« クルマの他:珈琲の日 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) »

クルマ散策:ジュネーブショー散策(その1)

Ft86

 今回のジュネーブは60台ものワールドプレミアがあるそう。なので、あまり深く突っ込まず、「クルマ散策」として何台かをつまみ喰いしてみようかなと思う。ま、写真でだけど。

 で、まずはトヨタのFT-86と、スバルのボクサー・スポーツカー・アーキテクチャ。

 トヨタがどういうマーケティングをしているのかは知らないけれど、コンパクトながら、しかし2リッターオーバーというスポーツクーペ市場があるんだと踏んだみたい。

 ただ、ハチロクなんて名前に体が震える”D”方面のファンは自国でもわずかだし、そもそもこいつはそのハチロクとはもはや別物だ。

 クーペ市場のない日本じゃなく海外で、としても、なぜかトヨタ自慢のハイブリッドにはしなかった。いやいや、今度の自慢は水平対向ですからと言っても、本家のスバルも出すんだから微妙な感じ。

 まあ、そういう事情を知らない海の向こうで、「ポルシェと同じエンジンですゼ」なんてノリで、強力な販売網とともに売ってしまえってことなのかな。

 なんだかそれは残念な話だけど、もっと残念なのは、結局スバルも同じボディという発表があったらしいんである。

 FR車のコンセプトカーとだけ聞いていたから、もしかして独自のスポーツセダン? なんて思ってたんだけど、スケルトンなそれはたしかに2ドアクーペだ。

 いまどきそんなクーペどうすんだ? と考えると、たとえばレガシィやフォレスターが絶好調の北米で一気に、なんてことかもしれないけど、そこではトヨタ版も売ってるんじゃないのか?

 初代FT-86同様、トヨタのEDスクエアによるボディはよりグラマラスになって、あの如何ともしがたい無個性ぶりはかなり減った。張り出したフェンダーやシャープなエアダクト、厚みのあるリアはトヨタとして新しい方向なのかもしれない。

 それでも、インプレッサコンセプトで新たなフィロソフィを打ち出したばっかりなんだから、仮に同じクーペだとしても、やっぱりスバルはオリジナルボディにするべきだと思う。ま、発売は来年の春だそうだから、まだそういう話があるかも?

|

« クルマの他:珈琲の日 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

でも(なんで“でも”から始まるんでしょうね!? まったく自分でも呆れますが_)

でも、久しぶりですよね。

海外での日本メーカーがワールド・プレミアのモデルを複数展示するのは_。

日産も元気ですし、あとあとスギモトさんも取り上げられるかも知れない三菱も100%おNewのコンパクト出展してますしね。

このFT86Ⅱ、ちょっと時間が掛かり過ぎ(掛けすぎ?)の印象が強いですが飛び道具無しのクルマですので、どんな評価を受けるのか楽しみです。少しフロント周りがウルサイかな~、そんな気がしなくもないデザインですが、リア周りに合わせるとちょうどいいのでしょうか!?

ガソリンの高騰と、バッティングしてしまった?のが、ちょっと気の毒ですが_。

この“日本”という土壌のもとに、生まれたことが不幸なのかも知れませんね。

100%、クルマのことに無関心とも思えるような政治屋ばかりの国で、しかも高齢化が進んでいる、この国に・・・。

投稿: イニシャルN子. | 2011年3月 4日 (金) 14時19分

まだよ、まだ駄目ってね、
お待たせを何年も食らわせられると、
もはやいい女でさえも
『もういいや』
大抵そう思うもの。

まして
あの何でも平均点のトヨタの大衆スポーツカー
サァ~~どうぞって見せられても
『もういらねぇよ』ってね。

投稿: 佐衛門 | 2011年3月 4日 (金) 14時58分

FT86って前回の壊滅的東京モーターショウの時から、よくわかんないクルマですね。
86の再来のくせして、重そうなクーペで、Ⅱに進化したら、なおさら重たくなった気が…後ろ姿なんて、先代スカイラインクーペですよ。
これだったら、デザインくらい章男御曹司が役員に運転を進めるほど好きな付き合いもあるロータスにやらせればよかったのに。
それか、このデザインならレクサスで出すべきクルマですよ。
数なんか日本だけじゃなく、どこ行っても狙えそうにないんだから。
スバルが仮にオリジナルデザインで出しても、ボクはそんなにいいデザインは出てこないと思いますが。
ジュネーブショウで一番のお勧めは、やっぱりアルファの4Cだと手前みそながら思いますねhappy01

投稿: アクシオム | 2011年3月 4日 (金) 19時21分

トヨタは、やはり動きが遅すぎですね。

CT200hなんかも(売れてるそうですが)そうですが、ユーザーの顔が見えないクルマに焦らし過ぎですよ。 ベストカーが、早く取り上げすぎな感もありますがbleah CR-Zみたいに、欲しい人に行き渡ったら、3桁クラブ行き確定なクルマなのに…

そしていよいよ発売近くになってきたら、現行Zっぽい臭いが。 自分達でも、何やってんのか明確なビジョンが無く仕事してるのかな?
トヨタってこんなにビジョンが無いメーカーではなかったのですが、なぜ、「中庸」を目指さなくなったのか? 驕りだな。

三菱は美しいデザインですね。シュコダもいいなぁシトロエンは、遊びすぎプジョーも! 残念なのは、アストンのデザイン力が落ちてきていること。 イアン・カラムってすごいなぁ。最近の、ジャガーを見てジャガーのデザインっていじれるんだと思いましたもんgood

LF-A デザイン学生の作品ですかriceball

投稿: ぷじお | 2011年3月 5日 (土) 21時30分

イニシャルN子さん

というように、日本で採算が取れるとは思えないので、あとは
どこでどういうマーケティングをしたんでしょうか? 欧米のOL
用にしては少々エグいし。水平対向なら何とかなるってこと?

佐衛門さん

待たされるだけの理由があればいいんでしょうけど、何でこん
なに時間が?っていうのはマズイですね。 雑誌的には引っ張
れていいのかもしれませんけど。

アクシオムさん

メディアでは当初若者のクルマ離れへの切り札、みたいな扱い
でしたよね。価格に限らず、2ドアクーペが切り札っていう発想
が驚きですが。もうこうなると、とにかくボクサーエンジンがほし
かった・・・としか思えないですね。

ぷじおさん

まあ、考えていれば、XXの時代からトヨタはスポーツカーが下手
でしたけどね。おっしゃる中庸の延長でハチロク、あるいはMR2み
たいな面白いものができたわけで、本格的なのは苦手なんでしょ
うね。最近はその中庸も変なんですけど、でも売れるんですよね、
日本では。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月 7日 (月) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39093496

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーブショー散策(その1):

« クルマの他:珈琲の日 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) »