« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) »

クルマ散策:ジュネーブショー散策(その3)

Go

 イタルデザインは、傘下となったVWグループの一角で、しっかりVWのバッチをつけた2台の出品。次期シロッコ?なクーペと、スペース系コンパクトの提案だ(写真はレスポンスから)。

 ま、FFジェミニなんてクルマに乗っていることからもお分かりのとおり、小さな実用車好みの僕として気になるのは、後者の『GO!』なんである。

 一連の『UP!』シリーズはイタルが手掛けているとの話だったので、もしかしてこれはその進化版?とも思うけれど、それにしてはボディがポロ並にデカいなと。

 ただ、欧州のトラムを連想させるリア周りはUP!っぽいし、2700ミリっていう長いホイールベースは新世代プラットホームだっていうし、EVも想定しているらしいなど、一体どうなんでしょう?

 360°ボディ全体のプロポーションで勝負なまとめ方はさすがイタル、というかカロッツェリアの仕事っぽい。ここ数年、どうでもいい表面的なラインを流行らせた多くのハウスデザインとは違うところだ。その上で、コンセプトカーらしい装飾を施すのも巧い。

 ただ、近作ならプントやセディチのような、圧倒的なバランスと簡潔感がイマイチな、ちょっとしたキレのなさ、たとえばリアドアガラスとそれに並行するプレスドアラインの複雑さなんか、が気になったりする。

 その辺は、数年前のダイハツのコンセプトカーにも似ていて、もしかして息子さん?なんて思ったりするけれど。

 ある雑誌記事によると、今後イタルはVWグループ内の仕事しかしないそう。これは買収後にいちばん気になっていたことなので個人的に残念だし、これまでの数々の名作を考えれば、世界の自動車産業にとっても大変な損失なんじゃないかな。

 そりゃあ、経営に行き詰まって倒れてしまうよりはいいんだけど、ちょっとVW、肝っ玉が小さいゾとは思う。

 ま、ジウジアーロファンとしては、買いやすいドイツ車のデザインに期待ができるのは歓迎だし、セアトあたりを個人輸入、なんて妄想ができるのは面白いんだけど。

 それでも、イタリアや日本ではもう出ないというのはやっぱり寂しい。とりあえず、その雑誌記事が間違いであることを祈ろうかな。

|

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ボクはTEXの方が、いすゞのアッソ=ピアッツアのテイストがもろに出ていると感じましたね。ショウモデルのボディーカラーといい、アクセントとして使った赤いストライプのラインといい。
インフィニティのコンセプトカーとは打って変わって、手堅くも奇麗にまとめたデザインは、欲情的なデザインが氾濫する中、非常に安定していていいと思います。それにVWグループでこのようなデザインを発揮できるのは正解かもしれませんね。
それとVWグループでしかデザインできないっていうのは、やはりVWが買収してしまったから仕方ないでしょう。高いお金を出したのに、他でもいいデザインをやられたのではVWだってたまらんでしょう。もしかすると、スズキもVWが20%株を保有するVWグループの一員ですから、スズキのクルマも手掛けるのかもしれませんね。うまくいくと…

投稿: アクシオム | 2011年3月 7日 (月) 23時20分

penジュネーブ・ショーにVWグループのブースに飾られた《TEX》というクルマ。VWグループ傘下に入ったとされる、イタル・デザイン。この名前でいいのかな。

画像を見て思ったんだけど、いすゞのピアッツアが復活したみたいな印象。
いすゞも乗用車をつくり続けていたら、こんなふうなクルマの誕生もあり得たのかななんてね。

そうだね、いすゞが乗用車をつくりつづけていたら国産車の中でキラリ個性がひかるクルマを出していてくれたんじゃないのかな、残念だよ!?

他サイトの掲示板にこんな投稿をしたのですが、この“言いたい放題”に対しての反響(反応)は、1週間ほど経過したいまでもゼロのようです。


それは横に置いておいて、上の方のようにやはり今回のジュネーブショーにジュジアーロが出品したコンセプトカーのデザインから、ピアッツアを連想した方いらっしゃるんですよね。

いかにもジュジアーロの作品とわかるいいデザインですよね。だからこそもしも「いすゞ自動車の乗用車部門が存続していたら・・・」との思いを強く抱くのですが_。

であったなら、国産車のデザイン面でのけん引役をになっていたのではないかなと。もっともっとユーザーのココロをゆさぶる様なデザインを持った国産車の登場は、あとどれくらい辛抱すればいいのでしょうね!?

投稿: イニシャルN子. | 2011年3月 8日 (火) 14時13分

素人目な発言になる事をお許しください。

そのTEXですが、私にはどうしても欧州シビックRに見えて仕方ないのですが・・・

GO!はともかく、TEXはどうも引っかかります。イタルデザインってこんなもんなんでしょうか・・・

投稿: なおすけ | 2011年3月 8日 (火) 17時42分

イタルデザインの手がけた日本車では初代レガシィやアルシオーネSVXが印象的でした。

ジュジアーロの手がけた作品の中には、その自動車メーカーの経営危機を救った車がいくつもあり、自動車産業界にとっての損失というお話も大袈裟でも何でもないと思いますね。

近年のカロッツェリア各社の凋落ぶりは非常に寂しいものがありますが、カロッツェリア経由で中国メーカーへ技術流出するのを嫌って欧州メーカーが仕事を出さなくなった為でしょうか?それとも単に「外注の車体屋さん」に出す仕事が不況で無くなっただけなのでしょうか?

またいつかブガッティEB112みたいな車のデザインを見てみたいです。

投稿: TS | 2011年3月 9日 (水) 01時11分

GOにしてもTEXにしても、悪くはないと思いますが、かと言って絶賛する程のものでもないと思うのです。というのは、これまでもシンプル&クリーンな方向性のデザインで極めて魅力的な物があったと思うのですが(個人的にはシングルフレームにする直前のアウディとか)、そういった過去の名作を超える魅力、鮮度があるかとなると?なんですよ。TEXに至っては、類似点が指摘されている、ピアッツァ≒アッソ・デ・フィオーリや、UKシビックの方が個人的には魅力的に思えたりするので。

新鮮さのためならセオリー破りもなんのそのといった様相を呈しているスタイリング過剰なカーデザインに辟易している方ほど、シンプル&クリーンなスタイリングを過大評価される傾向もあるように感じるのですが、どう思われますか?

投稿: AK23 | 2011年3月 9日 (水) 08時29分

いよいよ出てきたんですね、イタルのVW。

どちらも、嫌いではないですが、ショウモデルだからなのか少しイタルにしては「要素」が多いですね。 デザインは、個人的に前後のオーバーハングが短い車が好みなので、こういう形は「ごちそう」なのですが、今回は、なんといっても「シュコダ」のコンセプトがとても「ごちそう」です。

それと、「up!」が元々好みなんですよね~
で、アウディも、和田さんがディレクターになる前のスタイルがイイ…ってみんな同じ路線!?  それでも、イタルと、ダ・シルバなんてデザイン独占しすぎhappy02。羨ましくて、涙が出ちゃう… 

投稿: ぷじお | 2011年3月11日 (金) 00時35分

アクシオムさん

僕も最初ピアッツァ? と思いましたけど、プロポーションが
結構違うんですよね。やっぱりシロッコに近い。まあ、TEX
がピアッツァ後継で出たら嬉しいのは間違いないですけど。
スズキでの関係は僕も続く可能性があると思います。

イニシャルN子さん

ピアッツァ復活については上記のとおりです。あのGMチック
で残念な最後を迎えるくらいなら、こうやってイタルに頼めば
よかったのに・・・という実証になっちゃいましたね。
ただ、いすゞの場合はイタルのいい面を受け入れる優秀な
デザイナーがいたからこその関係だったようですね。最近の
スズキやダイハツも同じような面があったのかもしれないので
継続を期待したいですね。

なおすけさん

欧州シビックですか・・・そうは見えなかったですね。やっぱり
プロポーションも違うし。「こんなもんだっけ?」という感想は同
じですが、今回は同じシャシーからまったく異なるパッケージ
の提案というテーマがあったらしいので、実験的要素が多少
先行したのかもしれないですね。

TSさん

そうですね。大損失だと思います。
外に出さなくなったのは、インハウスデザイナー(デザイン部)
の充実と反比例ということでしょうね。ただ、少なくとも日本メー
カーのデザイン部の場合、量産に直結するキースケッチを描け
るデザイナーは一握りだそうですから、たとえ人数的に充実し
ているにしても、やっぱり常にコンペは行って欲しいですね。

AK23さん

今回の2台についてはまったく同感です。ひとことで言ってキレ
がない。僕は無責任に「息子さん?」なんて書いてますけど・・・。
ただ、他の多くのメーカーよりは「やっぱり巧いなあ」と感じさせ
る一定のレベルはあると思います。ですから、”絶賛”は過剰反
応だと思いますよ。

ぷじおさん

シュコダ、一致しましたね。いいですね、あれ。あの路線でコン
パクトカーが出たら欲しいですね。UPはイタルが担当と聞いてい
たので、GO!との関係が気になります。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月27日 (日) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39128628

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーブショー散策(その3):

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その2) | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) »