« 新車心象風景:スズキ・スイフト | トップページ | Drive My Car:山形ツーリング »

新車心象風景:ホンダ・フィット(マイナーチェンジ)

Fit

 新車じゃないし、今回はいつもに増して軽い感じで。

 HVの追加を機に実施したマイナーチェンジは、各モデルの性格付けを明確にしようというものだとか。

 ただでさえとんでもなく売れているのだから、この性格付けに伴う装備の向上だけでも、購入側には随分ありがたい話なんである。

 これで159万円のHVもできたんだから、先日デビューしたマーチやスイフト、じきに登場の新しいヴィッツというニューカマー達にも十分太刀打ちできると。

 ただ個人的には、ここまでやるんだったらもう少し実質的な差異、とくにエンジンに違いを持たせた方がより面白いんじゃないかと思う。

 ベーシックが1.3なのはいいとして、たとえばスポーティなRSが高級版Xと同じフツーの1.5っていうのが何だか寂しいでしょ。せっかく専用の脚やらシートを手に入れてるのにもったいない。あ、これってマツダのデミオも同じだけど。

 たとえばスイフトみたいに1.6を奢るとか、先代マーチSRみたいにガッツリとチューンするのも方法かとは思うけれど、ここはいっそHVスポーツにしちゃえばよかったのにと思う。

 もともとHVはモーターアシストによる「More Power」の側面が強かったんだから、そっち方向のセッティングにしてね。それだって1.5エンジンをガンガン回すより、そこそこ燃費は稼げるんじゃないのかな。

 RSは専用ボディ色を設けるほど力が入っているけど、逆に言えばスポーティバージョンはそれくらい売れない状況なんでしょう。だったら、商品力の視点からも今回の主役であるHVの力を借りない手はないと思うんだけどな。

 もともと結構な価格がさらに若干上がる?という問題につても、そこは天下のHVという印籠が後押ししてくれると思う。少なくとも1.5でいまの価格よりは。

 いや、ホントはXの1.5も1.3との差が中途半端でどうなんだとは思う。もちろん、ここでも価格の問題があるんだろうけど、しかし、こうなるとつくづく過給器付の小排気量・高トルクエンジンをベースに展開したVWのポロの見事なコンセプトが思い起こされたりするんである。

 いずれにしても、そのRSのオレンジやHVのグリーン、あるいは明るい内装の追加なんかも含め、こうした性格の明確化をマイナーチェンジで行うのはいいことだと思う。これで横滑り防止やら後席3点シートベルトなんかを標準にしたらもっと王者らしかったのにね。

 あ、それとインサイトとの差別化はどうなのよ、という問題はまた別の話かな。

|

« 新車心象風景:スズキ・スイフト | トップページ | Drive My Car:山形ツーリング »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

前に一緒に演ってたドラム、
辞めてドラムセットを引き上げるときにはハイエースを持ってきたのだ。
そして
今一緒に演ってるドラム、
セットを持ってきたときにはフィット、確かに助手席までスネアとかタムで埋まってはいたが、
どうにか一台で間に合ったのである。

凄いヨネェ~~
あの車はァ~~
ダウンビートのバスドラが後に入ってバスタムまで載っちまう広さがあるんだから。

今度のマイチェンで
RSじゃなくRでデビューさせて欲しかったですな。
GTRを煽るフィット
最高じゃないかって思うのですよ。

159万円でHVなどいらないよ。

投稿: 佐衛門 | 2010年10月19日 (火) 17時34分

フィットにハイブリッドは、インサイトより賛成しますね。
使い勝手がいいし、コンパクトだし…
プリウスもそうですが、インサイトの二段ガラスによるハッチバックスタイル後方視界の悪さと、後席頭上のクリアランスのなさを考えるとまともに乗れて、使えますし。
しかし、ホンダにしても、トヨタにしてもハイブリッド車って運転していてつまらないし、あんなに楽しくないのならいっそ自動運転化して寝ながら移動させてくれないかと思いますが…CR-Zももう少し面白いかと思って期待しましたが、インサイトよりは出来がいいとは言え、走りも含め全体的に質感が低かったのは残念です。
フィットのRSこそ、ハイブリッド化してみるとよかったかもしれませんが、CR-Zがあるからダメだったんでしょうね。
今後、ハイブリッド車はVWのTSI+DGSに対抗できるようなパワートレインを構築してやらないとヨーロッパじゃそれなりに支持されないかもしれませんね。

ps.そういえば、アルファもVWに対抗してか、ミトでマルチエアとTCT(ツインクラッチテクノロジー)を出してきましたね。かなり出来がいいようです。(うふふ・・・)

投稿: アクシオム | 2010年10月19日 (火) 19時09分

初代から完成された「道具」ですので、いろんな意味で文句が無いですよね~

デザインは、初代も二代目も好きではありませんが、道具としても、値段でもコレに勝っているクルマは、無いので、ホンダが嫌いな人以外には「買うな」とは言えないクルマです。

ただ、ハイブリッドは、元々燃費がいい車ですからね… 形の変化に乏しい所が、「シビック・ハイブリッド」のようになりそうな(;´д`)トホホ…

ホンダの技術者さんの苦悩が見えます。販売とマーケティングには、「ハイブリッド」をと言われ、「でも、お金掛けないで開発お願い」みたいな、板ばさみ感がありますね。
聞いた話ですと、ホンダの開発は、自社製品じゃなく、他社の車に乗るのがO.K.らしいので、みんな、輸入車ばかりとか。(むしろ、乗れって感じらしいです。で、輸入車ばかりってどうなのよってのもありますが) どこかの会社みたいに駐車場での差別が無いそうです。

販売と開発の乖離ははたして、吉と出るか? 楽しみです!

投稿: ぷじお | 2010年10月21日 (木) 00時03分

「ハイブリッドって何?」
久しぶりに会った、CR-Zに乗る母の一言でした。
ハイブリッドかどうか、特別な装備でもない、当たり前というのが将来(10年後ぐらい?)のあるべき姿なのかなと、この時ちょっと思いました。

ホンダはハイブリッドというものを単なるオプションにしたいと考えているのだと思います。昔はエアコンやクーラーがオプションだったように。
そしてできるだけ安く多く提供し、燃費を良くしてガソリンの消費を抑えることで皆さんに、社会に貢献する。CO2削減もありますがユーザーとしてはお財布に優しいのが一番なわけで。。
ハイブリッドを世の中の「普通の車」にするのが目標なのでしょう。
だから「この車はハイブリッドだぜ!」というギラギラした付加価値は、本当はつけたくないんですよ。(トヨタは多分ギラギラした付加価値を売りにしてますよ。)
というところで、フィットは何の変哲もないハイブリッドに仕上がったのかなぁと。
この値段なら、ハイブリッドのわからない人でも、燃費がいいならと買ってもらえそうかなとも思います。

投稿: Coupe74 | 2010年10月23日 (土) 06時22分

佐衛門さん

ドラムセットが入るってすごいですね。そういう目的があって、だけどコンパクトカー
じゃなくちゃいけないという人には助かるでしょうね。どうしても自転車積まなきゃ
っていう場合はフリードだそうですけど。

RSでもRでもどちらでもいいんですけど、いまスポーツバージョンを出すなら、従来
路線にしろHVにしろ、思い切った設定が欲しかったですね。カッコだけじゃなくて。

アクシオムさん

エコ商売の流れに沿って、HVを省燃費だとするからいけないのでは?と思います。
中途半端な設定をしないで、思い切りハイパワーHVを出せばいいんですよ。そう
いう技術なんですから。じゃなくてはクルマとして魅力半減です。

アルファ、VWが狙っているそうですね。イタルデザインも手に入れたし、準備OKと
いうことなのでしょうか?

ぷじおさん

上にも書きましたが、結局クルマとしての面白さを二の次にする傾向なんですね。
まあ、HVだらけになってきたら色々差別化も考えるんでしょうか?
ホンダは自社以外OKのようですが、他社もデザイナー職なんかは比較的緩いみ
たいですよ。

Coupe74さん

ベース車が24キロも走るので、その辺が難しいですね。そもそも燃費モードがおか
しんですけど、実燃費がどうなんだ、というアピールがあってもいいかもしれないで
すね。

何の変哲もないHVと、高効率の内燃機関に価格の大きな違いがあったらどうなん
でしょう?

投稿: すぎもとたかよし | 2010年10月25日 (月) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/37290336

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・フィット(マイナーチェンジ):

« 新車心象風景:スズキ・スイフト | トップページ | Drive My Car:山形ツーリング »