« Drive My Car:レカロシート修理 | トップページ | 新車心象風景:マツダ・プレマシー »

雑誌記事:今日の取材

Img_6279

 今日(正確にはもう昨日・・・)、休みを利用して取材に行って来ました。

 と、言っても写真の議事堂ではなく、すぐ近くの自動車関係団体です。

 クルマ関連では経済産業省や国土交通省所管団体が多いですから、その所在地も霞ヶ関周辺になってきます。日本自動車会館が御成門というのもそのひとつですね。

 今回はそこではありませんが、やはり近くに事務所を構える団体です。取材としては編集部からのオーダー記事となりますが、なかなか面白い話が聞けましたので、何とかうまくまとめたいと思います。

 それにしても梅雨空で、スッキリ洗車ができないですねー、このところ。

|

« Drive My Car:レカロシート修理 | トップページ | 新車心象風景:マツダ・プレマシー »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

ブログ内で醜いあらゆる車の批判多いですね
あなたは自分のファッションセンスをもっと勉強して下さいね
でなければ普段センスのないあなたが言っても納得力ないですね

投稿: けん | 2010年7月 6日 (火) 02時33分

けんちゃんは他人様の批判をする前に日本語のお勉強をしましょうね。
>ブログ内で醜いあらゆる車の批判多いですね
   ↑
醜いがあらゆる車にかかるのなら、評論を生業としているものが醜い車を批判するのは当然でしょう。
しかし醜いと一区切りをつけすぎもと氏を批判をするのなら、句読点をつけなければなりません。
けんちゃん
自分の言いたい事を相手にきちんと伝える事が出来るまで、
公に物を申す事は自粛しましょう。
はっきり言って小学校レベルの事です。

投稿: 佐衛門 | 2010年7月 8日 (木) 14時12分

このごろはもう、「ネチケット」とか言わなくなりましたね。
リアルな社会でも、エチケットとかも言わなくなりましたし。

どこかの与党の党首もリアルな社会のことが分かって
消費税増税とか言っているのでしょうか。
霞ヶ関の役人の作文に乗せられているだけでは?

法人税減税が何のために必要なのか。
訳の分からない外資が来るのを回避するためにも
法人税上げておけばいい。
日本企業が海外に逃げる? そんな非人情な日本企業にも
バイバイできるチャンスじゃないか。カンパニーってのは
人の集まりなんだから、企業と人間が対立する図式そのものが
おかしいような気がする。非人間的な企業って、自殺と同じでは。

写真に国会議事堂が見えたので
政治ネタに振ってみました。議事堂内部には
板垣退助の銅像があったり。
自由は死せず? 民主は死に向かっているかもよ。
実は自民も勝ったのではなくて、「オウンゴールで1点先取」。
みんなの党は「脱官僚」を掲げているが、本質は違うようなことを
佐藤優がにおわせている。

首相もすっかり民意から離れてきた。
もう一度お遍路して、道すがら民衆の話を聞いてみてはどうか。
2010年もなんだか、なあ。心の底から笑えない年かな。

投稿: 優 路 | 2010年7月13日 (火) 05時16分

けんさん

クルマの批評、ファッション、いずれも、もっと具体的に
書いていただくと建設的でいいかもしれないですね。

佐衛門さん

本当は自分で書かなくてはいけないことを代弁していた
だきまして、ありがとうございます。ネットは成熟した・・・
かのようで、まだまだ難しいですね。とくにコミュニケーシ
ョンは。

優路さん

ネチケット・・・面白い言葉ですね。

自民はオウンゴールなんですけど、そのボールを蹴ったの
は国民なんですよね。鳥越氏が「すぐ気が変わる」国民性
と言ってましたが、国際的信用も考えればそれも程度問題
かなあと。

まあ、当の民主が「責任問題」とかやってるんでもうどうしよ
うもないのですが。でも、一度は任せたんだから、少なくとも
4年はじっくり見てられないのかな、僕ら日本人は。

唐突な消費税論議はたしかに「作戦ミス」なんでしょうけど、
そのミスでまんまと動いちゃう国民っていかがなものかと。

あ、「みんな」の脱官僚、無駄使い廃止って、一体何をどうや
って実現するんでしょう。投票した人って知っているのかなあ?
僕にはよく分からないんですけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年7月15日 (木) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35651571

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:今日の取材:

« Drive My Car:レカロシート修理 | トップページ | 新車心象風景:マツダ・プレマシー »