« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

新車心象風景:トヨタ・ラクティス

Ractis

 バリエーション過多の話なんである。

 4mを切る全長と5ナンバー幅に背高のワゴンボディを載せた合理的パッケージ。初代で評判だった内外装の作り込みの良さもそこそこ引き継げた。

 何て良心的な商品なんでしょうと思いつつ、じゃあbBやルミオンにイストとポルテ、いやヴィッツやパッソも要らないじゃん、とツッコミたくなる。

 まあ、そんなこと言っても実際ねェとお思いでしょうけど、でも、ほとんど同じクラスにやたらと商品を出すような節操のない会社のクルマなんて! というユーザーの発信はアリだと思う。取りあえず、この無駄なバリエーションのどこが「エコ」やねん、とか。

 僕はずっと以前から、こういうオモチャ箱的な商品展開について文句を言ってきたけれど、10年20年と経ってみれば、実はいまだに同じことをやってるのは、軽を除けばもはやトヨタだけなんである。

 それは裏を返せば、そんな余裕が他のメーカーにはなくなった、ということかもしれないけれど、結果的にそれはいい方向だと思う。

 けれども、トヨタはそんなに甘くなかった。

 そもそもがダイハツ製のパッソやbBは最初から両社で売っているし、グループとなったスバルにもbBを供給し、そしてこの新しいラクティスも続く。自社で無理なら、他社を使って兄弟姉妹車を展開しちゃう作戦だ。さらに、もうワケわからないくらい車種の多い軽をも、ついに自社ブランドでOEM販売しようって魂胆らしい。

 で、そのラクティス。エンジンやミッションも基本キャリーオーバーだし、なぜかアイドリングストップみたいな新機構もない。こりゃあんまり語ることないなとは思うけれど、明らかに違う、いや後退したのはエクステリアデザインだろう。

 ブーメラン型のランプをうまく取り込んだフロントや、Aピラー下からサイドウインドウに沿ってキレイに流れていたキャラクターラインなど、先代のすっきり感を、件のデザイン・フィロソフィによって騒がしくしてしまったのは他の車種と一緒だ。

 とくにフロントまわりの造形はもはや正確に把握できないし、リアは煩雑なのに加えて、ライバルのフィットそっくりにしちゃったのが正直と言うか、残念な感じだ。

 作りの丁寧さはヴァーソとして欧州に投入するためなのかもしれないけど、せめてこのクラスはヴィッツと2台に集約すれば、後退したエクステリアも含めて、もっと力の入ったいい商品ができるだろうに、なんてね。

 だって目立った新機構もないのに、なぜか1.3で140万円オーバーだよ。そんなんだったら開発費集約して、絶賛のポロを凌駕するようなコンパクトにチャレンジすればいいのに。

 あ、ただディザーキャンペーンでチラ見せしている新型ヴィッツは、輪をかけて酷い姿になっているみたいだから、まずはそっちの問題の解決が先かも。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX1月号発売

Magx01

 ニューモデル・マガジンX、1月号が発売になりました。

 今回は、以前書いた軽自動車規格についての第2段的なもので、先月に続き自分の企画です。

 いま、各地で「超小型モビリティ」とい仮称されるEVの実証実験が始まっています。市街地や観光地など、ある一定範囲内の移動についての可能性を検証しているものです。

 これは現行軽自動車よりもさらに小さなボディなのですが、こうした動きは今後軽自動車規格の見直しに結びつくのか、あるいは、総務省が打ち出した軽自動車税の引き上げ案とはどう絡むのか。

 このあたりについて、所管の国土交通省や自治体などに話を聞きました。

 よろしければ、書店にて是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

 今日は半日有休をとって、午後から取材に行って来ました。

 取材先は練馬にある、某雑誌の編集部です。

 ライターをやっていて、雑誌の編集部に行くことは珍しくないですが、取材として訪問するのは初めてかもしれないですね。

 取材内容も含めて、今回も自分の企画としてやらせていただきました。とても気持ちよい対応をしていただき、いい取材ができたと思います。

 あ、そういえば明日はもうマガジンXの発売日ですね。また、明日案内させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:日産・セレナ

Serena

  ここはやっぱり先代そっくりのモデルチェンジについてかな、と。

 いま売りの「ベストカー」誌で前澤義雄氏も書いているけれど、最近この手のモデルチェンジが結構ある。フィット、オデッセイ、キューブ、エクストレイル、スイフトあたりがそうで、基本、先代のヒットを失わないためだ。

 そんなことじゃあデザイナーの存在意義が、なんて声もあるけれど、そこが微妙なところなんである。「キープ・スタイリング」での仕事の幅も商品の是非も、それこそデザイナー次第で大きく違ってくると僕は思っている。

 たとえば、フィット。

 新しいフィットは、どこから見てもフィットだけれど、しかし先代とは明らかに異なる文法で解釈され、再構築されている。単にヘッドランプがシャープになったとかじゃなくて、ボディラインもリアパネルもサイドグラフィックも、すべて真新しいシャープさで貫かれている。

 先代のイメージを強く残しつつ、べつのクルマとしてまったく新しい個性を与え、なおかつそこに「進化」をしっかり感じさせるという、とんでもなく難しいことに成功しているんである。どうやらユーロシビックと同じデザイナーらしいんだけれど、ここはまさに腕の見せどころでしょう。

 日産のキューブも基本は先代と同じなんだけど、こちらは完全に外してしまった。一見突飛な先代は、実は要所を端正なラインでまとめていて、いい意味でのカジュアルさとまとまりのよさがあったんである。

 ところが、ブルドッグをイメージしてその端正さを捨てた新型は、代わりに得た曲線主体のボディに、残念ながら先代を上回る新しい個性も明快な進化もなかった。単に先代に”手を加えた”だけだ。インテリアの質感向上には頑張ったんだけど。

 じゃあセレナは?っていうと、そのどちらでもない空白な感じ。つまり、とくにコレといったテーマがなくて、まさにデザイナーの仕事がないような。

 エクストレイルやスイフトも似たようなところがあるけれど、おそらくは先代を明らかに越える代案がなかったパターンじゃないかと。

 スイフトはワンモーションにするとかAピラーをボディ色にするとか、いろいろな意見があったらしいけど、結局役員は先代まんまを選んだとか。でも、それって単に役員が保守的なんじゃなくて、要は先代を明らかに乗り越え、周囲を納得させるだけの別回答がなかったんだと思う。

 で、中途半端に変えるくらいなら評判のいい先代そのままにしよう。じゃあ、あとは面をしっかり磨いたり素材の質感を上げたりしましょうって。

 実際、セレナは先代の高い面質を保ち、たとえばサイドウインドウ下端からヘッドランプまで続くラインような先代の端正さを、新型ではリアピラーからキレイに引っ張って来るラインて維持している。

 けれども、じゃあデザイナーの仕事としてどうかと言えば、やっぱり幅が狭いなあと思うし、新味はどうにも見当たらない。先代の勢いをかって売れるかもしれないけど、フィットとはリ・デザインの次元が違う。

 本来は先代までのマーチやレガシィのように、イメージを継続しつつしっかり新しい造形を提案するのが基本だろう。セレナがモデル末期までどんなに売れようと、次のステップを生み出すのが。

 ただし、仮に周囲の状況でそれが許されないとしても、それでもデザイナーの活躍の幅は残されている筈だ。だからセレナには、たとえキープ・スタイリングの方向性であっても、ユーザーの想定を越えたひとつ上の提案を見せてほしかったと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Drive My Car:ジェミニツーリング(秋編)

4_3

 ジェミニ仲間で、那須・塩原までツーリングに行って来ました。

 このところ半年に一度のペースでツーリングを行っており、毎回行き先を変えていますが、今回がいままでで一番遠かったでしょうか?

 自分を入れた有志の5名は土曜日から前泊で。10:30塩原集合予定でしたが、土曜日はAPECが関連しているのかどうかは?ですが首都高と東北道とも事故だらけ。空いていれば3時間を切る距離ですが、軽く5時間コースになってしまいました。MTなので左足がキツかった・・・。

 集合後は宿泊先の那須までツーリング。昼食に美味しい蕎麦をいただき、夕方にオーナーがビートルズマニアな感じの喫茶店「ペニー・レイン」でお茶。そして宿へ。今回の宿は別荘タイプで、食材付きの自炊。何でも勝手気ままな感じなので、勢い深夜3時までクルマ談義が。

 明けて日曜は日帰り組との合流。6名を加えた11台はツーリング後に軽く雑談など。

Photo

 今回は、先日この会の幹事さんが一時的に手に入れた最初期型セイシェルブルーのハッチバックが、新しいオーナーさんとともに参加されました。何と静岡からです。

 帰りは御用邸御用達の献上饅頭、ラスクなどの御菓子に、那須では必ず寄るSHOZO CAFEで紅茶葉を、そして道の駅でしこたま野菜を買って帰宅しました。向こうを14:30と早めに出たこともあり、何とかギリギリ渋滞に巻き込まれず2時間半で帰京です。

 往復640km。行きは大渋滞でイマイチだった燃費も、帰りは15キロオーバーで安心しました。次回は春頃に山中湖方面ということで、いまから楽しみです。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

雑誌記事:今日の取材

Photo

 今日、有休を利用して取材に行って来ました。

 取材先はいつもの霞ヶ関です。

 ちなみに、写真は霞ヶ関の中でもひと際警備が物々しい外務省です。国土交通省なんてほとんど警備らしい感じがないですけど、ここは警官の数が違います。ま、当然でしょうけど。

 来週はAPECがありますんで、さらに厳戒態勢になるんでしょうね。あ、土日は出掛ける予定があるけど、首都高は大丈夫かな?

 今回も、今月に引き続き、自分の企画による取材です。うまいことタイムリーな記事になってくれればいいのですが。

 では、また記事になりましたらお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:日産・GT-R(マイナーチェンジ)

Gtr_4

 GTーRがフツーの実用車みたいに「マイナーチェンジ」っていうのが妙な感じだけど、でも、このクルマはそのくらい実用っぽい内容と価格を引っさげた、異色のスーパーカーということなのかと。

 出力の大幅UPやら足周りの変更やら、機能的な更新もかなり多いけれど、個人的な興味としては「エゴイスト」の追加なんである。

 まず、ベースグレード800万円からの高価格車として、ようやくこういう選択肢ができたかと。お値段というか、その存在からして、本来は最初から広いバリエーション設定を持つべきクラスだったと思うので。

 もちろん、それでも相対的には超破格値だから、そんな設定をする余裕なんかなかったとは思うけれど、オプションとしてでも用意するべきだったとは思う。

 けれども、エゴイストはそういうグレードだという割に、実はそれほど多くの選択肢じゃないのが残念なんである。だって内装が20種類とは言うけれど、実際には組み合わせが20通りということであって、色数としては黒を除くと8、9色しかないし、それも似たような色が結構ある。

 やっぱり1500万円も取るんだったら、分厚いカラー見本からお好きなモノをどうぞ、と20色や30色は用意して欲しいし、シート、ステアリング、ドア内張り、フロアなんかもそれぞれ別個に選べるといい。もちろん、職人の手作業というのはいいんだけど。

 それと、ボディカラーは何でこんなに少ないんだろう? そりゃ、日本でこの手のクルマに興味を示す人は地味な色を選ぶ傾向はあるんだろうけど、高価格車は少数意見にも対応しなきゃ。たとえば、明るいイエローのGT-Rに乗りたいって人もいるだろうし。

 そんなことしたら納車が2ヶ月も3ヶ月も延びちゃうよ、なんて言われそうだけど、いいんじゃないのかな、それで。じっくり待つから好きなパターンにしてねっていうユーザーはいるだろうし、個人的には高価格車じゃなくても、そういうシステムがあっていいと思うくらいなので。

 ただ、それでも20通りの組み合わせの中に「これはイカン」というものがないのはよかったと思う。ほら、内装に凝るとなると日本車は昔からとんでもないことをやらかすでしょ。場末のスナックみたいなシートとか、コラボしたブランド名のでっかい刺繍とか。いや、実際最近出たレクサスのArt Worksシリーズなんて酷いことになってるし。

 それにしてもGTーRって、この値段で恐ろしいほどの性能を持っているのに、自国での結構な地味扱いが不思議な話なんである。海外の雑誌なんかじゃ「ポルシェに圧勝」「奇跡の存在」みたいな絶賛記事をよく見かけるのに。

 たいてい、R32~33が大好きなB5版雑誌は「もう僕らのクルマじゃない」「改造できなくてツマラナイ」な扱いだし、A4版の文化系はやっぱりポルシェ、フェラーリ、あるいはアウディなんかに行っちゃう。何だかその溝に落ちてしまっているような感じ。

 僕は、メディアの”基本スポーティ車偏向”な流れは好きじゃないけれど、それにしても露出が少ないなあとは思う。仮にメーカーがそういう姿勢であっても、だから記事にしないっていうのは別の話だし。

 少なくとも、久々の話題が「某B誌が取材拒否!」とかじゃ、あんまり寂しいし。あ、この話は後日別途書きますけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »