« 新車心象風景:ホンダ・CR-Z | トップページ | クルマ散策:距離別料金制を再検討? »

新車心象風景:アストンマーチン・シグネット(公式発表)

Signet2

 やっぱり巧いなあと思う。

 グッドウッドだったっけ? 章男社長とアストンの意気投合で始まったIQ供給話は、その後のクレイモデル公開写真での「まんまDB顔」にキツイ冗談を感じたけれど、いやー、完成写真を見てみればやっぱり巧いよなあ、と。

 そのフロントグリルだけじゃなく、ダミーか否か不明なボンネットとボディサイドのエアダクトも、そりゃもうシャレとしか思えないんだけど、「そうだけど何か?」と開き直らんばかりにキッチリ作り込んでいるのにまず感心。発想はシャレでも作りは手抜きなしっていう。

 真っ赤なレザーを「これでもか!」と使ったインテリアはさらに巧い。どこかのアパレルブランドとコラボでもしたかのようなレザーバッグを組み込むダッシュボードも含め、まさにシャレ、いや洒落の極致。いやはや「参りました」と言うしかない。

Signet1_2

 これはちょっとやり過ぎ?と思う方もいるでしょうが、高級ってこういうバカバカしい過剰とかムダとかから生まれるわけだもんね。結果、150万円のIQは要らないけど300万円(仮に)のシグネットなら欲しい、となるわけだ。

 要は商品企画が明快なんだと思う。新設計のギアボックスとかエアコンシステムとか、そんなことはこの際どうでもよくて、とにかく実質2名乗りの超コンパクトをセカンドカーとして、アストン自身やその他高級車オーナーに売ろうと。もちろん自社のCO2排出量対策を兼ねて。

 そのための付加価値の付け方が巧い。「何だよ、単に顔を変えてレザー張り付けただけじゃん!」てな意見もありそうだけど、まずそういう企画を発想して、かつ巧くまとめあげたのは評価したい。

 いやだって、作り主のトヨタはそれをやらなかったわけだもんね。彼らがIQをプレミアムと呼んだのは、画期的パッケージを含めた総合的な価値という趣旨だった筈。それはそれでいいんだけど、結局商品としては価格設定も含め、少なくとも日本ではつまづいちゃったでしょ。

 だったらレクサスにして世界のLSオーナーに向けて作ってもよかったわけだしね。何にしたって付加価値で売るクルマなんだから、そこを明快・明確にターゲティングしなくちゃいけなかった。高いとか安いとか革新的とかじゃなく、どこの誰に買ってもらうのかっていう。

 変な話、IQはタダでも要らないけど、シグネットなら欲しいって人は多いんじゃない? 僕はそう。でも、それってアストンだとか高価云々じゃなくて、このクルマなら自己表現に叶う、あるいは長く持っていたいと思わせる何かがあるってことで。

 僕はタント・エグゼのとき、こんなんで上質とか大人とか言うなと書いたけれど、IQベースでもこういうことができるわけでしょ。もちろん、べつにここまで上級指向である必要はないけれど、軽だってコンパクトカーだって本気でこだわれば色々な可能性があるとは言えるでしょう。

 いや、実際僕はトヨタブランドのIQとしてもできるんだと思うよ。たとえば納期は3ヶ月かかるけど、100種類のボディカラー、10種類の内装色と素材生地、フィアット500顔負けの多数のデコレーションパターンを用意できます、なんて工夫をすれば十分面白いし、パーソナルカーとして結構な付加価値にもなるでしょ。それでいまより標準価格が10万円高くなってたとしても。

 まあ、少なくともG's仕様なんかよりよっぽどIQらしい方向だと思うんだけど。

|

« 新車心象風景:ホンダ・CR-Z | トップページ | クルマ散策:距離別料金制を再検討? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

自分がアストンクラスの高級車オーナーなら洒落で持ってもサマになり良いかと思いますが、そうでないのにアストン持ちという記号だけ持っても下手すれば不細工なりそうなのでお断りします。

メルセデスのAクラスみたいに最初からレクサスで売れば良かったと今でも思っています。

投稿: abcd | 2010年3月16日 (火) 20時40分

あはは、ここまでやれば、バカの世界ですね。いい意味で!
なんでも、アストンのオーナーが停めてあるアストンのガレージまで乗るクルマ(カートですよね( Д) ゚ ゚)なんて、テーマでしたっけ?

デザインも、いい、悪いなんて評価云々より、超豪華なおもちゃでしょう。
何もここまでという感じが、ここ最近の日本車の「絶対売らなきゃいけない」という心のゆとりと真逆な発想です。
最近何かと話に出しちゃうんですが、「ユーロシビック」も日本での発売が前提じゃなかったから、おもちゃ~な感じにできたのかな?

最近のクルマは、余裕・ゆとり・緩さが無いのがつまんなくさせているのかもと、このクルマは思い出させてくれますね。

かっこ悪いけど。(笑)

投稿: ぷじお | 2010年3月16日 (火) 21時46分

上っ面は過剰であれ、バカバカしいくらいの高級であれ、これはこれでいいんじゃないでしょう。
しかし、実際に走らせたときにiQそのまんまの高級感のない乗り心地、バランスの悪い操縦安定性だったら、オートサロンにでも出品できそうな単なるデコレーション車ですね。
まぁこれでアストンが環境に対応できるのなら、商売上いいのでしょうが、まじめにやるならデカイクルマでもコンパクトカー並みの低負荷なメカニズムを持ったクルマを出すほうが凄いとボクは思いますが…

投稿: アクシオム | 2010年3月16日 (火) 22時52分

すぎもと たかよしさんへ
あなたのファッションセンスがない事が丸分かりの論評ですね
もっとセンスのあるネタでお願いします

投稿: ケン | 2010年3月17日 (水) 02時29分

このインテリア、巧いですか?

個人的に悪趣味の極みという感じがしますが・・・。

ベースのIQのインテリアがちゃちいことを差し引いても、ブリティッシュな気品を
感じさせるアストンマーチンのインテリアの雰囲気からは程遠い下品さに、初めて
このインテリアを見たときは落胆いたしました(購入云々でなくて、アストンが
IQのインテリアをどう仕立てるかを期待していただけにね)

アストンならではの、もっと大人で渋いカラーコーディネートとインテリアの演出を
期待していたのですが、ホワイトパールのエクステリアに赤黒内装っていう初公開された時の仕様はいかにもトヨタがやりそうな安直なコーディネート+悪趣味なインテリアで本当にがっかりです。

あのアクが強い座面やドアトリムの六角形のパターンや赤×黒コンビカラーの内装が標準だとしたらゾッとします。もっとも、この車を買うようなアストンオーナーさんであれば、カネにモノを言わせていかようにもお好みのコーディネートをされるでしょうけど。

加えてリアコンビランプも、ハッチゲートにまたがらないようにリデザインした方が、
上品に仕立てられたんじゃないかな?と思います。

個人的に、この仕上げなら、ランチア イプシロン、フィアット500、ミニ、スマートの方がいいですね。

もっとも、シグネットに乗っていれば、一部の人に対しては「私はちゃんとしたアストンマーチンのオーナーで、こんな足車を買う余裕もあるんです。」って意思表示にもなるという付加価値もあるわけだけど、そういうところに価値を見出す時点で成金的な発想だし、逆にそこに目を付けて、下品な仕立てをしたのかなぁと深読みもしてしまうんですよね。

投稿: KATSU | 2010年3月17日 (水) 13時22分

いつも楽しく読ませていただいていますが、この記事だけは反対です。
無難な配色に仕上げてくると思っていただけに、意外で残念でした。

投稿: 名無し | 2010年3月17日 (水) 20時42分

うーん何と言っていいのか微妙な所です。
いや、IQをシャレでこうしたのは、理解出来ます。
でもIQ自体がスマートのパロディくらいにしか思ってなかったのでねぇ。

日本では小さいってだけで高級車は存在しえないわけでしょ。
頑張ってコンパクトのプレミアムって表現しても、せいぜいティーダやベリーサなわけで、それから比べればやはりさすがの英国かなと思うのですよ。
丁度ローバー100シリーズの内装を見たときの衝撃と同じ物は感じます。
日本じゃ理解されないだろうけど、ま紳士のお遊びって事で、アリじゃないでしょうか。

投稿: nobol | 2010年3月18日 (木) 00時37分

…………。
元が元だけに一切評価出来ません。 「上流階級を自称する、性悪オバサンの厚化粧以外の何物でもない」と云ったらオバサンに悪い?
例によって実物を見た事はありませんから、普段で在れば多少はオブラートに包んだ言い方をしますが、このシグネットについては断言しちゃいます。(えっ、いつもと変わらない。 でしたらスミマセン。)
中には(或いは此れから)バンデンプラ・プリンセスと絡ませて評価される人も出てくるかもしれませんが、バンプラはベースがマトモでしたからね。 比較になりません。
以上、IQベースという事で罵詈雑言を浴びせてしまいました。
でもIQって、どう考えても奇形且つ危険な車なんですよね。(前にもコメントしましたが、後席のみならず前席も危ない造りの様な気がしてなりません)

投稿: 山の熊さん | 2010年3月18日 (木) 19時51分

abcdさん

洒落なら買ってもいいんじゃないですか(笑)
レクサスだったらどうしたか? 僕も見てみたかったですね。
もちろん、いまからでも遅くないと思いますけど。

ぷじおさん

ホントに笑えますね。
しかし遊びや余裕をもっても手を抜かないという点はクルマつ
くりとして根付いたものなんでしょうね。その違いをよく表して
いると思います。

ケンさん

異論反論もふくめ、こんな弱小ライターにコメントをいただくだけ
でもありがたいのですが、しかしそれでも、もっとその中身が分
かるものだと嬉しいですよね・・・。ネットではありがちですが。

KATSUさん
名無しさん

すみません、同様のご意見なので一緒に書かせていただきま
した。

「巧い」と思います。ただ、それは本文中のとおりターゲティング
を明快にした「商品企画」が巧いということです。
アストンはDBシリーズでは「らしい」インテリアを展開しているの
に、何でわざわざこんな派手なまとめ方をしたのか?

それは、シグネットが基本的にセカンドカー想定であること、そし
て超コンパクトであることがキーだと僕は思っています。
たとえばスマートがメルセデス、プジョー1007が207と違った
ポップな造形や色使いのインテリアであることも近いかもしれま
せん。

しかも今回はほとんどチョロQです! アストンオーナーがセカンド
カーとしてチョロQに乗るのは、ぷじおさんやnobolさんが書いてい
るとおりもはやシャレです。しかし、シャレといっても手抜きの安物
や無個性ではオーナーが納得しません。そんな難儀なシャレの回
答としてシグネットは実に「巧い」ということです。

だって、まんまDB風のインテリアを移植することは簡単でしょうけ
ど、仮にこのチョロQにそれをやったら逆に場違いでつまらない結
果になったと思いますよ。それこそ発想力もセンスもない。そもそ
も企画として意味がない。

ご指摘の500やイプシロンですが、これらはフィアットなりランチア
の主商品で、はじめからコンパクトカーを作っている会社の商品で
す(ミニはもとより)。フルサイズカーメーカーがお手軽に調達したシ
ャレ商品ではありません。つまり「商品企画」がまったく異なるので
す。

単にこの真っ赤で派手なインテリアが「悪趣味」で「合わない」なら、
多分「好き嫌い」の範疇のような気がしますので、ぷじおさんと同じ
ように「わははは、何だコレ」と笑ってしまえばいいのかもしれません。

もちろん、エクステリアにアストンの記号を移植しておいて、中に入
ったらガツーンという「商品企画」が間違っている、ということなら是
非またご意見をお聞かせくださいね。

nobolさん

紳士のお遊び、まさにそうですね。IQが中途半端な質感でモヤモヤ
しているのを、サラッとやってのけるのは流石です。逆に彼らはIQを
作ることができないのですが・・・。

トヨタはレクサスでもって、国内での「クラス」を作ってしまったのです
から、やっぱりIQでチャレンジしてもよかったんじゃないかなと思いま
す。

山の熊さん

IQに非常に厳しいですね。後席はともかく、前席も危ないのですか?
IQ自体について、僕は他のクルマへの展開を前提としたアドバルーン
ならOKだと思っています。この機構を利用した超空間を実現するヴィッ
ツとか、新しいパッケージの軽とか。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年3月18日 (木) 20時37分

すぎもとさん。

残念ながら、私は英国流ジョークとしても「巧い」とは思えないです。
私が、シグネットよりマシとした車の中にスマートも入れました。

それはスマートがゼロから作っているからではなく、ポップな仕立てとして
一枚も二枚も上手だからです(特に先代。スウォッチもかんでたコンセプトは再興だったけど・・・)。

もちろん、IQというイマイチな内装をベースに仕立てないといけないという
ハンデはありますが、それでもシグネットの内装がポップ路線として巧いとは思いません。

世界のお金持ちの中には、財力に物を言わせて、いろいろと特注品を
作らせる方々がいらっしゃいますが、嫉妬以前の段階で「悪趣味/センスわる~!」と周囲に思われている方って中には、いらっしゃいますよね。

私からすると、シグネットってそういう悪趣味な方がターゲットじゃないか?っておもうほど、既存のアストンオーナーがジョークで乗るにも、ジョークにならないセンスの悪さを感じてしまうんですよ。

たしかにジョークなのにきちんと作り込んでいそうなところは流石、英国!かも
しれません。でも、アストンなりのポップを演出しようとしていたのであれば、やっぱり中途半端だと思います。

ホワイトパールに赤黒内装なんて、本家トヨタがG'zでいかにもやりそうなカラーコーディネートじゃないですか?

仕立ては丁寧かもしれないけど、演出が投げやりなんですよ。

もっとも、そういった投げやりな演出も含めて、アストンなりのジョークだと仰りたいんでしょうけど、これに食いつくのってやっぱり悪趣味な成金くらいじゃ?

てか、セカンドカーでも、オリジナルアストン持ってまっせ~って主張したのって前にも書きましたけど、いかにも成金的な価値観ですし、そこも見据えた上でのお下品さなのかな~と私は思ったわけですよ。

ポップに仕立てるのが狙いにしても、もっと凝ったアストンはこうするか!って演出がいくらでもできたんじゃなかろうか?

いくら仕立てに気を遣っても、演出で手を抜いたらダメ。

ホントのジョークって、ジョークを言い訳にしなくても、通用するくらい昇華されてないとダメだと私は思うんですけど。

それを「実はジョークなんだけど」って言うのがかっこいいのでは?アストンでやるならなおさら、そんな気がするのですが。

ちなみに、デザインを語るときに、好き嫌いの範疇と言ってしまうのは逃げだと思います。

投稿: KATSU | 2010年3月18日 (木) 22時31分

KATSU さんへ。

大人気無いことなので、ご照覧ください。 たまたま、すぎもとさんのコメントで名前が出てきたので(笑) 私も、KATSU さんと同じで、「デザイン」の良し悪しを「好み」で逃げるのは、大嫌いです!

若い頃は、スペックが大好物でしたが、大学生の頃から「クルマなんて中身が世界的に一定域に達したので、デザインで選べばいいじゃん」に変わって20年近くになり、現在に至っています。

今も、クルマは、「デザイン命」を自認していますので、デザインのルール(お約束ですね)を無視したクルマには吐き気がします。
でも、それを突き詰めちゃうと、世界の車の9割くらいは「ダメ」になりますし、日本車をや何をか言わんぞです。
そりゃ、街中にデザインの優れたクルマで溢れてくれれば自分は嬉しいですが無理ですし、それはそれできっと飽きます。

しかも、これだけ、トヨタ車が売れている事実があるということは、私たちほど「デザイン」に全く興味が無く、「仏壇デザイン」が好きって人がそれだけいるってことなんですよね。

ならば、「シグネット」ひとつをとって、「なんと下品な!」なんて言ってると日本では目を閉じて外に出なきゃなんないです。
そこまで深刻に考えなきゃいけない車ではないので単純に「清々しいバカだなぁ」と、思うだけです。モンティパイソンの国ですよ。smile

量産されて、数が出てしまい、イヤでも街中で見かけてしまう車なら問題ですが… 私には、「レクサス」の方が「成金」的でイヤな感じを受けますが、「シグネット」にはあまり感じません。

私は、古いプジョー乗りです。しかし、206からのラインは大嫌いです。今度は少し昔に返ってくれそうで楽しみにしています。ああいう、大衆車こそ節度有り、かつ、色気もあるデザインなら最高だなぁ、と思います。

投稿: ぷじお | 2010年3月19日 (金) 23時53分

今は亡きNAVI風に言えば、"ノブレス・オブリッジの対極にある車"。
アストンのオーナーが乗っても、アストンが買えない人が乗っても、どちらも趣味の悪いコスプレ。
全身にブランドマークが付いた服を着たがる人と根本的に同じセンスです。

投稿: むぅ | 2010年3月20日 (土) 08時40分

水を差すようで申し訳ないですが、他の方に対してコメントの返事を書かれていて、
わたくしへのコメントが抜けていますが…
特にコメントに値するものでなければ仕方ないですが。

投稿: アクシオム | 2010年3月21日 (日) 11時13分

アクシオムさん

失礼しました。コメントが多く、見落としてしまいました。
現車を見たわけではないので機構は分かりませんけれど、企画の
趣旨から考えるとほぼそのままな気がしますが。でも、いいんじゃ
ないでしょうか、このクルマは。
メイン車種での環境対策はHVが近道ですが、そうなるとどこかと
技術提携が現実的ですよね。自社開発は厳しいですよ。

むぅさん

厳しいですねー。
アストンのデザイナーは会社規模から考えるとそんなに多くはない
と思いますが、みんな悪趣味ってことなんでしょうか??

投稿: すぎもとたかよし | 2010年3月21日 (日) 20時25分

現行アストンに合ってないってだけで、アストンでなければ悪趣味とは言われなかったかもしれないですね。
シグネットが悪趣味ならフェラーリはどうすんだって話になります。

私はアストンに乗ってる親が、若い娘のためにシグネットを買ってやる姿を思い浮かべます。

投稿: エース | 2011年5月 1日 (日) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33799539

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:アストンマーチン・シグネット(公式発表):

« 新車心象風景:ホンダ・CR-Z | トップページ | クルマ散策:距離別料金制を再検討? »