« クルマ散策:メッセージがありましたら・・・ | トップページ | クルマ散策:F1も応援? »

クルマ散策:デザインの本

9784620320441

 出版不況のなかでも、クルマの本はとくに売れない。企画段階で「クルマの・・・」と言った瞬間NGなんていうのもオーバーじゃなくて、実は僕自身も味わったりしている。

 さらに、クルマ業界の中でも語られることが少ないデザインについてはなおさらなんである。そういう意味でも、中村史郎氏による『ニホンのクルマのカタチの話』は、かなり稀少な例だと思う。

 ただ、デザインの専門書的なものを期待するとちょっと違って、かなり噛み砕いた表現でまとめている。とくに前半は、氏の目指している考えを実際の日産車を例に語るので、少々商品紹介っぽくもあり「おやおや?」となったりする。

 それでも、後半は「チーフ・クリエイティブ・オフィサー」という難しい肩書きの意味と役割を語るべく、デザイン論的な話が出てきて興味深い。

 いちばん面白いのは、日産就任当時から、すでに自身ではスケッチを描くことをやめていたことかと思う。

 ご存じのとおり、デザイン部長なりチーフデザイナーというのは、自分のテイストをその会社の商品に投影することがほとんどで、その独自な力を見込まれて責任者に就くのが一般的でしょう。

 だからクリス・バングルみたいに賛否両論な改革が起きたりするんだけど、中村氏は最初から「まとめ役」に徹したのが面白いし、さらに、そうしたひとりのデザイナーによる”特徴付け”をきっぱり否定しているのが目新しい。

 そして、デザイン業務そのものについては、たとえばインフィニティの概念を「あでやか」としたのが面白いな、と。

 いや、トヨタが「バイブラント・クラリティ」とか「Lフィネス」とかいう理屈っぽい概念で、結果的に袋小路に迷い込んでいるのに対し、より解釈の幅を広くできる概念で自由な発想をしているのが巧い。

 逆に、日産ほどの規模で、決まったファミリーフェイスや定型の素材を持たせず、しかしどのクルマを見ても日産車に見え、かつ質が高い、というディレクションは相当難しいと思う。だから、実際「あれ?」っていうのも散見されるワケだけど。

 まあ、デザインに精通している人にとっては、かなり入門書的な軽い読み物だけど、日本のメーカーの現役デザイナー(役員)がこうした本を出すこと自体は、やっぱりとても意義深いと思う。

|

« クルマ散策:メッセージがありましたら・・・ | トップページ | クルマ散策:F1も応援? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

この本、面白そうですね。
都会の本屋でめくってみようと思わされました。
(アマゾンで中身検索できれば良いのですが)

車関係のデザインといえば、
デザイン水掛け論、そして残念ながら終わりましたがcarstyling
くらいしか思いつかないので、この本には興味津々です

また面白い本があればご紹介ください
MagXでもご活躍を期待しています

投稿: ぴおりん | 2011年4月 1日 (金) 23時54分

わかりやすい本でしたね、あのナカムラさんにしては…
以前自工会の講演とかトークショウで説明されていた時は、イメージ先行の資料が簡単過ぎて、それを場当たり的に話していたので、せっかく刷新された日産デザインのトップの話にしてはもったいないと思っていたのでなおさらです。
この本のように、わかりやすく説明できるデザインであれば日産のデザインが受け入れられることでしょう。
本来販売のトヨタこそ、わかりやすくなければいけないのに…
インフィニティは、これからヨーロッパで勝負するうえで「ADEYAKA」戦略は、保守的な高級車市場でどうなるか気になりますが、デザインで勝負するうえでは際立った戦略であることは確かですね。
我がビークロスも、コンセプトカーになりますが写真入りで出ていたし、ちょっと満足な一冊でした。

投稿: アクシオム | 2011年4月 4日 (月) 18時40分

ぴりおんさん

ある部分では「水掛け論」の方が面白かったりしますけど・・・。
ただ、自動車デザインを最初から整理して考えるのにはとても
いい本だと思いました。

アクシオムさん

ジャズをやっているから・・・じゃないですけど、お話もアドリブが
得意なのかもしれないですね。僕もパシフィコ横浜での講演で
そんな風に感じたことがあります。
ヴィークロス載ってましたね。それに、サイモンコックの名前も。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月 5日 (火) 12時46分

日産デザイン好きながら、この本は見落としてましたので、ご紹介感謝します。インフィニティの艶やかは良いのですが、日産ブランドに関しては不得手なオーガニックテイストから、得意のソリッドかつ幾何学的なテイストに方向修正して欲しいような。 しかし、現行マーチやウイングロードのキースケッチを中村氏はとっさに頭に浮かべられるのだろうか(苦笑)

投稿: AK23 | 2011年4月 5日 (火) 19時39分

AK23さん

日産デザインのファンでしたか。
最近の妙な曲線・面路線、一体どうしちゃったんでしょう?
とにかく未消化なのがとても気になります。中国でデビュー
したサニーがラティオだったらホント、残念。

こういう本を書くディレクターがいるのに、なぜ?

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月 7日 (木) 20時44分

私も、この本は読んでみたいです!

中村さんは、日産に入ってからほとんどデザインに手を出してないってテレビの番組で言ってましたね。 ほとんど、社内の取りまとめ役だとか・・・

最近の日産は、どこのデザインスタジオがメインなのかちょっと、商品を見ただけではわからないです。 デザインを変え始めた頃は、「カリフォルニア」とかはかなりアメリカンな感じでわかりやすかったですが、段々無国籍なデザインにシフトして来ていて、方向性もまた日産的に戻ってきたcoldsweats01感が! 意外と、好きな日産のデザインは、80年代終わりの「プリメーラ」「Z」「シルビア」「GT-R」しかないかも?  先代のマーチは、私は、生理的にダメです。これも、世間的な評価は高いですね(笑)でも、ダメなんです~

投稿: ぷじお | 2011年4月 8日 (金) 20時45分

ぷじおさん

「まとめ役」なら、それはそれで才能が必要なのでしょうし、アプローチとしては「アリ」
だと思います。

ただ、仰るとおり、最近どこのスタジオでまとめたのかが分からなくなって来たのと同時
に、出来不出来の差が大きくなって来ているのは気になりますよね。

前澤氏のプリメーラやZなど、あの頃は最大瞬間風速的に素晴らしいデザインが連発で
したね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月11日 (月) 11時10分

80年代末から90年代初頭の日産デザインは勢いがありましたね。幼年期
の刷り込みってヤツでもともと日産贔屓ではありましたが、あの時期の多くの傑作デザインが日産デザインの潜在力と思って期待してしまうんですよ。それにしても良いときと悪いときの落差が激しすぎるのには唖然としてしまいますが・・・。 

グローバルな組織でデザインしているので、どこの地域のスタジオらしさが明確である必要は無いと思いますが、デザイン部が再起をかけつつ活動している中、中村氏がマネジメントに加わり、組織の潜在力が発揮されていった10年前頃に比べ、マンネリ迷走ぎみな気が。自動車メーカー各社、デザインテイストにしろモデリングテイストにしろ、各社のカラーがあると感じますが、最近の日産は、あまり良くなかった時期の癖、テイストが出てきているように感じます。

中村氏もマネジメントする領域が広くなりすぎた半面、各プロダクトの高いレベルでのクオリティキープのために決め細やかな体制が確立できていないのではないでしょうか?

投稿: AK23 | 2011年4月12日 (火) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39446817

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:デザインの本:

« クルマ散策:メッセージがありましたら・・・ | トップページ | クルマ散策:F1も応援? »