« 新車心象風景:マツダ・プレマシー | トップページ | 雑誌記事:マガジンX9月号発売 »

新車心象風景:日産・マーチ

Marchi

 タイからの逆輸入車ってどうなんだ、という話自体は買う人が決めるのでまあいいかなと。

 追浜に入念なチェック体制を敷いた品質管理も、現車を見れば100万円前半のコンパクトカーとしちゃあごくまともだ。そもそも、パッソ・ブーンの惨状を見れば、少なくとも見た目で日本製の絶対的優位とかは意味なさそうだし。

 それよりも、気になるのは日本市場での「商品性」なんである。

 初代からジウジアーロを起用して実用性の高さをアピールし、2代目はその作り込みのよさから欧州イヤーカーを獲得。3代目は苦しいときのデビュー故質感こそ落としたけれど、斬新なエクステリアでしっかり8年間を引っ張った。

 そうやって自動車先進国で確固たる地位を築いたマーチ(マイクラ)が、今度は新興国を含めたグローバルカーとして位置づけられる。1台のクルマでとんでもなく幅広いフィールド勝負に挑戦する。それが興味深いんである。

 タイなど生産国を含めた新興国での低価格なファーストカー、欧州での高速走行や合理性を求めた実用車、日本でのお洒落なコンパクトカーと、期待される要素がいろいろ違う。それって可能なのか、果たして日本市場での商品性は確保できるのかな、と。

 たとえばスタイリング。リアまで続く力強いショルダーラインは、欧州市場で狭さをイメージさせた先代の反省に則ったものらしいけれど、一方で先代から引き継いだ半円のサイドウインドウが日本でのマーチらしさを継承するべく両立を目指している。

 写真では先のパッソとそっくりなんて言われてたフロントは、結構な立体感を持たせたランプ周辺や、いまどきの欧州車風グリルでもって、実車では別段似てると思わせないし、ずっと豊かなボリューム感がある。

 先代の12色にこそ届かなかったけれど、9色のボディカラーと3種の内装色は意外に頑張った感じで、日本市場特有の女性ユーザーも含めた取り込みができそうだ。

 そして、マツダに比べてあっけなく量販グレードにも採用したアイドリングストップシステムと、それによるリッター26キロの数字も分かりやすい商品性として受け入れられると思う。この量販グレードなら、秋に登場と言われているフィット・ハイブリッドよりも数十万円は安いだろうし。

 パッと目を引くスプリング・グリーンのセールスカラーも含め、だからグローバルカーとしては意外なほど日本市場に合わせ込んで来た、うまいことやったなあと思う。

 けれども、じゃあ満点か? というとそうでもない。

 たとえば、いろいろな要素を取り込んだスタイリングは歴代でいちばんまとまりがない。とくに先のシリンダー状ショルダーラインが中途半端に消えてゆくリアランプ周辺の未処理な感じは、このデザインに普遍性がないことを露呈している。頑張ったとは思うけど、歴代の完成度に比べちゃうとね。

 インテリアも20万円の差があるとはいえ、量販グレードと上級グレードの差があり過ぎだ。こういうやり方を一体いつまで続ける?

 後席3点シートは奢ったのに、サイドエアバッグが全車標準じゃないのは中途半端だし、聞いたことがない銘柄のタイヤは、ユーザーに品質の「目安」を想定させ得ない。

 いや、そういうクルマじゃないから、VWポロとは違うんだと日産は言うのかもしれない。だったら、それはマーチとポロが違うのか、それとも日産とVWが違うということなのか。そこんところが気になる。

 まあ、それこそ欧州仕様の「商品性」でその点はハッキリするってことかもしれない。ウワサのスーパーチャージャー版もまずは欧州投入って話だし、各装備についても要注目かな。

|

« 新車心象風景:マツダ・プレマシー | トップページ | 雑誌記事:マガジンX9月号発売 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ワタシ、カメラにも手を出しているんです。

“にも”って書いちゃうと、その他のは何なのさ?ということになりそうですが、
クルマ、現在は一時休息中?

カメラ、いまデジタル・カメラで爆発的ブームの予兆を感じている『ミラーレス一眼レフ』これが欲しくてたまらないのですが、一生けんめい踏みとどまっている状況なんです。

そのミラーレス一眼レフカメラ。現在マーケットに投入しているのは、日本メーカーではOLYMPUS、PanasonicそしてSONYの3社で9モデルくらいあるんでしょうか。

量販店のカメラ売場へ行き、各機種の底をひっくり返してみますとね、メイドイン・ジャパンは、パナに見られるだけなんです。

日本国内生産品でなければ、信頼がおけないとかはないのですが、旧人類としては、カメラくらいは、もしくは日本車くらいは国内生産であって欲しいと・・・。

もうそんなこと思うのは時代錯誤もはなはだしいのかも知れませんね。

ドイツ車が南アフリカでつくられていたり、ライカの高級機がポルトガルで製造されていたりするくらいですものね。

新型マーチ。前モデルからどのくらい魅力がましたのでしょうか?タイ生産車という、ひょっとしたらネガティブに受けとられかねない要素を、ユーザーに感じさせず、逆にユーザーを惹きつけるファクターをどれくらい持ち合わせているものか大変興味があります。

投稿: イニシャルN子. | 2010年7月22日 (木) 10時26分

アァ~~~ア
痺れなまずの子分みたいなのが出てきましたな。
あのEVのデザインのひどさっちゃなんだろうと、
NISSANの営業と小声で悪口を言いまくってたんだが、
今度はその子分が出てきたもんだワイ。
コレはドジョウなまずの成れの果て、
こんなもん買う奴の気が知れない。
ほとんど同じ値段で三菱の日本人生産のコルトが買え、
後十万円もだしゃァ、日本人生産のホンダンフィットのいいもんが買える
カルロスオヤジの八億円の為に
こういうくだらない車を、しかも日本で売るのにタイで作るんだと。

日本人仕事が無いんだよ。
こんなもんが売れたらますます仕事を奪われてしまう。

さすがゴンちゃん
タイで作るもんは売れそうも無いデザインにしてくれた。


投稿: 佐衛門 | 2010年7月22日 (木) 14時26分

MADE IN THAILANDで思い出しました。

ホンダのタイ生産の『PCX』という125ccのスクーター。これが大ヒットなんですよね。

ふたつ上で、国内生産じゃないのは・・・てなこと書きながらなんなんですが、
この『PCX』は自分でも欲しいものリストに入っています。

スクーターの125cc以下のものは、国内生産モデルひょっとしたらナシ?かヒトケタあるかなしかですわね。

このPCX、ワールド・ワイド・モデルらしくて、デザインも含めタイヘン魅力的。まあだからこそ、年間輸入予定を上回る販売を記録したんでしょうね。

商品自体の魅力度合いが成否のカギを握っているように思います。

マーチ実車も見てきましたが、ライバル車を蹴散らすほどの“何か”は見つけられませんでした。極めてフ・ツ・ウ???

投稿: イニシャルN子. | 2010年7月22日 (木) 17時57分

出てきましたね~ 最初に写真で見たよりも、ずっと、「ガッカリ」感があるのは何故か?

やっぱり、ちょっと前に出てなんだかなぁになってしまった「パッソ」に全体のイメージが似てること。 「よく見れば違う」は、クルマに興味が無い人には、全然関係ないことは、同じ日産の、先代「モコ」で、あきらか。
ウチで、MR-ワゴンにしたのはデザインに破綻が無いから。でも、圧倒的に「モコ」の方が売れたんですよね。 クルマにいろいろ求めない人は、日産の軽ってことだけしか興味が無いってことなんですよね。

だから、「マーチ」がそんな人向けのモノになってしまったことが残念でなりません。 本当に、日本の何処のメーカーも「お金」のことだけで、簡単にそのクルマの歴史を「ポイ捨て」にする風潮も今に始まったわけではないにしろ、残念極まりないです。

こんなデザインのクルマが街に走ってるのはイヤだな~ 60年くらい自動車を作ってきて行き着いた先がコレって、悲しくないですか?

最近の悲しいことは、最新のものが最高品質でなくなったことです。どこかに、安っぽくなったか、最悪、品質・機能のダウングレードがあることです。それは、食品・電化製品だけでなく身の回りの現在売っているもの全てに当てはまります。
これって、まずいスパイラルではないですか? 「マーチ」を見るとそんな感じの貧乏臭さを感じます。crying

投稿: ぷじお | 2010年7月22日 (木) 20時49分

前にも投稿しましたが、やっぱりデザインに陳腐感を抱いてしまいますね。 お手軽車は良いが、それがお手軽デザインとイコールでは決して無いはずですし、今回のデザインは失敗作かな?っと思います。
天井の波々は音の籠りを軽減する機能が有ると云うし、プレマシーとは違い普段は目に入らない所だから然程は気にはなりませんが。

タイ生産で日産も心配したのかPDIにかなり力を入れる様ですが、私としては是非ともレス仕様を望みたいですね。 日本車全般的に言える事ですが、キッチリと造ってある割りには部品をケチっているから違和感を覚える車種も有ります。 だいいち、せっかくタイ生産してもPDIでコストUPしたら意味無いでしょう。(少なくとも国内の雇用と景気には) 基本的性能がきっちりしていたら、あまり気には成らないと私は思うのですがどうでしょうか? 日本人は少し神経質な気がします。(特に塗装などは)

さて間もなくF1ドイツGP(の放送)ですね。 現役F1ドライバーが一番多い国のGPですから、興味深いです。(みんな意地が在るだろうから)

投稿: 山の熊さん | 2010年7月25日 (日) 23時56分

逆輸入と言う言葉に反応しました。たんに輸入車では、初代セルシオのように輸出した先から再度日本へ持ってくるのを逆輸入

投稿: kuma | 2010年7月26日 (月) 22時47分

イニシャルN子さん

少なくとも価格に大きく反映してはいないので、ユーザーへのメリット
はないですよね。それと海外生産と一口に言っても、その内容や理由
はいろいろかもしれないですね。単なる拠点なのか、コスト計算なのか。
マーチ、たしかに分かりやすい技術的トピックがアイドリングストップしか
ないのはキツイですね。

佐衛門さん

ドジョウなまず、ですか・・・。たしかにあのリーフは酷いですね。なぜ
あのスタイルで承認されたのか不思議です。マーチはグローバルカー
として新興国生産になったのですが、これがマーチだけの特殊例なの
か、これがもっと進むのかを知りたいですね。

ぷじおさん

最新が最高品質じゃない、というのは家電にも言えることですね。って
ことはクルマも家電っぽいってこと?
たとえばマーチはコスト方面で徹底したクルマで、他のコンパクトカー
は逆に品質をガンガン上げて行く、などの戦略であれば納得もします。
ノートやティーダあたりがどうなるか?

山の熊さん

日本、欧州向けは現地でもしっかり管理し、輸出したらPDIでさらに・・・
ということではたしかに「じゃあ国内でよかったんじゃ?」とは思います
ね。それをもってしても日産が喜ぶくらいコストダウンされているんでしょ
うか? 日本ユーザーの神経質さについてはJAIAでも聞いたことがあり
ます。ドイツメーカーですら相当な配慮をしているとか。

kumaさん

? 途中までですか?

投稿: すぎもとたかよし | 2010年7月30日 (金) 17時10分

こんにちは。
マーチのタイ生産に関しては、実はタイ政府の進める「エコカープロジェクト」が大きく関係しているんですよ。
マーチは、そのプロジェクトの第一弾。年間10万台以上生産すると、税制面のメリットがあります。
つまり、タイで生産する事は単純なコストや日本での販売価格だけの問題じゃないんです。

ホンダもスズキも三菱も、日産の後に続くみたいですね。
そのうちXXとXXXはマーチのように日本仕様もタイ生産が決まっているみたいですよ。
タイ政府は、本当にうまいこと考えましたね。フフフッ

投稿: TK | 2010年8月24日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35841528

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・マーチ:

« 新車心象風景:マツダ・プレマシー | トップページ | 雑誌記事:マガジンX9月号発売 »