« 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン初体験 »

新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ

Exe  「軽が井の中の蛙じゃいかんぜヨ」、という香取君のTVCMは、自虐的なシャレとしてはかなり秀逸かもしれない。

 前に書いたアルトは、ベーシックと上級の両端が同じ中身でどうなのよ? としたけれど、今度はほとんど同じクルマの住み分けという話だから、あのSAIとHSに近い話かもしれない。

 まずタントのサブネームについては、背高ボディもあるけれど、ぶっちゃけヒット作の名前を拝借したかったという理由はバレバレな感じ。ただ、それにしたってタント最大の売りであるピラーレスのスライドドアを持たないエグゼが名乗るのはいかがなものか、と思う。気持ちは重々分かるけど、ちょっと節操ないかも。

 で、本題はエグゼのコンセプトである「上質な大人」なんである。 

 たとえば、その上質な大人に向けた「グラマラス」なんてすごい名前のシート。たしかに、折ったり畳んだりが必須の元タントよりはイスっぽいけど、じゃあそれが上質とか大人とかそういうレベルかと言えば全然そんなことない。ごくフツーのシート形状だし、生地だってまあコンパクトカーと同じようなものだ。

 何だかカラオケルームみたいな青白い照明もどうなんだと思う。上質な大人って皆さんこういう趣味してるのかな? 僕にはひどく悪趣味で安っぽくしか見えないんだけども。

 スタイリングもそう。水平基調が実に明快な元タントに比べて、何とも曖昧なフロントフェイスや、意味不明の唐突なキャラクターラインを施したエグゼがどうして”大人”なのかサッパリ分からない。

 ましてや、上質な大人ってああいうカスタムするかな? パープルとかのボディで。

 で、そんな高級な作りでさぞお値段も”上質”と思いきや、何とこれ、元タントより若干お安いんだよね。まあ考えてみればピラーレス・スライドドアなんて凝った仕組みを持ってないわけだから、相当なコスト削減になってるんでしょう。

 そこに上質なシートだ遮音材だって加えても元タントより安い。結局、贅を尽くしたようなことを言っても、所詮はその程度のものしか使ってないと。

 似たような姿、ほとんど同じ価格帯、もちろん中身も一緒。つまり絵に描いたような「井の中の蛙」な企画なわけで、そこにあのCMは冗談キツイよなあと。

 コンセプトの中にある「合理的でシンプル」ということなら、図抜けてスタイリッシュなムーヴの方がよほど合致していると僕は思うし、フランス人デザイナーによるシートが自慢のコンテの立場は?とか、そっち方向の問題もどうなんだろう?

|

« 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン初体験 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

こういうところのメンタルって、脈々としたものがありますね。

和洋折衷というか、昭和的というか、ヤンキー文化と親和性が高い感じが高級?
あと、木目調・アルミ風・カーボン風みたいなのも「高級」と名が付くとセットになってるのも?

こういうのは、逆に悲しい気持ちとか、惨めな気持ちになります。

NAVIも無くなりますよ・・・こりゃ

投稿: ぷじお | 2010年1月14日 (木) 22時12分

そもそも軽の規格が本質的に高級なのか?
税制で優遇される現状からすると、否だとおもいますが…

それよりエグゼのCMをよく聞いていると、寺田屋の小娘が2階にいる竜馬に向かって「追手よ~」と叫んでいますが、これは日産の軽「オッティ」と引っ掛けて言っているのかおもったのですが…

投稿: アクシオム | 2010年1月17日 (日) 18時47分

ぷじおさん

そうですね。
日本車では「高級」や「プレミアム」という言葉を簡単に
使いすぎるのでしょうね。これを上質と言っちゃったら、
もうなんでも高級?

アクシオムさん

規格自体が高級の是非となり得るかどうかは難しい
ところですね。
しかしオッティですか・・・。気がつきませんでした(笑)

投稿: すぎもとたかよし | 2010年1月20日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32883219

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ:

« 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン初体験 »