« クルマ散策:YAHOOニュースのリンク | トップページ | 新車心象風景:日産・ジューク »

雑誌ナナメ読み:評価は外から?

Autocar

 雑誌のインプレッション記事はどうもなあ、というのが自分の立ち位置だけど、たまにピタっと一致することもあって面白いんである。

 今回は、オートカー・ジャパン7月号でのスズキ・キザシの記事がそれだ。

 キザシについてはここでも「好ましい」と書いたけれど、この記事ではより好感度が高くて、スタイルは文句ないし、走りのフィーリングも含め、欧州に導入すればモンデオのよきライバルになり得ると結論付けるほど。僕が少々華が欲しいと書いたインテリアにも、クオリティ的にはOKを出しているし。

 もちろん、この高評価の背景にはスイフトやSX4、あるいはスプラッシュという優秀な小型車を、短期間に輩出してきた実績があるからこそだとは思うけど。

 ただし、この記事を読んでいない方のために付け加えるなら、これを書いたのは日本の評論家じゃなく本場英国の記者だというこで、これが複雑なところなんである。

 まあ、何たって自国の雑誌はごく一部を除いて実に素っ気なかったもんね。そもそも記事自体が少なかったし。たしかにメーカー自身が日本での販売に積極的じゃないのは間違いないけど、それと評価とは別の話の筈。受注生産だからってページを削ることもないし。

 この手の合理的でプレーンなセダンが日本市場で受け入れられないことは常だと思う。もちろん、セダン不況も含めてね。それでも、コイツなら北米や欧州でガンガン行けるって書いてもよかったわけでしょ、ニッポンの実力車として。それを書かないのは、市場同様自分たちにもあんまり興味がないからか、と。

 この記事では、ディーゼルがないこと、タイヤがオーバーサイズなことが欧州市場での不安要素とされていたけど、まあそんなもんだ。エンジンについてはVWとの提携というキッカケもあることだし、タイヤはあくまでも日本仕様の話。レクサスとかインフィニティ路線じゃなく、マツダ6みたいにごく普通に市場にとけ込んで行くのがこのクルマらしいかも。

 それにしても、優秀な日本人アーティストやクリエイターが最初は海外から評価されるって話はよくあるけど、クルマも同じっていうのは残念な感じだ。何でそういうことになるんだろう? いや、日本のメディアにとっちゃあ、やっぱりキザシなんて大したクルマじゃないってことなのかな?

|

« クルマ散策:YAHOOニュースのリンク | トップページ | 新車心象風景:日産・ジューク »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

日本のメディアって云うのは、
ジャーナリズムで成り立っているわけではなく、
コマーシャルで成り立っているのでネ、
事実かどうかなどおおよそ関係のない話。
朝字の付くメディアの記者の給与が千五百万を超えているなんざ、
世界を見渡してもまさにコマーシャルの極致。
事実の報道では有り得ないとは思いませんか。

投稿: 佐衛門 | 2010年6月16日 (水) 16時58分

オートカー・ジャパン、今月は、「褒め殺し」みたいでしたねsmile

解るところもたくさんありますが、元々、素性の良いまたは、いかにも「日本車」というクルマが多い気もします。 私も、「キザシ」が好きですので、褒められると嬉しいですが、「ランエボ」・「インプレッサ」あたりは、やっぱり、バリュー・フォー・マネーなステレオタイプな評価なのが悲しいです。

この前の、C3ではないですが、日本車は、ポルシェの1/3の価格で、この性能とか書かれるのも、うれし・かなしですね。

しかし、前の編集長の時に比べ、随分、甘口になったような気がしますが、どうでしょう? 現行「ヴィッツ」が出たときには、ぼろくそに書いていて気持ちよかったんですが最近は??雑誌の中では、公平さが抜きん出ていたような気がしたのですが…

投稿: ぷじお | 2010年6月17日 (木) 18時57分

と、いうかボロクソに書けば公平、という訳でもないし、褒めたから「御用だ」という訳でもないと思う。カバタヤスシとかモリケイタは悪くないと思うが、公平公正か、私には分からない。
まあ「御用」という意味は、欠陥指摘せずメーカー様の有利になうように書く、ということなのだろうが、いわゆるモータージャーナリストと称している人には、無理でしょう。
「テスト」と称しても、メーカーから借りてきたものを撮影して、走らせて。「借りた」だけでも文句は言いにくいのでは。「次貸してくれなければどうしよう」とか打算に走る、かも。欧州を走る、とか言ったって、メーカー丸抱えの欧州旅行だったりする訳で。これもまあ公平公正、というのは無理かな。
とにかくメーカーに「借り」をつくった上でけなすのは難しい、と思う。よほど厚顔の人でないと。
本当に公平公正な商品テストをする志があるのなら、1台買って走らせて、撮影して真っ裸にして、記事を誌上に載せてしかるべき後に読者プレゼントか、誌上オークション、なんてことでもしないと。たとえば悪名ヴィッツ、まあ150万円で買って、原稿書いて載せてその後はオークションで読者に100万円で売る、とか。「ざ・総括★★の走りを堪能してね」とかフレーズを付けて。
買う前から「ヴィッツ150万円で買ってテストします。試乗後にざ・総括で★★★の評価が出たら120万円、★★なら100万円で譲ります。欲しい人!」などと誌上で予告するのもありか。
ネットはタダ、とか言うけれど、やっぱりタダで本当に公平公正な報道をするのは無理。貧すれば鈍する。新聞とかテレビはいまや「マスゴミ」とか呼ばれますが、けなして思考停止するのではなく、どうすればゴミではない、本当に自分の必要な情報が手に入るのか、よく考えなければ。本当の意味での公平公正なメディアを自分たちでつくることが必要じゃありませんか。売らんかな雑誌、売らんかな新聞、売らんかなテレビに間違った情報を植え付けられないようにするには、どうすればよいか。簡単です。もっとも安上がりなのは、「すべての新聞記事、ニュースを疑う」ことで、最も高くつくのは「本当に公平公正なメディアを自分たちでつくる」こと。新しいメディア作りに、だれか出資してくれればなあ、と思う。200億ぐらいあれば楽勝でできるのだが。だれかいませんか、篤志家の人。

投稿: 優 路 | 2010年6月17日 (木) 23時53分

クルマ雑誌ではないですが、新聞の記事としては、アメリカでは既に、寄付金によって運営しているメディアがあるんですよね。

しかし、アメリカでも、寄付金集めには苦労しているとか… やはり、スポンサー様はありがたいですよねぇ。 ましてや、日本はあまり「儲けを社会に還元する」という習慣がないですから、お金を出す=口止め・もしくは、提灯、になるのはしかたないです。仮にも、「ジャーナリスト(クルマに限らず)」という肩書の方が、コマーシャルに出てもなんとも思わない国ですから。
ジャーナリズムの根本から考えないといけないです!

で、オートカージャパンの「ヴィッツ」の記事で印象に残っているのが、ペダルの位置を、右ハンドルのプジョー206みたい(本当)におかしな位置に付いてるって言っていた所なんですよ。しかも、締めの言葉が、「台数を売る車でこれは、犯罪的」なこと言ってて、「総括」かよ!みたいな。
最近は、そういうのがないな~と寂しく感じていたので。

あと、「肩書」・「海外で評価」(でも、欧米のみ)に弱いのも、もう止めにしませんかねぇ。

投稿: ぷじお | 2010年6月19日 (土) 01時11分

>まあ「御用」という意味は、欠陥指摘せずメーカー様の有利になうように書く、ということなのだろうが、いわゆるモータージャーナリストと称している人には、無理でしょう。
すみません。以下の通りに訂正します。

まあ「御用」という意味は、欠陥指摘せずメーカー様の有利になるように書く、ということなのだろうが、いわゆるモータージャーナリストと称している人には、「御用」的匂いをを消すことはたぶん無理でしょう。

投稿: 優 路 | 2010年6月19日 (土) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35285219

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:評価は外から?:

« クルマ散策:YAHOOニュースのリンク | トップページ | 新車心象風景:日産・ジューク »