« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:スポーティがエライ »

雑誌記事:今日の取材

Moribild2

 先週に続き、今日も取材に行って来ました。今回は霞ヶ関ではなく、なんと六本木ヒルズです。

 普通ならショッピングだの映画だの美術館だのと、お休みに出かけるような場所ですけど、写真の森ビル上階にあるオフィスフロアへの取材ということです。

 前回、なかなか国のお役人さんには会えないと書きましたけど、森ビルも同じかもしれませんね。

 ちなみにオフィスフロアはロビーのレセプションで手続きをしないとゲートインできないことになっていて、省庁よりセキュリティ管理が厳しい感じです。

 ちなみにヒルズの上階といっても、何となくイメージするIT関連企業とか、そんな会社ではありません。念のため。

 あー、原稿を書き終えたら、そろそろ新しいエルグランド見に行きたいですねー。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:スポーティがエライ »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
「日本の会社」が主力車種を
日本向けに海外生産する時代になりましたね。
これが今年の日本自動車業界最大の
インパクトのあるイシューだと思います。
「空洞化の加速」ですが、あんまり騒がないよねえ。
あとで「効く」ことになりかねませんがね。ボディーブローのように。

このごろゴーンも、「コミットメント」とか言わなくなったのでしょうか。
計画未達ならやめるはずだったのが、高給で居座っている。
能力のないわれわれも見習いたい(笑)。

やっぱりすごいぞTSI、ということで
次はポロかな、とも思います。
バックギアに入れるとピーピーうるさい国産は
もうそれだけで、イヤ。
いま痛勤にヴィッツ、仕事にカローラ、家でカングーという
3重自動車生活です。トヨタに慣れてしまうと、カングーのハンドルは重い。
だが視界はあきらかに全然違う。島国の自動車だね、トヨタはやはり。
ヴィッツ運転してると側面の認識に問題があって、
まっすぐバックしているかどうか、よくわからない。
デザイン重視のツケが出ている感じがします。
早くさよならしたい、ネッツとは。

投稿: 優 路 | 2010年8月14日 (土) 14時17分

取材、お疲れ様です。

また、記事を楽しみにしています。 いよいよ、CMも脅し?(笑)にかかり始めましたね。
欲しいクルマが無い以上、何を言われても、ふ~んですが。smileまぁ、買わない人は、お客じゃないか!

そして、「マガジンX」の記事で、驚いたのは、2回にわたって連載していた日本車デザインの話で、かっこいいな~と思っていた、スバルのコンセプトカー、デザインされた方が元スズキに居た方だってことです。

本能的に、スズキデザインに毒されてる感じです。(でも、カッコイイ!)

優路さんは「カングー」のオーナーさんですか。 新型になって、「デカングー」になりましたけど、独特の魅力はまだまだ健在で安心ですね。 私は、先代が好きですが、やっぱり、アップデートしないといけないお年頃ですから…
で、私も、日本車から乗り換えて未だに不思議なんですが、車の大きさがつかみ易いですのはなんででしょう?
前に乗っていた「ランティス」より、長さ、幅、と二回りほど大きくなったのですが、まー運転しやすいこと。謎ですね。

投稿: ぷじお | 2010年8月15日 (日) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/36099475

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:今日の取材:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:スポーティがエライ »