« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・エルグランド »

雑誌ナナメ読み:スポーティがエライ

Inpxv

 たとえば、インプレッサと言えばやっぱりSTIでしょ、という話の是非かと思う。

 北米で発表されたセダンのSTIヴァージョンが国内発売されたのは、熱心なファンの声に応えたこともあるらしい。ま、それはいいんだけど、ここではほぼ同時発売になったXVシリーズの冷遇加減が問題かと。

 何たってほとんどの雑誌ではセダンSTIの紹介の後に「あ、そういえばこういうのも出たので一応紹介しておきます」な扱いで、1ページ、下手をすると半ページ程度の記事だったりする。

 いやぁ、そんなの当然、そりゃそういうもんでしょ、っていうのが問題なんである。高出力・高性能なスポーツタイプが上で、カジュアル系はその下っていう、何かこう化石のような慣例が。

 たとえば新しいマーチ。スーパーチャージャー版の先行試作車の記事がいくつか載っているけれど、これもまた結構小さい。もちろんまだ試作段階ってこともあるんだろうけど、恐らくフタを開けてみたら高性能スポーツ方面じゃなかったからでしょ、これ。いちいち初代のスーパーターボを引き合いに出すしね。一方で、まだ何がどうなるかわからない新型ハチロクの予想記事がその数倍のスペースだったりする。

 まあ、雑誌によってその高性能車がSTIだったりメルセデスSLSだったりの違いはあるんだけど、底の方は繋がっているよなあ、と感じさせる慣例だ。

 STIはイメージリーダーとしてはOKとしても、実際には通常グレードをしっかり売らなくちゃいけない。XVには、たとえば従来にないカラフルなインテリアが展開されていて、こういうアプローチが素っ気ないスバル車の商品性アップに繋がるかもしれない。だったら、そういう点を取り上げてより幅広い提案をする方がいいんじゃないのか? 単にアウトドア風とかいう話だけじゃなくて。

 マーチはVWポロに準ずる内燃機関の可能性の提案だ。ダイハツやマツダが推進する小型軽量化や高効率エンジンによる燃費向上も期待されるけど、複数乗車や高速走行など実際の使い勝手を想定すれば、より高トルクなポロやマーチは現実的だ。まだ試作車とはいえ、その絶賛のポロの後に続きそうなクルマが目の前にあるんだから、もっと書くことあるんじゃないのかな。

 よりユーザー目線で、っていうと勢い「値引き情報」とかに行っちゃうんだけど、そうじゃなくて、普通にフツーのクルマをしっかり検証する記事って本当は大切なものなんじゃ?

 毎月フィットやワゴンRが売れているというのなら、つまりユーザーの多くがそういうクルマを望んでいるのなら、それが機能であれ装備であれデザインであれ、どうすればもっといいクルマにできるのか、どこか見直すところはないのか、あるいはより望ましいクルマの提案はできないのか、とか。

 つまり、ごく普通のクルマが新型発表のときだけにしか特集されないって、実はおかしな状況って気がするんである。

 いや、そんな記事書いたって面白くない、読者だって喜ばないなんて言われそうだけど、それって単なる思い込みなんじゃないのかな。もちろん、普通のクルマで面白い記事を書くのが、まさにプロの腕の見せどころでもあるわけだし。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・エルグランド »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

これこそが、日本でクルマが「文化」にならなかった、もしくは、なれなかった理由ではないですか?

月並みな意見でなんですが、89~90年くらいまでは、ひたすらヨーロッパのクルマに(私には、アメ車を目指してるようには感じませんでしたので)追いつけでやってきたのが、気が付いたら、同等か、それ以上になってしまって、目標が無くなってしまった。
次に目指す方向がわからない状況で、「バブル」が弾けて、いきなりクルマが売れなくなり、コストダウン競争になって、約20年…今ではすっかり、「下駄代わり」か、「行列に並ぶのが趣味の人」か、「マニア」かの3種類の人向けのクルマだけになってしまったから、仕方ないかな、と思います。

「安い」・「流行ってる」・「スペック命」の中で、雑誌を買ってくれそうな人は、3番目の人たちですから。

運が悪かったと思って諦めていますが、あそこでクルマが売れなくなってなかったら「文化」になったか? と、言われても甚だあやしいですが…まさか、日本車がこんな体たらくになるとは思ってもみませんでした。
来年には、やっと、内燃機関の新世代が出てきますが、どうでしょう?

やっぱり、電池を積んで走る車が最先端と思う人たちが強いかな?TSIなんて、羨ましくて羨ましくて仕方が無いのですが、日本人、勘違いした飛び道具が好きですからね~ わかりやすい物に飛びつく「いい大人」ってカッコ悪いです。angry

投稿: ぷじお | 2010年8月15日 (日) 21時08分

「スポーティがエライ」これは、雑誌に限らず国内の自動車メーカーもそう思っているのではないでしょうか?

国産のメーカーは、最上級のグレード(スポーティ)をベースにして、格下のグレードになればなるほど、言い方は悪いですが、手の抜いた作りになってるような気がします。

海外メーカーは、最格下のグレードにしっかりとしたベースを作って、色々な味付けを加えてグレードをあげていってるように感じます。

あと国内各社の企業としてのアイデンティティの欠如も問題でしょう。

VWと言えば・・・、Audiと言えば・・・と思い浮かびますが、国内各社は売れている車を作るといった姿勢しか感じません。(特に大手メーカー)

最後の「ごく普通のクルマが新型発表のときだけにしか特集されない」ですが、すでに販売中の車種の特集雑誌を買うドライバーさんたちの多くが、海外メーカーに乗り換えてるので現状の国内メーカー車種だとなかなか難しいのではないでしょうか?
(地方在住ですが、街を走る外車が増えましたGolf、Polo、500、Mini、A3、カングー等々)

A1とジュリエッタの出来によっては、まだまだ率が上がりそうな勢いです。

投稿: マノーロ | 2010年8月17日 (火) 17時49分

インプレッサXVって、ある意味スバルの愚直さにほんのちょっぴりおしゃれと言うかデコレーションしてさりげなく華を添えたモデルですよね。
STIより明らかに地味だし、従来のスバリスト≒STIみたいな図式で展開したくなる自動車誌の編集なら当然のごとくSTIを大々的に上げ、XVはおまけでしょうね。
もしXVが大々的に取り上げるとするなら、もう少し取り上げるだけの強い要素がないといけませんね。クロスオーバーらしさを強調するワイドフェンダーだとか、インテリアのちょっとしゃれたシート表皮も取り上げられる要素しては弱いと思います。
例えば、エクステリアでいうならせっかくワイドフェンダーでワイルドさをオフらしさを強調するんだったら、高偏平率のタイヤを履かして車高を上げ、ノーマルのインプレッサとは違うんだとか、車高はそのままにアグレッシブさを出すために専用のアルミホイールを装着するだと…
インテリアだって単に表皮を替えるだけではなく、エクストレイルのように防水加工を施したものを採用するだとか、それに合わせて夏は涼しく、冬は暖かいエアコンシートを採用してみるとか、ラゲッジルームにアウトドアの道具を収納できる専用のボックスを設けてみるとか…
ようはデザインだけでなく機能性や使い勝手にも踏み込んだ商品性を打ち出してほしかった気がしますね。
欲を言えば、車高調整機能を備えたサスペンションだとか、エンジンだってインプレッサクラスの輸入車、特にドイツのVWやプジョーで盛んに展開されている低排気量+過給機のエンジンを搭載してみるなんてやってもいいと思います。スバルには水平対向で1.5リッターなんて特殊なユニットを持っているのだから、これを直噴化してお得意のターボで過給してあげれば低燃費で結構いいユニットに仕立てることができると思うのですが…
スバルはもう少し、VWあたりを見習って、特殊な技術をより普及させる方向へ持っていくべきかと…話題のアイサイトだって依然として上級グレードでの展開だし、もし本気でパッシブセーフティーを考えるならインプレッサの通常のグレードで展開してあげたっていいと思う。
ボクはXVという車種がSTIに比べて取り扱いがそれほどでもないのは、以上の点からしてもごく当然のことだと思います。

投稿: アクシオム | 2010年8月17日 (火) 22時09分

ぷじおさん

仰るとおりですね。
モノにしろ、映像や音楽作品にしろ、あるいは報道にしろ、
「分かりやすいもの」に飛びつくパターンが出来上がって
しまったようです。しかも、その次元が恐ろしく低いのが
いまの特徴でしょうね。

しかし、そんな現状を打破することもメディアには可能な筈
なんですよね、本当は。

マローノさん

メーカーはそう思っているでしょうね。というか、コストを含め
たラインナップ作り上、そういうことにしたいのでしょうね。

そうですか、外国車が増えてますか。
ようやくJAIAがモーターショーに絡むようですが、MiniやFiat
500に続き、ポロが結構なけん引役になるのかもしれません
ね。まあ、それでもシェアは数%でしょうけど。

アクシオムさん

たしかにXVは機構的に見所は少ないのですが、しかし野暮っ
たいスバルにとって面白い提案がわずかでも含まれているの
なら、そこをピックアップして話を展開すれば面白くなる可能性
はあると思います。それ自身だけの話ではなくて。

仰るような機能・機構を盛り込めば、まあもうこれは別のクルマ、
というかモデルチェンジ級ですから話題には当然なりますが。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年8月26日 (木) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/36142108

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:スポーティがエライ:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・エルグランド »