« 雑誌記事:マガジンX9月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:今日の本

Inhouse_2

 クルマ好きの割に、クルマの本はほとんど読まない。専ら小説やエッセイを読むけれど、とくにクルマとは関係ないんである。

 その理由はともかくとして、久々に読んだクルマ本が「インハウスデザイナー ~三菱カーデザイン日誌」(三栄書房刊)。80~90年代に同社のチーフデザイナー、デザイン部長を務めた三橋慎一氏自身による日記風回顧録だ。

 カーデザイナーじゃなくて、わざわざ”インハウス”となっているから、もしかして核はその違いかと思ったんだけど、実はそうでもない。70年に入社した氏の目をとおして、いかにデザイン部という組織が形成されていったのかがメインになっている。

 ただ、それでもインハウスの特徴らしきものは垣間見えたりする。たとえば、リアランプの急な変更が発生したときは根気強い彼に任せよう、なんていう「業務分担」ぶりがいかにもサラリーマン的で面白い。

 また、氏のようにデザインセンスだけじゃなく環境や状況把握能力に長けて部長職に就く者もいれば、もちろんそんな能力のないデザイナーも職場にいるわけで、そういう混在ぶりもまた会社組織っぽくて興味深い。ま、僕自身がサラリーマンなもんで。

 考えてみればピニンファリーナだって企業だから、デザイナーは同じく会社員とも言えるのだけど、デザイン会社と企業の中のいち組織であるデザイン部ではやっぱり違いは大きいんじゃないかな。

 先日ここに書いたように、最近のある種のデザイン傾向にインハウスデザイナーの台頭が関係していると感じる自分にとっては、そのあたりの話が盛り込まれていればなお面白かったかもしれない。もちろん、今後のライター業の中で自分でそれができればいちばんいいんだけども。

 氏が在籍した間の三菱では、二代目や五代目のギャラン、初代ミラージュあたりが個人的には好ましいけれど、たとえばそういう車種別の開発について整然としたストーリーは載っていないのでご注意を。

でも、企業の中のデザイン部署ってどんな? という疑問にはしっかり応えてくれると思う。 

|

« 雑誌記事:マガジンX9月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

VANjacに居たときに、
石津社長から企画の人間はメンズクラブではなく、
新聞が日経、本は心理学の本を読めといわれたもんであります。
先の見通し、人間の心も解らんで
売れる洋服なぞ作れるわけありませんものね。

投稿: 佐衛門 | 2010年7月30日 (金) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35890646

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:今日の本:

« 雑誌記事:マガジンX9月号発売 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »