« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマの他:ジャズ体験 »

新車心象風景:シトロエンDS3(発表)

Ds3

 まだ予約段階なので、今回はまさに「心象」・・・なんだけど、うーん、何かピンと来ないんである。

 DSといっても”あのDS”とは関係なく、今後シトロエンが送り出す独創性豊か、かつ高性能なラインナップのことだそう。関係がないといいつつも、歴史ある名称を使うことも含めて、その企画自体はなかなか面白いと思う。

 じゃあ、あとはその独創性がどうなんだって話だ。

 もともと複雑なヘッドランプの形状こそ同じに見えるけど、LEDを配した派手なコーナーライト、シャークフィン風ピラー、そこからドアミラーの下をとおってフロントに続くキャラクターライン、色違いのルーフ。そしてマテリアルにもこだわったインテリア。

 ベースの新型C3に施した新しい工夫は数多いし、それによって独自の雰囲気を出すことには成功していると思う。その3ドアボディは、仮想敵のMINIやフィアット500のような付加価値感を持ち得た、と言えばいいのかな。

 ただ、僕がピンと来ないのは、そういう内外装の工夫がそれぞれ部分的なものに止まっていて、クルマ全体を貫くものになっていないことなんである。たしかにベース車から雰囲気は随分と変わったけれど、どうもまとまりなく散らかっているような。

 それこそDSはもとより、BXだってエグザンティアだって、シトロエンの独創性が評価されたのはクルマ全体で示す独創であって、決してごく表面的な装飾レベルじゃなかったでしょう。

 たとえばルーフを浮かせて見せるというB(C?)ピラーの処理は、たしかにその目的には沿っているんだろうけど、なんかこう取ってつけたような印象が拭えなくて。まるでホンダのエアウエイブみたいに・・・。エクステリアに関して言えば、全体のコンセプトが明快じゃないというか、「何だか変わった感じ」がコンセプト? とすら思えてしまう。

 実際これだったら素のC4ピカソの方がよっぽど斬新で明快なテーマを持っていると思う。いや、明快という点じゃあベースのC3の方がスッキリしている分いいかも。まあ、それでも作り込みは安っぽさがなさそうで、その点はさすがだなとは思うけれど。

 ジュネーヴショーで第2弾のチョイ見せがあったとはいえ、DS3はシリーズ最初の一歩なんだから、まだまだこれからの展開を見てみなきゃとは思う。けれども、逆に考えれば最初の一歩だからこそ大切なんだ、とも言えるのかな。

 で、僕は以前、クルマ好きは皆ポルシェが好き、みたいな暗黙の了解が理解できないと書いたことがあるけど、いまこのクルマがそんな感じになっている気がする。そのくらい内外の評論家諸氏の意見がほぼ絶賛状態なもので。

 でも、そんなにいいかなあ? シトロエンは独創的で素晴らしい、DS3も変わったカタチだ、だからこのクルマは素晴らしいに違いない。そんな公式にはまっているんじゃないのかなあ? こんなこと言ったら仏車党に怒られる?

 まあ、とにかく実車が来たらもう一度しっかり書きたいと思いますね。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマの他:ジャズ体験 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

DSですか。 なんだかナ~。
この車自体を良く知らないので、ドウノコウノは言えないんですが、何故にこの車名にしたのかちょっと理解に苦しむところです。
過去のDSから連綿と続いてきて、こうなったのならまだ納得出来ますが、唐突にDSと云われてもネ~。
強いて言えば、ヘッドライトにイメージが有る様な気がしないこともない様な…。(あくまでイメージで、形は違いますが)
DSを出すのなら、もっと関連性を持たした物にして欲しかった。(決してハイドロシステムにしろとか、そういう意味では無く、コンセプトとして。 少なくとも4枚ドアじゃないと。)
なにか過去の遺産を食い潰す様な気がしてなりません。 それとも単なる私のノスタルジアなのでしょうか。

投稿: 山の熊さん | 2010年4月13日 (火) 01時21分

ホンダのエアウェイブ!
思わずヒザを叩きました、そうですそうです、
こいつを見たときに「どっかで見たことのある格好悪さだ…」と感じ、
ずーっと「なんだっけ?」と考えていましたが。

そうです、エアウェイブです。かっこ悪いですねDSも。
こんなのにDSの名前を付けるなんて、シトロエンもどうしちゃったんでしょう?
個人的にはシトロエンの独創性とは機構・中身の話ではないかと考えてます。
決してデザインの話ではないだろうと。

投稿: 250ライダー | 2010年4月13日 (火) 11時41分

カタチはどうあれ、DSシリーズってシトロエンのプレミアムブランドとしているんですかね。いや、別ブランドというには、同じシトロエンのマークが付いているからプレミアムバージョンというべきなのか?まぁちょっとわかりにくいですね。
プレミアムブランドとか、バージョンと言うと、どうしても上級な革シートだとか本木目で高級な仕立てにしがちですが、典型的な高級じゃなく、ファッショナブルな仕立てにしている面では面白いかもしれません。
今後、バリエーションが広がり、DS4だとか、DS5、さらにはDS6まで出すとしたらどんなものになるのか?特に現行のC6なんか、高級カテゴリーではDSっぽくかなり独創性のあるスタイルなので、これがDSバージョンになるとかなり奇天烈なスタイルで出てくるんでしょか?
今の段階ではよくわかりませんが、妄想すると意外と面白い展開を期待したくなるブランド?バージョン?シリーズですね。

投稿: アクシオム | 2010年4月13日 (火) 21時01分

え~ フランス車乗りです。happy01

しかも、PSCの。

これは、かっこ悪いですよ!アイディアの要素詰め込み過ぎ「シトロエン」は個性的であるべし、というイメージに囚われてしまった悪い例じゃないですか?
シトロエンは、「デザイン」の奇抜さも売りだと思うんですが、いつもは、「技術」と「理想」を昇華させたら、他と違ってたっていうスタンス(だけじゃなく、結構迷走もしてますが…)が、マニアを喜ばせる会社だと思ってますので。

シトロエンとしては、残念なクルマですね。 C4ピカソ・C5あたりは、大好きなんですけど、C6は、ちょっと「あざとい」デザインですし、C5は、私は、大好きですが「アウディ」みたいなんていう人もいますし、ほんと、「デザイン」は難しいですよ。

やっぱり、ピカソが一番、あと、C5・C3・C4は好きですね。

投稿: ぷじお | 2010年4月13日 (火) 22時11分

山の熊さん

DSという名だけどレトロにするつもりは毛頭なかった、らしいです。
しかし、ライバルに対抗するプレミアムコンパクトが欲しい・・・となっ
たときに思いついたのがこの名なんでしょうね。僕はそうでもないで
すが、昔からのファンにとっては複雑かも。

250ライダーさん

エアウエイブ、賛同いただきありがとうございます。そうなんです、
シトロエンの独創性は全体でのクルマ作りだったんですよね。でも
とにかく早く市場に出したかったのでしょうか?

アクシオムさん

僕も色にうるさい方なので、ルーフやドアミラー、ホイール、インパネ
のトータルコーディネイトという提案には大賛成です。というか、通常
のラインナップでもやって欲しいですね。このオシャレ作戦が今後ど
うなるかは楽しみです。

ぷじおさん

個人的には、今後のDSシリーズをあまり焦らずにじっくりやって欲し
いということでしょうか? このイメージでとにかくフルラインナップだ!
なんて急いでつまらない結果にならないように・・・。C5はBMWとも
言われますよね。向こうの量販車種にはなにか決まった嗜好性が求
められているのでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2010年4月14日 (水) 18時29分

本日、車検の車を受け取りに行ってカタログを見たんですよ。

限定150台って、こりゃ、田舎では見れそうに無いですね~とりあえず、日本市場では、様子見ってだけですね。
さすがに、内装は結構そそる魅力ありです! エクステリアは、個人的に「黄色」は、ありかな~なんて思いました。
でも、ちょっと、エグイかな?やっぱり。coldsweats01

投稿: ぷじお | 2010年4月14日 (水) 20時56分

 いつもブログを拝見させていただいています。

 DS3、なんといいましょうか、カスタムカーのようで、それはそれで一つの価値はあるものの、メーカーの出す市販車としては間違っているかなあ、と感じます。カスタムといっても、STiやニスモのようなそれでなく、完全にそれのスペシャリスト的……です。
 多くの人が勘違いしていますけど、「奇抜で良いデザイン」とか「ロングノーズが良いデザイン」とかいう言葉って、凄く歪曲されて解釈されているように信じます。シトロエンに美しい物が多いのは、「奇抜」だからではなく、実際に質の高い造型をしているからであって、それが「奇抜だからイコール良い」という結果にはならないと思うのです。乱暴にいえば「奇抜なところ」など評価においてはどうでもいいことで、「出来が良いか悪いか」それだけなのですよ。
 まず「奇抜」であることを念頭に置いて、それだけを突き詰めていったら、絶対にヘンチクリンが生まれる可能性が高くなります。デザイナーは、「良い物」を目指そうとするから、それぞれの個性が生まれるのだと感じます。それが「奇抜さ」や「外見的特徴」を生み出すのてあって、それが全てだと勘違いしている人が多いのは、とても悲しいことだと信じます。

投稿: 事実従事 | 2010年4月17日 (土) 01時15分

事実従事さん

はじめまして。
稚拙なブログをお読み頂きありがとうございます。

皆がみなシトロエンに「奇抜さ」を感じているかどうかは不明
ですが、しかしそういう次元の見方は、とくにデザインにおい
てはシトロエンに限ったことではないかと思います。

何しろ評論家が好き嫌いでしか語れない現状です。プロ以外
の人が表面的、もしくはステレオタイプの見方をしてしまうのは
避けられないですね。もし、自動車評論が始まった当初から
デザインについての評論が根付いていたなら、恐らく状況は
違っていたかもしれません。

ただ、今回コメントを頂いている方々のように、シトロエンは外
見だけじゃなく機能を昇華した存在として・・・という見方をされ
る方もいらっしゃるのは心強いですよね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年4月17日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/34195337

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:シトロエンDS3(発表):

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマの他:ジャズ体験 »