« 雑誌ナナメ読み:「間違い」はまだまだあるか? | トップページ | Drive My Car:車検、一応終わりました »

クルマ散策:リコールでケジメ?

Newprius

   検察が不起訴とすれば今度は「道義的責任だ」といまだ幹事長に食らいつき、一方で朝青龍はめでたく引退に追い込んだ。

 事象それ自体の検証より、「空気」で世論を操作する”劣化マスコミ”の、次なる標的はプリウスだった。

 北米でのアクセルペダル問題とあたかも同一案件のように一気に火がついたプリウスのブレーキ問題は、その扱いからもすでに冷静さを失っているのが明白だった。大手新聞紙上では、公用車として購入した自治体担当者が「せっかくエコを意識して買ったのに、対応に苦慮しています」などと語る記事もあった。意味不明である。

 ネットのニュースサイトなど一部では詳細な説明があったけれど、TVニュースでは回生と油圧ブレーキの関係についての解説は皆無に等しい。もう、一律「一時的にブレーキが利かなくなる」の一点張りだもん。

 たとえば、回生ブレーキに違和感があるのは初代から言われていたとか、そんな前提の話すらないでしょ。じゃあ、その上で初代や2代目までそういうクレームは1件もなかったのか、とか。

 もちろん、新型である3代目は異常な売れ行きで、ハイブリッドカーという特殊な商品の爆発的な広がりと苦情件数の関係も検証材料になるかもしれないよね。一部局では国沢氏が数秒程度のコメント出演していたけど、評論家やジャーナリストはもっと積極露出してよかったんじゃないかな。COTYとかAJAJとかの団体としてでも。

 そうやって今回の油圧ブレーキの設定が「ミス」と言えるのか「違和感」の範囲内なのか、しっかり取材、検証するべきでしょ。結果、これはホントにミスだとなってからトヨタを叩いたって遅くないわけだし。

 まあ、八ッ場ダムも暫定税率も高速無料化もそうだけど、とにかく最近のTV報道の取材力の欠如はハンパじゃないよね。今回のプリウスだって、普通に取材すれば問題点の把握なんて簡単な筈だし。

 そのくせ、責任とって辞任だ引退だリコールだと、自らの仕事は果たさず、いとも簡単に「極刑」のキャンペーンを張る。そういう道しかない雰囲気を作り上げる。もう始末に負えない。実際、今回のリコール会見ですら、トヨタは「イメージの悪化を恐れて」って言ってるよね。

 いや、こんなこと書くと「お前もついにメーカーの肩を持つのか」なんてコメントが来そうだけど、僕はもともと新型の異様な売れ行きやメディアの大騒ぎぶりに疑問を呈していた方だからさ。プリウス、プリウスうるさいよって。けれども、いまの報道の酷さはそんな次元じゃないんだよね。

 これでまたしてもめでたく極刑=リコールまで追い込んだわけだけど、どうやら引き続きSAIやレクサスHSまでトドメを刺さないと気が済まないみたいね。もちろん雰囲気で。

 それにしても、北米のペダル案件がとっくに政治的な範疇に移行しているいま、のん気に自国メーカーを「空気」で叩いてる日本のマスコミって一体・・・?

|

« 雑誌ナナメ読み:「間違い」はまだまだあるか? | トップページ | Drive My Car:車検、一応終わりました »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

自分自身はハイブリッドカーしか買えなく成るまで普通なガソリンエンジンの車しか買う気が無いので関係無いですが。
昔のスポーツパッドを経験した世代としては、ブレーキ効かない時はペダルを強く踏み込むなんて当たり前な事だと思います。
町中を大量のプリウスが走ってる現状では、まず効かない時はペダルを強く踏め!とのキャンペーンをトヨタもマスコミも徹底的にするのがスジだろうと感じてます。

投稿: B.Y | 2010年2月 8日 (月) 13時03分

支那で商売が出来ないから総理大臣は靖国参拝をするなと要請をした北京外国人要人売春招待所大好き奥田。
コイツからトヨタの心は廃れ始まったのです。
売れそうな新車が出そうになると同じ様なものをすぐに出す。
社内留保金が二兆円を超えるってのにリーマンショックだと云うと派遣をいの一番に切り捨てる。
コストカットは全て関係下請けにしわ寄せをする。
譲も何も銭が儲かれば何でもやる。

しかし
世襲社長になったら、真っ先に演るべき事をせず、
G’sだGR?だとほとんど毎日がハトポッポ状態。

心根が卑しい経営者が出ると、世界一の企業も地獄の苦しみを味わうことになるのでしょう。
首を飛ばされた連中の気持ちになるとかわいそうとは思わないですね。
ころがる前がテッペンだったって事です。

投稿: 佐衛門 | 2010年2月 8日 (月) 15時06分

一番の原因は、マスコミがどう報道するにせよ、トヨタがプリウスのブレーキ問題に対して、きちんと対応しなかったことが問題でしょう。
お客さんから問題の現象が上がった際にしっかりと対応すればいいものを、あまり公表せずに1月生産分からブレーキやABSの制御を変更して対応しているではありませんか?
それに先週金曜日の章男社長の会見は、お客様の不安を払しょくる為に出たと言いつつも、じゃあどう対応するのか明確に示さず、全然不安なんか払拭できてないでしょう。
僕は今回このブレーキ問題については、リコールではなくサービスキャンペーンでの対応を早めにしていれば、それほど騒がれずに済んだはずだし、トヨタの販売店ならそれに従ってきちんと誠実に対応できたと思いますよ。

確かにマスコミの報道には行き過ぎた部分はありますが、マスコミが空気的に世論を操作しているという論調、それだってどこかに責任をなすりつけているようにも僕は思いますね。
また章男社長はどうもリーダーとしては内向きな感じがして、安心ができませんね。アメリカでのリコール問題が上がった時点で、出てきてもおかしくないのに、先週の会見ではやっと出てきた感じ。
これじゃトヨタの大政奉還って、創業家を守るためにやっているとしか思えませんね。

投稿: アクシオム | 2010年2月 8日 (月) 20時07分

マスメディアの劣化ぶりが、目に余ることは私も否定しません。
一応、何を報道しているか確かめるために、ニュース・新聞などに目を通しますが、現在のニュースは国民が知らなければいけないことは意外に無視して、おもしろおかしいことばかりで、アレばかり見ていると自分の国のことが全然わからないんですよ(笑)

新聞も、テレビ局との結びつきがあるため、報道はほとんど同じですね。
でも、それを善しとしている人間にそもそもの問題があるのであって、「トヨタ」のことは別だと思います。

「トヨタ」は、やっぱり、一線を越えたことをしてます。
他社でもそうですが、(みなさんもご存知かと)クルマは、実際の販売が始まった後も山のように国交省に改良の書類を出しまくります。

大体は、安全に関係のない「無駄なビスを無くす」とかの軽微なものですが、半年経つと笑っちゃうくらい手を抜いてきます。
今回のプリウスの場合は、初期不良に当たる事象ですから、珍しいことではないのですが、対応が非常にマズイ。 特に、感覚の問題なんてことは、製造側の判断ではなく、乗っている人の立場に立つべきことで、非常に「驕り」を感じます。

マスコミが無能であるのは、仕方が無いですが、「技術立国」を標榜していた日本の一番の製造業の会社の対応としては、非常に不満です。

トヨタの社長が「私が出てきました」って発言を会見で言ってましたが、正直、「あんたなんか、うちの会社の社長じゃないんだから知らないよ」と思いました。

マスコミもマスコミですが、「トヨタ」にもそれなりの対応を求めるのは健全だと思います。 鬼の首でも取った様な報道も辟易ですが。

投稿: ぷじお | 2010年2月 8日 (月) 22時26分

トヨタ車には全く魅力を感じません!

ビジネス的に成功していると思いますが・・・・
クルマによってバラツキがあるように思います。

その中でまあイイな~と思う車種は

5代目ビスタ、初代ヴィッツ、2代目ヴィッツ
プロボックス、ハイエースぐらいかな?


投稿: あぷと | 2010年2月 8日 (月) 23時18分

巷じゃ悪評だらけの国沢を持ち出す時点でマスコミの程度はたかが知れているというもんです。とりあえず、COTYでプリウスに満点入れた人間は自分の足で何かしら取材して説明すべきでしょう。
なーんにも考えず褒めちぎるだけなら、私どころか小学生でもできるし(笑)
最近じゃ内燃機関の仕組みすらろくに説明できない評論家がいますからねぇ。
こんな程度の頭で飯が食えるような業界って一体どうなんですかね・・・。

投稿: なおすけ | 2010年2月 9日 (火) 14時00分

お前の記事はレベルが低すぎる。
マスコミ云々の話ではない。
貴様のような輩のヨタ話はテメーラが批判する
マスコミが存在するからできるんだろうが、ボケ。
何が空気だ、アホ。
何十年も前のベストセラーの山本の話の受け売りしかできない
知的コンプレックスの塊野郎。
トヨタを叩いたって遅くはないわけだしだってよ、結局時期の違いされあれ
叩きたいだけだろうがドアホ。
なんでオメーみたいのがいらない仕事してるの?
職安でも通ってろや。
いらねーんだよ、テメーみたいのは。
カス、ドカス。

投稿: ikaru | 2010年2月 9日 (火) 20時08分

すぎもとさん。 お久しぶりです。
時々チェックはしていたんですけど、色々と有りましてコメントはサボっちゃいました。(すみません)
今回の件ですが、すぎもとさんの言われる通りマスコミの在り方はオカシイのですが、いつもの通りとも言えます。
一般的に表面化しない内は、問題化しない。 だけど一旦火が着いたら‘水に落ちた犬を更に棒で叩く’といった。 特にトヨタの場合、今までマスコミに対し恫喝めいた事を言った事もあり、ここぞとばかりに。 それに今回はアメリカ発信だけに、自分達に火の粉は掛からない? まあマトモじゃありませんね。
ところで、トヨタも駄目ですよね。 このプリウスの問題は前々から報告されていたハズ。 それを隠密理に処理しようとするから、この様な羽目になる。 一月生産分からプログラム変更をしていたなんて、そのイイ証拠です。
それはさておき、もう一つのアクセルペダルの件ですが、私はそちらに興味が有りました。 これは明らかに擦り合わせ不足なんじゃ無いんですか。 トヨタは生産方法を、擦り合わせ型から組み合わせ型に変更したのでしょうか? その方がコストも掛かりませんし、‘乾いたタオルを更に絞る’トヨタなら或いは…。

投稿: 山の熊さん | 2010年2月10日 (水) 01時24分

初めてコメント致します。

大小の違いが有りますが、あなたもマスコミの一部なので同罪です。
「自分は違う」というのであれば、具体的提案をどんどん出して下さい。
出すだけでなく行動に移して下さい。
何かを批判するということは、それを上回る何かが無ければと思います。
今のままでは単に「文句言うだけ」の人です。

PS:私がこのような書き込みをするのは初めてです。
そういう意味では、このWebに何かしら影響力があるのでしょう。

投稿: くた | 2010年2月11日 (木) 19時21分

>出すだけでなく行動に移して下さい。
評論家は「評論すること」が仕事だと思いますが?

投稿: あ | 2010年2月11日 (木) 22時26分

コメント各位

やっぱり現在進行形で、かつ大きな話題なだけにいつになく
たくさんのコメントをいただきましたね。

考えがあって個別のご返信はしませんが、やはり皆さん非常
に鋭いご意見をお持ちでさすがです。今後の自分の活動に是
非反映させていただきたいと思いますので、今後ともよろしく
お願いいたします。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年2月13日 (土) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33291649

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:リコールでケジメ?:

« 雑誌ナナメ読み:「間違い」はまだまだあるか? | トップページ | Drive My Car:車検、一応終わりました »