« クルマ散策:F1も応援? | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) »

新車心象風景:BMW X3

X3

 またしてもカタチの話で申し訳ないんだけど、あれ、こういう方向性なの? というのが第1印象なんである。

 強いエッジに凹面を組み合わせたクリス・バングルのデザインを引き継いだエイドリアン・ファン・ホーイドンクは、その方向性として、たとえば現行5シリーズのように、バングルデザインのソフト化路線を目指しているように見えた。

 そのバングルデザインは、意外にもプロポーションそのもを崩していたわけじゃないから、「ありゃチョットやり過ぎでしょう」という線や面の処理を、より万人向けに直すという方向かと。

 ところが、北米スタジオがキースケッチを描いたという新しいX3は、バングルの修正がどうのこうのじゃなく、何やらまったく別方向で、どうにも落ち着きのない造形やら意図不明のラインがテンコ盛りだ。

 フロントフェイスは、キドニーグリルの大型化こそ氏のテーマとしても、上下にLの字を組み合わせたような不安定極まりないヘッドランプは一体どうしたことか。中国の新興メーカーを想起させる、このいまさらな処理は結構な驚きだ。

 サイドのキャラクターラインもいけない。何でこんなにザックリ深くえぐるのかという疑問もあるけれど、それ以前に何ら新鮮味がない。メルセデスあたりが始めていくつものフォロアーを生んだこの方法をなぜいま?

 さらに、フロント、リアのホイールアーチにかかる中途半端なラインはもっといけない。プレスリリースには「前後ホイールの踏ん張り感を強調」とあるけど、先の深いラインに対してあまりに弱く、しかも妙な位置に引かれているので、そんな効果はどこにも感じない。

 ボンネットも含め、この意味不明な多くの中途半端なラインは、最近のトヨタ車によく似ているんである。L字を意識したという複雑なリアランプも含め、だから一体何をやりたいのかサッパリわからない。

 ただ、そういう疑問の大部分を打ち消してくれているのが、作り込みのよさだ。繊細なエッジをも表現するプレスの精度などは、まあずいぶんなコストを掛けているんだろうなと思わせるけど、その圧倒的な品質感による「ちゃんと作ってます」感が七難を隠す。これは、もちろんメルセデスやVW,そしてアウディなんかも同じなんだろうけど。

 実際、単純に造形だけだったら、個人的にはスバルのフォレスターの方がよっぽどまとまりがいいと思う。若干残念なホイールアーチの処理を見直して、それこそBMW基準で組み立てたら相当いい感じになるんじゃないかな。 

 一部、文化系評論家には拝欧主義が根強いなんて言われる。僕自身はそうじゃないと自覚しているつもりだけど、まあ結果的に日本車の批評が多かったりするのは事実だ。

 ただ、それにはそれ相応の批評理由があるし、先の「作りのよさ」が底上げをしていた部分もあったかとは思う。けれども、そうは言ってもやっぱりダメなものはダメという、今回はとても単純な話なんである。

|

« クルマ散策:F1も応援? | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

この車、X1の拡大、そしてエッジ強調版のように感じます。

BMWは所有しておりませんが、こもだきよし氏によるBMWドライバートレーニングに
何度か参加し、BMWの魅力を味わってきました。新型X3も乗ればその素晴らしさを
味わえるのかもしれませんが写真で見る限りでは、おっしゃるように目を奪われる
魅力を感じがたいです。

骨太のデザインと目もくらむスタイリングの車を渇望します

投稿: ぴおりん | 2011年4月18日 (月) 18時11分

このX3でしたっけ?このモデルとは直接結びつきはしないのですが、最近の内外の最新モデル、大口すぎやしませんかねえ!?

今週開幕?のNYモーターショーにコンセプトモデルとして出品されるそうですが、レクサスの次期GS、あのグリルは極め付きのように思われるのですが_。

ジュネーブ・ショーのFT86Ⅱのコンセプトモデルにも同様な印象を持ちましたけどね。

いずれもが高速道路などの走行中のクルマのバックミラーに脅威を与えようというのでしょうか。アウディあたりから、あのアングリとした口元のクルマたちがやけに増殖しているようで、これもトレンチ、いやトレンドなのでしょうかねえ。

好みの問題でしょうけど、どうも好きになれませんわ・・・coldsweats01

投稿: イニシャルN子. | 2011年4月18日 (月) 21時04分

コレはヒドイ!

最近のメルセデスもなぜかトヨタ的意味不明なラインを入れ始めて、エレガントとも、堅実的ともとれない中途半端なデザインに唖然とすることが多いですが、BMW、この、X-3には何があったんでしょう!?

確かに、私は、一世代前の韓国車デザインを思い出します。 今だと、ルノーの「コレオス」もかっこ悪いな~と思いますが、コレは、比較にならないほど…特に顔はブサイクの域ですねpout

SUVでも現在は、アメ車の方が断然いけてますね! グランドチェロキーなんて、20年ぶりくらいにいい男になりましたし、リンカーンも独特のヌメリ感があって、「アメリカ」だと、かなり、かっこいいでしょう。

これは、売れないでほしいなぁsmile

投稿: ぷじお | 2011年4月18日 (月) 22時24分

ぷりおんさん

仰るとおり、X1の拡大版と言える部分があるのかもしれないですね。
ただ、要素自体も拡大してしまっているのが問題かと思います。
それにしても、トレーニングに参加なんて素晴らしいですね。

イニシャルN子さん

欧州のトレンドであるのは間違いないですね。それでも、口の開け方
にもよりますよね。レクサスは、まあコンセプトカーですけど・・・今度
書きますね。

ぷじおさん

ひと世代前の韓国車、なるほどですね。僕は最初北米ではこういう顔
がウケるのかなあ、と思いましたけど、仰るように最近の北米車の方
がキリリとしてますよね。そりゃあ、色々な過程を経ているんでしょうけ
ど、何でこれに落ち着いちゃったんでしょうね?

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月19日 (火) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39624217

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:BMW X3:

« クルマ散策:F1も応援? | トップページ | クルマ散策:モーターショー目白押し(その1) »