« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

クルマ散策:EVは地球を救う?

Hirose

 八重洲ブックセンターで開催された、広瀬隆「原子炉時限爆弾」発刊記念講演会に行って来ました。

 発生が確実と言われる東海・東南海沖地震を前に、昨年の駿河湾沖地震”程度”で停止してしまう設計の浜岡原発(静岡県)を稼動し続けることがいかに危険か、その時にいかに甚大な被害をもたらすかをまとめたものです。

 え、何でクルマのブログで原発?って話ですが、そう、EVの話です。

 地下資源枯渇が実際いつなのかは?だけど、とにかく脱ガソリンの早急な解決案として、もう今後はEVしかない、いまどきEVの話題を取り上げないのは時代錯誤も甚だしい、ということになってます。僕にはそれが正しいのか否か正直分からないんですが、でも、じゃあEVの燃料である電気はどうなんだ?って話がほとんどないことには違和感があります。

 そのひとつが発電。プルサーマルの再開やら海外への売込みなど、とにかくこの国は原発推進なんですけど、本格的にEVを普及するに当たってはそういう前提でいいのかどうか。倒れないはずの高速道路が神戸で崩壊したのに似て、新潟の地震では柏崎発電所が相当やられたっていう方面の話もありますし、廃棄物受入の自治体が決まらないこととかも。

 一方で、シャープやら三洋やら、世界に誇る技術を持ちながら、一向に太陽光発電が普及せずに世界市場ですっかり遅れをとったのは、ほとんどやる気がない国の施策が大きな原因らしいですけど、じゃあEVの普及に当たってはどうなんだと。

 それともうひとつ、僕ら消費者意識についての話もあります。

 節電とかでエアコンは28度にしましょうとか、昼休みに消灯して暗い中で弁当食べたり、無人の廊下の照明を自動で消して”我が社はエコ企業”だとか、24時間営業のコンビには電気の無駄だから止めようとか、とにかく電気はできるだけ使わないのがエコであり省エネであり、大人から子供まで僕ら消費者が進んで実践するべき”善き事”になってますよね。

 じゃあ、これからはEVこそ地球を守る存在だっていうのはどうなのかなと。いや、二酸化炭素排出なんて話もあるんでしょうけど、クルマが出す排出量は全体の数%なんてデータも一方ではありますし。そんな中、基本的には電気をバンバン使うって話なわけで、消費者の立場としちゃあもう完全に分裂した話なんですよね。

 ときどき、実は夜間電気は余ってるので大丈夫、みたいな話を聞きますけど、それで間に合うの?という素朴な疑問もあります。だって、いま騒いでるEVの普及って、全国の自治体がカーシェアリングのために100台ずつ買いましょうとか、そういう次元じゃないんですよね。もう普通のユーザーが月に何万台・何十万台、近々にEVが主役にって話なんでしょう?

 いや、何だかんだで実はその程度はOKっていう試算とかがあるのかもしれないですけど、クルマ業界、あるいはメディア的に「もうEVは当然」と言いつつ、じゃあ電気はどうする?っていう話が抜けているのが気持ち悪いってことなんです。そういう話を整理する前に、商品がどうのこうのっていうのがチョット。

 この本の内容とは直接関係ないんですけど、講演を聞きながらそんなことをボンヤリ考えてしまいました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

クルマ散策:CG CLUB DAYへ

Img_6540

 日曜日、CG CLUB DAYに行って来ました。

 今回、雑誌CGの編集会社が独立したのに伴い、運営も読者クラブであるCG CLUBの主催に舵切りされての開催です。また、会場も昨年までの伊豆から大磯へ変更となりました。

 プログラムは長期テスト車同乗や、写真のトークショーなどの編集部員との交流企画、各種ショップの出店、テーマ車輌展示など。今年はアルファ100周年、ホンダ・NSX20周年ということで、旧いアルファや、恐らくオーナーズクラブからか、多くのNSXが展示されていました。あ、そういえばアルファ記念にしては、いつものカフェ・ジュリアの出店はなかったですね。

Img_6549

 このイベントは来場者も読者クラブの方が多く、お互い顔見知り同士がそれぞれの愛車について語り合うのもお楽しみです。自分の愛車ジェミニ絡みでは、いすゞのビークロスや、北米から特別輸入?のアクシオムオーナーさんとお話ができました。

 先のトークショーでは、新生編集部独立・移管の話もあり、とても興味深かったです。それと、カフェでたまたま相席したのが某国産メーカーのエンジニアの方で、最近の開発裏話などを聞けたのも収穫でしたね。

Img_6551

 最近は雑誌主催のイベントが増えましたけど、こうして主催が読者クラブ、つまりボランティアで運営されているのはなかなかスゴイことだと思います。発刊に当たっては色々とあったようですが、まだまだ読者=ファンの力は衰えていないと感じた1日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX11月号発売

Magx11

 ニューモデル・マガジンX、11月号が発売になりました。

 今回は渋滞情報で有名な、日本道路交通情報センターへの取材です。今回も編集部からのオーダーで、センター全体の業務について話を・・・というもの。

 知らなかったのですが、本部は飯田橋にあるんですね。また、ラジオやTVでの渋滞ニュースは知ってましたが、どんな仕組みで放送されているかまでは知りませんでしたので、その「借りぐらし」具合がとても新鮮でした。

 それと、国から業務を移管された財団法人はほとんどそうなのですが、主業務以外の付随業務が必ずあります。たいていは研究、調査、出版と相場が決まっているのですが、このセンターもまた同じ。放送以外に仕事があるなんて、あまり想像されないですよね。

 そのあたりも話を聞きましたので、よろしければ書店にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:マツダ・新コンセプトカー

Shinari

 突如発表されたマツダのコンセプトカー「靭(しなり)」、僕はとてもいいと思う。

 風などの波を表現した一連のコンセプトカーは、これまでマツダ各車に順次応用されて特徴をつくってきた。とくにグリルやヘッド・リアランプ、あるいはフォグランプベゼルなどで効果を発揮し、いわゆるファミリーフェイスを構築した。

 けれども、全身にその要素を採り入れた新型アクセラで少々暑苦しさを感じ、ついに新しいプレマシーで「まんま」をやってしまったことで、いよいよこれは行き詰まったなあ、と思っていたんである。

 そこに登場したのが「靭」だ。

 チーフデザイナーの前田氏は、堅い鋼をネジったような、などと新しさをアピールするけれど、僕自身あまりそうは感じていない。

 ボディに異なる方向からの勢いを加えて動感を出すのは、実は前田氏が数年前に手がけた現行デミオでしっかり表現しているんである。例のフロントホイールアーチのフレアや、そこから続くキャラクターラインの初導入でもあったけれど、全長の短いデミオは、それによってAピラーの前後で異なる動きが生まれていた。

 「靭」は、たしかに動きの衝突がよりダイナミックに表現されているし、欧州流行の4ドアクーペ調でかなり派手な出で立ちではあるけれど、僕の個人的な感想としては、だからまとまりのいい現行デミオの要素がパワーアップして戻ってきた感じだ。

 ここまで明確にコンセプトカーとして表現している以上、このパワーアップは間違いなく市販車に反映するんだろうけど、それよりも、もしかしたらこのシャープなラインの方が、より新しさをアピールするかもしれない、なんて考えたりもする。

 まあとにかく、苦しかったプレマシーに続くニューモデルが出る前に、こうした新提案なり軌道修正が発表されたことは、実にいいタイミングだったと思う。

 いや、もちろん、そんなこと当のマツダはすっかり折り込み済みだったとは思うけれど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマの他:映画のはしご

Karigurashi_6

 連休だし、久々のクルマの他を。例によって興味ない方はとばしてくださいね。

 お休みということで、隣町の立川に映画の”はしご”をして来ました。

 1本目はこの夏話題の「借りぐらしのアリエッティ」。 何だか、子供の声がする劇場は久しぶりな感じです。

 米林監督は、ジブリでも図抜けて巧いアニメーターと聞いていたけれど、冒頭、少年がアリエッティを「見て」クルマに戻るまでの数分で、なるほど納得しました。動きの細かさ、自然さと軽快感、レイアウトの確かさ。これは確かに巧いなあと。

 けれども、結局人物が描けなければ映画はできないという、悪い予感が的中してしまいました。

 お手伝いのおばあさんがなぜあんなに意地悪なの?という 決定的な謎と不快感はもちろんですが、はじめから元気だったアリエッティの変化、少年の本心、頼れるけど何を考えてるのか分からないお父さん、弱々しくまったく変わらないお母さんも共感が難しかった。それ故、高揚感と収束感に欠けたエンディングも。

 演出志望でもない若者を引っ張り出し、数年に1度の長編映画で、これをそのまま世に出さなくてはいけないところにジブリの危機感を感じました。

Toilet

 30分空けて、2本目が「トイレット」

 「かもめ食堂」以来の荻上監督。やっぱりスゴイです、この人。流れを汲む「プール」がなかなか厳しかったところで、もう本領発揮でした。

 アメリカを舞台に全編英語で、主人公のもたいさんがほとんど喋らないというシチュエーションなのに、中心人物4人の変化を完璧に描き切ったのは驚きです。

 亜流が増えた中で、ただただドヨーンとした時間を切り取っていればいいんじゃないというカウンターパンチか? ゆるやかな時間を描いているのに、無駄なカットなんてどこもないし。

 小林聡美は一連の流れでこの秋の「マザーウォーター」に主演するけれど、何だかとっても心配で。また監督と組めばいいのになあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:補助金終了はマズイ?

Prius

 「エコカー補助金」終了のニュースが騒がしいんである。

 打ち切り後は2~3割の販売減とか、いやもっとスゴイとかで、販売店では独自の”補助金”を出すだのキャッシュバックするとかで躍起だし、新しい支援策が必要だという声もメディアに出ている。

 けれども、もともとエコカー補助金はリーマンショックによる大不況への「カンフル剤」という認識で始まったもので、だから短期集中投下こそ効果があるんだと国交省も言ってたんである。

 で、新聞などを見れば6月や7月期では黒字転換はもちろん、過去最高の生産延び率だの海外販売だのとなっている。工場の稼働率も上がり、期間工の再雇用とか。

 まあ、ボロボロだった昨年度と比較した数字はともかく、それでもエコカー補助金はすでにその役目を果たし終わったんだと思う。ウソかホントか”100年に一度”と言われた大不況を乗り越えたと。

 それが、ここで補助金が終わったら販売減だ急ブレーキだなんて騒ぐのは、単にいまの販売ペースが落ちるというだけのことであって、もはや直接大不況対策云々じゃあない。もう別の話なんである。

 そんなことより、こんな辛い時期を経験したんだから、業界はもっと足元を固めるようなことを進めた方がいいんじゃないかと思う。つまり、補助金とか奨励金とかの一時しのぎじゃない、抜本的改革で維持・購入負荷を減らすような環境作りを本気で推進させるべき時期なんじゃ?

 新政権は財源確保を名目に当面の暫定税率維持を打ち出しているし、たとえば燃費別といった本格的な税制改定は早々実現しないだろうけど、だからって、今回の大不況のみならず国内市場の低迷なんて状況に「待ち」の姿勢じゃあチョットね。一応自工会はJAFなんかと一緒にその手のアピールこそしているけれど、それってユーザーのほとんどが知らないような話だし。

 いやいや、そんなんじゃ困る。やっぱりいますぐ補助金に代わるものがないとマズイんだっていうなら、ここはもうパァーっと期間限定で消費税免除なんて要求したらどう?

 いや、消費税っていうのは単純に補助金の代わりってことじゃなくて、暫定税率の撤廃、もっと言えばクルマに掛かる例の理不尽な二重課税見直しの布石の意味を込めてってことで。

 期間は半年程度とかね。報道でメーカー役員が「補助金はあと2、3ヶ月欲しかった」と言ってたし、そのエコカー補助金が成功したのも「いまならお得」という限定モノだったからでしょ。この先ずっともらえるなら「じゃあ、まだいいや」となるのが消費者心理だもんね。

 で、業界としてはその間に新しい税制なりの論議も進めてもらうことをセットで要望すると。

 こういうこと書くと財源はどうするんだ? なんてツッコミが必ずあるんだけど、そもそも財源話って僕はどうもダメで。何せ国債を除いた予算4、50兆の細かい中身だとか、埋蔵金だの各種特別会計の実態なんてサッパリ分からなくて。よくTVの街頭インタビューで「財源が心配」って答える人がいるけど、詳しいんだなあって感心してますもん。

 ただ、暫定税率を含めた自動車税の特別会計については、国費分だけでも本四公団の負債補填だの、よく分からない街づくり資金だので数千億円をバンバン支出してたんだから、一般財源に持ってく前にその程度は考えられるでしょ、くらいは言えるかな。

 まあ、冗談半分はともかくとして、僕は短期的対処じゃなく、やっぱり本筋はもういい加減に抜本改革だろうと思うけど、どうでしょうね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Drive My Car:那須ツーリング

Photo

 またしてもポツンと1日取れた夏休みを活用し、那須まで1泊ツーリングして来ました。

 先日、ずいぶんな贅沢旅行をしてしまったので、今回は公共の宿で格安に済まし、その分那須高原を走り回りました。ただ、安い宿でも写真のとおり駐車場からの茶臼岳はなかなかでしたね。

 根っからの珈琲党なので、まずはあらかじめ調べておいたカフェ2軒へ。

 和風の「りんたろう」はとにかく雰囲気重視。裏庭を眺めての一杯は、外の酷暑を忘れる癒しの喫茶でした。Photo_2 

 一転洋風の「Hakoya」は店構えもオシャレですが、とにかく味勝負。最初客は自分ひとりでしたけど、注文してから10分近く掛かったでしょうか。豆挽きから投湯までとんでもなく丁寧。こういう店に限って妙なクセがあったり、出てきたときには温かったりするんですけど、ここは味も温度も抜群でした。

 カフェは他に以前にも行った有名な「SHOZO CAFE」に再び訪れましたが、相変わらずレベルは高かったですね。もうすっかり地元に根付いた感じです。

 お昼をいただいた蕎麦屋「石心」も、お土産のドイツ風パン屋「ぶろーどりんで」も、牧場直送素材のアイス「ももい」も、今回は当たりばかりでした。

Photo_3 

 そうそう、温泉好きの自分としては、リニューアルされた開湯1300年以上の公衆浴場「鹿の湯」がもう最高でしたね。温度の高い硫黄泉であまり長い時間は入れないのですが、白濁したにごり湯は温泉好きにはたまりません。

 今回は全行程でも500キロ弱のツーリングでしたが、燃費が前回より1~2キロUPしました。理由は間違いなくオイルだと思います。

 最近、エンジンがあまりに熱を持つので、純正指定10W30のところ10W40にしていたのですが、あんまり効果が感じられなかったので、以前使っていた5W30に戻してみたんです。

Photo_4 

 と、もうサラサラ感からしてまったく違ったんですけど、やっぱり燃費も改善したと。もちろん、旧車に低粘土オイルは望ましくないと言われてますけど、この程度なら許容範囲かな、なんて思います。

 これで、さらに流行の低転がり抵抗タイヤなんか使ったらさらに伸びるんでしょうけど、どうもまだ手が出ないですね。相対的と言っても、明らかにウェット性能に劣るとなるとチョット・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材(ミニライブ付き)

Img_6476

 今日、またポツリと取れた夏休みを使って取材に行って来ました。

 今回は写真のとおり飯田橋です。20代の頃、少しだけ九段下で働いていたことがあるので、ちょっと懐かしい感じでした。

 取材先は有名な団体ですが、こんなところにあったとは知りませんでした。前回の全整連が六本木ヒルズだったのに続いて、またしても意外な感じです。

 それにしても猛暑日の都心はシャレにならないですねー。

 で、今日は夕方から銀座のヤマハスタジオでミニライブ。もともと仕事後に駆けつけようと思っていたので、丁度よかったです。取材後に銀座のスタバで数時間原稿を書き、そのまま会場へ。

 演者はジャズギタリストの渡辺香津美。自身の記念コンサートや東京JAZZを前にしてのプレミアム・ミニライブです。

Img_6490 

 彼も聴きたかったのですが、実はチケットを買ったのはドラムがレニーホワイトだったため。もちろん本来は別のコンサートで来日のところ、特別ゲストとしての出演です。

 いやー、あのリターン・トゥ・フォーエヴァーの超人ドラマーを生で観る機会が来るとは。まあ、それなりに歳を重ねた感はあったにせよ、よかったですね。

 もちろん、渡辺氏は相変わらずワケが分からないくらいの巧さで。一体あの人の頭と指先はどうなってるんだか。

 演奏後は何とサイン会もあって、その場で買った「KYLYN」のリマスター版にしっかりいただきました。

 ということで、なかなか濃い夏休みの1日でしたね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »