を受け入れる土壌ができているわけで、だから、せっかく面白いコンセプトカーを出したのなら、もう少し攻めの姿勢でまとめて欲しかったなと僕は思うんである。

|

« クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号発売 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

やっとインプレッサもレガシィに習いましたね。
トヨタが親会社みたいなもんだから、売れないといけないからこうせざるを得なかったモデルチェンジですね。
しかし、4年程度でインプレッサをモデルチェンジせざるを得ない事情の方が気になりますね。そんなに現行モデルが売れていないわけじゃないし、かと言って売れていたらこんなに変える必要もないし…不可思議です。
パッケージは非常によくなったとは思うし、今度はセダンが特によくなったかと思います。
上海発のXVコンセプト、シルエットだけの時は「よくぞやったぞ!スバル!」と拍手を送りましたが、スポットライトを当てたら気色悪いカメレオン色で、ちぐはぐなテールランプにドン引きしてしまいましたね。
トヨタも残念な出来なら、スバルも今一歩。今後スバルは真面目にトヨタなんか当てにせず、いっそのこと、スズキ、いすゞに続いてVWとの技術&資本提携でも考えた方がいいと思いますね。その方がもっといいクルマが作れそうな気がします。

投稿: アクシオム | 2011年4月25日 (月) 22時03分

トヨタの子会社になった以上、トヨタより抜きん出てはいけないわけで
一瞬セフィーロかと思いました。
スバルの生きる道は水平対向エンジンを積んだトヨタ。
カネがあればお助けいただかなくても済んだはずで、
会社としての方向性がとても気になります。

スバルよりも、いすゞはどうなるのか。
ゴルフとかポロをアスカ名で売るってのはどうか。
アスカ。今なら、この名の知名度は当時より遥かに高い。
もちろん、基本ボディカラーは赤(M=100、Y=100の2号機色)で。

投稿: 優 路 | 2011年4月26日 (火) 13時02分

あら? 今の一世代前の日本製「アメ車」?

一回り小さい「カムリ」・「アルティマ」? どうしたらこんなつまらないデザインンに? スズキから入ったデザイナーさんの手腕はまだ、少ししか入らないのかな?

???だらけで、すみません。

投稿: ぷじお | 2011年4月26日 (火) 18時58分

市販予定車のプレビューモデルとしてのコンセプトカーって、どうしても市販化では出来ない要素を盛り込んで過剰演出してしまうわけですが、それによって期待させたお客様候補に市販版を披露した時にがっかりさせない範囲でどれだけお化粧するかっていうバランス感覚がデザイナーに求められるように思います。こういった事情を認識してる一般ユーザー
なんて車好きでもごくわずかみたいですし。

しかし、こういった例を見せられると、VWが精緻さの追求の一環として量産プレスにおいてシャープなエッジの追求にこだわっているのかが、改めて実感できますね。

投稿: AK23 | 2011年5月 4日 (水) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39750204

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:モーターショー目白押し(その2):

« クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号発売 »