« Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました | トップページ | クルマ散策:ミニバンもOEMで »

雑誌ナナメ読み:自動車評論家業はキツイ?

Photo

 評論家の木下氏がドライバー誌の連載で”自動車評論家”にインタビューをやっている。何だか自分のためにあるような記事に感じてしまい、こうしてまんまと感想を書いているんである。

 記事は評論家仲間のH氏に「自動車評論家の現状」を語ってもらうものなんだけど、自動車&出版とダブル不況の中、内輪な乗りもあり、勢い話はマイナス方向になっている。

 休刊などで媒体が減っている中、原稿1文字10円が相場の厳しさ、海外試乗も端から見るほど楽じゃない。バブル期はよかったけど、いまやカー・オブ・ザ・イヤー選考委員をやっていても特別なメリットなんかない、などなど。

 まあ、それはそうなんだろうな、と思いつつ、でもなあと思うんである。

 だって、自動車評論家業が厳しくなったのが事実なら、それは必ずしも不況関係だけが原因とは思えないからで、そこに触れないのはチョットね。

 「いまどきクルマを買うのに雑誌なんて参考にしない」「雑誌はどうせメーカーの提灯記事ばっかりでしょう」「自動車雑誌は専門用語ばかりでよく分からない」などと言われて10年、20年。

 流行の「若者のクルマ離れ」を持ち出さなくても、こういう状況はずっと指摘され、そして進行してきた。先日取材した電子雑誌「バニョール」編集長、塩見氏の言葉を借りれば、工夫のない”護送船団方式”の記事がその代表なんだと思う。

 けれども、記事のH氏はその点かなりの自己擁護な感じで、たとえば「オレには編集者上がりの若手のような巧い文章は書けない。だたクルマが好きでやっているだけだからね」なんて語ったりしている。

 当たり前だけど、編集者だろうが、レーサーだろうが、あるいはメーカー社員だろうが、前職は文章あるいは記事内容の優劣と何の関係もない。評論家の記事として広く世間に出すんだから、物書きとしての努力や研鑽は前提条件の筈。読者はそれこそお金を出して雑誌を買ってくれるんだし。

 それと「辛口評論家がどうでもいい指摘をするのは疑問。自分はクルマを愛しているから、そんなヒマがあったらいいところを誉めたい」という発言。これもすごいなあと。

 まあ、誰のことを指しているのかは?なんだけど、そもそも辛口評論家っていう発想がおかしいでしょ。だって、いいところも悪いところも、その対象を見極めて評するのが文字通り評論家なんであって、最初からどちらかに限定する類の話じゃないもの。ただクルマが好でって言うけど、それは皆同じだろうし。

 読者=ユーザーは、自身ではおよばない、そういう的確で上質な評論を期待するわけで、記事の視点、内容、そして表現ともが、「どうせこんなもんでしょ」という読者側の想像を大きく上回ったときに「これは面白い」となるんである。

 そういう高みをどう築くか、本当に面白いと思わせる満足感をどう読者に発信するか。そのためには何が不足しているのか。そういうことに触れずに、苦しいとか、大変などと言ったところで何の説得力もない。

 いや、もっと分かりやすい話、この号では、巻頭のMRワゴンの新車紹介を編集部員が書いているんだけど、これが結構全方位的に要所をついていて、単なる紹介記事にしては巧くまとまっているんである。

 ところが、次ページからの評論家のインプレッションになると、途端に平板で深みのない「想定内」の内容になってしまっている。これなら先の編集部員が試乗した方がいいんじゃない?と思えるくらい。その平板さは一体何なのか。

 もちろん、清水氏や島下氏らが最近になって交通事故ゼロ運動を立ち上げたように、ユーザーの先を行く啓蒙運動を進める評論家やジャーナリストもいるから、決して十把一絡げにすることはできない。

 けれども、実際にはいまだに平板な時代錯誤的な記事が大半だし、リーマンショックでは目を覆う提灯記事が何の躊躇もなく横行したし、ここに来ては便利・可愛いのステレオタイプな女子目線記事なんかも増えている。

 だから、どうせインタビュー記事をやるんだったら、そういう側面に触れないとね。もちろん、内輪受けの軽口タッチでまとめたかったのは分かるんだけど、でも、厳しい状況自体はホントに「現実」なんだから。

|

« Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました | トップページ | クルマ散策:ミニバンもOEMで »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

自動車評論家さんってホントに評論しているのか?疑問に思いますね。提灯記事ばかりとは言わないけれど、そうれだったら評論じゃなくて、自動車解説家とか説明家といえば免罪符になると言っちゃおしまいですが、まぁその方が肩書なり、職業的には少しは真っ当なものなのかもしれませんね。
そういえば某ミクシィで、ボクが「ひひょうの会」っていう企画でクルマを試乗して感想を述べていたら、そのスジの関係者から廻りまわってクレームが付きましたね。まぁお前ごときが評論家のまねを、しかも「ひひょう」なんてふざけた名前をつけてやるんじゃないってことのようです。
ボクとしてあくまでも本業の方には恐れ多くて「評論」は出来ないけれど、クルマに乗って率直な感想を述べたまでなんですが…
お金をもらってこそ職業なんですが、最近のそのスジの方々の多くは、本来向くべきはずの使い手ではなく、内輪の広告主に対して誠意をみせなきゃいけないようですね。でもそれが回りまわって首を絞めているわけで、自業自得、本末転倒となっているわけで、至極当然の結末かと。

投稿: アクシオム | 2011年2月10日 (木) 19時35分

自動車評論家さん、大変なんですね(笑)

そもそも、~評論家って色々いますけど、免許や、試験があるわけでもなし、実は、デザイナーもそうですがそれが仕事ですと言ってしまえば、誰でも~評論家なんですよね!

だから、「辛口」も「甘口」も無いわけでどういうスタンスと言うか芸風で見せるかの違いだけなのでは? 特に、ネットで個人がみんな ~評論家みたいになって情報を発信できる時代ですので、余程の一般人より知識と経験に裏打ちされた評論じゃないと素人の感想に負けちゃいますよ。

その点、自動車評論家さん達は一般人より確実にクルマに乗るチャンスも時間も与えられているのですから素人さんと同じ、ディーラーで説明を受けた・そのお店の周りを2~3キロ試乗した程度のことを書かれていれば読むに値しないですね。
ですので、「ドライバー」も「ベストカー」も新車もしくは、もうすぐ出そうな車の部分の記事は基本的に読んでいません。こんなデザインなんだくらいにパラパラと見るだけ…興味があるものは、ネットでとなります。でも、「ベストカー」の「デザイン水掛け論」だけは、あのお二方の思ってることそのまま書いてあっておもしろい。 私は、乗り味も、デザインもその人が素直に感じたことを書いてくれるのが記事としては好きですね。(で、評論家ならば、プラスαのことも)

ただし、安全装置については、すぎもとさんの「マガジンX」の記事ではないですが、もっと、取り上げる責任があると思います。 一応、「評論家」なんですから、知らない人・興味の無い人にも啓蒙活動くらいはしてほしいです。 クルマの先進国なのに国民があまりにもクルマの知識が無いのは、「評論家」の方々が突っ込んでこなかったせいでもありますよ!pout

投稿: ぷじお | 2011年2月11日 (金) 01時22分

出版、新聞、テレビいずれも右肩下がりの昨今、
どう生き延びるのか、を考えると、それぞれ結構
大変なのかもしれません。

モータージャーナリストという職業がどうなっているのか
私にはつまびらかには分かりませんが、
自動車会社から「広報車」を借りて会社にごまを擦りつつ
会社(広告料)と読者(雑誌代金)からお金をもらう、という
ビジネスモデルは早晩、崩壊するでしょう。

ジャーナリストの原意は「その日暮らし」。
本来は世捨て人であるべきなのですが
既得権を守ろうとし始めたら、「おしまい」かも。


投稿: 優 路 | 2011年2月13日 (日) 13時15分

アクシオムさん

そのスジの人ですか。しかし、そんなひどいことを言う人がいるんですね。
僕もライターの真似事を始めて知ったのですが、この世界は結構狭いで
すね。この弱小ライターの仕事までチェックしている人もいるようです。

肩書き。僕も以前書いたことがありますけど、まったく同感です。「評論家」
なんて言わなければいいんですよ。

ぷじおさん

クルマに限らず、一億総評論家時代だからこそ、プロらしい仕事が求めら
れるんですよね。そうは言ってもと、メーカーを見たり広告を見たり、あるい
は出版社を気にしたり。一時はそれでいいですけど、結局こうやって苦しく
なってしまっているんですから、本末転倒なんですよね。

優路さん

基幹産業のジャーナリスト、評論家が崩壊っていうのはある意味異常です。
初期には気骨ある方々がいたのに・・・・・というのはよくある話ではあります
ね。まあ、だからこそ自分のような人間が多少なりとも入り込む余地がある
とも言えますが。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年2月17日 (木) 21時00分

自動車メーカーから金貰ったでしょー!と思われる記事が多い。点数の高いメーカーの偏りがどの雑誌にも見受けられる。(T社が特に多い)
又は外車(スポーツカー・GTカー)などは、ハンドリングが官能的とか、排気音がいいとか・・・?「そんなもん排気系後からでも換えれるよ」だし、ハンドリングが官能的な外車やレクサスがR35に太刀打ちできない事実。
ドイツの雑誌メーカーがニュルブルリンク入り口で、ポルシェターボとGT-R 35の実写並べてどちらを選ぶ?に答えて結果5割がGT-Rと答えている(ユーチューブに映像有)。本場のモータースポーツ国でも5割はポルシェを選んでいないのに日本の自動車評論家(レーサーも媚び売り有り)は「官能的とか、ハンドリングはGT-Rにない素晴らしいものがあるとか・・・・?」チャンチャラおかしい!最近ユーチューブで「World's Greatest Drag Race!」が有ります。当然自動車は曲がったり止まったりしますから全ての結果では在りませんが、この映像観ても一目瞭然!評論家絶賛2000万以上するGT3 RSやLFAが遅すぎますねー!両車とも排気音は素晴らしく、ハンドリングも国〇光宏さんご推薦ですがこれじゃー乗りたくありませんねー。
後ろにGT-Rが張り付いたら道譲ります、2500万出して!映像では綺麗な三角になるので、何度も走らせた結果のフォーメーションでしょうね。WAhhhhh!これじゃ誰も自動車専門誌は立ち読みで済ませ、ネットで本当の評価をするようになっているんでしょうね!!!!!!メーカーも腐りだしている「市販車」の定義。最近800万のGT-Rが毎年ニュルのタイムを上げて来ていますね。すると、太刀打ちできなくなったメーカーがとても市販車とは思えない代物でタイムアタックしてきている「LFA・GT2RS・コルベット・ゾンダ・バイパー」らです。ステレオなし・カーナビなし・エアコンなし・ロールゲージ付き・サスペンションサーキット仕様・ターボのブースとアップやスーパーチャージャー付きなど、市販やに無い物まで市販車としてニュルの市販車最速を公表している。かわいそうなくらい涙ぐましい苦労。そこまでしないとメーカーの威信が保てなくなってきたのでしょうねR35の登場で!

投稿: チャンチャラおかしい | 2011年9月18日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38808169

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:自動車評論家業はキツイ?:

« Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました | トップページ | クルマ散策:ミニバンもOEMで »