« 雑誌記事:マガジンX5月号発売 | トップページ | クルマ散策:デザインの本 »

クルマ散策:メッセージがありましたら・・・

 日本は負けない、ガンバレ日本。有名無名を問わず、いま多くの人が「自分のできること」を考え、実践している。

 著名人は義援金や寄付、炊き出しをやっているし、個人では物資の発送から、家の節電、買い物の控えまで実に幅広いことになっている。

 先日ラジオで、いまプロ野球を開催するべきか否かという話をやっていた。リスナーの意見はもちろん両論で、「プロ野球はチームや選手が収入を得る”商売”なのだから、こんな時期に開催するべきじゃない」派と、「誰もが自粛すると活気がなくなる。経済を回すためのもお金は動かすべきだ」派。

 最低限の衣食住に加え、元気を出してもらいたいという面でのプロ野球にも意見がさまざまなんである。フィギュアスケート大会が見送られた際にも、きっといろいろ意見はあったのかもしれない。

 じゃあ、自動車評論家やライターとしてできることって何なのだろう?

 クルマは余暇や趣味だけでなく、衣食住に伴う必要な足という面を持っているから、その幅広さゆえ、余計に難しい。それに、評論家、ライターといっても、その立場はそれぞれでまったく違うし。

 いま、被災地から発信した「こころが暖まるつぶやき」を紹介するサイトが話題になっている。直接災害に関係なくとも、日本も捨てたもんじゃないという内容だ。

prayforjapan.jpサイト http://prayforjapan.jp/message/

 もしかしたら、もうすでにクルマファンの間でもそういうコミュニケーションサイトが立ち上がっているかもしれない。クルマファンとの情報交換や、チャリティイベント開催、交通情報など。

 それと、この震災に遭って、メーカーや販売店、あるいは国や地方などの行政、燃料会社等々、関係各所に様々な意見や要望を持っている方が多いかもしれない。

 もし、そうしたサイトがあれば、ここで紹介できるかもしれないし、意見や要望については、弱小とはいえ、ライターとしてそうした声を各所に届けることも可能だ。

 1日数百件のアクセスという小さなブログだけど、クルマファンとして情報を持っている方や、いろいろな意見や要望がある方は、ぜひお知らせいただけないだろうか。

 もちろん、ネット環境もない状況も多いだろうから、限られた範囲の話にはなってしまうので、友人、知人の方の話でもいいかもしれない。

 この災害の復興は長期におよびそうだ。だから、いますぐとかいつまでに、ということではなく、可能なときに「コメント」をとおして情報をいただければと思う。

|

« 雑誌記事:マガジンX5月号発売 | トップページ | クルマ散策:デザインの本 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

被災された方々への励まし、これは大事です。
でもいま大量に流されているCMをはじめとするメディアの励ましは、いくら著
名人が感動的なメッセージでも、正直「前向き」もしくは「ポジティブ」の押し売
りになってきちゃいましたね。それだけマスメディアが大量に情報を流して、効
果が上がる証拠なんでしょうが…
仙台、石巻、釜石と支援物資に2回行きましたが、あの惨状はテレビ以上。
あの惨状を目の当たりにして、励まして簡単に頑張ろうとは迂闊に言えるも
んじゃないとボクは感じましたね。がれきの処理なんて考えたら頭が痛くなるし、
さらにその下には被災して亡くなられているかもしれない人々がいると思うと
もっと考えてしまう。
>自動車評論家やライターとしてできることって何なのだろう?
被害にあったクルマの処理とか、緊急時の対処方法だとか、色々とやることは
あると思いますよ。寄稿されているMagXでも結構取り扱っていること。
あと、東北地方で被災した自動車工場って、これ日本経済に結構影響を及ぼす
と思います。仙台港にプールされていたトヨタ車の飛散した惨状も凄かった。
もし機会があれば、そういう場所に取材に行くとか…
ライターとして特別に何かすることも大事ですが、いままで活動されてきたことを
そのまま活かすことだって十分あると思いますよ。
最後に、今回支援物資を運ぶのに「緊急」車両の指定を警察署で取りましたが、
この取り方が実に分かりにくかった。
国を通じて取ると、政治主導と称したとんでもない官邸一元化でなんと3日かかる
ことが判明しました。そういうことも今後問題になるんじゃないでしょうか?
(結局わたくしは業界団体からFAXで送られてきた災害支援要請の文書1枚を
添えてたった1時間で許可をもらいました。)

投稿: アクシオム | 2011年3月31日 (木) 08時31分

アクシオムさん

物資支援に2回ですか。素晴らしいですね。

「日本は強い」「ガンバレ日本」メッセージは、少なからず
違和感を感じている人も多いんじゃないでしょうか。体は
もちろん、心が疲れている方には酷なこともあるでしょうね。

ライターとしての取材はもちろん行いますよ。媒体を使う
場合は色々な制約はありますけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月 2日 (土) 19時37分

災害に強い車をつくる必要があるでしょう。
非常時には太陽電池パネルを全開してバッテリーに充電し
電気だけで数十キロ走行、動かないときは電気を
煮炊きに利用する、システムを搭載する、とか。
フリードをベースにできないかな。
ホンダのハイブリッド技術+太陽電池、でやってみないか。
きっと需要はあるはず。しかしホンダ製コジェネシステムは
現在、停電時には使えないという半端なもの。
停電時にこそガス発電すべきなのに。なんとかしてくれ。

投稿: 優 路 | 2011年4月 2日 (土) 21時56分

私の遠い親戚ですが、「東松島」で亡くなりました。

しかし、天災、や、起こってしまったことはある程度諦めることも必要かと・・・それより、生き残った方々へのご飯をはじめ支援をすることしかできないですね。
ただ、被災された方々は、すでに限界まで「がんばって」いるの、に「がんばれ」っていうのは酷です。テレビも、もう少しタイミングを考えていただきたいですね。
お金、住居とまずはそのあたりから復興へと行けばいいのですが、今回は「放射能」が大きな障壁になってしまい、国、東電の対応には呆れるばかり。これは、過ぎたことではなく現在も確実に「進行」している大問題。ここを解決しない限り、被災地は「東日本」だけでなく、「日本」ということになりつつあります。
コレに目を背けずどう対処(私にはわかりません!)し、前に向かうことができるかが、国の今後を左右する厳しい試金石になるでしょう。
本当に日本の技術は、世界に通用するのか、安心・安全を売りにしてきた物すべてが「原発事故」によって瓦解しないようにすること、それが試される局面が来たと思います。 海外でお金が稼げなくなれば、復興だって厳しいですから・・・

投稿: ぷじお | 2011年4月 3日 (日) 01時53分

優路さん

非常時電源としてのEV、HVは以前から話がありましたから、一歩
進めて発電パネル付きのクルマはいいですね。自動車メーカーだ
ではなく、家電(電池)メーカーも考えているかもしれませんね。
今度、機会があったら提案してみます。

ぷじおさん

ご親戚の方についきましては、ご冥福をお祈り申し上げます。
TVの「ガンバレ」の感覚はホント神経を疑いますね。もちろん、言い
方にもよりますから、もっとボキャブラリーを広く考えて欲しいですね。

日本の技術はきっと大丈夫だと思いますが、被害に関して言えば、
大気に加え、海まで広域汚染ですから、ことは日本だけでなく、世界
レベルですね。

したがって、技術というより、この「拡散」に対する日本の対応という
ソフト面の信頼が重要になってくると思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年4月 5日 (火) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39424439

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:メッセージがありましたら・・・:

« 雑誌記事:マガジンX5月号発売 | トップページ | クルマ散策:デザインの本 »