« クルマ散策:マーチの不安 | トップページ | Drive My Car:車検の続き、完了しました »

新車心象風景:トヨタ・パッソ

Passo

   一連の騒動で発表イベントが自粛・中止になって「可哀想に・・・」と思ったけれど、聞けば女性タレントを招いての「ハナ女子大学入学式」なんて趣向だったらしく、だったらなくてもよかったかなと。ただ、このどうでもよさそうなイベントが新型パッソ(今回はブーンではなく)を象徴しているのは間違いないとは思う。

 「トヨタ最小、プチトヨタ」の先代がえらく売れたのは、まずプチトマトな内外装、約100万円からというお手頃価格、そしてクルマ全体に漂う”気兼ねなさ”じゃなかったかと。

 で、まず内外装。よく見ると結構シャープなスタイリングだった先代に比べ、今度は最初から可愛い方向の曲線や面の多用で、それをグレードとして後押しするのが+Hanaヴァージョンだ。

 べつに開発の人に聞いたわけじゃないけど、これ森ガールでしょ。実際、カタログにはそういう女性が載ってるし。いや、森ガール自体はいいんだけど、丸いカタチとか、アースカラーなボディ色とか、ココアな室内とか、そういう次元のコンセプト?でクルマ作っちゃうのがすごいなあと。

 それから価格。そりゃまあ安いのに越したことはないけれど、同じホイールベースのシャシーや2種類のエンジンは部分改良こそあれ基本先代のキャリーオーバーだし、VSCやTRCに加え、サイド、カーテンエアバッグも何といまどき全車オプションに。

 それにヘッドレスト一体型シートをはじめ、内装なんかはちょっとビックリするくらい質感が落ちている。インパネトレイやドア内張りの安っぽさは、自慢の森ガール演出をもってしてもコストダウンがバレバレで、先代は元より、同じ女子向けのアルト・ラパン、いや自分ところのミラ・ココアにも届いてないんじゃ?

 そのダイハツが軽用を改良したCVTこそ新規らしいけれど、それ以外に走行、安全、燃費、環境技術にこれといって見るべきものはない。誇らしげなリッター22.5キロの燃費はホンダやマツダのライバルを越えるものでもないし。

 もうひとつは気兼ねなさ。自分の部屋みたいに気兼ねなくてどこが悪い?なんて言われそうだけど、パッソのそれは限りなく存在感を消す方向性に感じてしまう。

 とくに愛着を感じるでもないボディ、何か自己主張できるようでもないインテリア。普段着でバンっと乗って、荷物ポンと放って、ダーっと走って、それだけみたいな。じゃあ、それがいい意味でのカジュアル感覚かというと全然違う。たとえばスズキのスプラッシュのように。

 いや、そこに個性を出すのが先の+Hanaということなんだろうけど、森ガール感覚なんてハッキリ言ってオプションレベルの話でしょう。開発初期段階から女性チームを加えた結果がこれか、と実に残念じゃないか。いいのか女性社員はこれで?

 じゃ、そういうことならパッソなんかやめてしまえ! と言いたいのかというと、実はそうじゃない。ある意味逆かも。

 つまり、とくに時代を先取る新提案もなければ高い思想もなく、ただただ女子の好みそうな雑貨やアパレルの香りを内外装にふりかけただけの安いクルマが、毎月の登録ベストテンの常連になるほど売れる。それをトヨタが善しとするのか否かってことなんである。

 まあ、そうだからこういうモデルチェンジなわけだけど、だったら「若者のクルマ離れ」だとか「クルマの味」とか言わない。100万円を105万円にしてサイドエアバッグを、110万円にしてVSCも標準にできないんだったら「安全」とか言わないでよ、と。

 佐藤部長やキムタク、今井美樹にリラックマ。いまやほとんどのクルマをイメージだけのCMにしているように、ウチはHV以外クルマの内容なんかどうでもよくて、イメージで売れればいいですからってハッキリ言えばいい。だから今度も「ハナ女子大学」なんですって。

 それなら、新しいパッソはアリなんである。

|

« クルマ散策:マーチの不安 | トップページ | Drive My Car:車検の続き、完了しました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

何時も楽しみに見させて頂いております。
さて、言われるようにトヨタはどこに行くんでしょうか。
『車って、こんなものよ』と言われているみたいですね。
私はかねがね『車は走ってなんぼ』と思っています。
その走りのポテンシャルが低い。
戸たてがよい、内装がきれい、装備が充実してる。
でも、走ってどうか、ということだと思います。
今、スイフトに乗っていますが、内装は質素で、物入れもないですが、素晴らしい走りとシートの良さに感心しています。
でも、売れるのはトヨタの車なんですね。
やはりトヨタが、しっかりとした車作りをしてほしいものです。

投稿: 永遠の十字路 | 2010年2月19日 (金) 12時51分

以前、ヴィッツかなんかのインテリアコーディネイト云々の時にも思ったんですけど、
トヨタのインテリア担当の女性って田舎もんばっかりなんでしょうかね?

その点、インテリアやカラーにおいて、日産って変わったもんだなぁ。
90年前後の商品を見れば、日産も潜在的なものはもともと持ってたんでしょうけど。

投稿: KATSU | 2010年2月19日 (金) 14時38分

エエッ旧型パッソより酷いんですか?
昨年、家族所有のスプラッシュを購入した時にパッソ試乗しましたが、スプラッシュとは雲泥の差で軽四かぁ?この車はと感じて直ぐに候補から落ちてデミオとの一騎討ちでスプラッシュに決めました。
何でこんなのが売れるんでしょうか?

投稿: B.Y | 2010年2月19日 (金) 15時47分

まぁこういうクルマって、ちょいちょいって感じで出来たクルマですね。
実際に開発した人は、それ相当な労力は使ったと思いますが…
でもトヨタのこの手のクルマは、ホント操作系が軽いのはわかりますがフンにゃりしすぎている。
それとバランスが悪い。オフセットってよく使われますが、バランスがオフセットされている気がしますね。iQなんか特にそれが顕著だし、助手席側にスライドドアを備えるポルテやシエンタもひどい。
しかし、こういうちょいちょいクルマを数多く揃えると、開発だって手に負えないし、実際の開発はダイハツを含めたグループ企業で、トヨタ本体は役所でいう単なる許認可部署でしかない。
それもちゃんとチェック機能が効くならまだしも、これだけ品数を相手にすると、一連のリコール騒動が起きたっておかしくない。いい加減、商品のラインナップを整理しないとね。

投稿: アクシオム | 2010年2月19日 (金) 21時28分

社用車で5年17万Km走りこんでいますが壊れない!
街中ではいいクルマかな~?

でも高速走行は苦手で横風影響を
受けやすくコワイクルマ・・・・・

カジュアル内装は日産、いすゞにはかなわない感じですね。

投稿: あぷと | 2010年2月19日 (金) 22時17分

あまり興味が無いので、「アッそう。 モデルチェンジしたの」程度にしか気に留めてなかったのですが、一つだけ気になった事が。
例の+HANAと呼ばれるモデルです。 CMでもバンバン流していますが、この手のモデルって販売が落ちてきた時のテコ入れ商品じゃなかったでしょうか。 トヨタお得意の、例の「新型○○誕生」と騙しスレスレの販促活動ですが、それをモデルチェンジでやってくるとは…。 「アッ、今回は本当に新型誕生か」(閑話休題)
あくまで私の想像ですが、単なるグレード展開ではなく、この様な一種の特別仕様的なモデルを出してくるとは、トヨタも「このパッソでは…」と自覚しているのではないでしょうか? 自覚しているのなら、「まだ判断力を失っていないな」と思う反面、「ソレって正気を失っているんじゃないか」とも思うんですよね~。

投稿: 山の熊さん | 2010年2月20日 (土) 01時31分

みなさん手厳しいですねcoldsweats02 

私も、意見はほとんど変わらないのですが、デザインがぼや~っとなってしっまったのが残念です。
実は、トヨタ車の中でも個人的には、アリの部類のデザインだったので、と言っても、全部ダイハツに丸投げでしたっけ?(笑)

しかし、このクルマの面白いところは、同じクルマなのに「トヨタ」と「ダイハツ」で10倍くらい販売台数に差があったところですね。
我が家の、初代MR-ワゴンと、モコも圧倒的に日産の台数が多かったし…
あまり、目くじらをたてても仕方ないクルマですね、個人的には、また同じことが起こるのか?日本のユーザーはそんなもんなの?という意味で楽しみです。

ただ、ひとつ気になるのは、トヨタって、全車サイド・カーテンエアバッグ標準装備に随時していくって言ってましたよね。それを、また、オプション扱いにするとは、人に優しくないなぁ、やっぱり、日本人を甘くみてるなぁ。この期に及んで。

投稿: ぷじお | 2010年2月20日 (土) 14時30分

今日実車をみてきました。ショールームには新旧のパッソが並べられていました。

旧モデルにナビを装備して100万円だかのプライスタグをつけて売るのだそうです。旧モデルをまとめて仕入れていたからとのことでした。

日産もマーチで99万円とか限定車を、また三菱も99万円クインテッド?アイ・ekワゴン・トッポ・パジェロミニそれにコルトにまでバーゲン・プライス車を設定。

クルマ購入時の何んて言うのでしょうね。 予算的なものがひとつ100万円というのが形成され始めているのでしょうか!?

100万円/180万円/250いや230万円くらいでしょうか。

100万円車では前記のモデルたち、180万円ではホンダのインサイトやつい3日ほど前に発売になった三菱のRVR。230万円ではトヨタのマークXの2.5リッター車。

お給料が上がらなかったり、出て行く方の比率が上がれば、クルマに掛けられませんものね。

ワタシみたいに生活費に充てるためにマイカーを手放してしまうというのも、惨め過ぎますが_。

もう一度、持ちたいですけどね・・・。

投稿: イニシャルN子. | 2010年2月20日 (土) 18時47分

数年前に法令で、後席のというか全席3点式安全ベルト装着が義務付けられていたんじゃなかったのでしょうか?

このパッソ&ブーン、いまだに後部中央席2点式ですものね。

定員5名ですのにね。

こうした現状でVSCとかサイドA/Bの標準装備。いったいいつのことになりましょう・・・

投稿: イニシャルN子. | 2010年2月21日 (日) 16時08分

永遠の十字路さん

かっこいいお名前ですね。
走りについて僕は何か書けるほどのものを持っていない
のですが、それでもスイフトの軽快感は分かります。
たしかに内装は質素ですが、スタイリッシュでいいです
よね。SX4もスプラッシュも、スズキの小型車はいいです。
今年スイフトがモデルチェンジを聞いているので、結構期
待しているんですよ。

KATSUさん

田舎もの・・・かどうかは分からないですが(笑)、ハッキリ
しているのは色の使い方が昔から下手であることですね。
どの会社でも、デザイナーであればそれなりの感性は持っ
ている筈ですから、問題は商品企画としてまとめ役がどう
舵を取るかかと思います。その点で日産は意識が高いの
かと思いますね。

B.Yさん

内装は旧型の方がはるかにいいですね。今度見てください。
それにしてもスプラッシュですか。いいなあ・・・。あのクルマ
のCMって、僕のジェミニのCMに似てるんですよね。
何で売れるか? メーカーだけのせいではなく、ユーザー側
の問題もあるかと思います。民度とまでは言いたくないです
けど。

アクシオムさん

企画・デザインがトヨタ、ということらしいですね。
関東自動車、豊田自動織機、トヨタ車体、セントラル自動車、
もうフル稼働ですね。
何だかんだで、昔のように兄弟、姉妹車を作り続けているの
はトヨタだけです。今度ポルテやラウムあたりが統合するみた
いですけど、景気や今度の騒動もありましたから、そのあたり
は検討が進むのでしょうね。
ただ、北米市場をはじめ、景気が回復したら・・・どうでしょう?

あぷとさん

高速走行、苦手なんですか? いまどきのクルマでそんなこ
とってあるんですね。

山の熊さん

いや、たしかにそういう意図があったのかもしれませんね。
+Hanaの内装は濃いブラウンと薄いグレーというコントラスト
を利かせたもので、本来なら結構面白いものになりそうな配
色なのですが、あまりに質感が低くて失敗してるんです。
そこをユーザーがどう判断できるか?ですね。

ぷじおさん

エアバッグについては、朝日新聞でしっかり書かれてましたね。
大手紙経済面の新型車発表記事で「批判」されるのは極めて
異例ですが、いまのトヨタなら何書いてもOKという風潮に乗った
感じです。

イニシャルN子さん

はじめまして?でしょうか。
そういう価格帯構成はできつつあったのですが、205万円のプリ
ウスがブチ壊したような気がします。180万円は「もう少しだせば」
230万円は「この金額出すなら」ということで。
そこに、今度はフィットHVと、ヴィッツクラスHVで150万円のコンパ
クトカークラスが滅茶苦茶になりそうですね。
それにしても、こんなにクルマにお詳しくて、でも手放されたとは?

VSCやTRCなどは、それこそTV報道でもっと扱うべきです。だって
プリウスのブレーキよりよほど意図的ですからね。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年2月21日 (日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33432163

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・パッソ:

« クルマ散策:マーチの不安 | トップページ | Drive My Car:車検の続き、完了しました »