« 雑誌記事:マガジンX7月号発売(おまけ付き) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:シトロエン・C3

C3

  C3を見て思うことはふたつ、だ。

 まず、商品企画。

 1.6NAで全長4mを切るコンパクトカー。ヴィッツとフィットならRS、デミオならスポルト、あとスイフトスポーツかな。どれにしても、ベーシックのC3(209万円)より40万円以上お安い。

 スペックの類はともかく、実車のC3を見れば「あ、こりゃ金掛かってるわ」というのはもう肌で感じる。なんかこう、デザイン案の実現へ向けてどうコストを抑えるかが妙に目に付く日本車とは違う方向。内外装をはじめ基本をしっかり作り込んでいるけど、同じ大きさの日本車より結構お高い欧州車っていう構図ね。

 これ、213万円のポロも同じかと思うんだけど、商品企画としてはどっちが望ましい、というか、どうしていつまでも同じ構図なのかと思うんである。いまだ安くて便利で壊れないのが日本車のウリであり、基本的に自国がそういう市場なんだとしても、それでもこんなに多くの会社がある国なんだから、1社や2社、そうじゃないコンパクト作っても面白いと思うんだけど。

 いや、べつにレクサスとかじゃなくていいんだけど、でもベリーサやティーダとかでもない、もっと丁寧で「いいもの感」が感じられるモデルね。きっとアウディA1なんかもそうなると思うけど、僕としては、日本の高い技術を使った200万円のコンパクトを見てみたいんである。もちろん、その一方でタイ製マーチがあってもいいかと。

 で、もうひとつはスタイリング。

 僕はこのC3、以前書いた派生のDS3よりシンプルでずっといいと思うんだけれど、じゃあ名作の予感が?ってほどじゃない。逆に、出来のいい先代モデルのモデルチェンジとしては?じゃないかと。

 たとえばDS3にも流用できた複雑なかたちのランプや、強いアクセントラインが入ったバンパー。あるいはガラスルーフの後端を飾るシルバーモール。なんだかそういう各々の要素に凝ってしまって、全体が後回しみたいな。んー、「不安定」って言えるかもしれない。

 初代を火で炙ってトロけてしまったキューブや、余計なラインがうるさいヴィッツなど、日本でもこの不安定方向のモデルチェンジは結構あったりするけど、ここ数年のメルセデス・ベンツやルノー、207以降のプジョー、ミトや新しいジュリエッタのアルファなんかにも同じようなものを感じるかな。パッと見の斬新さや面白さはあるものの、時間的な耐久性のない「小手先」の造形ってやつ。

 つまり話としては、ものすごくまとまりのいいモデルと不安定なモデルが混在する「バラつき感」だ。何が評価されて何が不評なのか、この21世紀の情報化社会で何でも把握できる中、どうしてこういうことが起きるのか、どうにも僕には不思議で。

 もちろん、その本当の理由なんか僕には分からないけれど、ただ、もしかしてインハウスデザイナーの台頭とカロッツェリアの衰退に原因の一端があったりするのかな、なんてことを想像することはある。あくまでも一端だけど。

 そう、例のVWによるイタルデザインの買収話なんかを聞くと、もしかしてそういう背景があったりするのかなあ、なんて勘ぐってしまうってことなんである。

|

« 雑誌記事:マガジンX7月号発売(おまけ付き) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
今や日本のコンパクト市場は二極化している感じですね!

個性派は欧州コンパクトに・・・・
例えばレクサスが、プレミアムコンパクトハッチを作ってもヒットしない予感がします。

文化、歴史の違いなのか?日本車に求めるのは米国、欧州共通なのは
悲しいかな安価で丈夫な「日本車」という位置づけだけかも知れません。

投稿: あぷと | 2010年6月 1日 (火) 22時43分

日本製の200万円級コンパクト見てみたいですね。
最近家族所有のスプラッシュ運転しながら、1500〜1800辺りのエンジン積んで普通の5速AT組み合わせて、
ステアリング、内装パネル、シート表皮にもう少しお金かけたらワーゲン要らずに成るなぁと妄想してました。

120万円代の激安価格でこのハンドリングってスプラッシュの個性も捨てがたいですが、高級版も良いかなぁと思ってます。

投稿: B.Y | 2010年6月 2日 (水) 15時49分

実はこのカテゴリーのクルマ、色々と検討しております。
その中で、C3もどんなものなのかと先日ショールームへ出向き拝見すると、なかなかの出来でしたね。
特に内装のつくりはしっかりしている。以前からフランス車の美点として挙げられるシートの出来もさることながら、ドアトリムやダッシュボードのつくり、それに収納も色々と工夫があっていいですね。ただしナビゲーションの設置は相変わらずきびしーですが…

VWによる買収で、イタルデザインは完全にVWグループのインハウスデザインになっちゃうんでしょうかね。生き残りとは言え、今まで様々なメーカーにデザインで参画してきたことを思うともったいない気がしますが…それとVWだけでなく、アウディなんかにも有名な自社デザイナーが揃っているようですが、そことの折り合いをどうつけるのか?
それにしても各メーカーインハウスデザインでいく割に、自社特有のデザインがなかなか出てきませんね。
シトロエンも新型C4を出しましたが、「・・・」これと言って強い個性を感じない。むしろゴルフの別バージョンにダブルシェブロンを付けた感じがしますね。

投稿: アクシオム | 2010年6月 2日 (水) 20時27分

マガジンX、カー・アンド・ドライバー拝見しました!

で、C3ですか。 いつも、酔っ払ってるおかげでケアレス・ミスが多いですね~私。 DSは、先行予約が「150台」でしたし、PSAもPSCとか書き込んで、後でビックリしています。

C3は、先代に比べて、値段相応にやっと内・外装がともなってきた感じですね、好き嫌いは別として。前のは、エクステリアデザインは、好きな人は、好き、でも、内装はいまどきのクルマとしては、「軽自動車」のようなクオリティーで、無粋の塊のような私の406の内装をさらにチープにした結構悲しくなる物でした。
フランス車のわりにシートもあまり好印象が無く、「プルリエル」のために存在しているクルマな感じ…というか、「プルリエル」の存在が唯一の救い。bleah

しかし、今度は、まだ実車に触れてないので写真だけの見た目だと、安そう・何故これを買ったの?感は随分なくなったのでは?

それだけでも、随分な進化です!みじめ感がなくなり、PSAお得意のフロントから続くグラスルーフこれだけで、好きな人には「買い」になるでしょう。

あとは、「値段」ですね。折角ユーロが安くなってきたのだから、ヨーロッパ車は、みんな、あと50万くらい安くなったりしたら劇的に日本のクルマのあり方も変わるチャンスだと思うのですが。

C3は、ともかく、「ポロ」「ゴルフ」あたりが今より50万安くなったら…おもしろそうですね。もう、お高いのが輸入車って時代じゃないですもん。 B.Yさんが言っておられる、スプラッシュのそんなバージョンがあったら私はたまらんです。スプラッシュ、かっこいいですよね。 あっC3、がんばれ~日本車も外見のプレミアム感だけじゃごまかし効かないぞ~

投稿: ぷじお | 2010年6月 3日 (木) 00時22分

あぷとさん

その安価で丈夫・・・というのはすでに日本車だけじゃなくなって
いるのが実情ですよね。欧州や北米でのヒュンダイなどがいい
例です。その回答がHVだけでいいのか・・・ですね?

B.Yさん

スプラッシュは戦略的な価格なんでしょうが、しかし大バーゲン
ですね。スズキは向いていないような気がしますが、レクサスとか
構えないでいいので、普通にエアバッグや横滑り防止機能など
標準の200万円カーが見たいですね。日本の技術であと40万
円かければ、かなりいいものができるような気がしますが・・・。

アクシオムさん

僕も検討しています。なかなか決定打が登場しないのですが。

イタルデザイン・・・あのup!シリーズをすでに手掛けていたという
話しですから、布石はあったのでしょうね。VWグループだけでも
かなりの車種になりますけど(スズキも入れて)、他社への仕事
を止めるようなことはして欲しくないですね。

ぷじおさん

各エアバッグや安全装備など、実際オプションを入れると30万
円くらいの差みたいですけど、それでもポロが160万くらいで出
たら衝撃でしょうね。かつて150万円台のヴィータが大ヒットした
のを思い出します。

でも、ポロなんかは200万円台でも日本車メーカーには結構な
衝撃になっているんじゃないでしょうか? ああ、こういう風に作れ
るんだ、って感じで。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年6月 3日 (木) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/34979902

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:シトロエン・C3:

« 雑誌記事:マガジンX7月号発売(おまけ付き) | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »