« 雑誌ナナメ読み:自動車評論家業はキツイ? | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:ミニバンもOEMで

Premacy_2

 日産がマツダのプレマシーを売る件は、結構な話題になっているんである。

 ラフェスタは、キューブのミニバン的解釈として僕はかなり好きなんだけれど、ライバルのウィッシュやストリームのような分かりやすいスマートさや、3列としての広々感が足りないのか、とにかく売れない。

 プレーリーやリバティなど、先駆けた割にはヒット作に恵まれない乗用タイプミニバンに、だから当面自社開発はいいや、となったとしても気持ちは分かる。じゃあ、同じスズキの軽を売るマツダからもらっちゃえ、なんて。

 そういう想像は簡単にできるけれど、僕はやっぱりやめた方がいいと思う。

 まず、単純にプレマシーはOEMに向いていない。

 日産の軽が好調なのは、クルマ自体が小さく、かつ軽自動車という特別枠故なんだと思う。多少の差異はあれ、どれもトールタイプの似たような商品が乱立する中、その一部がOEMとして売られても大きな違和感はないと。

 おかしな言い方だけど、「まあ、軽ならいいんじゃない」っていう見方は確実にあるんだと思う。パネルタッチな若い男女向けのMRワゴンが、いきなりお洒落女子向けのモコになっちゃうような多少の違和感も、優遇税制がハードルを下げてくれるし。

 これが登録車になるとそうはいかない。かつてはホンダ製いすゞ車なんて失敗例があったけど、最近のダイハツ製スバルなんかもそうだし、スズキのセレナだって売れてない。パッソやラクティスのように、半ば共同開発でヨーイドンならまだしも、あとから”ポン”はどうにもいけない。

 しかも、マツダ車は一連のコンセプトに沿った超個性派揃いだ。プレマシーの「流」に沿う先鋭なフロントや、文字通り風の流れのようなサイドのキャラクターラインは、そうやって何種類ものコンセプトカーを作ってまで築いたマツダのアイデンティティじゃないか。

 それに、ハード面でマツダ渾身の作であるスカイアクティブだって、きっとそのうちに何らかのかたちで載るんでしょう?

 比較的個性の弱いミニカーならまだしも、そういう企業イメージを引っさげたクルマは、当たり前だけどOEMに向かないと思う。もちろん、アッと驚く整形で別のクルマに見えるとか、新技術だけは譲らないっていうなら別だけど。

 それと、メーカーの存在意義。

 そんな不向きな商品でも、販売力の差で結構売ってしまえるとか、あるいはOEM契約が”そこそこ”の結果でも採算がとれる内容だとか、とにかく日産・マツダとも経営的にはOKなんだとなれば、じゃあメーカーって何だって話になる。

 もともと日本はメーカーが多過ぎるって言われているのに、そこでこんなことをやっていたら、自らそれを認めているようなもんだ。

 もちろん、それぞれが生き残りのためという認識なんだろうけど、白物家電化などと、ただでさえクルマなんてどれも同じと思われている状況下、ホントに同じものを売るんじゃあ、メーカーなんて2、3社あればいいじゃんとなってしまう。いや、すでにメーカー間で大型再編の動きがあるっていうんなら話は別だけど。

 日産はダイムラーとパワートレインなどの共有化を進めるそうだけど、エクストレイルのディーゼルがルノー製をベースにしているように、うまい協力関係、やり方はあるんだと思う。アストンマーティンのシグネットのように、ベース車とまったく違う価値観や目的を与えてしまうとかね。

 そうでないなら、中途半端なOEMはやめた方がいいと思う。たとえ一時しのぎの策だったとしても、そういうのはメーカーイメージに対してボディブローのように効いてくるものだし。

 ま、来月のジュネーブショーでは、クライスラーの顔違いがランチアとして出品されるそうだから、もうそういう時代なんだと言われれば、それまでなんだけど。

|

« 雑誌ナナメ読み:自動車評論家業はキツイ? | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

今の時代、OEMだろうが何だろうが、パッと目に入って気に入れば、それがどこのメーカーだろうが関係ないでしょうね。
仰るようにメーカーのアイデンティティが増々無くなっていくし、クルマそのものがつまらないものになっていってしまいます。
「不況だから売り上げを上げるためには仕方ない」としても、それはメーカーの勝手な言い訳であって、我々には全く関係のない話。
そんな事して生き残れなくなっても、「あぁそうですか」としか受け止められない。
自動車業界も何だかお役人っぽい思考が強くなってきましたね。

投稿: アレスタ | 2011年2月20日 (日) 19時38分

明日にでも図書館へ出向き、過去2~3週間分の工業&産業新聞を読み返してみようかと思っていますが、確かこんな内容の記事が掲載されていたように記憶しています。

『クルマを造らない自動車会社って・・・』

確かに採算に見合わないモデルを数多く抱えているメーカーにとっては、たとえバッチを替えているいうことが、顧客もわかっている―。そういった認識を持っていたとしても、製品のラインナップは揃えたいということなんでしょうね。

ただ第一線の営業マンやメーカー内の開発スタッフなどは、ものすごいジレンマを感じているのではないかと思います。

やはりプライドとか愛着の問題って、深~~いものがあるのでは_。

投稿: イニシャルN子. | 2011年2月21日 (月) 10時27分

ADバン渡して、ボンゴトラック貰って延長線として、プレマシーもOEMではなしでしょう。
ボンゴトラックのような商用車なら、軽以上に没個性で何処で売っても違和感はほとんどないけど、プレマシーのような個性が強い車をどうやって日産風にするの?
それともVWのミニバンのCMであの媚び媚び芸人のセリフのように最近の車は家電みたいだから何処で売っても同じだと思っているのだろうか。
そのうちジュークをマツダにOEMするなんてバカなことしなけれないいけど。

投稿: dezi | 2011年2月21日 (月) 11時06分

現実には、BMWの豚鼻をメルセデスブランドで売るような違和感もないということでしょう。

投稿: abcd | 2011年2月21日 (月) 19時04分



で書いた新聞、日経産業新聞の2月9日の12面でした。

お近くの図書館にその新聞あるようでしたら、行らして読んでみたらいかがでしょう!?

投稿: イニシャルN子. | 2011年2月22日 (火) 13時48分

日産のデザインセンターがプレマシーに対してどんだけ、口と手を出して変えて出してくるのか気にはなりますが…
でも今の日産って、マーチが輸入車扱いになってからなおさらですが、例えプレマシーのOEMを加えたとしてもトヨタはもちろんのこと、ホンダに対してシェアでは及ばない状況ですね。
いくらラインナップを揃えて万全を期しても、プリウスやフィットのようなそれこそ2位じゃない、1位のクルマがないとダメですね。
むしろ、ラフェスタ後継は諦めて、ダントツのコンパクトカーを1台!ダントツのEVを1台バシッと作る方のが大事でしょう。だから売れないラフェスタはOEMでさっさと済ませたのかもしれませんが…

そういえば、ランチアはクライスラーから300Cを調達するのを機に、グリルの格子のデザインを縦基調から、横にしちゃいましたね。クライスラーのデザインに合わせたのでしょうが、新型イプシロンまでそうちゃったのには少々残念な気がします。

投稿: アクシオム | 2011年2月22日 (火) 21時14分

アレスタさん

近視眼的なやりかたが、時間を経て業界を衰退させることに気がつかないのか、
あるいは、そんなことを言っていられる状況でないのか。ホント、そこは不思議な
んですよね。

イニシャルN子さん

すみません。まだ新聞読んでいません。しかし、そんな特集をしているんですね。
こうなると系列販売店の意味も薄れてきまけど、そういうのはメーカーにとってど
うなんでしょうか? 経営陣と開発者・販売店に意識差があるとしたら、状況は
もっと悪くなるんでしょうね。

dejiさん

やっぱり、相当自国のユーザーはバカにされているんだと思いますよ。そりゃあ
そう思われても仕方がない部分がユーザー側にもあるんですけどね。僕としては
そこも結構寂しいところです。

abcdさん

なるほど。しかし、実際OEM販売が始まったら、どんな広告うつんでしょうね?
そんなこと心配しなくてもいいくらい売れないのかな?

アクシオムさん

リデザインのポイントとしては、やっぱりファミリーフェイスの5角形でしょうね。
ボディサイドはそのままでしょうし。少し前までの2枚翼は最近使っていない
し、見ものです。
ランチア・・・一応イプシロンはオリジナルデザインなのでまだよかったですよ。
5ドアになったし、いままでより売れるんじゃないでしょうか? しかしテーマ
がバッチ違いとは・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年2月23日 (水) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38945119

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ミニバンもOEMで:

« 雑誌ナナメ読み:自動車評論家業はキツイ? | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »