« クルマの他:ジャズ体験 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・6月号発売 »

新車心象風景:三菱・RVR

Rvr

 三菱ってどういうメーカーなんだろう? なんてことを改めて考えさせるんである。

 評論家諸氏がコンパクト、コンパクトって書くわりに結構デカイSUVルックは、おそらく欧州の市場をメインに意識した企画なんだと思う。ギャランフォルティス、デリカ、アイと、ダイムラーの縛りからとき放たれたデザインチームが送り出した佳作達の中では、とくにフォルティスと同系統の香りがする。

 ま、皮肉にもメルセデスを彷彿とさせる唐突なキャラクターラインと、全長を抑えるためかスッパリ切り落とされたフロントのせいか、何となく寸詰まり感があるのは惜しいところだけれど。

 そのフロントは例のジェットファイターグリルで、これ、日本のユーザーには「怖い」という反応が結構多いとか。まあ何たって初期モチーフがゼロ戦だっていうんだから怖かろうて。けれども、三菱のアイデンティティーとして、海の向こうではこれくらいが役立つのかと。

 何だか鉄板厚そう、という外装も、楽しくはないけど丁寧に作り込んだ内装も、言ってみれば三菱のいい面なんだと思う。「次のコルトは?」の質問に「いやあ、まだ8年ですから」と答えたディーラーマンじゃないけど、滅多にない新型車だからこそかと。

 なんだけど、じゃあ、強いてRVRを選ぶ理由とは何なんだろう? ライバルのデュアリスやエクストレイル、RAV4、CR-V、フォレスターじゃなくてこれにする理由って。

 何だか、僕にはそれこそ先代RVRとかシャリオ、パジェロあたりからの買い換えを含めた三菱車オーナーなり、根っからの三菱好きしかイメージできないんである。かつてのパジェロやいまのeKワゴンが幅広い支持を受けたのとは違って、このRVRを含めたそのほかの車種はとても間口が狭い気がしてしまって。あ、アイはまた別の理由で狭いけれど。

 それは商品単体のこともあるんだろうけど、たぶんラインナップ自体にも問題があるんじゃないかと。厳しい状況下、非常に限られた商品の中でパジェロ、トライトン、アウトランダー、デリカ、RVRとクロカン・SUVが5車もある。これはかつてパジェロやその兄弟でブイブイ言わせた「アウトドアの三菱」の栄光を引きずっているのかと。

 けれども、それがすでに時代からズレているのは周知のとおりで、だから三菱自身もフォルティスやコルト、あるいは軽を用意しているんだけど、結果としてはクロカン四駆中心のような、そうでないような中途半端な商品群になってしまっている。

 それでも三菱車を選ぶとなれば、それはもう相応の付加価値を持ったクルマであることが必要でしょう。オンリーワンの魅力が。じゃなければ、いっそ日本版ランドローバーになっちゃうとか、逆にクロカン・SUVやめてeKシリーズのセダンにコンパクト、3列シートミニバンで攻めるとか。

 そうやって腹くくらないと、選択の理由がどんどん見えにくくなって行く気がする。すでにマツダが実践していたり、スバルが模索しているような独自路線を。アウト・ドアイメージは捨てたくないけど、フォルティスもコルトもアイも見せたい。あ、ランエボも・・・じゃあちょっとね。

 そんな風に考えていると、結局三菱って何でクルマ作ってるんだろう、というここ15年くらいの僕の疑問がまた湧いてくるんである。170万円台からのRVRはお得かもしれないけど、お得なクルマは他にもいっぱいあるし。

 いや、実際このあたりはそろそろ本気で考えた方がいいと思う。三菱のクルマって何を目指した、どんなクルマなのか? ユーザーに何を提供したいのか。それらが少ないラインナップすべてに反映しているのか?

 そうそう、僕の愛車ジェミニの開発コンセプトの中に、セールスカラーだったセイシェルブルーも含めて”カワセミ”があったんだよね。クルマの開発者は皆そういうのって知ってるかと思ったんだけど、RVRがずばりカワセミブルーなんて名前をセールスカラーにしたところを見ると、もしかして知らなかったのかな?

|

« クルマの他:ジャズ体験 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・6月号発売 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

歴代RVRって、もっと軽快なイメージがあったけど、名前だけ復活した新型は重いっすね。でも鉄板が厚そうだとか、安心、安全を連想するものじゃなく、いまの三菱にはジェットファイターグリルしかないから単に気が利かない単調な重さ。
今の三菱にとって車種が少ないのは仕方ないし、海外市場を重視したブランド戦略でアイデンティティを統一しないといけないのはわかるけど、RVRはホントキャラクターがないですよね。
ボディがコンパクトな分、このデザインが余計に重たく見える。これがうまく凝縮されて緊張感だったり、スタイリッシュに見せられればよかったのに。残念ですね。
愚直と言えば聞こえはいいですが、そうでもないところに今の三菱の苦しさが見えますね。
いずれEV専業メーカーに特化するのか?それともiをベースに軽と派生のコンパクトカーをつくるのか?あとは、パジェロだけ別会社、別ブランドで再生させた方がいいかもしれませんね。
ランエボは、ラリーアートを事実上やめちゃったようなもんですから、あまり見込みはなさそうですし。
プジョーとの提携がうまくいかなかったので、特化縮小しか道がなさそうですね。

投稿: アクシオム | 2010年4月21日 (水) 21時51分

この車先日試乗しましたが、
なかなか良い出来の車でしたよ。
エクステリアも良かったし、
インテリアもこんなもんでしょう。
走らせて見ても軽快だしね、
ハンドルも良く切れるし、
エンジンも必要充分の力。
タダあのカワセミブルーはイヤだなァ~~
なんか朝鮮ブルーみたいでネ、
メーカーメーカーには得意な車ってあるもんでね、
三菱は中型の4wdは上手ですよ、初代のパジェロなんかトヨタが悔しがって地団太踏んだもん。
この系統の今回のRVRは大きさといい、使い勝手といい、良い出来だと思います。
引退をしたらディユアリスを買おうと思ってましたが、
こっちのほうが良い出来です。
本気で持って帰ろうかなって思いましたもの。

投稿: 佐衛門 | 2010年4月22日 (木) 15時02分

今年はナシなのですが、去年までの4年続けて三菱自動車の株主総会に出席していました。

その会場で、3年続けて質疑応答の際に質問できるチャンスをもらえたのですね。

『i』について
「現状の販売状況はあまりに悲惨。あの数字ではいつ生産中止になってしまってもおかしくないのでは・・・などと、1ファンとしてもまた株主としても心配になるのでけれど。テコ入れの方法などのお考えは?」

「開発者や或いは販社の第一線の皆さんには酷な言い方にはなるけれど、N社などへのOEM供給なども真剣に考える必要もあるのでは!?」

こうした質問に対する会社側の回答は『i は当社にとっても大切な財産であり、これからも大切に育ていかなければならないと考えています・・・」というものでした。いつも同じなのです。

メーカーに余力がないというのは、何と惨めなものなのでしょう。商品として市場に送り出したあと、育てていくことが出来ないでいる?

三菱自工の乗用車のラインナップ。すぎもとさんの書かれているように、多すぎるのかも知れませんね。

年間の生産台数。もしかしたら販売台数で判断すべきかも知れません。1車名あたりの台数がどれくらいなのでしょうか。3月などは特殊な月であるから4ケタ乗せのモデルも登録車にも軽にもいくつかあったとは思うのですが、数百台が精一杯というのでは、モデル更新のための費用も捻出できませんよね。

『 i 』に関しては、トシをとらない?完璧なデザインでデビューしてしまったからいいとしましょう。また『COLT』も時流に翻弄されぬスタイル?だったので、あと1~2年は持ちこたえること出来そうに思います。

SUVシリーズに関してもモデルチェンジ・サイクルが長いからいいとはいいと思うのですが、ekワゴン、トッポ、ミニカ&ミニキャブ。2世代、3世代前の遺物?そんなクルマのようにすら感じられます。

すでに忘れ去られた存在といってもいいのかも知れません。

モデルチェンジが適わないのであれば、年次更新ごとにブラッシュUPし続けること。そしてそれをユーザーにわかるように発信いつづける努力が
自工には求められているのではないかと思うのですが。

新生三菱自動車を謳って何年になるのでしょう?

いまの三菱自動車の上層部の人たちに非常事態だという認識はあるのでしょうか!?

40年ものあいだ、隠れ?MMCファンとしてやってきましたけど『何だったんだろう・・・。もう疲れちゃった!?』そんな想いも抱くこの頃です。

初代ミラージュ、Σ&Λで輝きを放っていた歴史もある会社。ポルシェにサイレント・シャフト技術供与をしたことだったある自動車会社ですよね。

あの頃の誇りや熱意はもう忘れてしまったでしょうか?

投稿: イニシャルN子. | 2010年4月22日 (木) 15時04分

「RVR」 なじみ?があるからかもしれないですが、全然、ちがう方向性のクルマに昔あった車の名前を持ってきちゃうのも安直ってか、投げやりっぽくてかわいそうですね。

実車を見ると、意外と「顔」と「お尻」以外は、最近の日本車の中ではおもしろいかもしれないと思いましたよ!横に並ぶと、ちょっと、最近の「ボルボ」的な抑揚があって。
日産デザインの「有機的」な抑揚とちがって、スパッとしてます。

しかし、売る方は大変でしょうね、ここは、日産と似てますが、売れて・儲かるクルマが無さ過ぎですね~ 日産も台数的には三菱と雲泥の差がありますが、儲けが出るクルマが壊滅状態ですもんね。
日本車も、「なんでそのクルマじゃないとダメなのか?」という方向である程度収れんしていかざるを得なくなるんじゃないかなぁ。

ちょうど、「ゼロ戦」という名前が出てきたので、それをもじると、日本のクルマは「巨艦大砲主義」的で、ハイブリッドカーはさしずめ、「ゼロ戦」ってとこですか。なんか、不思議と危機意識が感じられないんですよね。

自国の技術に酔っている間に、エンジン技術は20年くらい進歩してない(大きな意味です)し、ヨーロッパ勢には既に周回遅れの感が…心配だrvcar

投稿: ぷじお | 2010年4月22日 (木) 20時57分

例によって実物を見た事はおろか、詳細も判りませんから、雑誌からのインプレションですが、シトロエンDS3と同様「昔の名前で出ています~♪って小林旭か」と突っ込みたくなります。 確かRVRはリクリエーショナル・ヴィ-クル・レボリューションの略だったと記憶しておりますが(違っていたらスミマセン)、今回のRVRは単なるトールハッチにしか見えません。 RVRを名乗るなら新しいレボリューションを示して欲しかったです。
三菱の場合、比較的トンガッタ車(色んな意味で)はそこそこ良いみたいなんですが、普通の車は何かしらダルで、しかもトラブルサムなんですよね。(二代目デボネア・エテルナΣ他で経験済み…泣)
ところで三菱って大丈夫なんですかね? i-MiEVはリーフが価格発表したとたん60万円以上値下げする暴挙に出ました。 プリウスEXと違い現行モデルでの事で、装備等は変わらず。 コレでは欲しい人も疑心暗鬼になって二の足を踏むのではないでしょうか? 性能面でもリーフより劣っているみたいですし。
それに、PSAとの話が流れた後に下がった株価が、また持ち直して来ましたが、これは中国・韓国・インドのメーカーの買収がらみとの話も…。

投稿: 山の熊さん | 2010年4月23日 (金) 00時23分

こんばんは!
昔の名前復活している三菱は少し無理があるますね!
優れた技術者が減り世帯交代されたんでしょうか?

ユーザーに媚びず、乗用車系は車種を絞ってギャラン・ランサー・ミニカ
SUV系はデリカ・パジェロ トラック系はふそう・キャンターでイイと思います。

三菱ユーザーはトヨタ、ニッサンに無いものを望んでいると思います。
少ない車型で頑張っても大丈夫ではないでしょうか?

投稿: あぷと | 2010年4月26日 (月) 23時12分

アクシオムさん

ジェットファイターグリルは、たしかにランエボのような特化車種なら
面白いのですが、それを他車に展開しなくてはイケナイ状況に行き
詰まりを感じますね。少なくともカワセミとゼロ戦は相容れないような
気がします。
RVRでもプジョー・シトロエンと協業すると発表したようですが、それ
は日本のユーザーにとって何ももたらさないですしね。

佐衛門さん

ハード面では褒められるとうことですね。開発に時間をかけていると
いうこともあるのでしょうか? しかし、三菱ならではの分かりやすい
「売り」が欲しいところです。乗ればいいのに・・・というのはかつての
日産車みたいですね。

イニシャルN子さん

株主ですか・・・・・。すごいですね。
顔をみんな同じにする必要はないと思うのですが、クルマ全体では
「あ、三菱だなあ」という共通項は欲しいですね。いまは車格的にも
アンバランスだし、クルマによって方向性もマチマチなので・・・。
僕もかつてのΣは好きでした。いまの三菱だって色々できるのでしょ
うけど、仰るとおり余力がないというのは不幸ですね。

ぷじおさん

なぜそのクルマでなくてはならないのか? 160もあると言われる
日本車ですが、ラインナップのためのクルマっていうのはダントツで
トヨタ、ダイハツチームが多いですね。スズキの軽やホンダの思いつ
きクルマを別にすれば、結構まんま兄弟・姉妹車みたいなおかしな
クルマは減ってきている気がします。その中でも三菱は、なぜその
クルマ、というより、なぜ三菱? という気がしてしまいます。

山の熊さん

三菱はEVで・・・などという話が雑誌とかにも載っていますが、そもそ
もEV自体が本当の普及に遠い段階で、それはあまりに非現実的な
見方ですね。アイは軽に固執せず、もっと世界市場での展開を考える
べきだったと思います。スバルのRシリーズもそうですが、軽に縛られ
るばかりに、とんでもない可能性を自ら放棄していると思います。

あぷとさん

そうなんです。車種は少なくてもいいんですよね。他にない魅力を出
せばいいのですが、どこを向いているのかがイマイチ定まらない。
いまだって決して多くないラインナップなのですから、それだけ1車種
ごとが重要なんですけど・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年4月27日 (火) 21時56分

今まで日産に数台乗ってきたが、安普請は否めず感しか残らずです。あまり車に固執もなく、まちがいなく走ればいいという程度に加え、値引きがよかったから買ってたというだけで。そうでなければ、買って1年でマフラーひきづるような車を選ぶわけもなく(笑)。ましてや三菱といえばラリーなど特殊系な印象しかなく、試乗すらしたこともなかった訳ですが、このたびは偶然にも新RVR試乗の機会を得ました。降雪地なので今はエクス乗りであり、乗り味よりもいざという時の保険みたいな考えからですが。さて、正直なところ試乗してびっくりが率直な感想でした。まず、当然といえば当然ながら、オンロードの乗り味が非常に上質で比較にならないほど。街乗りから高速まで、常識的に乗る範囲では巷にいわれる不足感はまったくなし。上り坂で下がるのは会社のトヨタでも同じことですが、踏むより操作したいなら簡単にマニュアル操作可能でなんの不足もなく。しかも、本格っぽい4駆は三菱か日産くらいながら、日産の駆動セレクトに関しては、オート4駆で基本的にまるっきりFFを考えると、何のためのセレクトかよくわからず感漂いつつでしたが、RVRは2駆は2駆、オートは若干後輪を入れておく、加えてホールドと、実に意味があるセレクト。スタイルも社名を外せばどこも同じ昨今とは違い、マイナーチェンジ前でも世界で15万台を超える人気は弱い日本に残された強さにすら感じられ。それ自体が他に勝る魅力。車には道具的な使い勝手と性能だけを求める派ではあるものの、乗り味が軽すぎる欧州廉価車のデュアリスにいく気はまったくなかったうえ、値段と修理費のかさむHVも興味なく、ましてやホールドできない4駆にするなら普通の2駆でも同じの範囲で視る立場としては、電気化が完全に出来上がるまではエクスで我慢のつもりでしたが、新RVRの中味は全域で洗練された必要十分であり、商談に入る予定としています。もちろん、あて馬はキャッシュカイですが(笑)。たしかに、名前は変えてもよかったかと思いますが、名前に乗っかってる訳でもないのでよしとしましょう。聞けば、三菱は短年で板金いじった程度のチェンジはしないとのことで、それもおおいに気に入りました。まったく買い替えの意識もなかった自分に、たった1回の試乗で6台目を決断させた実の濃い国際車。日本の力はまだ死なず感。ひところどこかのディーラーマンで一気に信用落としたのも記憶してましたが、どこでも個人にかかる話。若いのにどこかの名前だけに頼る会社以上に、前向きに一生懸命ともに考えてくれてます(笑)。

投稿: saias | 2012年7月 8日 (日) 03時42分

会社では豊田、松田に乗り、個人では日産ひとすじに乗ってきましたが、まず第一に「カッコいい」と思えたのがこの車でした。車は基本的に道具であり、できればあらゆる場面でより楽に扱えるもっとも高価な道具という目線できた感覚にとっては、ちょっと自分でも意外感でした。日本の車のデザインは、基本的に豊田型か三菱型に分かれ、従来的には豊田追従が主流であることは見たままなのでしょうが、気になってしょうがなくなったのはおそらく、海外で支持が高い三菱としては欧米のCセグメントに合わせたデザインをしているらしいことから、直感的な独立性を感知したんかもしれません。最近でこそ、各社ともに三菱伝統のジェットファイター型グリルといいデザインと言い、BM,AUといった海外勢のみならずむしろ三菱追従型にシフトしてきた様子となってきましたが、RVRの美しさはやはりいずれと比較しても出色といえるでしょう。車に関しては面倒臭がりやなので、普通に考えればまたまた日産、特にエクスからならディユアリスあたりかと思ってもいましたが、ディユアリス試乗感は妙に軽すぎて市中では頻繁にブレーキを踏むようなフィーリングに引き感あり、CX5はフルタイムのみとあのデザインが許容範囲外でカット。ぶつかるような運転をするくらいなら車使用はやめるとはいえ、本体とは別に独自路線を行くスバルも考えましたがやはりフルタイムだけでは要求に合わず。結局、各車試乗した結果、市中ではアイドリングストップが効き挙動も扱いやすく、高速に乗れば高い鋼製感とあいまって軽さのない吸い付き感。おそらくパワーがないというよりも、低速運転時の燃費を向上させるために2千回転までは非常に静かなのですが、高速で音に構わずそれ以上に回すと爆発的な加速感。しかも路面状況や走行方を自分で判断して駆動方式も自分でチョイスできるのはやはり個人的には重要。どの車でもどうやってもなにがしの不満は残るわけですが、毎日50㎞も通勤するわけでもない自分にとっては一定クラスのハイブリットもペイの対象にならないし、RVRはゴルフバックが辛うじてほぼ真横に入る程度が玉に傷な感じもあります。燃費も渋滞にはまってのみで7ながら、50km60分の市中・高速混合で14.3kmと十分。ただし、おそらく1.8Ⅼなので120K/h越えで巡航すると燃費は落ちるかと。軽でちょこまか飛ばすのとは真逆の乗り心地、走行道具としての全域余裕性、一定レベルを下げない燃費性、視点が高いににも関わらず長距離でも疲労感なき安定性。それに1パップオプションでオートドライブや雨滴感知ワイパーなどほとんど綺麗についてこの値段・・・おそらく、次の車検切れではダントツで1位指名車になると思います。問題は、なんでRVRなんだ?とうネーミングと宣伝感覚のズレといったところでしょうが(笑)。しかし、公使今まで乗ったあらゆる車の中で、流行りや煽りに興味のない実用主義者としては、飽きない流麗なスタイリングも含めてまず間違いなくこちら指名になるかと。雪道は走っても山も走らないし、年4回程度の500km級の遠出も鼻歌交じりで行けるなら、海外メーカーも目をつける、なかなか賢いよい買い物とジャッジします。

投稿: testpanda | 2013年5月26日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/34325569

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:三菱・RVR:

« クルマの他:ジャズ体験 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX・6月号発売 »