« Drive My Car:ジェミニツーリング(秋編) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:日産・セレナ

Serena

  ここはやっぱり先代そっくりのモデルチェンジについてかな、と。

 いま売りの「ベストカー」誌で前澤義雄氏も書いているけれど、最近この手のモデルチェンジが結構ある。フィット、オデッセイ、キューブ、エクストレイル、スイフトあたりがそうで、基本、先代のヒットを失わないためだ。

 そんなことじゃあデザイナーの存在意義が、なんて声もあるけれど、そこが微妙なところなんである。「キープ・スタイリング」での仕事の幅も商品の是非も、それこそデザイナー次第で大きく違ってくると僕は思っている。

 たとえば、フィット。

 新しいフィットは、どこから見てもフィットだけれど、しかし先代とは明らかに異なる文法で解釈され、再構築されている。単にヘッドランプがシャープになったとかじゃなくて、ボディラインもリアパネルもサイドグラフィックも、すべて真新しいシャープさで貫かれている。

 先代のイメージを強く残しつつ、べつのクルマとしてまったく新しい個性を与え、なおかつそこに「進化」をしっかり感じさせるという、とんでもなく難しいことに成功しているんである。どうやらユーロシビックと同じデザイナーらしいんだけれど、ここはまさに腕の見せどころでしょう。

 日産のキューブも基本は先代と同じなんだけど、こちらは完全に外してしまった。一見突飛な先代は、実は要所を端正なラインでまとめていて、いい意味でのカジュアルさとまとまりのよさがあったんである。

 ところが、ブルドッグをイメージしてその端正さを捨てた新型は、代わりに得た曲線主体のボディに、残念ながら先代を上回る新しい個性も明快な進化もなかった。単に先代に”手を加えた”だけだ。インテリアの質感向上には頑張ったんだけど。

 じゃあセレナは?っていうと、そのどちらでもない空白な感じ。つまり、とくにコレといったテーマがなくて、まさにデザイナーの仕事がないような。

 エクストレイルやスイフトも似たようなところがあるけれど、おそらくは先代を明らかに越える代案がなかったパターンじゃないかと。

 スイフトはワンモーションにするとかAピラーをボディ色にするとか、いろいろな意見があったらしいけど、結局役員は先代まんまを選んだとか。でも、それって単に役員が保守的なんじゃなくて、要は先代を明らかに乗り越え、周囲を納得させるだけの別回答がなかったんだと思う。

 で、中途半端に変えるくらいなら評判のいい先代そのままにしよう。じゃあ、あとは面をしっかり磨いたり素材の質感を上げたりしましょうって。

 実際、セレナは先代の高い面質を保ち、たとえばサイドウインドウ下端からヘッドランプまで続くラインような先代の端正さを、新型ではリアピラーからキレイに引っ張って来るラインて維持している。

 けれども、じゃあデザイナーの仕事としてどうかと言えば、やっぱり幅が狭いなあと思うし、新味はどうにも見当たらない。先代の勢いをかって売れるかもしれないけど、フィットとはリ・デザインの次元が違う。

 本来は先代までのマーチやレガシィのように、イメージを継続しつつしっかり新しい造形を提案するのが基本だろう。セレナがモデル末期までどんなに売れようと、次のステップを生み出すのが。

 ただし、仮に周囲の状況でそれが許されないとしても、それでもデザイナーの活躍の幅は残されている筈だ。だからセレナには、たとえキープ・スタイリングの方向性であっても、ユーザーの想定を越えたひとつ上の提案を見せてほしかったと思う。

|

« Drive My Car:ジェミニツーリング(秋編) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ある程度は予想してましたが、「やっぱりね」という感じでしょうか。
フロントはステップワゴンかと思いましたし。
デザイナーを育てるには次々と商品化しないといけませんが、
消費者としてはそれこそバンバン新しいものに対応出来るのかという気もします。
やはり日本車のモデルチェンジ・サイクルは短いです。
もっと時間を掛けて納得のいくプロダクトを仕上げて欲しいと思うのです。

投稿: アレスタ | 2010年11月22日 (月) 20時55分

昨日、日産GHQでセレナの実物大拝見しましたが、キープコンセプトのようでいて実物だとフロントマスクは明らかに違っていたし、Aピラーの△窓も明らかにでかくなっていた。これはこれで新しいんだろうけど、釈然としない新しさであり、使ってみて初めてわかる違いなのかもしれませんね。でも、あんなにデカイ△窓があれば、オプション料金を考えると日産ご自慢のアラウンドビューモニターはいらないですね。

あと忘れちゃいけないのは、インテリアのマルチグラフィックアッパーメーター。リーフにも共通する日産の最新メーターで、燃費系を中心とするエコドライブをサポートするようにデザインされていますが、ここだけが先進的で、逆にセンターコンソールの方が旧態然としちゃっていますね。先代で不評を買ったのか?電動アシストのATシフトは一般的なものになっちゃったし、コンソールの収納スペースは減らされたし…
インテリアは確かに先代より変化していたけど、メーターだけが浮いていてどこかチグハグな印象が否めなかったですね。
エコモデルチェンジというのなら、デザインだってもう少しクリーンにエコを意識したものにしてもよかったと思うし、ハイウェイスターと標準車との違いがなさすぎるのもインパクト的に弱いと思う。微妙なモデルチェンジをしちゃったものですね

投稿: アクシオム | 2010年11月22日 (月) 21時39分

ステップワゴン…think

投稿: ぷじお | 2010年11月22日 (月) 22時08分

ニッサン最近スズキの軽をOEMで結構数売ってるらしく味をしめてHONDAのステップバンのOEMをしたのかななんてね、
思っちまいました。

なんだか最近のニッサンはァ~~~
ワクワクするようなデザインがありませんナァ~~

投稿: 佐衛門 | 2010年11月23日 (火) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/37772733

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・セレナ:

« Drive My Car:ジェミニツーリング(秋編) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »