« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:クリーンな電力

Genshiro

  昨年の9月、写真の本を例に、メディアでもてはやされるEVの電力確保について書いたけれど、まさかたった半年後に現実のものになるとは思わなかった。

 本書では東南海地震による静岡の浜岡原発がメインで、弱い地盤による自動停止不可、つまり核反応進行中の炉心破壊という最悪のシナリオまでが描いている。

 今回は自動停止後ではあるけれど、直後の津波による海水取水口の損傷や制御用送電の停止による冷却水注入不可、それによる炉心溶融、メルトダウンはそのままの内容だ。

 いまだ損傷のないという福島第1のふたつの炉心容器は海水による直接冷却に踏み切ったけれど、その効果はまだ不明だし、福島第2にも冷却支援が発動された。

 僕は、熱心かつ理論的な反原発主義とかじゃなく、言ってみれば生理的に受け付けない人間だ。あの原発施設を見るだけで、途方もない拒絶感が体を走る。

 避難中に被ばくした多くの人たちは、衣服や体を洗浄をすれば大丈夫といった報道があるけれど、呼吸と一緒に体に入った物質はどうなるのか。

 炉心容器を海水に満たすための何十、何百人の要員、おそらく電力会社の下請け会社の社員たちは、およそ信じがたいほどの放射線を浴び、各人が被ばく制限時間一杯まで、いまこの瞬間に作業を続けている。もちろん、そんな報道はTVで放映されないけれど、彼らの健康状態はどうなるのか。

 「CO2の出ない、クリーンなエネルギー」

 美しい女優やタレントを起用して流される、この悪い冗談のようなCMは、今後も続くんだろうか? 住民が被ばくし、従業員が代わるがわる高放射線を浴びるような代償を得てまで、僕らはこの方法を選ぶべきなんだろうか。

 僕はゴメンだ。阪神・淡路大震災で、国や道路会社が「壊れない」としていた高速道路が倒壊したように、国や電力会社が「ありえない」と言っていた圧力上昇や炉心溶融が起きたんである。TVに呼ばれた推進派の大学教授らが、現実に進行する状況に目をそむけるかのような後手のコメントに終始するのは、この期におよんで民主党の責任だと発言する前政権役員よりたちが悪い。

 これは、「地震大国日本に原発は作るべきではない」という従来からの懸念を、悲しいかな現実で証明したものだと僕は認識する。

 電力の安定供給という大義も、太陽光、太陽熱、風力、高効率火力といった代替発電を、国と大手電力会社が本気で推進せず、中小の電気会社や、あるいは個人が高価な設備を買うような現状で語るべきじゃない。

 異常気象や、あるいは今回のような災害に備え、供給不足時にのみ最小限基数の原発を「用意」しておくという考え方だってあるだろう。

 いちクルマファンとしては、まるで空のマッチ箱のようにあっけなく流される数十台ものクルマや、滞りが予想される現地のガソリン供給を憂う気持ちもあるし、東北進出間もないトヨタの話題もある。

 けれどもいまは、”環境市場”に乗って邁進するEVが、節電を呼びかけつつ「オール電化」を平然と訴える電力事業と同列に見えることに疑問を感じ、再び原発の話を書かせてもらった。

 震災に遭われた方々へのお見舞いと、亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたします。

|

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

すごい地震だったようで、お見舞い申し上げます。
こちらではやや高い津波が襲来、四万十川アオサノリや
鯛の養殖いけすなどに被害があったもよう。
人は死んではいないようですが。

さていきなりEVに逆風ですね。
原発は何重にも安全対策が施されていると思っていましたが
こんな脆いものだったのか。東京に行く気が失せています。
原発が止まると、その夜間での発電量を利用して水を高いところにあげ
昼間の電力需要が多いときにその水を下に流して発電する
揚水発電所も止まります。
ですから発電量の減少は「原発+揚水発電所」分になります。

原発で発電した電気を使って走るEVは果たしてクリーンか。
いい質問です。みんなで考えよう。
とりあえずは、節電、節電。ヤシマ作戦頑張って。

ケータイやスマホが充電できる太陽電池システムが
持ち運べて6000円程度です。災害時にも活用できるし
EV買うよりいいかもしれません。

投稿: 優 路 | 2011年3月14日 (月) 01時45分

「原子力」というだけでアレルギーを起こすのは早計です。
「トリウム溶融塩炉」型の原子力発電があります。
これは「既に十二分に実現可能な技術的裏付けがある」
=明日にでも建造・実用に供すのが可能なのに
長いことうっちゃっておかれた超有望な原子炉です。

核融合発電が夢のまた夢である現代において、
さらにCO2削減の対策としても最適解であると考えられています。

なのになぜ、今まで省みられてないのか?
諸説ありますが「核爆弾の燃料が抽出できないからじゃない?」というのが
現在の最有力説です。

今回の大災害でトリウム溶融塩炉が脚光を浴びることを願っています。
地震大国日本、資源ほぼゼロ国日本の、救世主となる可能性があります。

それにしてもこれほどの大災害が、21世紀の日本を襲うとは。
まさに天災は忘れた頃にやってくる、です。
お互いに改めて身を引き締めたいものですね。

投稿: 250ライダー | 2011年3月14日 (月) 13時22分

杉本さん
地震国日本には原発を作ってはいけないんじゃなくて、
地震国日本には常に新しい原発を作って古いのは運転をやめる。
そういう事でしょう。
便利で快適な生活は要求をしておいてそのエネルギーは知らんでは済みません。
現在危ない福島第一原発は古いんですよ。
だから安全設備も第二原発群に比べて能力が低い。
第二原発はすみやかに解決したでしょ。

>優 路さん

三日経ってスマホやっと繋がりました。
太陽でも月の充電器あっても役に立ちません。繋がらなきゃメンコにも使えませんヤネ。

東北のサエモンより。

投稿: 佐衛門 | 2011年3月14日 (月) 15時39分

優路さん

四万十アオサノリ。地元で何度かいただきました。ちょっと苦いのが
特徴ですよね。
これがEVへの逆風になる、ことはないかもしれないですね。そういう
発想というか、結びつき方を体制はしないと思います。

250ライダーさん

その有望な型がなぜ有望で、かつ安全?なのかをまったく知らない
のですが、兵器関係だということだけで日本がまったく手をつけない
のですか? もし原発建設の財閥系が困らないなら、それは推進の
理由にもなりますし、採用すると思うんですけど・・・。

佐衛門さん

古い設計のものを止めるというのは、災害というより、古さゆえの事故
を起こしやすいからではないでしょうか? 経年劣化による種々の事
故です。もちろん、沸騰型は古いと言えばそうでしょうけど。新潟中越
地震では柏崎が電源を失って今回の一歩手前まで行きましたよね。
あれも古いからなんでしょうか?

また、福島第二については冷却機能が回復しましたが、一時的にせ
よその機能を失って緊急事態を宣言、放射性物質を含む蒸気を放出し
ました。僕の肌感覚では、これ自体が極めて異常な状況で、さすが新
しい原発だ、とは思えません。

何にしても「これは新たらしいから大丈夫です」ということは言えないです
よね。じゃあどこまで何が新しければいいのか、それはどんなレベルの災
害まで対応可能なのかなんて線引きはできないし、だからこそ第一だって
「大丈夫」ってことになっていたわけですから。

快適で便利な生活のための電力供給・・・については本文にも書きまし
たけど、代替発電への本格的な投資をせず原発を促進して、いまや30
%以上を賄うようになってしまったというのは結果論であり、推進派の
常套句です。

僕はエネルギーは知らんなどとは書いていないし、言う気もないです。
本気で代替発電普及に取り組んで欲しい、それによって原発の比率を
下げて欲しいと思っているだけです。それが何年もかかるとしてもやっ
てほしい。それをやらないで「原発は必要だから今後も増やす」という
のはおかしいということですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月14日 (月) 19時26分

「トリウム溶融塩炉」型の原子力発電と書けば
杉本さんのことだから「? 知らないな?」と思われても
きちんと検索するなりなんなり、
お調べになるだろうと期待して書いたのですが。

(まさかいきなり「ナニそれ?」質問されるとは、
夢にも思いませんでした)

専門家の書籍も出てますし、どうぞお読みになってください。
専門家が書いてますが、素人の私でも理解できるレベルの本でしたよ。

投稿: 250ライダー | 2011年3月14日 (月) 19時50分

ちょうど書き込みをしようとしているところで、すごいニュースが来ました。

青い事を言うようでこっぱずかしいですが、人間が出来ることと出来ないことの判断が甘いですね。出来ると嬉しくとホイホイ楽な方向、お金になる方へ行く国民性。
そして、テレビ・新聞等のマスコミの言うことを素直に聞きすぎ。もっと、自分の頭で考えてよ日本人。

自分自身が電気の大量消費者であるので、電気を作るなとはいえません。しかし、太陽光・風力・地熱なども狭い国土では現実的ではないのに、それである程度補えるような欺瞞に簡単に騙されてしまう。二酸化炭素が温暖化の主原因であるかのような報道で、原発を容認(昔は、原子力空母の入港ですら反対していたのに)してしまうような空気を作ってきたツケだと思います。

この20年の自動車業界と同じで、進歩・技術開発を蔑ろにし、「ラク」を選んできた見事な成果だと思います。

米軍がやっている化学合成燃料(旧日本軍も研究してましたね)や、最近話題の油を作る藻などの研究を国としてやって来なかった(何らかの圧力で出来なかったとしても)これも、ツケです。

折角、IPS細胞の山中さん、元筑波大のサイバーダイン社のロボットスーツ、ホンダや、東北大の先生が研究している「藻」など日本人が頑張ってくれている分野で、基幹産業を変えるかもしれない物に投資をしない国にもがっかりです。  な~にが技術立国だよ!

少し前に、「地球温暖化」特集号の「ニュートン」で、なぜ、二酸化炭素が温暖化の原因だといえるのか?ということの答えが、「地球シミュレーター」でそういう結果が出るからというオチ。 科学ではなく「オカルト」だぁ!そりゃぁ

投稿: ぷじお | 2011年3月14日 (月) 21時45分

初めて投稿します。

思いはすぎもとさんと同じです。
国と電力会社が、代替発電を推進してこなかったことは、大きな罪だと断じます。

そして私は原発容認派でもあります。
エネルギー供給手段として日本には必要不可欠なものだと認識しています。

その上で、
どうして他の技術が選択肢にさえ入れてもらえないのだろう。
どうしてより安全なエネルギー供給方法を進めようとしてくれないのだろう。
どうしてそこまでがんばった上で、不足分を最小限の原発で補うという
考え方をしてくれないのだろう。
ずっと思ってきました。

でも解らない。
「緊急時にのみ稼動させる必要最小限の原発」は安全か?
緊急時にのみ稼動するするシステムは、定常運用されているシステムより果たして安全なのか?
「最小限の原発」に今回と同じ事が起きた場合、起こる危機は同じではないか?
そのとき、「ここまで頑張って原発を減らして、リスクは最小限に抑えました。
その上で起きちゃったんだから仕方ないよね」となるのだろうか?
それでは今回の危機に対する言い訳と同じではないか。

では減らすことに意味は無いのか?
原発を完全に辞めるのか?
?年後に実用化される"かもしれない"技術に全てを賭けるのか?

答えが出ません。


東京電力福島第一原子力発電所2号機の核燃料棒は依然露出したままです。
心臓の鼓動は高いまま、それでも確定申告の書類を作りつつ
投稿する自分に苦笑しています。

早いとこ片付けて「ヤシマ作戦」に参加しないといけませんね。

投稿: mochi | 2011年3月15日 (火) 03時04分

我欲にかられた日本人に「天罰」が下ったのではないかと私は思っています。
政治もポピュリズムでやってる、一般人はすっかり「拝金主義」になって
「お金持ちがエライ」という風潮になってしまった。お金があれば何でも買えるとか
言っていた堀江なんだかという虚業家の出現や、それらを煽っているマスコミ。
「成果主義」などとうたって社員の給料をカットしていく「さもしい」企業。それら企業が経団連などで群れて、 政治家に金をばらまき、服従させ法律まで変えてしまう浅ましさ。
すっかり日本人が一番良く持っていた「こころ」という部分が抜けてしまって。

 「自衛隊は暴力装置」などと発言し、また外交も後手後手に敢えて回り、自国の国益を捨てた政権与党。在日韓国人から献金を貰い「外国人参政権」の立憲を果たそうとしている売国奴と呼ばれてもおかしくない政治家連中。

 津波でこれらの「日本人のあか」を洗い流されたのではないかと思うのです。

 被災者の方にはお見舞いを申し上げます。これを機会に日本人がもう一度
「民族としての品格」を改めて考え直す良い機会なのかもしれません。

 明治時代、日本は世界中から尊敬されていた国家だったということを思い出すには絶好の
機会だと私は考えます。


投稿: CT110 | 2011年3月15日 (火) 10時36分

250ライダーさん

いまは「こう書けばこうするだろう」というようなことをやりとりする
平時じゃないんです。知っていることがあって、それが役に立つ
のなら、積極的に教えて(書いて)ください。サイトの紹介は感謝
いたします。

ぷじおさん

原発利権を推進してきたのは前政権ですが、民主党も基本推進
ですね。新発展戦略として新エネルギー政策をもっと推進するか
と思っていたのですが。手に負えない=制御不能、そんなことは
最初からわかっていたのに。

mochiさん

物理的に基数を減らせば事故の可能性は減りますし、災害で電
力が不足したときに稼動させた原発を災害が襲う、という確立は
もちろん高くありません。要は、原発は日本に適さないのでなるべ
く依存しないようにしよう、とするならやるべきです。

ただ、いきなりなくすことはできませんし、残すものもある。その時
に、いかに万全を期すのか。それは、どれだけ多くの意見を聞くか
なのかと思います。立地の岩盤、配管の強度、津波対策、十分な
バックアップ電源のあり方。これまでそういう指摘を受けながらも、
電力会社の「絶対大丈夫」の一点張りが今回の惨事につながった。
国の政策にありがちなこの思考停止を改めるところから始めては
どうかと思います。

CT110さん

なるほど。でもどこかの知事も言ったように「天罰」だとしたら、日本
人全員が津波に流されなくては不公平かもしれませんね。
ただ、数万人の被害に、解決の見えない放射能事故。日本はもう
以前とおなじところには戻れない気はしますね。


投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月16日 (水) 00時31分

不公平 不平等
こういうこと言うのは「左巻き」な赤い連中。

この世の中に公平 平等などはない。
みんな一緒の収入で同じ生活ができるわけがない。それでは共産主義だ。

 評論なんてものは3流の仕事。1流は実際現場で車の設計をしたり、開発をしたりしている。その心血注いだ工業製品に対して「あーだこーだ」と言うのは簡単。その努力を考えてみてください。

投稿: あさやん | 2011年3月16日 (水) 10時16分

私たち一人ひとりが節電することによって、何人もの方の命が救われるだろうか。一人ひとりが普段何気なく享受している便利な生活を少し我慢するだけで、何人の笑顔に繋がるだろうか。

ガソリンも供給会社からの供給が厳しい状態にあるようです。不要な外出は控えましょう。

節電節水そして節ガソリン運動の輪が拡がることが、この国の将来、そして一人ひとりの笑顔に繋がります。

この運動を東京をはじめ首都圏の友人、知人などにできるだけ広めていただけないでしょうか。メール、ツイッター、ミクシーなどツールは何でも構いません。是非とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: くぼやん | 2011年3月16日 (水) 10時20分

あさやんさん

現場が1流で、評論は3流。そういう考え方はあると思いますよ。
否定しません。ただ、僕はそう思いませんけど。

くぼやんさん

計画停電に対し、比較的多くの人が冷静に受け入れたのは意外
でしたが、安心しましたね。ここはクルマを語るブログですが、そう
であるなら、たとえばいま首都圏で発生しているガソリンスタンドの
行列など、そういうことから話は始められるかもしれませんね。


投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月16日 (水) 13時03分

評論なんてちょっと知ったかぶりの似非インテリ野郎の真似事でしょ?

評論しかできない文系の連中なんて3流だね。

評論するまえに、その車の強度計算とかできるようになってごらんよ。
設計の図面でもひいてごらんよ。

投稿: 朝鮮人出ていけ | 2011年3月16日 (水) 13時49分

今回、原発に関することはノーコメントとします。仰ることはわかりますが、事態が事態ですから・・・
>震災に遭われた方々へのお見舞いと、亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたします。
原発のことを書かれるのは結構ですが、上記コメントは最後ではなく、先ではないでしょうか?

投稿: アクシオム | 2011年3月17日 (木) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/39209898

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:クリーンな電力:

« クルマ散策:ジュネーブショー散策(その4) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »