« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(マイナーチェンジ) »

新車心象風景:スズキ・スイフト

Suift

  新しいスイフトを見て思うのは、同じく新しいマーチとの立ち位置の違いと、その面白さかな。

 たとえば内外装。

 日産のエクストレイルくらい”変わった感”がないスタイルは、しかしエクストレイル同様、よく見れば面の変化などしっかりした進化が分かる。全長やホイールベースの延長に合わせるように前後へ延びたフロント・リアランプだけじゃなく、たとえばボンネット両端からグリルへ流れるU字ラインが、リアハッチでしっかり反復されているのも見所だったりする。

 例のAピラーはデザイナーが最後までボディ色にこだわったらしいけれど、このフォルムにするんだったらブラックアウトで正解だったと思う。もちろん、流行のワンモーションスタイルにするとか、別の提案だったら話は別だけど。

 インテリアは著しい質感向上が各方面で好評だけど、造形としてフラッグシップのキザシとしっかり共通性を持たせたところが見識じゃないかと思う。もちろん、この辺は欧州市場なんかを意識しているんだろうけど、ブラック以外があればなおよかったのにね。

 1点だけ、比較的大きく変わったリアハッチは、先代の左右ランプを結ぶ端正なラインの方がデザイン上の理由が明確でよかった。もしかして、ドアハンドルを表に出したくなかったのかな?

 で、こうして評価の高かった先代を踏襲し、さらにブラッシュアップして質の向上を目指すのがスイフトなら、歴代の高い評価を踏まえず、コレといった特徴のない曖昧なスタイルとなったのがマーチかと。

 サイドグラフィックなど、先代をイメージさせる要素はあるものの、リアビューを筆頭に全体でのまとまりを欠いているし、曲面を多用したインテリアは、その樹脂素材に何とも言えないチープ感がある。

 たしかに、プラットフォームは両車とも更新しているし、ミッションも基本同じ新型だ。マーチは加えてエンジンも新開発だしアイドリングストップもある。

 だから、使っている技術力に大きな違いがあるわけじゃないんだけど「厳しい欧州市場で評価される商品なら世界でも通用する」という発想と、「世界戦略車として、生産も新興国を中心にグローバルに展開してコスト低減を図る」という視点では、完成した商品にこれだけの差ができてしまうのか、という面白さなんである。

 もちろん、マーチが本当にコスト削減に成功しているなら、同じ120万円で売ってもスイフトよりずっと身入りはいいんだろうけど、買う側からしてみればあくまで同じ120万円だしね。

 個人的な要望としては、よりトルクフルなエンジンがあればと思う。「スポーツ」みたいに回して稼ぐんじゃなくて、たまの4名乗車でもゆとりのある高トルクエンジン。欧州ではディーゼルがその役目なんだろうけど、ガソリンでもいいから過給エンジンがあるとよかったな。

 それはともかく、たとえばドアの遮音シールを二重にするとか、ホントに着実な質の向上を目指したスイフトが、それこそ欧州や新興国でどんな評価を得るのか、それはマーチとどう違う評価なのか。そのあたりがとても楽しみなんである。

 あ、そうそう。後席シートベルトとか、欧州と日本で仕様を変えるようなことをしなければさらによかったのにね。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(マイナーチェンジ) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

スズキもスイフトで欧州で通用する品質を達成させながら、いつもの涙ぐましいコスト削減はやったことでしょう。ようはコストダウンさせると、修翁曰く、「日産さんまだまだ甘いね」ってことでしょうか?日産だって、新型マーチを見ると色々と創意工夫を凝らしているんだけれど、とにかく商品として出す際の見切るレベルが低すぎてしまったんでしょうね。そこに来て、初めてタイやインドで生産するものだから、現地の工場の生産レベルに合わさざるを得なかったんでしょうね。
しかし、案外先進国でも、クルマを安く買って割り切って使うなら、マーチレベルで十分と判断されるのかも知れませんね。

スイフトのFMCはキープコンセプトにして手堅くまとめていますが、これじゃデザイナーの創意なんてなかなか活かせるものじゃないですね。
リア周りの処理はなかなかですが、サイドウィンドウの処理はつまらないし、相変わらずリアドアは狭いし、後席も同じく狭く感じますね。これならもっと大胆にスポーティーな方向で3ドアっぽく見せちゃうとか、逆にウィンドウの面積を大きく取って広くするとかした方が良かった気がしますね。
最近行われるFMCの多くは、キープコンセプトばやりで、デザイナーが手腕を奮える機会が巡ってきませんね。
あと、この手のコンパクトカーには、そろそろモデルチェンジのたびに肥大化するのを止めて、エンジンだけでなくボディサイズそのものをダウンサイジングして欲しいですね。

投稿: アクシオム | 2010年10月 9日 (土) 23時56分

FCするたびに全然違ったデザインになっちまうのって、
もう良いんじゃないかって思います。
コンセプトがきちんとしていて、ソレに基づいた進化のほうが古いのに乗っててもね、
余り気にもなりませんしね。
そういう意味では歓迎です。

しかし
Z33→Z34のようなのはネェ~~
貴婦人がブリブリになっちまうんではいけません。

投稿: 佐衛門 | 2010年10月10日 (日) 10時49分

まーた、スズキ好きとか思われちゃいそうですが、この、「スイフト」ぐらいを褒めなけりゃ、現在の日本車で「これでもいいか~」とか、「家にあってもいいな!」なんてクルマ無くなっちゃいますので・・・

最近、文句ばかりでさすがに自分でもイヤでして・・・ただ、嫌いなものは嫌いなんでsmileダメなんですよね~ 決して輸入車が良いなんて事はないですが、デザインでいうと「ソツ」が無いモノ、奇抜なアイディアがあるモノが圧倒的に多いです。(今のベンツはトヨタのまねみたいでヘンなの多いですし、ハズレも各社いっぱいありますが全体で見た時には・・・やはり・・・)

つまり、スイフトには、「ソツ」が無い。

いちゃもんつければ、山ほどあるかもですが、ぱっと見てイヤじゃない。
面白くないけど、イヤじゃないってのが、私は好きです。

「マーチ」は、なんだかんだ言っても、「安物」に見える時点でアウトです。デザインとか言うレベルの物ではなく、「お値段以上~」のお店で売ってそうです。
タイでとか、全世界の工場でとか知らなくても、安物オーラがすごいです。
最初から、安物売りのスズキとは、レベルが違います。

下から上を目指す物と、上からレベルを下げた物と、ベクトルが逆になるとこうなる見本です。スズキは、「お値段以上」に見えますが、日産は、「えっそんなにするの?」になってしまっていますね。
日産、ちょっと、お客様をバカにしすぎでは?

最近は、スズキの「スイフト」と「スプラッシュ」だけが、日本車デザインの良心(値段も)と感じてます。

投稿: ぷじお | 2010年10月11日 (月) 22時49分

今回のモデルチェンジは概ね想像通りかと思いますが、やはり後席の狭さが不変なのは残念でしたね。
衝突安全性向上によるボディサイズ拡大は、もうそろそろ終わってもいいんじゃないかと思います。
変に間延びした車がこれ以上増えて欲しくないんですよね。
それでもこのスイフトにはスズキの「意地」を凄く感じます。

投稿: アレスタ | 2010年10月13日 (水) 22時41分

アクシオムさん

リアはちょっとアウディ入ってますね、これ。
デザインは、恐らく先代を大きく上回る新しさ(ただし先代のイメージ
を残して)が出てくれば・・・というのはあるかもしれませんね。単に
いままでと違う案は出るでしょうけど、それが先代を超えていなくて
は意味がないので。イマイチだと、じゃあそのままの方がいいねって
ことに・・・。

佐衛門さん

そういう意味では、似ているけどかなり違う新旧フィットは巧いと思い
ますね。あのユーロシビックのデザイナーさんらしいですが。

ぷじおさん

そうですね。まさに上からか、下からかですね。スイフトは従来からの
日本車の発展の延長上ですが、マーチは3代の歴史がご破算状態
です。

アレスタさん

たしかにホイールベースの延長が後席空間に反映されなかったのは
結構意外でしたね。ま、デミオもそうですが、この辺はどこで割り切る
かの問題ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年10月21日 (木) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/37135395

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・スイフト:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(マイナーチェンジ) »