« 雑誌ナナメ読み:評価は外から? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号発売 »

新車心象風景:日産・ジューク

Juku

 肝は、ヘンな形をどうしたら「いいかも」「新しい」と思わせるところに落とし込めるか、なんだと思う。

 これまでだって結構変わったクルマはあった。トヨタのWill、マツダのAZ-3に三菱ディンゴ、スズキのツインにスバルの初代アルシオーネとか。こうした異色作があまり売れなかったのは、その「ヘンさ」のまとめ方について議論、あるいは徹底さが不足していたからなんだと僕は思っている。

 で、ジュークはその辺をクリアしたんじゃないか。

 ヘンなのはブタの鼻ランプやボンネットのコーナーランプだけじゃない。フロントのアンダーバンパーもブタ鼻の繰り返しみたいだし、フロント断面がボヨンと弧を描いていること自体気持ちが悪い。

 この手の「変わり種」の場合、えてしてシルエットそのものは意外とオーソドックスだったりするけど、ジュークはZよろしくルーフを後ろ下がりにしているのがヘンで、後席頭上空間を犠牲にしてまでプロポーション崩しにこだわっている。

 リアフェンダーは前から見ると凹面から鋭角の頂点を作り、何か神経を逆なでするような不安定さがこれまた気持ち悪いし、またしてもZのようなブーメラン型リアランプは、果たしてボディのどの面にどうやって張り付いているのかすらよくわからない。

 けれども、こうしたヘンなパーツであれ、それをどうまとめるかの「方向性」が明快でブレなければ面白い商品になり得るんじゃないか。今回は「まったく新しいジャンルを作りたい」というチーフデザイナーの明快な意図が、ヨーロッパスタジオのキーデザイナーへ確実につながったのかと。
      
 それは、ヘンな表現でもそこにしっかりこだわりを持つことで、ある種のクオリティが生まれるというもの。バイクがモチーフというセンターコンソールやそれに沿ったダッシュボード、ドア・アームレストなんかも含めてね。

 あと、ジュークはコンパクトカーというのもよかった。あれやこれやいろいろな要素が4m少々の小さいボディに凝縮されることで、間延びがなく破綻を避けられたんじゃないかな。実際、濃色ボディをナナメ前後から見ると想像以上に引き締まって見えるし。そうそう、例のブタ鼻ランプ類は、立った目線から見下ろすとほとんど違和感がないのもある。

 そして、コンパクト故のお手頃な価格も。こんな冒険的なクルマが妙にデカくて300万円もしたらちょっと尻込みするけど、キューブ同等の1.5リッターで160万円台からなら「面白いかも」になるんじゃ? これは、トヨタがFT-86とかG’sなんていう旧態依然な価値観で「若者奪還」に躍起になっている一方、特段若者意識をしていない分実に健康的で効果的な提案にも見えるのがまた面白い。

 そういう、造形上のこだわりとボディサイズ、排気量や価格について徹底的に追い込み、ひとつのパッケージとして巧い商品企画になっているということなんだろうと思う。もちろん、コンパクトSUVとして市場は欧州がメインだろうから彼の地での自己主張も意識しているんだろうけど、まあ日本車としてはかなり珍しいアプローチかもしれない。

 だた、僕は買わない。商品企画として面白い提案ではあっても、じゃあジュークのデザインは完成度が高いのか? というとそうは思わないからだ。パイクカー的な意味では語り継がれるかもしれないけど、少なくとも時間的な耐久性のあるデザインとは思えないからね。

 けれども、そういう次元じゃないところで成立する商品企画もあり得るということなんである。

|

« 雑誌ナナメ読み:評価は外から? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号発売 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

二代目は出そうにも無い車種になりそうですが、価格も安く抑えて企画モノとして割り切ったということでそれで良いのだと思います。
“デザインの為のデザイン”というような悪口は気にしなくても良さそうです。

このジュークを“ライトウェイト・スポーツカーの現代的解釈”という開発人の言葉はちょっと気に入りました。
個人的には大好きな初代トヨタRAV42ドアやホンダHR-V2ドアも現代のスポーツカーだと思っていた自分にとって、どんどんやって欲しい類の仕事です。

投稿: abcd | 2010年6月23日 (水) 19時59分

斬新さは買います。奇抜さも抜群。でもね・・・
まずこのクルマの何がイマイチかと言うと、
1.ディテールが煩雑すぎる。特にリアドアやCピラー、テールランプの処理。テールランプはどうせなら、Z34のものをそのまま付けた方がよっぽどいい。
2.ヘッドランプとグリルの処理。せっかくジュークとしてのアイコンとなるヘッドランプなのに、ヘッドランプなのかバカデカイフォグランプなのか、奇抜なのにデザイン、機能として意外と明確ではない。
3.全体の造形が斬新なのに、ディテールで他の日産車のデザインを流用しすぎていて、せっかくの斬新さを台無しにしている。
4.エクストレイル、デュアリスの流れをくみ、SUV、クロスオーバーのラインナップとしてデザインされているが、もう少し車高を低く、SUVらしさを抑えてデザインしてもいいのではないか?せっかくZのモチーフを取り入れているのだし…
写真で見るとへんてこなんですが、実車は意外と完成されているかも…

しかし、こういう奇抜なクルマが出ると、ビークロスの再来と簡単に言う人がいますが、いくらデザイントップの方がビークロスを代表作にしているからといって、そう言われるのはビークロスオーナーとしては複雑ですね。

投稿: アクシオム | 2010年6月23日 (水) 20時42分

最近のN社は丸いモチーフデザインが多いですね!

好みが分かれるところですが・・・・
残念ながらカッコ良さが理解出来ません。

個人的に全く興味無し。
パイクカーと割り切るにも中途半端かな??

投稿: あぷと | 2010年6月23日 (水) 22時20分

ジュークのデザイン完成度が必ずしも高くないのには同意しますが、だからといって時間的な耐久性が低いとは、私は思いません。

この車の魅力はいわば「破調の美」といったところでしょうか。何故か日本人はプロダクトデザインにおいてこの表現が下手で、バランスを取りすぎて無難にまとめがち、むしろイタリア車などにこの種の危うい美を感じることが多いです。この車のデザインが日本人によるものでないとすれば、なるほどという感じですね。

確かに未完成な部分もありますが私にとっては許容範囲内で、例えばご指摘のテールランプの件も、欠点としてはそれほど大きなものではなく、それよりも全体的な魅力が上回ります。
逆にすぎもとさんの評価されるキザシは、オーソドックな4ドアセダンであることを考慮しても平凡過ぎると感じます。よくまとまっているとは思うのですが、今一歩、ぐっと惹きつける魅力・説得力に欠けます。これはスイフト、スプラッシュなどにも感じることであり、ある程度の完成度まで達しているだけに、非常に残念な点です。日産で言えばデュアリスもそうで、いくら中身が良い出来でも、どうしても購入意欲がわきません。

色褪せるのが早いデザインというのは、過度に流行を取り入れたものではないでしょうか。その点ジュークには特に似ているものを思いつきませんし、後年になっても評価できるものだと思っています。外車・国産車を問わず、その他大勢の無難で退屈なデザインより遙かにましです。

残念なのは、カラーバリエーションが平凡な点。キューブやマーチのように新鮮な色も欲しかったです。

投稿: yad | 2010年6月24日 (木) 00時10分

abcdさん

企画モノ。たしかに少なくとも日本ではそうですね。ライトウェイトスポーツの
新解釈っていうのは面白いと思います。若者にだって、妙に媚びない方が
かえっていい結果になると思いますしね。

アクシオムさん

デザインの細部についてはさすが、ご指摘のとおりですね。しかし、ジューク
を見てビークロス再来っていうのはどうかと思いますが、そんなことを言ってい
る人がいるんですか・・・。どういう見方をしてるんでしょう?

あぷとさん

ですね。インフィニティも含め、曲線・曲面というかエモーショナル方向にシフト
してますね。キューブ、スカイライン、フーガ、ムラーノ・・・先代の方がしっかり
していたように思えますが。

yadさん

バランスをとることと無難、あるいはオーソドックスと平凡とうのはまったく違う
ことだと思います。日本の評論家はこの辺を取り間違える人が多いのですが・・・。

妙な小細工をせずに、バランスを完璧にし、なおかつ時間的耐久性のある
デザインというのは極めて高度で、ある意味一番難しい作業かと思います。
それが無難、あるいは平凡になっているのであれば「失敗」していることにな
りますね。

ただ、yadさんが仰るように、ある種の変化を持ち、かつ優れたクルマももち
ろん魅力的ですね。それもまた難しい作業ではあると思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年6月24日 (木) 16時24分

ゴーンの給料を聞いたら、
誉めてやる気がうせた(*^。^*)

投稿: 佐衛門 | 2010年6月25日 (金) 15時14分

振り上げた拳をどうしようか? 悩んでます。最初にヨーロッパで発表されたときの写真ではヒィー(((゚Д゚)))ガタガタだったんですが、「ムラーノ」くらいの大きさを想定していたんですよね…

しかし、実車を見ると、意外とインパクトが無い! ルーフが絞られているせいもあるでしょうがものすごく小さい!
こんなに目立たないんだったら許してもいいのでは…なんて、今は感じてます。 小さい故に面構成・デザインがごちゃごちゃ詰まっちゃたのかな?

でも、インパクトを感じないって、「ヘンな面構成」のクルマがいっぱい走ってるからなんじゃないか? 今の日本車のデザインが全体的に「ヘンな面構成」のクルマばかりで目が慣れちゃってるのでは、なんて、考えてます。
今の子供にクルマの絵を描かせると、1BOXのクルマを描くとか。私の頃は、間違いなく3BOXが「クルマ」だったんですが、刷り込みってコワイですね。

でも、評価は、ムリだな~
このデザイン耐久性無いですもん。Willシリーズだっていつまで経っても車に見えない車って評価にしかならないですよ、耐久性のあるデザインは「奇抜」ではなく、「普遍性」にいかに上手く今まで無い「斬新性」をわかるか解らないかの塩梅で入れることだと思うので。イタリアンデザインも、実は、デザインのお約束を意外と外してないんですよ。アルファ156・GTV・クーペフィアット・バルケッタなんて、一昔前のデザインなんてああ見えて、スタイルは超・コンサバ!なのに、「ひと工夫」で斬新に見せる。デザイナーの腕ですね。
 「ジューク」は、斬新に見せて実は、新しい部分が全くありません。 現行キューブと同じく、お好きな方は、買ったら良いのでは?くらいです。

内装のピカピカ塗装も私は、毎日付き合うのはしんどいな~(年のせい?)

投稿: ぷじお | 2010年6月25日 (金) 23時53分

アクシオムさんの2の指摘ですが、ジュークのフロントマスクのデザイン上の肝は「フロントマスクの表情作りとしてヘッドライトは高い位置に置きたいが、法規上無理なので、コンビランプとして処理、その代わり、本来のヘッドランプは大型フォグランプ風に演出する」という、ランプの機能と位置の関係の常識に逆らったことにあると思うので、そこにつっこむのは的外れな気がします。本来のヘッドランプをヘッドランプらしくデザインしたところでありきたりな顔つきにしかならないと私は感じます。

3.にしてもジュークならではの個性と日産らしさを同居させるために、他車でも用いている日産デザインアイコンを活用するのは自然なことと思うのですが・・・。

4.より都会的なコンパクトスポーツのハイランダー的な方向性もありだと思いますが、日産の担当デザイナーの狙いは違うところにあったようですので、一度、担当者の狙いを知った上で商品を見てみるのもありかと思います。

ちなみに、個人的に最終ジェミニをベースに作られた93年発表のコンセプトカーのヴィークロスは大好きですが、ミューベースでプロポーションが大きく変わってしまった市販版には、あまり魅力を感じないです。

投稿: KATSU | 2010年6月27日 (日) 11時23分

ひどいです、カッコ悪いです。
何より最近の日産のデザインセンスに辟易です。
現在のアルファとかアウディもぜんぜん好みじゃないですが、
従来からの「筋」的なものはキープされていると思うので
ひとりで勝手に納得(?!)しています。

ついでに言えば、世間で評判良さげな CR-Z も「なんだかなー???」です。
走っている実車を見ても何とも思わないという..(汗)

あ..それでも最近いいなーと思ったのは、黒いペイントの新型パッソです。
塊感があってよい感じでした。

投稿: knock | 2010年6月27日 (日) 19時37分

FT-86の場合、トヨタが中高年の車好きをターゲットと言っていたと記憶していますし、そのまま受けとるなら若者とは無関係に「旧態依然な価値観」なのは当然ですよね。
しかしデザインが中高年向きというにはキツ過ぎて、アレはジュークと同じ肉食系と解釈すれば良いのかホント悩みます。
国内でどれくらい売れるのでしょうかね

投稿: abcd | 2010年6月28日 (月) 02時17分

確かに奇抜なデザインではあるが、破綻してはいない。 個性的で良いと思いますよ。(少なくともトヨタのWillシリーズより遥かにマシ)
でも、初期オーダーが5000台もあるとかないとか。 それもちょっとなって感じもしますね。 もっと真面目な車も有るだろうとも思うのですが。
日産で云うならBe-1やPAO、それにフィガロの例も有るだろうと言う人も居るだろうけど、あの時はバブルで皆が浮わついていたし…。

投稿: 山の熊さん | 2010年7月 1日 (木) 00時39分

「コンセプト:カザーナ」は小豹のようで格好良かったのに…
シェイクダウンすると、こうなっちゃうのですね。
冗談のようなアジアンカー。

コンセプトデザインの格好いいと思える部分を、こうも削り取ってしまうものかと、、
安全・保安基準、居住性、メカスペースなど、いろいろ事情はあるのでしょうけど、残念です。

投稿: 通りすがり | 2010年7月20日 (火) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35421664

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・ジューク:

« 雑誌ナナメ読み:評価は外から? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号発売 »