« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その3) | トップページ | クルマ散策:クリーンな電力 »

クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4)

Minagi

 マツダの提案は『SHINARI』に次ぐ『MINAGI』だそうで、何だか育毛剤みたいだけど、狙いはとても明快だ。

 ただ、そのSHINARIの時にも書いたけれど、ふたつの大きな動きがぶつかり合うダイナミックさは、現行デミオですでに表現されているので、個人的にあまり新鮮味はない。

 それでも、SHINARIに込められたさらなる流麗なラインは新しい提案だし、ファミリーフェイスの5角形グリルをそこに無理なく溶け込ませているのも巧いと思う。

 ダイナミックな曲線・面ということでは、最近の流行そのものとは言えるけれど、塊の動きというアプローチがオリジナリティに結びついているんじゃないかな。

 ハードに疎い僕には、シャシーもそうだというスカイアクティブの全容がいまいち理解できてないんだけど、エンジン・ミッションも含め、フル装備をコンパクトSUVとして欧州に持って来たのは、デザイン同様狙いがハッキリしていていいと思う。

 それに、高速走行に弱いと指摘されるハイブリッドじゃない、素の高効率システムが”あっち”でどう評価されるのかも興味深いし。

 ところで、このスカイアクティブもそうなんだけど、マツダって画期的な提案ってやつを結構定期的に打ち出すんである。

 ファミリア時代のドイツ流「高剛性」ボディ導入、実はいまでも上物中古物件を探しているユーノス500時代の「ときめき」のデザイン改革や高品質塗装、そして新エンジンを引っさげた一連のズーム・ズーム改革。

 比較的小さな自動車メーカーとしては、そういう継続的な新技術提案はスゴイところなんだけど、マツダの場合、どうもブランド構築に結びつかないというか、尻切れが目立つというか。いつも残念な感じなんである。

 それぞれは決してブラフなんかじゃないんだろうから、今回のスカイアクティブは、わりと堅調なズーム・ズーム改革と結びついて、たとえば欧州市場での従来以上のブランド確立に役立てばいいとは思う。

|

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その3) | トップページ | クルマ散策:クリーンな電力 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

技術の日産よりも、マツダの方がよっぽど技術的に分かりやすいと思いますが、それがどうしても「ブランド」とは結びつかなかったのは仰るとおりかと。
「マツダ=安物」のイメージが未だに付きまとってるんですよね。
海外ではそういった先入観も無いでしょうから、正当な評価を得られる。いいですね、こういう土壌がある国は。
スカイアクティブを積んだ次期デミオが楽しみです。

投稿: アレスタ | 2011年3月10日 (木) 20時22分

ボクも技術的なことは、うわべのスペックには興味があっても、本質的な技術知識はないに等しいですが、スカイアクティブってのはガソリンエンジンとして圧縮比がめちゃくちゃ高いエンジンみたいですね。
でもそのスカイアクティブって技術そのものが、既存のエンジン技術の革新と言っても、ハイブリッドだとかEVのように商品としてわかりやすいモノかと言えば、わかりにくい。そういう意味で言えば、魂動デザインコンセプトの勢(MINAGI)もどこかわかりにくものを感じますね。デザインの塊感としていいとか、彫刻的だとか、玄人っぽさは感じるけど、素人には…マツダが商品全体として、玄人好みの、極端にいえばニッチと言われる比較的量を狙わない方向へ行くならいいかも知れませんが、果たしてそれでいいのか?
CX-7のように、スポーツカーとSUVのクロスオーバーと称して、あまりにも度が過ぎるAピラーの寝過ぎたものも困りもので、できれば実用性も重視した上で市販していただければいいですね。

投稿: アクシオム | 2011年3月10日 (木) 22時50分

育毛剤とは!言い得て妙ですよhappy01

印象は、デミオを上にグニューっと引き伸ばしたようなデザインですね。日本の他社にも影響を与えたか?なんだかんだで結構日本の最近のデザイントレンドって良く考えるとマツダっぽいかも。

マツダが、塊から削りだす風のデザインをし始めたのに、最近は、逆に塊を「引っ張った」感じになってきてしまっているようなところが気になります。
実際には、「削って」るんですけどね(笑) あまり、みなぎり過ぎるとトヨタみたいに変な線をプラスしそうで怖いです。

マツダは、社内の方が(私は)面白い人しか知りません。 技術系でも学歴偏重では昔は無かったですし。 トヨタは、入社してから「自動車」へ行くか「ホーム」か、「ボート」かみたいに自動車が造りたいという希望関係ない採用ですからねぇ。 そういう違いが大きいと思います。 マツダって憎めないのは、クルマ造りたいオーラが好きモノに刺さるんですよ!きっと。

しかし、地震で、とんでもないことになっていますね。すぎもとさんをはじめ皆さんに何もない事をお祈りしています。

投稿: ぷじお | 2011年3月12日 (土) 01時19分

アレスタさん

たしかに、いまだ「マツダ地獄」をいう言葉が普通に生きてますね。
デミオはマイナーチェンジでエンジンのみ換装するそうですけど、
現行が魅力的なので、次期型も期待大ですね。

アクシオムさん

今度のマツダデザインは明確に「流」までの考えを継承しているので
余計に違いが分かりにくいのでしょうね。以前、マツダのデザイナーに
聞いたら、日本では6%の人に分かってもらえばいい、と言ってました
けど。

ぷじおさん

スバル同様、好きモノが多いのはホントのようですね。デザインも基本
的に国内でやっているし、独自感がありますよね。


投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月14日 (月) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39155427

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4):

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その3) | トップページ | クルマ散策:クリーンな電力 »