« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・マーチ »

新車心象風景:マツダ・プレマシー

Premacy

 これは、もしかしたら最小のコストで最大の効果をいかに得ることができるか、がテーマだったのかもしれない。

 あんまり話題にならないけど、サイドとリアのウインドウが基本的に流用というのはデザイン上かなりのハンディキャップだ。しかも、3列ミニバンみたいな、ある種の”定型ボディ”となればさらに難易度が上がる。

 もちろん、近年のマツダ車が自社のコンセプトカーに沿ってデザインされ、近作のアクセラではその傾向がより強まっていることは周知のとおりだ。

 だから、最新作のプレマシーがNAGAREデザインの要素をついにまんま取り入れてしまったのはある意味予想できたことなんだけれど、でも、もしかしたらその理由のうちの何割かは「最小で最大の効果」にあるんじゃないかと。

 たとえば大口の5角形グリルや、すわアウディA5?なスポイラーから始まるフロントフェンダーの巨大なフレアは、ここんところのマツダ車の公式そのものだけど、たぶんそれだけじゃ「足りなかった」んじゃないかと。

 実際、例のボディサイドのNAGAREラインがないことを想像すると、流用したサイドグラフィックによる負の影響がかなり強いことに気づく。あれ?マイナーチェンジ、みたいな。

 さらに、そのボディサイドをよくみると、実はスパッとこれまた最近のマツダっぽいラインが一本入ってるんである。このあたりはそりゃもう十分仕上げに時間をかけたんだろうけど、でもどうにもこの2種類のラインは異質だ。ケンカこそしていないけれど、少なくとも調和もとれていない。つまり、あくまで今回のNAGAREラインは演出重視なんじゃないかと。

 もちろん、このラインを受け止めるようにリアランプは低く横型に変更されて「取って付けたんじゃないですから」という工夫も感じられるし、結果的にはその処理が話題になっているんだから「最大の効果」は成功と言えるんだとは思う。

 ただ、個人的にはやっぱり中途半端に思えるかな。何だこれ?っていう変わり種にはなっているけど、1台のクルマを構成する要素にはなり得てないと。ラインを美しく強調させた広報用の写真に比べると、実車では意外に目立たないから余計にそう感じてしまう。意表を付くラインだとしても、たとえばアルファのGTVまで徹底すればクルマの個性になるけど、先代ステップワゴンじゃ笑い話になっちゃうように。

 この微妙な感じが「最小で最大」を狙った結果なのか、あるいはビアンテの低迷に恐れをなしたための若干の躊躇なのか。いろいろな謎は、次のオールニューモデルを見れば分かるんだと思う。たとえば新しいデミオとか。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・マーチ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

良く見ると、グラスエリアは先代からの流用だったのですね。
う~ん、ここまでしてモデルチェンジするのか…頭によぎったのは、日産シルビアがS14からS15にモデルチェンジする際にフロントガラスを流用していたことですが、今回はエリア的にデカイですね。
話題のNAGAREモチーフですが、確かに斬新ではあり、話題にはなるでしょうが、それならこれに合わせてフロントマスクとテールランプもインパクトがあるものにしないとすぎもとさんが仰るとおり調和が取れませんね。
ビアンテの二の舞にならないようにするのなら、そもそもサイドプレスに手間のかかるモチーフなんかやらない方がいいと思いますが…
機能的にも、空力的にも効果がありそうにもないデザインに手詰まりを感じますね。
ボクなら比較的新しい先代の中古を探すことを選ぶかも。
i-Stopにどれほど効果があるかはわかりませんが、先代だって直噴エンジンだったし、スポーツグレードがあったし。
マツダには来年から投入するSKYユニットを採用した新型車に期待したいと。
その点を含め、今回のプレマシーはちょっと待ちですかね

投稿: アクシオム | 2010年7月15日 (木) 21時19分

プレマシーの写真がどこのショーのプレスリリースでしたっけね。

それをみた時に、ある掲示板にこんな投稿したことあるのですが、きのうチラッと実車をみかけましたが、印象変りませんでした。

【2代目の日産バイオレットだったでしょうか!?

ボディサイドのウェーブのラインが何の意味もない、デザイナーの単なる遊びにしか過ぎない…と酷評されたことがあった?そんなことちょっと思い出しました。】

投稿: イニシャルN子. | 2010年7月16日 (金) 09時25分

私も、本で読んで驚きました! ここまで流用だと、本当は、大マイナーチェンジ(今のゴルフよりもっとマイナーチェンジ的)くらいですね。

マツダくらいの規模だとやっぱり台所事情ってもんがありますから…の割には、貧すれば、鈍するになっていないのは、元々のデザインが狂っていないことにも助けられていると思います。

ケレン味の無いデザインは、今の日本車の中では埋没してしまうほど、「プレーン」ですが、私は好きでした。MPVも初代(マイナー等々の前)の次に、今のが好きですし、ただ、埋没するのはイヤなんでしょうね。
で、満を持してここで、あのデザインコンセプト投入~と、ただ、これは、デザインじゃなくスタイリングって言われそうですが。

「ビアンテ」よりは、売れてくれそうですので、ひとまず、安心ってところですか。 マツダは、来年からのエンジンまで、なんとか、頑張って欲しいですね。ちょっと身内びいきです。bleah

投稿: ぷじお | 2010年7月20日 (火) 18時13分

アクシオムさん

開発費をどう配分しているのかは分かりませんけれど、こういう
モデルチェンジはデザイナーさんも厳しいでしょうね。NAGAREの
イメージを取り込むのと、そのまま使っちゃうのでは全く話が違い
ます。仰るとおり手詰まり感がありますね。
SKYシリーズは僕も期待しています。こうした技術をマツダがトラ
イして来たのが面白いところですね。

イニシャルN子さん

工作精度の向上、コスト管理の進行。それとデザインが反比例
している気がします。何でも出来るからなんでもいいや・・・では。

ぷじおさん

僕も先代はいいと思います。というか、最近のマツダデザインは
いいんですよね、しばらく。だからこそ、こっちに行かなくとも・・・
とは思います。SKYエンジンを積んだ新しいデミオは面白いこと
になればいいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年7月24日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35742706

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・プレマシー:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:日産・マーチ »