« 新車心象風景:レクサス・CT200h | トップページ | Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました »

新車心象風景:スズキ・MRワゴン

Mrwagon

  クルマっぽくない提案は可能?って話なのかもしれない。
 
 あのビートほどじゃないけれど、初代MRワゴンのエクステリアは「よくぞ軽でここまで」とちょっと驚くくらい秀逸な出来だった。2座オープンではなく4座で、という面では、ある部分難易度はより高かったかもしれない。

 2代目はいきなりな路線変更自体に驚いたけれど、30代女性を意識した企画やそのスタイリングはともかく、ボディの豊かな面構成や内外装の素材により、全体の質感を上げようという試みは成功してたと思う。

 で、3代目の今回は”クルマに興味のない”20代男女がターゲットだそう。

 そもそも、クルマに興味のない人間がターゲットになり得るのか、という問題もあるけれど、それは市場調査で可能なんだとスズキは踏んだみたいだ。

 その代表が、今回のキャッチコピー「タッチ・ニュー・デイズ」で謳う、文字どおりのタッチパネルを採り入れたオーディオ類の操作部だ。ま、デザイン的にはそこだけじゃアレだから、メーター回りまで含めてそういう雰囲気を出したと。

 一方、エクステリアについては別途ニフティにも書いたけれど、チーフデザイナー氏の話で何より印象的だったのが「今回は従来のクルマ好きの鑑賞に耐えられるような次元の造形じゃない」というもの。これは、なかなかショッキングな発言なんである。

 たとえば、長いキャビンによるアンバランスなプロポーションも、サイドボディ面への唐突なホイールアーチも、これまでの定石ならNGだけど、今回はアリだと。

 つまり、20代のユーザーに振り向いてもらうためには、もうそんな旧来からの価値観なんかに構ってたらイカンってことらしい。そのためには、チョットなあと思える若手の意見もドンドン採り入れるべきだと。

 僕は、その発想自体に反対はしない。老舗の和菓子屋がお洒落なカフェをオープンするように、そういう世代越えの話はべつにクルマだけの話じゃないし、ファッションだろうが音楽だろうが、何にだってあることだから。

 肝心なのは、そういう新しい企画による商品の出来がいいのか悪いのか、完成度が高いのか否かという、当たり前のことなんである。

 その意味で言うと、残念ながらMRワゴンは失敗していると思う。理由は簡単で、すべてが中途半端だからだ。

 新しいラウンド感を持たせたというフロントは、なぜか昔のフィアットやVWを想起させるレトロタッチだし、一方でサイドやリアは先代の面影をかなり残しているから、その関連が薄くてバラバラな感じだ。ボンネットの存在を消したこのラウンドフェイスがいいというなら、なぜボディ全体にそのテーマが反映されないのか。

 ブラックパネルを主眼にした内装も、左右に広がる白いパッドが多少目立つ以外は、たとえばステアリングやシフトノブ、シート、ドアトリムなど、その他の部分の形状、素材、あるいはカラーリングには何ら新しい提案がない。パネルの先進感がコンセプトなら、どうしてトータルなコーディネイトがされないのだろう。

 そのタッチパネルも、単にオーディオ類のスイッチ形状が変わっただけで、新しいと言いつつ何の発展性もない。単純な話、パネルのインターフェースが時代遅れになったらどうするんだろう? 操作部分が脱着式のスマートフォンで、音楽など端末側の情報や、逆に燃料やオイル消費量、走行距離などクルマ側のデータをやりとりしたり、そのままスマートキーやハンディナビになるくらいの展開があったっていいのに。

 先のとおり、これまでの常識にとらわれないのはいいとしても、それならそれでテーマを追求し、商品としての完成度を上げなくちゃコンセプトに沿った魅力は出てこない。単に従来品のごく一部だけを取り替えただけの、まさに中途半端な商品になってしまう。

 そして、実はどんな新提案であれ、そうやって明確なテーマでもって企画を練り上げ、完成度をも向上させた商品=クルマは、たとえば日産のジュークがそうであるように、結局は年齢を問わずに売れる秀作になり得ると僕は思うんである。

|

« 新車心象風景:レクサス・CT200h | トップページ | Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

最近出るコンパクトカーや軽自動車は、ユニクロじゃないけど、ユニセックス的なもので勝負したがるけど、これといって秀逸なデザインは出て来ませんね。
2代目MRワゴンにわけあって乗って仕事をしていますが、2代目ユーザーからするとオトコにも向いたデザインだし、意外とクルマっぽいデザインで、デザイナーさんが意図する「従来のクルマ好きの鑑賞に耐えられるような次元の造形じゃない」とは思えませんが…
オーディオにタッチパネルか…その発想新しいようで古いですね。ナビ一体の2DINモニターでとっくにやっていることでしょう?だったら、クルマの中でまともに使えるiPadでもアップルと共同開発で出してくれといいたくなりますね。そうすればナビもできるし、インターネットだって最新のWiFiでバンバンできそうだし、なんだって多機能で、それこそ若者向けでいいんじゃないの?
いっそうのこと、アップルにクルマをデザインしてもらったら革命的なものをだすんじゃないでしょうか?タッチ、タッチでらくらく運転。従来からのクルマ好きには非難轟々でも、クルマに振り向かなかった世代が少しは振り向くかもしれませんよ。

投稿: アクシオム | 2011年2月 1日 (火) 21時59分

うちのバモスも、エンカルでマフラーがボロボロだって先々月の車検で言われてたもんだから、
そろそろ次のをと考えてた。
仕事上この手のじゃないと荷物がつめないんで色々物色をしたたんだが、
しかし
このビックリ眼じゃナァ~~
乗ってる自分を想像するに、

            恥ずかしい。

投稿: 佐衛門 | 2011年2月 2日 (水) 14時53分

クルマそのものの性能(機能)を「売り」にしない、初めての車ではないでしょうか。
個人的にはその「売り」であるオーディオは、運転中の操作は困難であり危険だと思うんです。
タッチパネルって手探りでの操作はやりにくいですよね?
フロントデザインは、どこかで見たキャラクターにしか見えません・・・

投稿: アレスタ | 2011年2月 2日 (水) 20時28分

悲しげな顔つきがこのクルマの全てを代弁しているかのようです。(号泣)

投稿: knock | 2011年2月 3日 (木) 22時17分

MRワゴンのことばかり何回も(笑)書いていますが、今まで、書いたとおりです。

初代乗りとしましては、2代目がテーマは明確だったとはいえ、「エッ!」名前変えればいいのに…という変わりようだったので、今回は、デザインにも甘いですよ~

まあ、ざっくり第一印象からすると、困った顔のekワゴン。でも、内装の質感は、やっぱり今の日本のリッターカーより上じゃないかと。そして、「フランフラン」の小物っぽいってのも、クルマっぽくないという意図にはなるほど!と思います。(決して、高そう・偉そうという匂いがない所も)
あのレベルでは無いにしても、「先代キューブ」のにおいを感じます。

内装も、いわゆる「女性用」からは、少し進歩したかな~って思います。 それも、「小物デザイン」的なんですけど。 マーチ、や、ヴィッツよりは所有欲は沸くと思いますよ。 ただし、値段が無いわーですけど、確実に、上記2車やラクティスより買って良かったと感じそうです。

投稿: ぷじお | 2011年2月 3日 (木) 22時29分

またしても、やわらか戦車? 
車に乗らないと、いけないわけではないなら
その方がお得だし、無理に買わないほうがいい。
この車も含めて。

タッチパネルは、部品点数削減=コストダウンとしては
あり、か。小さな部品をつくらなくて済む。
かつての操作装置を従来型パソコンとするなら、
タッチパネル操作の機械はiPadで、
キーボード(=操作系部品)不要、ということかな。
カーナビも大概がタッチパネルでしょうし、銀行などのATMも。
タッチパネルにアレルギーは少ないはず。
まあ善し悪しでしょう。
西武ドームのスコアボードのようで、個人的には好きじゃないけど、
スピードメーターもパネル表示にすれば、
コストダウンにつながるかもよ。実際の「針」なんかも要らなくなる。
保安基準の変更は必要かもしれませんが。

投稿: 優 路 | 2011年2月 4日 (金) 04時10分

タッチパネル操作するとラジオのチャンネル変えるだけでも凝視しなきゃ成らないのが嫌いです。
昔ながらのスイッチと小さな表示のオーディオなら、見ないで走りながら操作出来たのに。

投稿: B.Y | 2011年2月 4日 (金) 10時47分

このデザインは嫌いじゃないです。
フロントデザインに関しては、別に悲しい顔には見えないですし、吊り上ったヘッドライトばかりの最近の車の中では独自性があって良いかも。
ま、カッコ良いとも言えませんが、軽自動車はカッコつけようとすればするほどカッコ悪くなる(ホンダ・ライフのように)ので、このくらい力が抜けているほうが良いですね。
ロングルーフで、ボンネットが短い形は初代bBにもみられたデザインですね。悪くないと思います。
タッチパネルは、最近のカーナビはみんなタッチパネルだし、時代の流れでしょうか。
ソフトを変えれば部品を変えることなく機能を追加することが出来るから作るほうは便利でしょうね。
ただ、MRワゴンは初代がとても良かったのに、二代目、三代目と、全然違う車になってしまった。
コンセプトも狙っているユーザー層も違う車に、同じ名前を付けるのは止めて欲しいですね。
「ママが乗る車」というイメージが付いた車を、独身の若者が買おうと思うでしょうか?スズキには他にふさわしい名前の車があったような気がします。セルボモードとか…。

投稿: シン・レオ(元あうでぃ) | 2011年2月 6日 (日) 10時22分

このクルマ、EVやPHVで出てたらアリだったかも知れない。
ま、どのみち還暦オヤジはターゲットじゃないから、個人的にはどうでもいいんだけど。

カーナビも含めてだけど、タッチパネルってミスタッチを防ごうとして、けっこう凝視しますよね。
走行中は危険だと思うけどなぁ。
見ずに操作できるから、ハンドルスポーク部分にオーディをボタン採用してるクルマもあるくらいなのに。

投稿: nobol | 2011年2月12日 (土) 02時27分

スズキの開発陣が第一に誇っているタッチパネルオーディオが、みなさん語指摘のとおり第一の問題だと思います。
新しい/古いの問題ではなく、明らかに危険です。
その危険は、運転者だけではなく、歩行者にも及びます。
クルマは場合によって凶器に変貌するんだという自戒が、スズキにみられないことに失望です。
ついでに、追従するジャーナリスト、平気で認可しちゃうお役所、あきれてモノがいえませんね。

投稿: sanada00 | 2011年2月27日 (日) 13時36分

sanada00さん

そういう危険性はたしかに指摘されていないですね。
とくに、試乗インプレッションではあっていいと思いま
すね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年3月 2日 (水) 12時54分

ターゲットと違うオバさんとオジさんですが、買いました。
ダイハツとスズキのモデルを試乗しまくって、一番良かったから。
新型エンジン、遮音ボディ、パッケージング、そして走り感が頭一つ飛びぬけて秀逸でした。アイドリングストップもダイハツよりも秀逸、違和感が少ない。
良く出来ている使える道具です。

外観は奇をてらっていない見飽きている感が軽には合っていると思います。自己主張したい若者に受けるか分かりませんが、枯れたオバさんとオジさんには丁度いいデザイン。

オーディオレスで社外ナビ装着。なんだかタッチパネルを目の敵にしているコメントが多いけど、現行のナビはみんなタッチパネルでしょ?
逆にあのフラットなデザインで、オーディオだけではなくて、ナビも実現されていたら純正装着したとおもう。

車の性能をあえて宣伝していないけど、スキのない車だと思います。

投稿: 初軽 | 2011年7月20日 (水) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38682680

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・MRワゴン:

« 新車心象風景:レクサス・CT200h | トップページ | Drive My Car:12ヶ月点検が終わりました »