« 雑誌記事:マガジンX1月号発売 | トップページ | クルマの他:羽田健太郎・メモリアルコンサート »

新車心象風景:トヨタ・ラクティス

Ractis

 バリエーション過多の話なんである。

 4mを切る全長と5ナンバー幅に背高のワゴンボディを載せた合理的パッケージ。初代で評判だった内外装の作り込みの良さもそこそこ引き継げた。

 何て良心的な商品なんでしょうと思いつつ、じゃあbBやルミオンにイストとポルテ、いやヴィッツやパッソも要らないじゃん、とツッコミたくなる。

 まあ、そんなこと言っても実際ねェとお思いでしょうけど、でも、ほとんど同じクラスにやたらと商品を出すような節操のない会社のクルマなんて! というユーザーの発信はアリだと思う。取りあえず、この無駄なバリエーションのどこが「エコ」やねん、とか。

 僕はずっと以前から、こういうオモチャ箱的な商品展開について文句を言ってきたけれど、10年20年と経ってみれば、実はいまだに同じことをやってるのは、軽を除けばもはやトヨタだけなんである。

 それは裏を返せば、そんな余裕が他のメーカーにはなくなった、ということかもしれないけれど、結果的にそれはいい方向だと思う。

 けれども、トヨタはそんなに甘くなかった。

 そもそもがダイハツ製のパッソやbBは最初から両社で売っているし、グループとなったスバルにもbBを供給し、そしてこの新しいラクティスも続く。自社で無理なら、他社を使って兄弟姉妹車を展開しちゃう作戦だ。さらに、もうワケわからないくらい車種の多い軽をも、ついに自社ブランドでOEM販売しようって魂胆らしい。

 で、そのラクティス。エンジンやミッションも基本キャリーオーバーだし、なぜかアイドリングストップみたいな新機構もない。こりゃあんまり語ることないなとは思うけれど、明らかに違う、いや後退したのはエクステリアデザインだろう。

 ブーメラン型のランプをうまく取り込んだフロントや、Aピラー下からサイドウインドウに沿ってキレイに流れていたキャラクターラインなど、先代のすっきり感を、件のデザイン・フィロソフィによって騒がしくしてしまったのは他の車種と一緒だ。

 とくにフロントまわりの造形はもはや正確に把握できないし、リアは煩雑なのに加えて、ライバルのフィットそっくりにしちゃったのが正直と言うか、残念な感じだ。

 作りの丁寧さはヴァーソとして欧州に投入するためなのかもしれないけど、せめてこのクラスはヴィッツと2台に集約すれば、後退したエクステリアも含めて、もっと力の入ったいい商品ができるだろうに、なんてね。

 だって目立った新機構もないのに、なぜか1.3で140万円オーバーだよ。そんなんだったら開発費集約して、絶賛のポロを凌駕するようなコンパクトにチャレンジすればいいのに。

 あ、ただディザーキャンペーンでチラ見せしている新型ヴィッツは、輪をかけて酷い姿になっているみたいだから、まずはそっちの問題の解決が先かも。

|

« 雑誌記事:マガジンX1月号発売 | トップページ | クルマの他:羽田健太郎・メモリアルコンサート »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

後退したのは安全装備もです。「サイドエアバッグ全車標準」を宣言して、先代でもMCで標準化したのに、新型はオプションに。それどころか、シートベルトアジャスターまで省略しちゃってるんですね。

シートベルトアジャスターはパッソもそうでしたし、12月にでるヴィッツにもつかないようです。

投稿: LANDY | 2010年11月30日 (火) 13時34分

ガッキ―がこれってアリっ!って言っているくらいだから、ガッキ―に免じてあってもいいってことでしょう?トヨタ的には…
ゆえに、ラクティスに関してそれ以上今回は語ることはありません。
トヨタの御曹司は、このクルマに対して、どんな味を求めたのか?それすらもどうでもいいです。
むしろ、ガッキ―ちょっとお疲れモードで大丈夫かな…とガッキ―の方が心配です。(ってファンじゃないですけど)

ps.わたくしの次期相棒、本日無事登録完了いたしました。こちらは一見すると古典的なデザインのクルマに思われますが、ちゃーんとアイドリングストップ機能はついているし、最新の乾式ツインクラッチだし、エンジンだって最新です。

投稿: アクシオム | 2010年11月30日 (火) 17時03分

いつもの話で恐縮ですが… もう、20年ですよ、20年!

どこまで日本車は、後退していくのでしょう、最近は、新車が出るたびにガッカリ感と脱力感で、もう、見るのもしんどくなってきました。

最後に「うおー!スゲー」って思った「プリウス」からだって12年くらいですか?

20年前から、ひたすら、慢心・怠慢・コストダウンだけのクルマばかり。
クルマ関係に長くいた者として、現在の日本車に、お金を払っていただくお客様に胸を張って買っていただけるクルマがどれだけあるのか? トヨタをはじめ全てのメーカーに問いたいです。

特に「トヨタ」、公約したことは、守りましょうthunder 世界一の巨大メーカーの癖にそんなことも出来ないなんて、会社で「モラール」なんて言葉を使っているくせに、「安全装備」を標準に出来ないなんて「モラール」が聞いて呆れます。

テレビで「パリサロン」を見て、悲しくなりました。「イヴォーグ」かっこいいようweep

投稿: ぷじお | 2010年11月30日 (火) 21時50分

LANDYさん

そのようですね。リーマンショック以降、コストダウンはなりふり構わ
ない感じです。日本のユーザーならこの辺は文句言わないだろうって
ことでしょうか。

アクシオムさん

いや、そうは言ってもガッキーのファンですね、きっと。
新車、いいですねー。アルファのようなアバルトのような・・・しかし
ハッキリ分かりません。そろそろ種明かしを!

ぷじおさん

新社長肝いりがG'sとかって・・・・・なかり残念な感じですね。それ
じゃあ、ゴーンさん肝いりがハイウェイスターってなっちゃいます。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年12月 2日 (木) 17時19分

こんばんは。
トヨタの車種が多すぎるというのは同意ですが、ルミオンはオーリスのMCプラットフォームベースなのでヴィッツのバリエーションではないですね。

トヨタの車種の多さは、自動車メーカで唯一多チャンネル販売を続けていることと関係があるのではと思います。
プリウスの様にどの車種も全店舗で併売出来ればいいのでしょうが、そう簡単にいかない面倒臭い事情があるのかなあと。
基幹車種のはずのヴィッツも未だネッツ店専売ですし。

ラクティスですが、前身のファンカーゴが日本車離れした明るい華やかな雰囲気をまとっていたのと比較すると、ラクティスは新旧共々凡庸というか、何とも記憶に残らないスタイルに思えます。ファンカーゴの路線はウケなかったのですかね...まあ欧州でも評判はイマイチだったようですが。

ちなみにディザーキャンペーンというのはティーザーもしくはティザー(teaser)という表記が正確なようです。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%A3%A5%B6%A1%BC%B9%AD%B9%F0

投稿: せりこ | 2010年12月 2日 (木) 22時48分

今日、近所のショッピングモールで実車をみました。サテンブルーマイカメタリックという色、結構いい色でした。Webで見ると先代Fitのブルーに見えますが、もうちょっと品のある色でした。
顔はというと、ライト周りはエッジのあるデザインなのですが、全体に見ると落ち着きがない、笑っているような怒っているようなと、中途半端な感じです。
iQの顔を大きくした感じでした。
Fitがほしいけど、ホンダが信用できない方は、安心してこの車を選ぶのかなぁと。

投稿: Coupe74 | 2010年12月 6日 (月) 01時07分

せりこさん

こんにちは。初めて?でしたでしょうか。

この話は同じプラットフォームのバリエーションということではなく、ほと
んど同じクラス(排気量)にいくつもの車種、ということを問題にしていま
す。プラットフォームが違うからOK、というワケではないですからね。

また、多くの場合ご指摘のとおり販売チャンネルがその理由なんです
けど、それも、だからOKって話ではないですよね。それはメーカーの勝
手な都合ですし、ユーザーが「仕方がない」と同調する必要はないです
もんね。

キャンペーンのご指摘、ありがとうございます。

Coupe74さん

そうですね。フロントグリルはわざわざ2パターンもありますけど、どちら
も落ち着かない印象です。バンパーの造形も含めて、スバル版の方が
分かりやすいですね。

ホンダが信用できない・・・人がいるなら、たしかにピッタリかもしれない
ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年12月 6日 (月) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/37891308

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ラクティス:

« 雑誌記事:マガジンX1月号発売 | トップページ | クルマの他:羽田健太郎・メモリアルコンサート »