« 新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ »

新車心象風景:スズキ・ソリオ

Sorio

 これを始めから狙ったとしたら、スズキはやっぱり”したたか”だと思う。

 欧州を軸足にした先代スイフトが評価され、一躍小型車市場に躍り出た格好だけど、その欧州でヒットするSX4やスプラッシュが国内ではいまひとつパッとしない。だったら国内専用車を作ってしまおうと。

 もちろん、ワゴンRソリオとしては既存車なんだけど、軽ベースではない設計の今回は実質の新型車と言えるだろうし、イメージ的にもそうやって攻めることが可能な状況なんである。

 そうなれば、もうあれこれ言わずタント、あるいは対抗車としたパレットという、国内ユーザーお好みのトールワゴン小型車版をストレートに作っちゃえばいいんである。しかも、まだライバルは踏み込んでない”穴場”だ。

 実際、ソリオはそのツボを見事にとらえている。

 ラクティスなど、いまどきのコンパクトカーっぽいアーモンドタイプのヘッドランプに挟まれるのは、例のカスタム系グリルだ。パレットSWでも起爆材としたそれは、ご丁寧にスケルトンタイプという悪趣味ぶり。もちろん、リアも恥ずかし気もなく、お約束の横一直線コンビランプとした。

 パレットと共用のリアドアもまたお約束の両側スライドドア。さすがにタントのようなピラーレスは無理みたいだったけれど、とにかく左右がドカーンと開いていればいいんでしょ。ドアの流用による、小型車にしてはドヨンとしたキャラクターラインも、ソリオを指名するようなユーザーはきっと気にしないだろう、と。

 さらに、ベースグレード以外には何と最初からエアロパーツが付いてくる。それも、ウネウネと気色悪いどこかのアフターパーツみたいに下品なやつ。こいつがメイングレードとして、CMやチラシにガンガン出てくるんだから恐れ入る。

 インテリアだって、空調回りの唐突なピアノ調パネルや、妙にリアルで不気味な本革風シボ、そして青色発光のメーターなんてケバい処理も忘れていない。あ、リアの3点シートは意外だったけど。

 こんな箱型ボディを、スイフトで培った走行性能で支えればもう敵なしだ。ハイブリッドはないけど、そのうちアイドリングストップくらいは追加されるかもしれないし。

 スズキは、当初フリードやbBあたりを仮想敵にしていたらしい。たしかに一瞬セレナ?と思わせるくらいのデカさだけど、僕はフィットやヴィッツ、マーチなどのコンパクトカーこそライバルだと思う。「あ、同じクラスで同じお金を払うんだったら、こんなに広々したソリオの方がいいじゃん」という、まさにタント、パレットのパターンに持って行ければ、もうシメシメなんである。

 欧州仕込みの通な小型車を充実させるスズキがこんなヘンテコな箱を、と思わないではない。けれども、国内専用と言い切って作ったとなれば「うーん」と唸ってしまうのも事実だ。

 だって、僕ら日本のユーザーの審美眼がこの程度、どうせこんなもんでしょうと見限られて、たぶんそれは多くの部分で間違っていないからだ。そしたら、完璧な「使い分け」をやってのけたスズキは、やっぱりしたたかと思うじゃないか。

 まあ願わくば、これが当たったからといって、次々に残念な国内専用車を出すのは勘弁して欲しいけれど。

|

« 新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

内心、期待してました。
スイフトがベースになれば、グッといいクルマになるだろうって・・・
確かに随所にケバケバしさがあって、それこそ最近の「日本仕様」な感がアリアリなんですけど。
普段は欧州車に乗っていますが、息抜きにセカンドカーとしてあればいいなと思ってしまう自分がいますね。

投稿: アレスタ | 2011年1月 6日 (木) 19時33分

したたか、と言えば、したたか。 しかし、スズキらしいといえば、しっくりもくる。

元々、フットワークは軽い会社ですから、これくらいは、朝飯前でしょう。
たまに、神がかったデザインを出すけれど、こういう車も平気でラインナップする会社は、他社にすると怖いですよ。

しかも、すごく安く造るノウハウがあるのに、品質も、走りも向上してくるなんて、「脅威」以外の何者でもないですよ~ ヴィッツは原価2~30万ですが、ソリオも変わらないんじゃないかな?

日本に、「ブランド信仰」と「販社の力」が無ければ確実に「喰われます」日本で良かったね、トヨタ。

でもこのクルマは、ナシですねぇ 今頃、KAT-TUNなんてsmileギャラが安くなったのかと勘繰ってしまいます。

投稿: ぷじお | 2011年1月 7日 (金) 18時39分

ソリオ購入しました。駐車スペース、家族のことなどを考慮して実用性本位で選びました。
“ソリオを指名するようなユーザー”の一人です。

投稿: ぽんた | 2011年1月 8日 (土) 20時25分

はじめまして。

ソリオは車重が1tで、重量税が一段安くなっているそうです。
エンジンもスイフトのものを流用、リアのスライドドアもパレットと共用、そうやってコストを落としています。

ソリオの展示車のリアシートに座りましたが、足元は売り文句の通り広かったです。しかしシートの背もたれは低く、ヘッドレストを上げないと、座った感じが上手く収まらず、落ち着かない感じでした。
新型スイフトの展示車はリアシートが狭かったですが、座った感じが全席と同じで、背中も臀部もしっかり納まる感じがして、ソリオとの違いを感じました。

世界に打って出るスイフトは、海外で「所詮日本のスズキ」と見下されたら、今後二度と浮かび上がれませんから、商品を磨いたのでしょうね。
日本専売のソリオは、作りがしっかりしているより、税金、保険料、メーカー小売り希望価格をまず考え、下駄代わりのクルマとしての魅力を中心にコンセプトを作ったのでしょう。

スズキの上層部は、分かりやすい商売を心がけているんだと思います。

投稿: x24070ki | 2011年1月 9日 (日) 11時28分

アレスタさん

息抜きにセカンドカーとして・・・というくらい、日本市場をしっかりつかんでいるんでしょうね。徹底してます。

ぷじおさん

そうですね、この使い分けがスゴイし、他社は脅威かも。軽規格についても、何か動きを見せて欲しいですね、スズキには。

ぽんたさん

実用本位で選択。ソリオにとって最高の褒め言葉ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月10日 (月) 10時30分

x24070kiさん

そうですね。分かりやすい商品を、戦略的に考えている。
使えるものは流用もする。痛快ですが、なぜ他のメーカー
がここまでできないかが?ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月10日 (月) 10時35分

>ソリオ
よく見ればカングーによく似ている。
ユーロパレットを載せるために幅が大幅に拡大した、
新型カングーに代わる車として国内需要を喚起も?

投稿: 優 路 | 2011年1月10日 (月) 13時26分

今回はいつもに比べ随分甘いですね。「したたか」というのは皮肉のつもりかもしれませんが、あまりそのようには読めませんでした。
売れなくてもいいからデザインの理想を追求しろという気などありません。が、いくらなんでもこれは酷いのではないでしょうか。現実と理想をできる限り高いレベルでまとめるのがメーカーの責任であり、ソリオはそれを放棄しているように見えます。こんなのを評価するのであれば、ヴィッツ、ラクティスも全然ありですね。スズキより売れるのは間違いないのですから。

投稿: yad | 2011年1月13日 (木) 12時37分

yadさん

おかしいですね。デザインについてどこか評価していますか?
酷評はしてますけど・・・。

企画は「したたか」とは書いていますので、ゴッチャにされてい
ませんか?

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月17日 (月) 12時49分

ソリオ最高ですよ。わからない人の気持ちがわからない。もうこのblogは見たくありません。非常に気持ち悪い胸くそ悪い。

投稿: こう | 2014年2月13日 (木) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38348158

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ソリオ:

« 新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ »