« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:アストンマーチン・シグネット(公式発表) »

新車心象風景:ホンダ・CR-Z

Crz_2

  CR-Zは、ふたつの理由でいいんじゃないかと思っている。

 まず、”一応”メーカー自ら「HVはエコだけで終わらない」と銘打っていること。

 クルマ好きの皆さんならご承知のとおり、エンジン+バッテリーのハイブリッドは、もともと動力性能向上のひとつのアイデアだったでしょう。排気量を変えず、効率的なアシストをするということで。

 それがいつのまにやらエコの代表みたいな話になっちゃった。要は設定を燃費方向に振ったということだけど、逆に振れば途方もないハイパワーカーになっていたわけだものね。

 それをある程度表現した、つまり燃費一辺倒ではない出し方に違和感が薄れたというか。まあ、それにしたって燃費がいいのは事実なんだから、コンパクトカー並の燃費でスポーティクーペを作りましたって素直に言っていいんじゃないかとは思う。

 もうひとつは、スポーティカーとしてふつうにアプローチしてること。たとえば車体剛性やサスペンション設定やらステアリングフィールやら、あるいはMTの設定やら。つまり、単にインサイトの着せかえじゃなく、スポーティクーペとしてごく普通に作っていること。

 スタイリングも、キャクターラインはかなり強烈だけど、ずいぶんと分厚いキャビンを、鋭角なサイドグラフィックスとともに目立たないよう巧く処理している。絞り込んだリアのキャビンと豊かなフェンダーの組み合わせなんかも違和感ないし。もちろん、ユーロシビックみたいにプレーン方向にする方法もあったとは思うけど、いまのホンダらしさはしっかり出ていると思う。

 面白いのは、未来ちっくなメーター周りが、逆に80年代を連想させるなあと。斬新と子供っぽさが紙一重のアプローチが、当時のある種の勢いを感じさせるような。きっと、こういうのが後年になっても懐かしく語られるんだろうな。

 さて話は変わって、じゃあメーカーや雑誌の言うように、このCR-Z(やトヨタの新ハチロク)は、件の「若者のクルマ離れ」対策なるかというと、僕はそう思わない。

 そもそも、僕は若者=スポーティカーなんて公式は幻想か勘違いだと思っている。実際、ハイソカーやらスペシャリティーカー、あるいはクロカンブームみたいに、若者の動きなんて一貫性がないでしょ。つまり、若者向け商品という発想自体がおかしい。

 だいたい、220万円以上なんて価格のクルマを、たとえば20代の若者が買うってどこか変でしょ。っていうか不健康な気がしない? だったら110万円でスイフトやデミオの廉価グレードとか、先代キューブの中古を80万円でとか、同じく初代ヴィッツを40万円とか、そういうことでいいんじゃないの? 実際、CR-Zの立ち上がりは40、50代がメインって話だし。

 まあ、若者に限らず、クーペ市場のない日本じゃなくて、CR-Zは欧米が主戦場なんだとは思う。あちらでのセカンドカーやらOLの足やら、そういう想定で作ったと。あくまでそうやって考えるなら、日本発の最新商品として、このクルマはやっぱり悪くないなと思う。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:アストンマーチン・シグネット(公式発表) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

【CR-Z】

たしかに成人式を三度迎えたワタシからみても魅力的な存在ではありますし、過去に【サイバーCR-X】を所有したことあるので、あまりにも気になる存在ではあるのです。

メーカーの発表では、想定していた購買層の40~50代よりも20~30代の比率が高いことに驚いているふうなことも伝えられています。

車両価格はベースモデルで税込み220万、上級モデルが250万円でしたか、エコカー減税の適用で現時点では重量税と取得税が免除でしたでしょうか。

それにしても付帯費用は20万は超えますでしょう。ましてやオーディオレスが標準。

若い方々が、250~300万円もの資金をやり繰りすることなんて・・・。

クルマはいまや贅沢品ではない・・・。いやゼッタイに贅沢品であるとあると思わずにはいられません。

だからお役人は贅沢品をかえるくらいのひとからは税金もしっかり取れるものと信じて疑わないのでしょう。

クルマに恋して、自分のものにしたい・・・、叶えるのはたいへんです。

いま再びクルマは夢の乗り物になった???


話しを【CR-Z】のハード面?に戻しますが、【CR-Z】がガソリンエンジンのみの動力源の構造のクラまであったとしたら、車重はどれくらいにおさまったのでしょうね?興味あります。ひどく後ろ向きな想定ですが_。

でも【CR-Z】というモデルに、ぴったしのスポーツ・エンジンはホンダには持ち合わせはないんですよね !?

エコロジー時代の、究極のファッショナブルなデート・カー(もうこんな言葉ないですか)と解釈すべきクルマなのかも知れません。

投稿: イニシャルN子. | 2010年3月 8日 (月) 20時35分

CR-Zの手法、これはこれで新感覚のクルマとしていいんじゃないですかね。
でも世間ではハイブリッドスポーツとか言われすぎちゃっているから、従来のパワー感を強調したスポーツ性を求められると物足りないと言われちゃうのかな…と、昨日試乗して思いましたね。
運よく6MT車に乗れましたが、シフトはコキコキと入りやすく、結構イージーでしたよ。坂道でもヒルスタートアシストがあるから安心して発進できる。MTでも気軽に乗れる点でいいクルマでしたね。
でもエンジンが1.5リッターVTECになり、ハイブリッドでモーターが付いている割には低速トルクは物足りないように感じますね。
インサイトがコストを意識しすぎてやや頼りない作りなのに対して、CR-Zはボディもシートもしっかり作られている。
ただし、ホンダが今後ハイブリッドで勝負をするなら、インサイトもCR-Z並みにしっかり作っていただきたいし、今後出るフィットのハイブリッドもしかり。
あとミッションに関して、IMAのようにパラレル方式を採用するハイブリッド車なら、CVTじゃなくVWのDGSのようなデュアルクラッチ方式のミッションを採用したほうがドライブがイージでかつもっと面白くできると思いますね。
今後に期待が持てるクルマだと思います。

投稿: アクシオム | 2010年3月 8日 (月) 21時48分

うーん個人的にはアリなんですよね。こういうの。
いやむしろ久々に欲しいクルマが出て来たかなって感じなんです。
CR−X(当時はCity Runabout とか言ってたと記憶)の面影っぽいものも有るし。
メカ的な話をすると、小生は「だいたいHVってターボやスーパーチャージャなどの過給器の代替えに、電気モーターをくっつけたもの」としか考えてません。
今はもう評価もされないTURBOだって、出だしの頃は燃費が良くなるとか言ってましたが、みんなが楽しんで走ったらあっという間にガスイーターのレッテルを貼られましたし。
その点ではHVは少しはいいんじゃないかな。
ガソリン消費を本気で気にするなら、ゴルフ場のカートにナンバー付けてでも走らせればいい事(でも誰も本気でやりたがらない)
やはりクルマはお利口さんぶってばかりいるんじゃ、面白くないのがホンネじゃないかな。
結局は昔から当たり前に言われてる事だけど、クルマはバランスなんだと思いますね。

投稿: nobol | 2010年3月 9日 (火) 02時43分

久々にカッコ良いと思える国産スポーツと感じましたがサイバーCR-Xの記憶が頭から抜けて無くて一目見て「デカッ!」とディーラーで言って仕舞いましたが横にいたセールスさんに「40代位の方で同じ反応が多いです」と言われて皆さん同じ感想なのかと。

若者のスポーツカーは40代の自分が免許取った頃は4〜6年落ちのライトウェイトスポーツのMT車でしたし、5年後に若者が中古を買うかどうかで解るかと。

投稿: B.Y | 2010年3月 9日 (火) 16時44分

みなさん高評価で、なんだか、モノスゴイへそ曲がりっぷりが突出しちゃいそうなんですが…

デザインが、最初のスタディーモデルが飛ばしていたせいか、なんか、今のホンダの車じゃんと思ってしまったのと、インテリアも、今のホンダじゃん、て言うのが正直ガッカリだったんです。

ユーロシビックがガキっぽいデザインというなら、こっちはデザイン自体がバランス悪くて気持ち悪いです。最近のデザインは、各社に言えることだと思うのですが、「沈黙恐怖」(笑)ならぬ、「空白恐怖」的な感じを受けます。
出と、入りがわからない線に溢れすぎておなかいっぱいになっちゃうんですよね。
この前、「ノア」のリアの線をみてたら酔いそうになりました…

という訳で、クルマにはどうこうではなく「デザイン」にな~んだ感がありありです。折角新ジャンルなのにもったいない!

とりあえず、初期受注は好調でおめでたいですけど、すぐに飽きそうなんですよね。むむむ、私の感性が古いのか?

投稿: ぷじお | 2010年3月 9日 (火) 21時59分

【ホンダ CR-Z 発表】予想に反し受注の半数が20-30代
http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/article=20215/

投稿: abcd | 2010年3月10日 (水) 03時44分

今迄にもレクサス等で、動力性能のUPを謳ったHVは在りましたが、ここまでスポーツ性を重点に置いたHVは無かったですね。 そう云った意味では、すぎもとさんと同様に好感が持てます。(勿論、実物を見たり乗った事など無いので、あくまで感情的な意味合いで)
ですがスタイルについては、「どうだかな~?」って気がします。 CR-Zと名乗るからにはCR-Xを意識しない訳にはいかないでしょうが、ここではインサイトが邪魔をしています。 詳しく見れば、かなり異なっているのでしょうが、デザインテイストが似ているので、単なるインサイトのクーペVerに思われてしまう可能性があります。 オーナー心を擽るには、何かサムシングスペシャルが足りない気がします。
また、後方視界も悪そうですね。(特に左後方) バックする時に大丈夫なんでしょうか? スポーツタイプと謂えども、やはり普段使いの車でしょうから、心配になります。
最後に、セクレタリーカー的な売れ方を考えておられる様ですが、どうでしょうか? セクレタリーカーにしては女性的色気を感じるスタイルには見えませんし、例のリーマンショック以降、このカテゴリーは更にニッチになったのでは?

投稿: 山の熊さん | 2010年3月10日 (水) 20時30分

私も「若者のクルマ離れ対策」になるとは、到底思えません。
そもそも「若者のクルマ離れ」なる物言いが悪く言えばまやかし、
良く言って御認識だと考えていますが。

それと、数年間西欧に住んでいた経験から言いますと、
確かに欧州は「若者=安いコンパクト、それもほとんどが中古」
「中高年(白髪)=所謂ハイソカー、高級クーペ」という世界でした。

しかし、その国の人たちに聞いてみると、それは「やむを得ないから」でした。
「金があれば高いクルマに乗りたいよ」「税金が高いからねえ」
「子育てに金がかかるから」
「年とって金銭的に余裕ができれば高いクルマ買うよ」
…若者のほぼ全員がこういう回答でした。男女問わず、こうでした。

つまり現代日本と同じ事情なのであって、
そこに「健康」「不健康」という価値観は存在しません。
単に収入の問題なのです。
乏しい可処分所得を何に優先的に振り分けるか?という
現代日本の若者と全く同じ「台所事情」が存在するだけなのです。

繰り返しますが、「健康・不健康」という切り口はちょっと「?」ですね。

投稿: 250ライダー | 2010年3月11日 (木) 00時18分

>投稿: 250ライダー | 2010年3月11日 (木) 00時18分
>乏しい可処分所得を何に優先的に振り分けるか?


ええ、かつての日本は車に「優先的」だったからこそ、ブログ主さんのいうような「不健康」だったわけですよ。
「車離れ」はまやかしでもなんでもなく、むしろ先進国として健康的な現象です。

投稿: abcd | 2010年3月11日 (木) 19時25分

イニシャルN子さん

20、30代が意外と多いのは初期受注故なのではないかと。
元々クルマが好きで、支払いもいとわない「待ってました!」と
いう。ちなみに僕が最近某ホンダ販売店本社に聞いたところ、
やはり販売ピークは40代で、意外ということでは60代以上
も少なくないそうですよ。

軽量で、効率のいい内燃機関はマツダが数年後にやってくれ
そうな気配ですね。

アクシオムさん

いまはHVならそれだけでOKな妙な感じですけど、今後はHV
も単に動力源のひとつの手段であって、結局はクルマそのもの
がどうなのか?になって来るような気がします。
トルクの細さは・・・何ていうかホンダの伝統?

nobolさん

上にも書きましたけど、結局クルマとして面白いか否かですね。
しかし、何であれ「ブーム」頼りのいまの日本では正常な売れ方
は難しそうです。

BYさん

いまは中古市場も厳しくなってきているようですね。しかし、僕も
メーカーはもっと中古車の売り方を真剣に考えるべきだと思いま
すね。単に大きな敷地にズラっと並べるだけでなくて、内容的に。

ぷじおさん

「空白恐怖」とは面白いですね。やっぱり一種の流行なのかと思
いますね。これに比べたら、あのビートの何てシンプルなこと!!
しかし、そのシンプルで飽きの来ない・・・が一番難しいと。
個人的にはカロッツェリアの衰退と、インハウスデザイナーの台頭
に関係があるのでは? なんて感じています。
そういえば、プジョーもいよいよ方向転換のようですね。

abcdさん

これ、読んでますよ。自分の情報はイニシャルN子さんのコメントのとおりです。

山の熊さん

インサイトの雰囲気は意識してのことじゃないかと思います。そ
の上でフロントあたりに新しさを出そうとしたのかと。東京モーターショーにあったスカイデッキとともに・・・。
サムシングスペシャルですが、仮に僕がこのクルマを買うのであれば内外装のカラー、素材の選択肢を圧倒的に増やして欲しいですね。
ほぼ2人乗りのクーペという贅沢なクルマですから、待つのをいとわないなら好きなようにできるくらいのことをしていいんじゃないかと思います。

250ライダーさん

僕の知る範囲では日本でも欧州でも、いまでもバブル時でも、若者はそんなに高給で高預金じゃないと思っています。そうしたら仕方がないから安いクルマに乗る。無理なく買えるものを選ぶ。何十回ものローン抱えてハイソカーとかじゃなく。もちろん諸経費込み250万円オーバーのクーペも。
僕は、たとえば若者が安いプジョーやルノー、あるいはキューブやヴィッツに乗ってクルマ生活を楽しんでいるのなら、それは健康的に見えます。健康・不健康が?なら自然・不自然でもいいかもしれませんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年3月13日 (土) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33685776

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・CR-Z:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:アストンマーチン・シグネット(公式発表) »