« 雑誌記事:マガジンX 3月号発売 | トップページ | クルマ散策:リコールでケジメ? »

雑誌ナナメ読み:「間違い」はまだまだあるか?

Machigai  徳大寺有恒氏の「間違いだらけ」新刊が出ましたね。エコカー限定の変則版だけど。

 最近、すっかり”懐かし話”が多くなった巨匠。若い評論家が台頭する中、この新しい「間違いだらけ」は果たしてどうなんだと思う方も多いのでは?

 で、色々な意見はあると思うけど、読後、僕はいまでも巨匠の「間違いだらけ」はアリだと感じたんである。なぜって、ここでは明快な「批評」が生きていたから。

 たとえば、「ハイブリッドだけじゃダメだ」「10.15モードには大罪がある」「車検制度は見直せ」「軽自動車規格はおかしい」「ハイブリッドVSディーゼルは馬鹿げてる」「ロングライフも立派なエコ」「トヨタビジネスの失敗」

 たぶん、このブログを読んでいただいている方にとっては当然のことばかりだろうし、軽自動車規格や車検、ロングライフなんかは僕もすでに記事にしている。だからそれ自体は決して目新しいものじゃない。けれども、じゃあいまこれだけのことを明快に雑誌や書籍で書いている評論家やジャーナリストがどれだけいるのか? っていうと、実はほとんどいないことに改めて気付く。ましてや、こんなにまとめて・・・。

 以前からそうだったけれど、この不況になってメディアによるメーカー応援歌はますます顕著になった。いまやほとんどの雑誌が、趣向の違いこそあれ応援記事のオンパレードだ。いまさら批評なんて青臭い、なんて雰囲気プンプンである。

 あの”街の評論家”テリー伊藤氏さえ、「この5年間はメーカーがユーザーに媚びたクルマを作っても許す」みたいな、ほとんど思考停止なことを書いているくらいだ。まるでこの数十年間、メーカーは媚びたクルマ作りをしてこなかったみたいに。

 小沢幹事長が白だの黒だのという意味不明な話を、なぜかマスコミが連日トップニュースにして見えにくくなっているけれど、実際には政権交代で色々なところが変わり始めている。恐らくその多くは50、60年間の前政権時に「青臭い」とされたことが基本じゃないかと僕は感じている。で、青臭いことを実行するからこそ現実的に物事が変わるんじゃないかと。

 そう考えれば最近の自動車評論は時勢と真逆もいいところなんだけど、このタイミングで「間違い」を指摘したのは、だからとても意義深いと思う。現状肯定に躍起になるしたり顔達が「何をいまさら」と言いそうな青臭い内容だということも含めてね。

 ただ、それをやったのが結局は巨匠だった、とうのは逆に言うと残念なのかな。良識ある評論家なら同じ考えを持っているだろうけど、ただ考えているのと世の中に公表するのでは天と地ほど違うもの。

 まあ、強いて言えば後半のエコカー30台批評が前半ほど納得感がなかったのが残念かな。

 そうそう、雑誌「東洋経済」が自動車業界特集を組んでいるけど、単に現状認識ならこうした経済誌の方がよっぽど面白いっていうのも問題かも。評論家でもない大学教授がしっかり軽自動車規格見直しを提言してる、とかね。

|

« 雑誌記事:マガジンX 3月号発売 | トップページ | クルマ散策:リコールでケジメ? »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

何時も楽しみに読ませて貰ってます。
(間違いだらけの)は昔は一番信用出来る評価でしたね、最近はMAG-Xの座談会を一番信用してます。

自動車評論家の提灯記事はその車買う気に成った人が満足する為の物だと思えば良いんでしょうね。
今時車雑誌読んでる人は、提灯記事に騙され無いでツッコミ入れてる人なんじゃないかと思います。
提灯記事に騙される人はきっと記事自体読んで無いし、騙された事に気付かないから実害無し?

投稿: B.Y | 2010年2月 1日 (月) 12時04分

>最近、すっかり”懐かし話”が多くなった巨匠。

さすがに世代交代の時期ですよね。
自動車、出版業界を取り巻く環境もここ数年でガラリと変わりましたが、
そんな局面だからこそ、すぎもとさんはもちろんのこと、
同世代の評論家の方々のますますのご活躍を期待するところです!

 ・ ・ ・

話が一気に逸れますが、アルファやランチアが瀕死の危機と聴いております。
寂しいけれど、これも「時代」なんですね..。

投稿: knock | 2010年2月 1日 (月) 19時12分

年初に書店に並んでいたものを買ってすでに読んでいました。
確かに巨匠の明快な批評は健在ですが、2つ気になる点が…
ひとつは、徹底批評として俎上に挙げられたクルマが表題通りエコカーに
限定され、その多くは以前の「間違いだらけ~」と違って少々肯定的な批
評、というか欠点よりも長所が目立つ論評だったこと。
2つ目は、巨匠にしては独特な文体や表現が抑えられ、豊富でありながら比較的整理された情報が見受けられた点。
お歳を召された巨匠にしては、妙に洗練されたものを感じましたね。
これは推測ですが、以前と違って巨匠だけでなく、徳大寺自動車文化研究
所のブレーンの方たちも携わっていそうな本にも思えましたが…
でも最近冴えない自動車評論において、巨匠のような見識ある批評は懐
かしも希少であり、新鮮でしたね。
評論家の中で、巨匠のように一見見識を見せる人もいますが、どうもすっき
りしないし、面白くもない。まぁ誰とはいいませんが…

投稿: アクシオム | 2010年2月 1日 (月) 22時24分

巨匠は私の高校の先輩なんですが、
そろそろって感じがします。
生きてきた年数以上の車は乗れないんでネ倉庫にも在庫が限られてますから。

新物好きの私でも、
新しければ良いとは考えておりません。
新しいものには必ず瑕疵が有り、
それを人の努力と年月が治していくものだからです。
しかし
瑕疵にもいろいろ有りまして、治す前に人の命をも奪ってしまうものがあります。
誰か民主党の品質検査をしたのでしょうかねcoldsweats02

投稿: 佐衛門 | 2010年2月 2日 (火) 15時46分

こんばんは!
巨匠の本も創刊から読んでいます。

確かに一時期のコメントに比べて
徳大寺節が薄れた感じ・・・・
体調を崩して新しいクルマに乗る機会も
減ったのかも知れませんね!

でもこれからは、すぎもとさんや森さんに頑張って
頂かないと・・・・

投稿: あぷと | 2010年2月 2日 (火) 22時23分

ハナから「エコカー」なんてモノは存在しないと思ってますので、立ち読みで、最初の部分だけパラパラと読んだだけですので、個々のクルマの批評は読んでなくて恐縮なんですが・・・

当然のことを、今頃?というのが感想です。「徳大寺」御大が書かれた、と言うのがトピックなのはわかりますけど、今月号の「マガジンX」の「ポロ」の総括にもある通り「ハイブリッドはいらない」と、常々思ってますので。

今、とても、タイムリーな話題ですが、今の日本車は、「最新」が「最善」とはなってないことの警鐘を鳴らしていただけるといいんですけどね。

投稿: ぷじお | 2010年2月 4日 (木) 20時26分

B.Yさん

こんにちは。
新車インプレッションについてはそういう読み方をされている
面はあるかもしれないですね。
あとはそれ以外の業界諸々についてはどうでしょう? HV
が1番だ、と言えばそう信じてしまうフツーのユーザーはまだ
まだ多いのでは? と僕は思っています。

knockさん

世代交代・・・できてますかねえ? 何だか心許ないような。
アルファは本国でも人気メーカーというわけじゃないですから
ね。同じお金を出すなら・・・というコトなんでしょうね。

アクシオムさん

本文中にも触れましたが、車評は「間違いだらけ」にはなって
いませんね。今回のメインは前半かと思います。
それとブレーン云々は僕も感じていました。ただ、それは小説
のゴーストライターの次元とは違うかな、とも感じています。

佐衛門さん

最新が必ずしも最良ではない。
きっとそうなんだと思いますが、それを語る人はほとんどいませ
んね。まずそこからのような気もします。
しかし、巨匠は先輩に当たるのですか・・・。

あぷとさん

森さんって、あの森さんですか?
自分はあの方と併記されるほど精進してないです・・・。もちろん
そうなりたいですけどね。

ぷじおさん

当然なんですけど、その当然がなかなか表に出て来ないのが
問題ですね。僕らクルマ好きだけが知っていればいいというもの
ではないですしね。しかし、トヨタはいよいよ大変ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年2月 8日 (月) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33161840

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:「間違い」はまだまだあるか?:

« 雑誌記事:マガジンX 3月号発売 | トップページ | クルマ散策:リコールでケジメ? »