« 新車心象風景:スズキ・ソリオ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ

Move

 カスタムのお下品話はライフで書いたけれど、今回はもうひとつべつの問題について。

 初代がイデア、2代目がイタルデザインとイタリアンルック邁進のムーヴだけど、妙にスタイリッシュだった4代目、つまり先代も実はあちら方面だとダイハツ関係者から聞いたことがある。某雑誌でもジウジアーロ氏(息子さんの方ね)が、ダイハツとの関係を語っていたので、もしかしたら、かもしれない。

 で、5代目もその先代を引き継いだスタイリングだ。ボディサイドのキャラクターラインが大きく変わったけれど、クリーンな面のワンモーションフォルムはそのままで、僕はなかなかいいと思っている。

 ところが、この流麗な標準車にはなぜかターボの設定がない。だから、たとえば僕がセカンドカーにムーヴを買おうか、でも高速も結構走るかもしれないからターボにしようかと思ったら、大口を開けた強面のカスタムにするしかないんである。

 まあ仕方がない、じゃあカスタムのターボでいいやと思うと、今度は暑苦しい真っ黒のインテリアしか用意されていない。標準車の、アイボリーを使った明るく開放的な内装は選べないんである。

 一方、そのノーマルには、なぜかディズニーのオプションアイテムがふんだんに用意されていたりする。シートカバー、フロアマット、ナンバーフレーム、ホイールキャップ等々、すごいことになっている。

 そう、この手のお約束、あるいはステレオタイプな商品企画、もういい加減何とかならないのかって話なんである。

 たとえば、どうしてカラフルさやポップさを売りにしているラパンや先代マーチですら、ターボやSRを選んだ途端内装を真っ黒にしちゃうのか。トヨタのG'sシリーズには、なぜ恥ずかしい赤いラインが入っちゃうのか。

 いや、内外装だけでも?なのに、標準車は上級グレードでもタコメーターやスタビライザーが付かないとか、機能までお約束のステレオタイプな設定はチョットやり過ぎでしょう。これは、新しいヴィッツの女子向けヴァージョンなんかもそうだよね。

 似たようなことは以前にも書いたけど、これって日本車の多くでみられるお約束ごとだ。もちろん、車種やグレードによって性格付けを行うのは当然だとしても、その発想があまりにも子供っぽく、横並びに過ぎるのがイケナイ。

 先日、アバルト東京の営業マンになぜプント・アバルトは左ハンドルしか入って来ないのか? と聞いたところ、「やっぱり、こういうクルマが好きなお客様は左を希望されるんですよねぇ」とのこと。こうした輸入車あたりまで広げるとなかなか話が戻って来れなくなってしまうんだけど、要はクルマに関わるこの手のステレオタイプは、売り手、ユーザーとも、結構幅広くて根強い感じなんである。

 まあ、大げさに言えば一種の刷り込みで、補助金など、意味のない「エコ」が瞬く間に根付いてしまったように、僕ら日本の消費者は”定形化”にメッチャ弱いし、その「エコ」がいい例だけど、いち方向の報道にはほとんど無力だ。そして、メーカーはそこを突いて安易な商品企画に走る。

 好評のVWポロがすごいなあと思えるのは、男の子向けはターボ、ESC付き、女の子向けはターボ・タコメーターなしだけどUVカットガラス付き、みたいに妙な仕様差を設けなくて、1台のクルマとして必要なモノはしっかり装備し、それで「普通に」完成度を追求しているからだ。ま、内装は黒しか入って来てないんだけど。

 で、この辺で話は戻るんだけど、新しいライフみたいに、見かけからして玉砕しているんだったら、まだあきらめもつくんだとは思う。けれども、このムーヴのようにまとまりのいいスタイルにしておきながら、こういうつまらない”制約”をなぜ自ら施すのか、とても残念な感じだ。

 たしかにマーケティングに則っているのは分かるけれど、商品企画として、もっとユーザーを引っ張って行くような姿勢が欲しいと僕は思う。

|

« 新車心象風景:スズキ・ソリオ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

某社デザイナーさんと以前ボディカラーとトリムカラーのことでお話しした時に、軽自動車の場合、塗装面積が少ないのと販売量が大きいからボディカラーが豊富に揃えられるって言ってましたね。トリムカラーは色別にパーツを用意する必要があるから、コスト的に厳しいと言ってしましたね。
日本市場でボディカラーがヨーロッパ市場のように揃えられない要因について質問したところ、まずユーザーが納期と色によるリセールバリューにこだわること。それとメーカーが在庫管理やコストの面で種類を増やすのを嫌がること。それに珍しい色や特殊塗装に対してヨーロッパ市場のようにオプション料金を高く取らないからとも言っていましたね。
結局、日本市場の場合、コーディネートにこだわるよりもステレオタイプ的な無難な選択に終始してしまうのでしょう。
確かにヨーロッパのクルマのように、こだわれるのはいいですが…
そういえば、フィアット500なんて限定車でセンスのいいコーディネートで売っていますが、このクルマの場合、限定車乱発でいつ買えばいいのか逆に困りものですね。

で、肝心のムーブですが、ホントはもうちょっと三菱のiみたいな斬新さがあればよかったですね。それは前回のTMSで発表されたesでやるんでしょうか?
そういえばiのインテリアも最初はそれなりに選べたのに、結局ブラックとグレーがグレード別に1種類ずつになっちゃいましたね。残念…

投稿: アクシオム | 2011年1月10日 (月) 19時30分

私は特に先代のムーブで強く感じましたね。
流麗なノーマル仕様に何故ターボモデルが無いのか。何故タコメーターが無いのか。
いっそ全て統一した方が作業効率が減ってコストダウン出来るんじゃないかと思うんです。
内装こそ色が選べるようにするのが本来の「カスタム」グレードなんじゃないでしょうか。

投稿: アレスタ | 2011年1月10日 (月) 19時39分

お久しぶりです!「あぷと」です。

いいデザインと売れるクルマは違うようですね!

ステップワゴンも初代、2代目が良かったしヴィッツも初代、2代目がイイ
ムーヴもカスタム系は日本マーケットを意識しすぎている。

輸入車も右ハンドル化が進み、挙句の果て・・・リアガラスはスモーク化される。

輸入車=日本車化されてゆくのでしょうか・・・・

投稿: あぷと | 2011年1月10日 (月) 21時43分

はじめまして。

私も同じことを常々思っていました。技術的には可能なはずなのに、カスタム系にしかターボを設定しない、足回りも差別化、おまけに安全装備も。今度のムーヴではサイド&カーテンエアバッグなどをセットにした「セーフティパック」はカスタム系のみの設定ですし、チルトステアリングやシートリフターなどもカスタム系にはほぼ標準ですが、標準系は最上級グレードのみ。商品企画のレベルに低さには本当にうんざりです。車そのものがいいだけになおさら惜しいと思います。

投稿: ty | 2011年1月10日 (月) 22時47分

輸入車であれ日本人に売ろうとするなら
そのニーズに合わせなければ売れないでしょう。
と言っても、皆さんがおっしゃるように国産だからといって
日本人のニーズに合っているかというと、そうでもなさそう。

このごろどうなのでしょうか。
エアコン(冷房)の効きが悪いと言ったら、
ガラスにスモーク系のフィルムを貼るよう勧められました。
某輸入車ディーラーでのこと。

投稿: 優 路 | 2011年1月11日 (火) 07時57分

ムーヴのデザインて、先代から好きです!今回のも正当に深化してて見ていて安心。我が家の初代「MRワゴン」の正統進化版と思ってます。

初代タントも好きなんですが、あの時期に少しデザインの方向が、クリ-ンで、ダイハツっぽくなくなりましたね。

でも、コマーシャルは、イヤだなーセンスのかけらも感じられず残念。クルマの良さだけでアピールできるコマーシャルが何で出来ないのだろう?
 たまたま、ついていていた、テレビで「女性の発想力を使ってヒット商品を~」みたいな番組をやっていたのですが、有名な「日産商品企画の女性」もチラッと出ていまして、「成功例」として例に出されていたのですが、なんとなく、マーケティング+こういうのが日本車を面白くなくしているのだな(女性蔑視ではなくてです!)と、納得してしまいました。

日産の商品企画の女性陣だけでなく、他業種、他分野でも女性の発想が男には無い何かがあるというのが、番組全体の流れでしたが、違和感が、ひしひしと…

何かと言うと、皆さん、「ホワイトカラー」なんですよ。 そういった人たちだけ取り上げて「成功例」としているのが、女性視点での企画だそうです。 で、スウェーデンや、アメリカより女性の社会進出が~なんて言ってましたが、スウェーデン・アメリカ・さらに、ドイツ・イタリアなんか「ブルーカラー」の女性たちが男に混じって自動車の組み立て工場にいますよね。(軍隊にもたくさんいます)
必然的に自分が作っている物なら、「いい」「悪い」が判るっていうもの。
そういう当事者の「視点」が完全に欠如しているのが、「女性用」という訳のわからない企画になっちゃうんじゃないかな?

先代のマーチみたいにボディカラーなんかは、確かに良かったけど、女性自身が、ステレオタイプに陥っている感じがしました。  クルマなんか、男女差関係なく使いやすい物は使いやすいわけで、女性も積極的に「ブルーカラー」に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

違和感は、意外とそんな所から来ているのかもなんて思います。

投稿: ぷじお | 2011年1月11日 (火) 22時39分

アクシオムさん

そうですね、結局はユーザーもステレオタイプに誘導されているということ
だと思います。それに、評論家も「シルバーの方がリセールバリューがいい」
なんて平気で書いちゃいますしね。
オプション、有料で構わないので、用意だけはして欲しいですね。

アレスタさん

メーターなんかは僕もそう思います。まあ、変えても儲かるようにはしている
んでしょうけど・・・。

あぷとさん

スモークガラスもステレオタイプの一種でしょう。意味がよく分からないですが
スモークの方が高級、上級グレード、なんてことになってます。恥ずかしい。

tvさん

そうですね。とくに最近はカスタムの方が高級グレードという認識になってきて
いるみたいです。ただ、これもユーザーのニーズ・・・ということなんでしょうけど。

優路さん

スモークガラスは単に悪趣味とうだけではなく、コミュニケーションの阻害になっ
ているのは間違いないと思います。これが原因で大事故とか起きない限り変わ
らないんでしょうね。

ぷじおさん

とくにトヨタはタレント頼みのイメージCMで徹底してますね。もう機能やデザイン
のことなんて語ろうともしない。それをやってもスマートにまとめることは可能だ
と思うのですが。

女性開発者は、単にボディカラーや内装材の選び方が「女子っぽい」というレベ
ルでやっている間はダメでしょう。僕は彼女達自身がよくそれで満足しているな
と思います。そういうことしか思いつかないって言ってるようなものでしょう?

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月12日 (水) 13時11分

友人のダイハツのムーヴ (MOVE)新車乗車で、軽自動車・エコカー・低燃費車のエコアイドルでありながら、車間距離を気にせずに走行していく意識を運転者全員が、安全な国家になると痛感しました。

投稿: 智太郎 | 2011年6月18日 (土) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38410950

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ:

« 新車心象風景:スズキ・ソリオ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »