« クルマ散策:行列は解消? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号発売 »

クルマ散策:ジュネーブショー散策(その6)

Visiond

  ジュネーブショーからすっかり日が経ってしまったので、これを最後の散策しようかと思う。

 60ものワールド・プレミアを果たした今回のショーで、個人的にいちばん気になったのは、意外なところでシュコダの『ヴィジョンD』だった(写真はレスポンスより)。

 「SIMPLY CLEVER」というキーワードに基づく5ドアハッチボディは、言ってみればクーペ風だけれど、流行のメレセデスCLS調とは真逆な方向に行ったのがまずよかったし、自身近作のファビアとまったく違うのも面白い。

 フロントグリルやボンネットラインに従来のシュコダイメージを残しつつ、腰高なリアを持つビッグキャビンと、一直線のショルダーラインによるシンプルな面で構成されたアンダーボディとのバランス、そしてロングホイールベース・ショートオーバーハングのボディは、とにかくプロポーションが美しい。

 それに、端正なフロントフェイスでは、フォグランプを組み込むバンパー下部が、最近一連のVW車の処理に近く、もしグループとしての統一感を狙ったのなら大したもんである。

 僕はこのクルマを見て、ピニンファリーナが関わったといわれる、かつてのホンダ・クイントインテグラを思い出した。僕はあの5ドア、とても評価しているので。

 ところで、最近ブログにいただいたコメントの中で、ここではシンプルなデザインが過大評価されていないか、というものがあった。僕自身の記事や、他にいただくコメントを見れば、そう感じるのも至極もっともなことだと思う。

 ただ、気をつけなくてはいけないのは、以前一緒に仕事をした前澤義雄氏も言っていたように、シンプルと単純(平凡)はまったく違うということで、それを混同しないことかもしれない。

 まあ、「シンプル」という言葉が誤解を与えるんだろうとは思う。けれども、たとえば少し前のアルファのGTVなんかは、ボディに強烈な斜めのラインが入ってえらく刺激的なスタイリングだけど、しかし造形としてはふたつの塊による、まさにシンプルそのものだった。つまり、単に平板なのがシンプルということじゃないんである。

 その差を個別例をあげずに言葉にするのは結構難しいけれど、結果的にアッという間に陳腐化もしくは風化するか、それとも長い時間に耐え得るかという、実に大きな違いがある。

 さて、同じVWグループとしては、デ・シルバがデザイン改革を行ったセアトがより派手で注目度が高いブランドだ。今回、そのセアトはSUVの提案だけど、シンプル路線のホワイトボディという、ヴィジョンDとまったく同じ見せ方をしてきた。

 もしかしたら、そのあたり事前の調整があったのかもしれないけれど、結果としてはシュコダの提案の方がより完成度が高かったと僕は思う。若いチーフデザイナーがかなり露出していたので、早速イタルの影響があった・・・わけじゃないだろうけど。

|

« クルマ散策:行列は解消? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号発売 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

申し訳ないですが、長文になります。

で、シュコダのこの車ですが、ディテールの過剰な暴走もなく、少し前のアウディを彷彿とさせ、悪くないと思います。ただ、それでいいの?と。確かにVWグループとしてのアイデンティティはあるけど、シュコダとしてのアイデンティティはグループ内で廉価な割に立派なグリルで5ドアにこだわってますって程度の規定路線でしかない。これも含めて、VWグループデザインの動向から感じるのは、シンプル&クリーンそして、ミニマルなデザインの範疇での差別化することの難しさです。

確かに、シンプルと単純は似ているようで全然違っていて、シンプルでミニマルな方向でグッドデザインを目指すとなると、それはそれは高いセンスと技量を要求される非常に奥の深い世界です。だけど、それ故に突き詰めて行くと、どうしても似たようなところに収斂してしまう。

新型シャランのすべてに、今のVWデザインのクオリティコントロール、VW内の車種毎の差別化、アウディとの差別化について書かれていたのですが、やはりVWグループとしてのクオリティ追求に重点を置いているが故に、車種毎で差別化できる範囲は少ないようです。個人的にVWはそれでも良いと思うのですが、アウディはヘッドライトを車種毎の個性表現のスタイリング上の拠り所としているが故に、TTやA7は良いと思うのですが、それ以外はライトだけがスタイリング過剰、煩雑、アクが強過ぎる等で全体から浮いていまい何とも残念な状況だと感じます。これは個人的な好みでしかないですが、A1とか前後のコンビランプを端整な方向でスタイリングしてくれたら良かったのに本当に惜しい!と感じてます。

あと、アルファGTVのように潔い立体構成で見せるという方向性も、アウディTTや発展型として初代ムラーノのようなものがあると思いますが、その立体構成パターンが出尽くしていて、ネタ切れに近い状況。

故に、成型技術の向上もあり、タブーを侵してでも、立体をこねくり回して新しさを優先するか、基本は無難にディテールだけ過剰に凝ったり、いろんなトコに線入れて差別化みたいなことになっちゃうのかと。

特に日本車は開発に時間かけないし、前モデルの良さを含めて全否定してまで、新しさ優先みたいなことも多かったですから。キープコンセプトですら残すとこと変えるとこの選別が下手だったりね。VWを見習って少しは自分の得意なテイストをじっくり追求/熟成することに力入れるのも悪くないと思うんですけどね。

投稿: AK23 | 2011年3月25日 (金) 15時39分

最後がコレって嬉しいなぁ!lovely

最初の方に書いているのですが、今回のジュネーブショウで一番好きなデザインがコレなんです。

デザインの専門家ではないので何といっていいのかわからないんですが、多くの輸入車が、ソツの無いデザインならば、コレは、「隙の無いデザイン」と言ったらいいのかな?
すごいです! 完成していて、デザインに関しては他人が手が出せないってこういうデザインなんじゃないかな。 プジョー406クーペも初期型で完成してしまっていて、マイナーで、口を大きくしたりしただけで、凡庸感が出てしまいました。

もともと、「ピニンファリーナ」のデザインが好きなんですが、こと、自動車のデザイン、特にフェラーリがここ10年ほど醜いデザインに(アルミボディーになったせいらしいですね、最初の頃は)でガッカリ、さすがに、フェラーリ以外のオープンカーのデザインにはかつての品の良さがありましたが、ショウモデルにはやっと若干「らしさ」が戻ってきて嬉しいです。  で、方向としては全く違うのですが、このクリーンさ、足し算ではなく、削っていく方向での美しさとしては共通なのかな、と。

ピニンって意外と、「侘び寂び」+色気が魅力だと思うのですが、シュコダのコレは、「整合性の権化」もそれはそれで、「色気」になるんだな~と感じます。

デザインの力の前には他の物はデコレーションにすぎないんだなと言う、凄みを感じます。

投稿: ぷじお | 2011年3月28日 (月) 22時40分

AK23さん

なかなか鋭い視点ですね。
VWグループの話で言えば、シュコダのヴィジョンDとVWブランド車
は、本文のようなフロントのイメージは別として、近似性は感じない
ですよ。

近年のアウディは自ら大きな変化は望んでおらず、熟成方向に入っ
ているみたいですね。車種ごとの変化は少ないですが、アウディと
しての特徴が出せているので、そこは問題ではないと思います。た
だし、皆が後世に残るようなものかと言えば、かなり疑問ですね。

僕としてはVWブランドの方が?です。現行ゴルフから始まったシン
プル路線は、ブランドの初心に帰るという意図はともかく、個人的に
は「単純」に感じてしまいます。ポロはコンパクトさ故、緊張感があり
ますけど、その他はちょっと。各車ボディサイドに独自のラインを入れ
るなどしてますけど、間が持たないです。

けれども、それはシンプルだから同じようなものに収斂してしまうと
いうこととは別かと思います。本文にも書きましたが、シンプルという
のは単に面が平らとか、箱っぽいとか、そういうことじゃないですから、
相当な可能性を持っている筈です。もちろん、ひとりのデザイナーが
似たような商品をつくってしまうということはあると思いますが。

ぷじおさん

意見が合いましたが、整合性の権化とはすごい表現ですね。
やっぱり徹底的に磨きこんだ面なり線は、凛とした雰囲気をだします
ね。それを色気と言ってもいいのかもしれません。あとは、この意図が
商品化へつながるかですね。

ピニンファリーナには、実用車のコンセプトカーを出して欲しいと思って
います。ああ、やっぱりコリャすごいなあと思えるセダンやハッチを。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月31日 (木) 23時38分

http://www.netcarshow.com/audi/2001-a4/800x600/wallpaper_02.htm
シュコダヴィジョンD、上にリンクも貼りましたけど先代A4の初期型を連想してしまって、最初はじっくり見なかったんですが、比べてみるとだいぶ違うし、完成度は確かに高い。ただ、どうしても既存のシュコダの発展形というより、1世代前のアウディデザインをプロポーションを良くして、ショルダー部からキャビンの一体感を向上させた、正常進化に思えるんですよね。

だから、顔を以前のアウディのダブルグリルにして、フォーリングスをはめ込んでも何の違和感も無く成立してしまうのではないかと。これって残念じゃないですか。裏を返せば、奇をてらってない顔であれば何でもハマる、キレイなボディともいえるかもしれませんが。

VWとアウディにしても、ブランド別に立体構成のセオリーを定めて差別化しているのに、基本がオーソドックスなだけに、現行ジェッタのリアがかつてのアウディに似たものであるというだけで、プロポーションも違うのに差別化できていない、似ていると言われてしまう。

私が似たようなところに収斂してしまうと書いたのは、オーソドックスで、要素が少ないなかで美しさを追求するのは素晴らしいのですが、こと差別化という点ではわかりやすい多様性を表現しにくく、結局、フロントとリアが決め手になってしまってるのではないかと感じたからなんですよ。

まあ、単純に言うと、全体で強烈な存在感をかもし出すシンプルなカタチをいろいろ生み出すのは簡単じゃないってことです。

投稿: AK23 | 2011年4月 6日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39352031

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーブショー散策(その6):

« クルマ散策:行列は解消? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号発売 »