« クルマ散策:CG CLUB DAYへ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:EVは地球を救う?

Hirose

 八重洲ブックセンターで開催された、広瀬隆「原子炉時限爆弾」発刊記念講演会に行って来ました。

 発生が確実と言われる東海・東南海沖地震を前に、昨年の駿河湾沖地震”程度”で停止してしまう設計の浜岡原発(静岡県)を稼動し続けることがいかに危険か、その時にいかに甚大な被害をもたらすかをまとめたものです。

 え、何でクルマのブログで原発?って話ですが、そう、EVの話です。

 地下資源枯渇が実際いつなのかは?だけど、とにかく脱ガソリンの早急な解決案として、もう今後はEVしかない、いまどきEVの話題を取り上げないのは時代錯誤も甚だしい、ということになってます。僕にはそれが正しいのか否か正直分からないんですが、でも、じゃあEVの燃料である電気はどうなんだ?って話がほとんどないことには違和感があります。

 そのひとつが発電。プルサーマルの再開やら海外への売込みなど、とにかくこの国は原発推進なんですけど、本格的にEVを普及するに当たってはそういう前提でいいのかどうか。倒れないはずの高速道路が神戸で崩壊したのに似て、新潟の地震では柏崎発電所が相当やられたっていう方面の話もありますし、廃棄物受入の自治体が決まらないこととかも。

 一方で、シャープやら三洋やら、世界に誇る技術を持ちながら、一向に太陽光発電が普及せずに世界市場ですっかり遅れをとったのは、ほとんどやる気がない国の施策が大きな原因らしいですけど、じゃあEVの普及に当たってはどうなんだと。

 それともうひとつ、僕ら消費者意識についての話もあります。

 節電とかでエアコンは28度にしましょうとか、昼休みに消灯して暗い中で弁当食べたり、無人の廊下の照明を自動で消して”我が社はエコ企業”だとか、24時間営業のコンビには電気の無駄だから止めようとか、とにかく電気はできるだけ使わないのがエコであり省エネであり、大人から子供まで僕ら消費者が進んで実践するべき”善き事”になってますよね。

 じゃあ、これからはEVこそ地球を守る存在だっていうのはどうなのかなと。いや、二酸化炭素排出なんて話もあるんでしょうけど、クルマが出す排出量は全体の数%なんてデータも一方ではありますし。そんな中、基本的には電気をバンバン使うって話なわけで、消費者の立場としちゃあもう完全に分裂した話なんですよね。

 ときどき、実は夜間電気は余ってるので大丈夫、みたいな話を聞きますけど、それで間に合うの?という素朴な疑問もあります。だって、いま騒いでるEVの普及って、全国の自治体がカーシェアリングのために100台ずつ買いましょうとか、そういう次元じゃないんですよね。もう普通のユーザーが月に何万台・何十万台、近々にEVが主役にって話なんでしょう?

 いや、何だかんだで実はその程度はOKっていう試算とかがあるのかもしれないですけど、クルマ業界、あるいはメディア的に「もうEVは当然」と言いつつ、じゃあ電気はどうする?っていう話が抜けているのが気持ち悪いってことなんです。そういう話を整理する前に、商品がどうのこうのっていうのがチョット。

 この本の内容とは直接関係ないんですけど、講演を聞きながらそんなことをボンヤリ考えてしまいました。

|

« クルマ散策:CG CLUB DAYへ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

エネルギーの問題ですが、シビアに考えれば考えるほど逃げ道がなく、深みにはまるので、逆にあまりシビアに考えない方がいいとボクは思っています。ざっくり大まかに考えて、この程度ってやつで…
我々が考えることって、所詮人間ですから。確実にそうなるとは限らない。
現実の世界で危機に直面したときに、どちらでも逃げれる方でいいんじゃないでしょうか?
そういえばEVってクルマの世界だけじゃなく、ボクが属している建設の分野でも、建設機械の動力をディーゼルのままでいくか、電気にするか迫られていたりします。ガソリンよりは安い軽油で動かしていますが、定置で動かすものについては、試算すると電気の方が安くつく場合もあり、今後の原油価格の動向によると電気にした方がいいかなあ?とも…
生物も多様性とか言っているんだし、人間のエネルギーだって偏らず、色々な選択肢があった方がボクはいいような気がします。

投稿: アクシオム | 2010年9月30日 (木) 20時49分

地球温暖化が二酸化炭素原因だって云う話も嘘、
冷却触媒が温暖化をもたらすなんて話も嘘、
もう既にガソリンは無くなっている筈なのに、今朝のガソリン価格は最近に無く安い、
この温暖化で儲けたのはオイルメジャーのセブンシスターズと、クリントンの時の副大統領。
カルフォルニアにいくつも別荘を買ったんだって。
暑くなったら住めないはずなのにネェ~~

と云うわけで、
原発が爆発したら地球は破滅するってのも嘘。
考えてみたらいい。
広島、長崎に落として以降、
一体何千発の原爆実験をこの地球上でしたのカネ人類は。
それで
気候が変ったり、
地震でメコシコが沈んだり、
ハバロスクが地球外に吹っ飛んで無くなったり、
トルキスタンが解けてなくなったって話し聴いた事も無いし
大体が、シルクロードを撮影したNHK職員
髪の毛が抜けたって話聴いた事ありますか?
あそこは支那政府の原爆実験上なんですがね。

投稿: 佐衛門 | 2010年10月 1日 (金) 14時53分

私は、「EVなんて、無理派」です。

だいたい、内燃機関より前に発想され、作られたりしてるのは、作るのが楽だったから。 でも、トータルで考えれば、物理的に「回転」を作り出せる(しかもその回転で電気も作れる)内燃機関がより、効率的だったから淘汰されたんですよね!

よく、100年前とは、電池の性能差がある!!と考えている方もいそうですが、やっぱり、アレだけ蓄電池を積んでいる現在、まだまだ、かなりの技術的なブレイクスルーが無いと今あるクルマとスピード・航続距離などは同等になるかもしれませんが、気楽に付き合えるまでには、超えなきゃならない壁がいくつもありそうですよ。

クルマに乗って目的地まで行って、帰る。ガソリンがなくなりそうなら、GSで、入れる。それも、暑い日も、寒い日も…
その当たり前に、内燃機関のクルマが出来ている事を、EVがその域に達するまでどれだけ掛かることやら。

家に帰ってきて、充電のプラグを着け外し、出先では、充電施設はあるのか気にしながら、途中でバッテリー切れにならないようにドキドキなんて、今時のボンネットも開けたこと無い人たちに耐え切れるのか? ちょっと楽しみsmile

シボレー「ボルト」や、フェラーリ、ポルシェみたいに内燃機関積んでそれで発電も出来るってのも論点ずらしみたいなアプローチだし。

軽くて安全で、燃費がいいそれじゃダメなのかな~? コレこそ、昔から、究極的に技術者が追いかけてる物だと思いますが。

いっそのこと、「ガンダム」みたいに「原子炉」を積んじゃえー

あっ、あとみなさんご存知でしょうが電気は、「エコロジー」じゃないですよね、熱で、タービン回して電気作って送電して…で、IH調理器なんかだとまた、「熱」に戻るって    なんじゃこりゃ?

投稿: ぷじお | 2010年10月 2日 (土) 15時08分

アクシオムさん

いずれにしても、結果的にユーザーにとっては状況に沿うしかないと思います。
もちろん、なんらかの意思を持って行動するなら別ですけど・・・。

でも、メディア、少なくとも「もうEVしかない」と明言する自動車雑誌はそれでは
いけないと思います。将来的にどうなるかはメディアにも分からないでしょうけ
ど、最低限考え得る問題点だけはしっかり提示するべきだと思います。いまは
もうEVだという盲目的なアナウンスと、個別の商品解説に偏り過ぎかと。

佐衛門さん

温暖化がウソだという論調は超有名な解剖学者も書いていますが、その是非
はともかく、論調自体すらメディアに出てこないだけでもう・・・。
環境問題は政治問題という話もありますが、ただ現実にシーオーツー低減!と
草の根運動を進める「善良」な人たちは少なくないです。
EVもまたこれと同じなんでよね。

ぷじおさん

チョット考えればそのくらいのことは自動車評論家には分かるわけです。でも
リーフはどうのテスラはどうのに終始するのは「EVなんてダメじゃん」とは言え
ないからなんでしょうね。それは「エコ」という聖域に反するような発言はマズ
イということと、やっぱり提灯記事かと。

つまり、クルマの技術がどう進化しようが伝え方は変わらないんですよね。
評論家や一部のユーザーは分かっても、TVのニュースや経済番組を観て
「もうガソリンなんて悪だ」「EV以外あり得ない」と思っている人は相当多いと
思いますけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年10月 3日 (日) 13時36分

全くおっしゃるとおりです。
電力事業の末端に関わっている者としては違和感100%です。
たしかにEVは走行中は環境負荷ゼロ(?)かもしれませんが、そもそも電気を使うということは「発電」し「送電」し「配電」しなければ
いけないわけで、その部分での環境負荷を全く無視した理屈に思えるのです。
省エネとEV(HV含む)普及は、相反する矛盾する思想のような気がします。
是非、専門家の意見が聞きたいものです。

投稿: キースの庭師 | 2010年10月 5日 (火) 11時06分

最近は、昔より「聖域」?(スポンサーさま寄り?と、国の方針寄り)が、多すぎますpout

地上デジタルにしろ、ハイブリッドカーにしろ私にはメリットよりデメリットの方が多いと思うのに、「良いことしか言わない」と言うマスメディアは、詐欺の片棒担いでるとしか…
辛口?評論化と思われている方でも、テレビに出ている方で「地デジ」のデメリットを言っている人を見たことないし。

クルマの方がまだましに感じます。

家のテレビが一台ダメになり、デジタルにしましたが、プラズマハイビジョンでもソニーのトリニトロンと大差なかったりして。しかも、消費電力が電子レンジ並み(笑)と、関係ない話で申し訳ありませんが、最近のクルマも、電化製品も質が落ちたなー コマーシャルでどんなに煽っても実感として「品質」の悪さは感じちゃうんですよね。

最近、「プレミオ」の足回りを見ましたが、私の経験からすると、「軽自動車」の足です。 やるなートヨタ!あれは、マズイ!

そういえば、どちらも「エコ」で、キャッシュバックしてるモノですね!提灯に釣られて、お金を払う人が詐欺にあっているようでどうも、釈然としないですねこの手のものは。 因みにテレビは、「エコポイント」の前ですので本当に最近お金を差し上げてるばかりです。

EVの話からズレまくりですみません。

投稿: ぷじお | 2010年10月 6日 (水) 00時26分

すぎもとさんの言われる通り、私たち一般人もムードではなく正確な姿を知るよう努力すべき。
その上でもEVやHVの推進は必要だと思います。
エンジン車の場合、燃料が比較的扱いやすく、エネルギー密度も高いので乗り物向きといえますが、
一方で排ガスは出るし、莫大な熱や騒音、アイドリングなど無駄も多い。
モーターなど電気の分野の技術を使って
  本 当 に
改善する必要はあるのでは。

そもそも石油は、当分は大丈夫としてもいつかは無くなるだろうし。

私は温暖化ではなく、使い過ぎを問題視して省エネ省資源を志向しています。
車のエンジンでガソリンや軽油を燃やすより効率が良くなるなら、
<エンジン車をいくらか減らして、その代わりに>
これまた 本 当 に
効率が良く、環境負荷が小さい発電施設で手当てしても、トータルで省エネになりませんか。

それから使う側の意識も変えんと。
エンジン車の利便性は分かるけど、
もしちょっと抑えることで
  本 当 に
燃費や騒音なんかが良くなるなら、
用途によってはEVを検討してもいいんでは?

あくまで正確な情報にもとづいて。

投稿: そーき | 2010年10月 9日 (土) 23時07分

結局、電力使用量は人口減とともに先細り。で、新しい「顧客」として電力会社にとっては、電気自動車は有望なのでしょう。あとメディアの話ですが、テレビ、ラジオは許認可事業で、本当はお上に楯突けません。放送免許を取り上げられてしまうからね。そのほかの紙などは全くの自由です。このごろは収入が減って、自立心も揺らいでいるように見えますが。

投稿: 優 路 | 2010年10月12日 (火) 06時17分

キースの庭師さん

業界の方ですか。
もちろん、市場の話であることは分かりますけど、チョットあんまり
という気がしますね。と言うか、やっぱり消費者が大人しいし、従順
ですね。

ぷじおさん

80年代に急加速した日本車の技術ですが、その勢いがそのまま続
いていたらいまのようにはならなかった筈ですね。もちろんある種の
技術は進んでますが、クルマ全体としては残念な方向です。

そーきさん

HVとEVとでは基本的に異なると思いますが、EVの推進自体に疑問
はないですね。個人的には特定の範囲での普及だと思いますけど。
それより、化石燃料にしろ電気にしろ、インフォメーションの少なさが
問題だと思います。

優路さん

ラジオはTVよりかなりまともですね、同じ電波でも。紙も大手はチョッ
ト。どうせ許認可が絡んで何も言えないんだよなあ・・・と大方の人が
分かっていればいいんですけど、世論調査とか見るとガッカリします。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年10月12日 (火) 17時13分

先日、電力会社の方が来られて、ケータイのストラップを呉れました。
ちっちゃなi-MiEVがついていました。やっぱり本気なんだね。
10月の「ふれあい旬間」のPRでしたが、プリウスに乗ってやってきた。
電力会社も「生き残り」に必死のようです。関連のネット会社も大攻勢。
NTT対電力で熾烈な競争をしています。
ガス会社はNTTと組めばいいのにね。敵の敵は味方、と(笑)。

投稿: 優 路 | 2010年10月17日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/36952313

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:EVは地球を救う?:

« クルマ散策:CG CLUB DAYへ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »