« 雑誌記事:マガジンX12月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:日産・GT-R(マイナーチェンジ)

Gtr_4

 GTーRがフツーの実用車みたいに「マイナーチェンジ」っていうのが妙な感じだけど、でも、このクルマはそのくらい実用っぽい内容と価格を引っさげた、異色のスーパーカーということなのかと。

 出力の大幅UPやら足周りの変更やら、機能的な更新もかなり多いけれど、個人的な興味としては「エゴイスト」の追加なんである。

 まず、ベースグレード800万円からの高価格車として、ようやくこういう選択肢ができたかと。お値段というか、その存在からして、本来は最初から広いバリエーション設定を持つべきクラスだったと思うので。

 もちろん、それでも相対的には超破格値だから、そんな設定をする余裕なんかなかったとは思うけれど、オプションとしてでも用意するべきだったとは思う。

 けれども、エゴイストはそういうグレードだという割に、実はそれほど多くの選択肢じゃないのが残念なんである。だって内装が20種類とは言うけれど、実際には組み合わせが20通りということであって、色数としては黒を除くと8、9色しかないし、それも似たような色が結構ある。

 やっぱり1500万円も取るんだったら、分厚いカラー見本からお好きなモノをどうぞ、と20色や30色は用意して欲しいし、シート、ステアリング、ドア内張り、フロアなんかもそれぞれ別個に選べるといい。もちろん、職人の手作業というのはいいんだけど。

 それと、ボディカラーは何でこんなに少ないんだろう? そりゃ、日本でこの手のクルマに興味を示す人は地味な色を選ぶ傾向はあるんだろうけど、高価格車は少数意見にも対応しなきゃ。たとえば、明るいイエローのGT-Rに乗りたいって人もいるだろうし。

 そんなことしたら納車が2ヶ月も3ヶ月も延びちゃうよ、なんて言われそうだけど、いいんじゃないのかな、それで。じっくり待つから好きなパターンにしてねっていうユーザーはいるだろうし、個人的には高価格車じゃなくても、そういうシステムがあっていいと思うくらいなので。

 ただ、それでも20通りの組み合わせの中に「これはイカン」というものがないのはよかったと思う。ほら、内装に凝るとなると日本車は昔からとんでもないことをやらかすでしょ。場末のスナックみたいなシートとか、コラボしたブランド名のでっかい刺繍とか。いや、実際最近出たレクサスのArt Worksシリーズなんて酷いことになってるし。

 それにしてもGTーRって、この値段で恐ろしいほどの性能を持っているのに、自国での結構な地味扱いが不思議な話なんである。海外の雑誌なんかじゃ「ポルシェに圧勝」「奇跡の存在」みたいな絶賛記事をよく見かけるのに。

 たいてい、R32~33が大好きなB5版雑誌は「もう僕らのクルマじゃない」「改造できなくてツマラナイ」な扱いだし、A4版の文化系はやっぱりポルシェ、フェラーリ、あるいはアウディなんかに行っちゃう。何だかその溝に落ちてしまっているような感じ。

 僕は、メディアの”基本スポーティ車偏向”な流れは好きじゃないけれど、それにしても露出が少ないなあとは思う。仮にメーカーがそういう姿勢であっても、だから記事にしないっていうのは別の話だし。

 少なくとも、久々の話題が「某B誌が取材拒否!」とかじゃ、あんまり寂しいし。あ、この話は後日別途書きますけど。

|

« 雑誌記事:マガジンX12月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

個人的には「速いだけの車」という印象が強いですね。
これ乗るんだったら、なぜポルシェやフェラーリに乗らないんだろうって思います。
何かこう、GT-Rを選ぶ必要性が感じられない車になってしまったのかなと。

投稿: アレスタ | 2010年11月 1日 (月) 21時56分

GT-R開発トップMさんのセミナー、参加してきましたよ。
セミナー…う~ん…
最後の最後にのたまったマスコミへのニュルラップタイムへの反論が一番力が入っていたようで、2時間のセミナーはそのための前説になっちゃいましたね。まぁ内容としてはなかなかでしたが…
エゴイスト、まるでMさんそのもののグレードなんでしょうが、インテリアのセンスもさることながら、ボディカラーがたった6色、しかもホワイトのマルチリレックスカラーに50万もかけるなら、他に日産のボディカラーをあと10色くらい用意してあげた方が良かった気がしますね。
本来、お客様のわがままをきくためのカスタマイズドオーダーなのに、これじゃMさんのやりたい放題、ある意味は自己満足オーダーですよね。ボディカラーのオーダーが6色しか選べないなんてわがままどころか、我慢、忍耐ですよ、1500万円払って…
これで設定理由が生産ラインと予算の関係なんてのたまうものなら、やらない方がいい。
あといくら開発トップの意向が強いとは言え、もう少しデザイナーはそれなりのセンスと主張をもってエゴイストのコーディネートをしてもらいたかったですね。
サクラ色のインテリアなんて、先代のマーチだとか、現行ティアナあたりでやるのならいいのかも知れないけれど、GT-Rのインテリアデザインでやるものじゃないと思う。いくら日本的な色とはいえ…
その点、あまり話題にならなかったレクサスLFAのオーダーの方がホントにオーナーのためのオーダーだったと思います。
それにGT-Rが安全のために技術開発を行っているというのなら、Mさんが日産の開発トップになり、GT-Rからマーチまで同じ安全性を目指すべきでしょ?
まぁそれは無理だから、GT-Rの開発をやっているのかもしれませんが…

投稿: アクシオム | 2010年11月 1日 (月) 22時02分

GT-R新車はとても買えませんし、中古車も買う気に成らないですねぇ。
スーパーカーな性能でも憧れられないのはデザインが好きに成れないからでしょうか。
いっそ100万円位高して、機械はそのままで、イタリア辺りのデザインスタジオに頼んで内外装をスーパーカーらしくしたら憧れの車に成るのにと思ってしまいます。
中身GT-Rで、900万円台位でアストンマーチン位の内外装だったら無理して買うのにみたいな。
ランエボやインプレッサにも同じ様な事考えてしまいますが。

投稿: B.Y | 2010年11月 2日 (火) 13時54分

この間のベストカー、
マイナーチェンジした記者会見に招待されなかったって、怒ってました。
水野さんの一声ではずされたんだって。
ずい分な事しますなあの御方は。
大して儲からない車をゴーンの一声で作れる優越感なんでしょうかね、

なんだか一番悪いころの日産を彷彿させるようですな。
倒産寸前の日産に行っても出がらしのお茶一つでなかった覚えがあります。
技術の日産だって胡坐をかいて臭い屁こきしてた頃です。

マーチといい、GTRといい、フーガのHVといい、
トヨタ同様魅力がありません。

投稿: 佐衛門 | 2010年11月 2日 (火) 14時35分

R32だけは、思い出補正もあって今でも好きです。smile

元々、ポルシェの理屈っぽいデザインが好きじゃないので、外観がエアロパーツとブリスターフェンダーの違いだけで、ポルシェと戦える「カッコイイ~」と。

でも、そのあと、R34~現行GT-R(もちろん33も)外観は酷いですよね。34、現行に至っては、こどもが、プラモデルにプラ板貼り付けて作ったデザインにしか見えません。 ちょくちょく変えてた、エアロパーツもさらに変な形に。
だいたいのクルマが、出てきたときのデザインをいじるので、マイナーで良くなるということは極めて稀ですが(笑)

ただ、何処を目指しているのか全くわからないクルマって事だけは解ります。

ユーザーの100%満足でも無さそうだし… 「未だに」ポルシェの速さをライバル視してるし…(もうそれは、卒業した方がいいですよ) デザインはお金を払う価値があるの?内外装ともに?あの子供っぽいインパネのディスプレー何?

このクルマも、「CR-Z」と一緒で、プロトタイプのデザインの方がましだったのになんでこうなるのかな?

全てを含めて興味がわかないですねぇ

投稿: ぷじお | 2010年11月 3日 (水) 18時00分

アレスタさん

やっぱりR33までは選択の理由があったんでしょうか? それは何なんでしょうね?

アクシオムさん

なぜボディが6色しかないのかは知りませんが、先代マーチのように「カラーアワード」を複数年受賞するメーカーなのに、不思議です。もし担当主査制に理由があるのならバカげた話です。

BYさん

イタリアの工房に頼むとして、どんなデザインにしてもらうか?ですね。単にフェラーリやランボにそっくりなら、それはそれで悲しいですし。

佐衛門さん

ベストカーについては、また今度書きますね。水野さん、そんなに大変な方なんでしょうか? 一度話をしてみたいですねー。

ぷじおさん

まったく興味がわかない。そこが肝なんですね。それは本当にプロダクトとしてダメなのか、それとも日本車故に何らかのバイアスが掛かってしまうのか? 価格的に手が届かないことが絡むのか? ま、インテリアが救いようがないほど酷いのは同感ですけど・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年11月 4日 (木) 19時52分

最近ケーブルテレビを見ていて初めて知ったのですが、GT-RはヨーロッパのFIA-GT選手権で活躍してますよね。
アストンマーティン、マセラッティ、ランボルギーニ、コルベット、フォードGT、と他の車はある意味GT-Rとは別世界な車ですが。。
やはりヨーロッパでは他の参加車と同種とまでは行かないまでも、GT-Rは日本ブランドというか高級車というか、日本国内よりはそういうイメージが強いのではないでしょうか。
もはやGT-Rは日本の市場は見ていない!?とさえ感じます。
ちなみにGT-Rのチーム名は「SUMO POWER」。相撲パワーですよ。
完全に外国狙いの名前だなと感じるのは私だけではないでしょう。

投稿: Coupe74 | 2010年11月 5日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/37478390

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・GT-R(マイナーチェンジ):

« 雑誌記事:マガジンX12月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »