« 新車心象風景:日産・ジューク | トップページ | Drive My Car:レカロシート修理 »

雑誌記事:マガジンX8月号発売

Magx08

 ニューモデル・マガジンXの8月号が発売になりました。

 今回は軽自動車の「政権交代は?」というテーマです。

 快適性が向上した軽に優遇税制は適当なのか、燃費が伸びない660ccはどうなのか、高度なミニカーが国内専売でいいのか? 等々について、国土交通省や業界団体に取材をしました。両者での意見の違いが興味深かったですね。

 よろしければ書店にてお手にお取りください。

 さて、今週末はヨーロッパGPですねー。世の中的はサッカーで大はしゃぎ状態ですけど、自分はどうも興味なくて。しかし、岡田監督ってボロクソ言われてませんでしたっけ、ついこの前まで・・・。

|

« 新車心象風景:日産・ジューク | トップページ | Drive My Car:レカロシート修理 »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

マガジンX読みまして、初めてここを訪れました。

軽自動車に比べて登録車が高いというのは、正に仰る通りですが、これを指摘する人は
ほとんどいない。
知る限りでは、TBSラジオに出演されている経済評論家の町田徹さんが、一度ラジオで
指摘していた位でしょうか。
補助金だ、減税だと言っても、補助金は一回だけ。減税も数回。
車検の時には、高額な税金を課せられるのがわかってるので、それこそちゃんと収入のある人でなければ、自動車を取得しようとは思わないのが現状。

とにかく、「必需品」だからと、補助金付けてでも買わせようとする癖に、いざ税金になると
「贅沢品」だからとのたまう今の体質は改めないと駄目ですよ。

特に車検時に、国に文字通り「横取り」される金額のでかさが問題です。

車検というのは、年貢に近い扱いをされてますが、本来は定期点検に強制力を持たせたもの。
車を維持する為には、一年点検、二年点検と受ければいいのですが、受けない人もいるから車検で強制する。
ですが、国が横取りする金額が大きい為に、安い業者を求める傾向にありますね。
安い料金を提示した業者を選択しても、結局、国が横取りする金額は同じですから、
しわよせは、整備に向かいます。

これは、本当に問題だと思うんです。

私は、車検は毎年でもいいと思ってます。

但し、過剰な税金は取らず、整備にちゃんとした予算を組めるようにする事が必須。

軽自動車が優遇であると、目の敵にする前に、登録車が高いという発想がなぜ出ないのか、今までも自動車雑誌等読んでいて、歯がゆい思いをしてました。

そもそも、消費税が始まった時に、各間接税は撤廃された中で、車の税金だけが居座る構図が本当に、卑怯というか何というか、イライラします。

私は、今は車ではなくバイクに乗っていますが、バイクの諸費用は恐ろしく安く、車検も低価格で済みます。
でも、理不尽ですよね。
1000ccの排気量というと、四輪はファミリーカーギリギリのコンパクトカーで、
二輪だと下手したら、フェラーリなど簡単に置き去りにするようなスーパースポーツクラス
です。
車両価格も、そのクラスで比較だと二輪が四輪より少し高い程度。
でも、諸費用を加えた乗り出し価格になると、二輪の方が圧倒的に安い。

だから、重量税も取得税も辞めろと言いたいですね。

後は、環境負荷を考えて、せいぜい自動車税。
実排気量×10円程度。それと、自賠責と実際に登録にかかる実費と代行費用。

それ位が適正価格だと思ってます。

そしたら、軽自動車の枠に留まらず、もっと自由な発想の車が出てくると思います。

この問題はこれからも追求して下さい。

投稿: Mol | 2010年6月27日 (日) 13時42分

岡ちゃんは貧乏臭くてネェ~~
しかし
勝てば官軍よ。
四年先の監督も決まりと云うことでしょ。
ンなもんよ(*^。^*)

投稿: 佐衛門 | 2010年6月27日 (日) 17時51分

以前にも少しコメントしましたが、今の軽の在り方には多少の疑問を感じております。
私の考えでは軽自動車の軽は軽便の軽であり、現在の軽はオーバークオリティーだと思うのです。
田舎では自動車が必要不可欠(家から食料品店まで10km、バスは2~3時間に一本はザラです)で、一人に一台が当たり前になっておりますので、維持費の安い軽は有難い存在です。 それ故に行き過ぎを感じるのです。
かと云って、ここまで発展してきた軽に縛りを加えるのもどうかなと思いますし、小型車と軽では税金等の隔たりが剰りにも大きいので、軽を二種類に分類してはどうかと思うのです。
一つ目は、現行の規格のままでエンジンはNAのみとし、出力を30hp程度に規制し、且つ燃費の向上を図る為に、実用域の最低トルクを設定。 高速道路は走行不可(都市高速は除く)とし、税金等は従来のままとします。
二つ目は、現行よりも多少サイズUPして、エンジンも現行ターボか、NAで800cc位までに緩和。 高速も走行可としますが、税金は15000円位に設定する。
こうすれば本来の軽の役割を維持しつつ、世界的にも通用する物が出来るのでは?
各社、複車種持ってますから負担も少ないと思います。

投稿: 山の熊さん | 2010年7月 1日 (木) 02時01分

記事を拝見しました!

訳のわからん税金、多い!今の、軽は燃費が悪い!前にも書きましたが本当に軽のメリットは、「維持費」だけです。 エコ(ヤダな~)を本気で考えるなら、せめて、1000ccまでは、軽にするとか、クルマ全体の税体系を考えて欲しいですね。

国は、お金持ちが多いのか、クルマに興味が無い人が多いのか?「クルマが好きな人」に嫌がらせをしているとしか思えないことがありすぎです。 一番の主要産業なのに、不思議ですね。
でも、輸出仕様は、日本版といろいろ変えてる車会社も同罪かぁ 業界にいたときに、なんでみんな文句言わないのか不思議でした。

絶対、今回の取材テーマみたいのを考えないといけないのにな~

そういえば、去年の今頃まで総理大臣だった方、「日本の底力」なーんて言いながら、アウディA6に乗ってんじゃんangry ちょっと、笑いました。
他人には、日本・日本って煽って、自分達には、関係ないって象徴に見えました。

投稿: ぷじお | 2010年7月 1日 (木) 22時03分

Molさん

はじめまして。
町田徹さん、夕方にでていらっしゃいますね、TBSラジオ。

軽の規格を見直す・・・と切り出すと、必ずといっていいほど「いま税金が安い
んだからいいじゃないか」といった反応が出ます。これは売る側だけじゃなく、
ユーザー側からもです。それだけ思考が停止しているのかと思います。

車検は国への納付だけじゃなく、実際には天下り団体も絡んでいます。国に
払っていると思った手数料が実は・・・ということですね。今後もやって行きた
いですが、まあ書ける場所も限られているので・・・。

佐衛門

マスコミは「上げてから落とす」のが常ですが、今度は逆ですね。どちらにし
ても?ですが・・・。

山の熊さん

より軽量で高効率化というのはダイハツがモーターショーで提案しましたが、
先日本気で商品化することを発表しましたね。税金が相対的に安いのでユー
ザーも文句言いませんが、実はまだまだできることはありますよね。

ぷじおさん

韓国、中国のコンパクトカーの台頭とか、VWのTSIとか、結局外からの脅威
が本格的にならないと動かないのでしょうか? やるならいましかないので
すけどね・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年7月 3日 (土) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/35511987

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:マガジンX8月号発売:

« 新車心象風景:日産・ジューク | トップページ | Drive My Car:レカロシート修理 »