« 雑誌記事:マガジンX 2月号発売 | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ソリオ »

新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ

Vitz

 皆さま、明けましておめでとうございます。昨年同様、今年も本ブログ、雑誌記事等、よろしくお付き合いのほど、お願い申しあげます。

 で、新年は新車の話から。

 うーん、っていうモデルチェンジを連発とは、トヨタもある意味徹底してるなあ、と。

 アイドリング・ストップ自体は先代から受け継いだけれど、モデルチェンジにはそういう新技術が必ず投入されないといけない、とは言わない。ハイブリッド筆頭メーカーだからって、ヴィッツに必須だとも思わない。

 けれども、5年なり6年なりを経てフルモデルチェンジをするんだったら、それ相応のしっかりした目的は欲しいと思う。

 全長やホイールベースを延ばして居住空間の改善を図ったりしているけれど、トヨタがより訴えたいのは男性客の獲得だそうで。この前書いたばかりのライフが「カッコつけました」というコピーだったけど、こっちは「カッコいい方がいいじゃないですか」って、冗談みたいなことになっている。

 何せ、リラックマから大沢たかお&生田斗真へという、およそあり得ないバトンタッチだ。そりゃ一体どんな変化なのかというスタイルは「ん、イスト?」が瞬速イメージだった。

 実際、横長のいかついヘッドランプによるフロント回りや、逆三角形のリアランプで固く締められた後ろ姿は現行イストそのもので、それを結ぶルーフラインの曲面やウエストラインの低さから、なんとかヴィッツっぽさが残った感じなんである。

 イストの固さを持って来たかったのか、キーデザイナーが同じなのか。ライフ同様男性向けなんておかしな発想はもちろん、その結果、先代、ましてや初代には遠く及ばない完成度の低さを招いてしまうようじゃあ、本末転倒も甚だしい。最近のトヨタ車共通の、もはや神経症的に入り組んだラインのバンパーも含めて、要素ゴッタ煮、意味不明状態だ。

 いや、百歩譲って男性向けスタイルがありだとして、そのインパネやドアハンドルの色をちょちょいと”可愛い”色に変えて、こっちは女子向き≪Jewela≫ですよって、ナメてんのかって思うでしょう、フツー。いや、近頃随分と増えた女性評論家とかはマジで怒らないとダメなんじゃない?

 そういう、コンセプトそのものが疑問なところに、たとえばセンターメーターを中心に独自の世界を持っていたインテリアが「パッソ再び」の悪夢で壊滅状態だったり、VSCの設定がほとんどなかったりするのを見ると、一体このモデルチェンジは何なんだと思うじゃないか。

 トヨタによると、ヴィッツは世界戦略車でなく、今後は日本や欧州へ市場を絞り込むらしい。新興国にはエティオスなど、よりコストダウンを図った商品を用意するんだろうけど、そのヴィッツがこれなの?と愕然とする。

 初代ヴィッツは、エンジンなど各々の性能はともかく、全体のパッケージとしてトヨタの本気を見せつけた傑作だったと思う。とくにギリシャ人デザイナーの作と言われるエクステリア・インテリアデザインの完成度は高く、いまでもまったく旧さを感じさせないし、もちろん男女不問の普遍性を持っていた。

 もし、ユーザーが「これは女の子っぽい」などと言ったのなら、それは単に日本のユーザーの感性が低いだけだ。そんな偏った商品だったら、欧州カー・オブ・ザ・イヤーには選ばれないだろうし。

 それが、わずか2代でこの有様だ。作りこみを見切ったあのマーチをブッチ切りするかと思ったら、そうじゃなかった。そりゃあ、業界再編だのリーマンショックだの、円高だの、いろいろ情勢変化はあったにしろ、初代の志のまま11年を経れば、トヨタがポロを作っていたかもしれないのに。

|

« 雑誌記事:マガジンX 2月号発売 | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ソリオ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

このヴィッツが登場したとき、ちょっと目を疑いました。パッソ?というのが第一印象でした。
初代、先代とトヨタだけど結構かっこいいなぁと感じましたが...
それが今回、ある意味トヨタ的な車になったということでしょうか。
特にこれといった特徴もなく、普通に買いやすい車になったかなと...

トヨタにポロやプジョー20X、シトロエンC2のような車は期待してはいけないのでは?と再認識しました。
やはり何台売るのか?いくら儲かるのか?というのがトヨタの至上命題なのでしょうか?

投稿: Coupe74 | 2011年1月 1日 (土) 19時25分

あけましておめでとうございます。
今年もブログおよび記事を楽しみにしております。
さて今回のヴィッツですが、やはりこのヘッドランプが何とも衝撃的でした。
縦長から横長へ。ランプ自体の形状がどうこうよりも、この車格には全く釣り合っていないです。
まるで上位車種から「顔面スワップ」したかのようなアンバランス。
長いオーバーハングをごまかすための形状なのかな?と勘ぐることも出来ますが。
仰るように、初代を正常進化させていれば立派なクルマになった可能性は大ですね。

投稿: アレスタ | 2011年1月 1日 (土) 20時15分

あけましておめでとうございます。

いつも楽しく興味深く読ませていただいています。今年もよろしくお願いいたします。

今日有楽町の献血ルームで、2011年最初の献血をしてきました。血液の比重も問題なく、無事成分献血を終えてきました。

午前中から献血に訪れている方、大変な人数でした。

その献血ルームに、いろいろ雑誌が置かれていましたが、C&D日本版の最新号をパラパラとめくりながら、ヴィッツやソリオの記事に注目して読んだのですが_

あくまでも個人的な印象。しかもワタシが比較しているこの2台のウチの片方は、雑誌やネットでの写真しか見てはいないという前提なのですが・・・・・・

そんな乱暴を承知で言い切ってしまいますが、最近のスズキのコンパクト・カーの方がトヨタのエントリー・カーのいくつかよりは質感&デザイン面で上回っていると思いましたね。

スイフト&ソリオはラクティス&ヴィッツよりもよくみえてしまうんですよ。

特にまだ実車は見ていないけれど、ソリオのインパネ周りは以前のスズキのコンパクトに比べて隔世の感があります。

材質云々のことはわからないし、経年による劣化とかは何とも判らないけどね。

トヨタ自動車が擁しているデザイナーやカラー担当者、たいへんな人数だと思う。彼らに充分なチカラを発揮させることが出来ていないとしたら、上層部は猛省して欲しいものです。

最近のトヨタ車、ちょっと迷いが感じられてなりません。

投稿: イニシャルN子. | 2011年1月 2日 (日) 12時40分

明けましておめでとうございます。本年もこちらにお邪魔いたします。
さて新型ヴィッツですが、トヨタとしては色々とやりたかったし、変えたかったことでしょうが、結果として中途半端な出来で出た感じがしますね。
一見すると、プジョー308のようなふくよかなパッケージとデザインに見えますが、前後のデザイン処理が貧相に見えるし、ヴィッツとしてのアイデンティティも消えちゃって、タイ製マーチのことを悪くも言えない出来になっちゃいましたね。トレンド的に先代までの女性っぽいところから、ユニセックス的なものを目指したのでしょうが、単に営業&レンタカー向けのデザインになっちゃた。
章男御曹司も、クルマの走りに味をおっしゃっていますが、むしろ走りだけでなく、デザインやキャラクターを含め全体としての味を追求して欲しいものですね。
日産のように、もう少しデザイン全体をコントロールし、吟味する人や体制が必要なのかもしれません。
それとヴィッツは新興国も含めた商品なのか?それとも欧州に主軸を据えたコンパクトカーなのか、もう少しはっきりすべきかと…
どう見ても二兎追うもの一兎も得ずかと。

投稿: アクシオム | 2011年1月 2日 (日) 22時12分

いつも楽しく拝見させてもらっています。主観ですが、iQやプリウスなどからも見て取れるデザインの一連の流れで見ると新型のヴィッツは自然な流れなのかもしれ無いと思ってしまいます。個人的にはナシですが。
ただ、すごく難しいし、トヨタも模索中なのかもしれませんが、これだと決めたらずっと同じアイコンを使い続けて育てて欲し其れに耐えうるモノを粘り強くって欲しいですね。それが売れるデザインと良いデザインの違いなのかな。と個人的には思っていますし、期待したいです。本当はそこをスバルに期待していたんですが…。

投稿: Glow | 2011年1月 2日 (日) 23時09分

あけましておめでとうございます。
今度のヴィッツについては、いつすぎもとさんがツッコミを入れてくるか?って
思っていたら、早速年頭にこの件を挙げられましたねhappy02

今度のヴィッツは何かの車雑誌で読んだところ、「男性向け」を標榜している
ようですが・・・ボディラインは丸みを持たせて、お面はやたらに厳つくなっちゃう
アンバランスなデザインの車を果たして男性が喜んで買うでしょうか?

それこそ、仰るように先代や初代のテイストを受け継いだ形で新型を出した方が
結果としては良い方に進むんじゃなかろうかと思ったです。

iQにしろ、MC後のオーリスにしろ、顔を厳つくすればいいなんて考えが蔓延って
いるような気がしてなりません。

せっかく傘下にダイハツやスバルがいるんだから、大部分はトヨタが口出しせずに
彼らにコンパクトカーの開発やデザインを任せてしまった方が意外に良いものが
出来そうですね。

投稿: ぽち | 2011年1月 3日 (月) 21時26分

謹賀新年。

女性向けはパッソ、これからヴィッツは男に売るぞ、
という意思表示を感じます、CMから。
まあ競合車があのマーチやフィットですから。
マーチもフィットも1種類で老若男女に売ろうとしていますが
ヴィッツは潔く(?)購入層を絞った感じがします。
というかはやり最大の敵はフィットである、ゆえに
「ガンダムチックに」と?

ライトの形状は「縦の次は横!」という発想でしょうか。
プリウスもそんな感じが。
あとiQですが、見るたびに「やわらか戦車」パクっったのだろうな
と思うのは私だけでしょうか。本年もよろしくお願いします。

投稿: 優 路 | 2011年1月 3日 (月) 23時52分

coupe74さん

初代もヒットしましたが、2代目も日本ではベストテン常連で
かなりのヒット作だったんですよね。まあ、フィットには追いつ
けませんでしたが。
それがこうなる、というのは、会社の方針が妙な方向に進み
つつあるのかもしれないですね。

アレスタさん

僕は書いたとおりイストのランプを思い出しました。ラクティス
もそうですけど、基本強面にしたいと同時に、例のデザインフ
ィロソフィがこの複雑な形状を招いているんでしょう。理屈先行
でデザインするなんて、僕には考えられないです。

イニシャルN子さん

同感です。スズキは欧州戦略が明確で、それには骨太のエク
ステリアが必須であることを普通に実践しています。そのため
にイタリアでデザイン作業をやるくらいですから。
トヨタは現在のデザイン部長が推進するデザインフィロソフィが
完全に失敗しているのに、誰も止められない印象を持ちます。
あれこれ言わなかった80年代トヨタ車の「見せ方」の巧妙さが
ウソのようですね。

アクシオムさん

新型は郷さんというデザイナーがまとめたそうですが、そもそも
のキースケッチがこれまでのように欧州スタジオなのか否かは
まだ分かりません。上にも書きましたが、デザインのコントロール
はやっているんでしょうけど、その内容が間違ってるってことかと
思います。あ、M君の調子はいかがでしょう?

Glowさん

レクサスに新しいデザインフィロソフィを導入したのはブランド自体
が新しいのでいいかと思うのですが、いまさらトヨタブランドにこな
れていない方式を持ち込むのは?ですね。昨日今日でざたメーカ
ーではないですから、これから成長云々まマズイかと。

ぽちさん

そうですね。ダイハツ製のパッソやbBなどもデザインはトヨタらしい
ですから、すべてダイハツやスバルに任せた方がいいかもしれな
いですね。ダイハツはイタルデザインと関係が深いですし、スバル
も今回のインプレッサコンセプトで本気モードのようですから。

優路さん

最大のライバルがフィットなら、ラクティスと統合してガッツリ勝負
できる1台を作った方がよかったかも?ですね。
「やわらか戦車」僕も感じてましたよ。IQと言えばそろそろアストン
のシグネットが発売になりますかね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月 4日 (火) 01時08分

>M君の調子はいかがでしょう?
めちゃくちゃ元気いいですよ。相当振りまわしてもネをあげない、燃料喰わない、恐ろしい奴でした。
CGのようなイベントがあれば、またどこかで…それも含めて今年もよろしくお願いします。

投稿: アクシオム | 2011年1月 4日 (火) 07時27分

いつも当ブログの自動車評論を読ませてもらっています。

私も初代ヴィッツのデザインは大好きでした。特に白ボディにグレーバンパーの商用タイプを
街で見かけると「日本車のデザインも良くなったなー」と思ったものでした。
その後のマイナーチェンジで、ヘッドライトが涙目に変わって唖然としましたが。

2代目のデザインには結構がっかりしましたが、今にして思うと初代は欧州Bセグメントの標準に対してやや小型だった事と、その後の「アイゴ」等との住み分けの問題が発生した事等が影響して狙いどころがズレてしまったのでしょうかね。
今回のは、その延長線上にあってシルエットは変わっていない気がします。
ワンモーションのスタイルはデザイナーのエゴを押し付けられている様で、個人的には好きではありません(FITのデカいフロントガラスを見るに、車体構造上はどうなのか?とも思います)。

私は、ルノー(シュペール)サンク、プジョー306、フィアット初代プント等が好きでした。(年代バラバラですが)
初代はその中に入れても勝負が出来るデザインだったのに残念ですね。
最近は当の欧州製コンパクトカーのデザインもけっこう悲惨な感じなので、寂しく思っているところです。(コスプレ系が大人気ですね)

これからも日本車に対する愛の溢れる評論を期待しております。

投稿: TS | 2011年1月 4日 (火) 23時25分

>すぎもとさん

ラクティスは若者向け(綾瀬はるかCM)だったものが
若いファミリー向け(ガッキーCM)に移った感じがします。
シエンタもなくしてしまったので。まあパッソ・セッテがあるので
ファミリー向けはこれでもよいのですが。

投稿: 優 路 | 2011年1月 5日 (水) 08時35分

TSさん

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

2代目は初代のイメージを残しつつ破綻はしませんでしたが、
今回は2代目のイメージを残しつつ破綻してしまった感じです。
サンク、306、プント、それぞれガンディーニ、ピニンファリーナ
イタルデザインと、カロッツェリアの名作ですね。

社内デザイナーが充実してきた・・・と言われてから?なクルマ
が増えだしたのは間違いないと思います。

優路さん

なるほど。それにしても最近のトヨタのタレントによるイメージ
CMは徹底してますね。中身の話なんて皆無です。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年1月 6日 (木) 09時16分

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年も、訳のわからん駄文を書き込ませていただく予定ですが、よろしくお願いします。

ヴィッツ…流石にこちらにお越し方は誰も褒めてないcatface。まぁすばらしく突っ込みどころの多い車でありますね。 でも、買う人は買う訳で、こんな車でもそこそこの台数は、捌けてしまうのが恐ろしいことですね。

クルマって自分も含め他人の命をも左右する商品であることを、日本人が学ばなければきっとこれからも、こんなクルマが出続けると思うと寂しいです。

そして、皆さん、デザインのことに触れられてるのでもう言うことは無いんですが、雑誌で読んでなるほど!と、思ったのは、「最近、世界の車が、顔に凝るようになった。大きいライトとかグリルとかで、顔を作っちゃうんですよね~」と言うこと。
良いデザインは、ライトなんかかえって邪魔的なことを言われると、確かに納得してしまいます。ピニンファリーナのショウモデルなんかは本当にライトがほとんど装飾程度ですもんね。
今、世界の車でも「顔」を取ったらどの車かわからなくなるものが増え始めているのも怖いです。日本ほどではないですが(笑)

投稿: ぷじお | 2011年1月 7日 (金) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/38290990

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ:

« 雑誌記事:マガジンX 2月号発売 | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ソリオ »