« 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:東京オートサロン初体験

Nissan  メーカーが正式出展するようになり、モディファイに疎い自分でもそろそろ大丈夫かな、と思っていたオートサロンに行って来ました。はい、初めて。

 なので、今回はメーカー3社について感想などを。

 もともとこっち系のファンが多い日産からですが、全社あげてのデザイン改革に則ってか、黒と赤を基調にしたブースはかなり上品な仕上がり。

 ニスモの仕事もやっぱり大人なもので、フェアレディZやスカイラインも意外なほど落ち着きがありました。ただ、そうやって妙に小奇麗だとあんまりお客さんが来ない・・・というジレンマがあるように感じてしまいましたが、気のせい?

Insght  ホンダはもう少し柔らかい雰囲気。檀上のインサイト・モデューロは相当な力作で、先のZやスカイラインの流れといった具合ですが、横に置かれた女子用のピンクなフリードやポップなライフはかなりお茶目でした。

 実際若い女性がデジカメでスワロスキーな室内にデジカメを向けてましたけど、基本的にビシッとスマートなブースは押すなおすな・・・とは言えないところでした。やっぱりあまりキレイにまとめちゃうと惹かれるものがないと思われるんでしょうか?

Iq  で、今回の主役は完全にトヨタです。

 ズラッと並んだコンセプトカーの数だけでも日産、ホンダを霞ませる勢いがあるのに、サプライズの章男新社長の挨拶付き。

 クルマもIQからプリウス、マークX、ノア・ボクシーと非常に幅広いカテゴリーからだし、欧州で販売されるアイゴベースのFR車までと、もう大盤振る舞い。

 若者のクルマ離れはトヨタの仕業、なんて悪評を自ら晴らすかのような意気込みでしたね

Aigo_2  ただ、GAZOO Racingによる「G’s」と「GAMN」の違いがイマイチよく分からないのがちょっと。MNがマイスターのイニシャルなのはいいとして、そしたらG’sってどんなチューニングなの、とか。

 それに、従来からのトムス、TRD、モデリスタも基本同様のスタンスで、さらにワケ分からなくなるんじゃないかな。

 ま、モデリスタが若干近いけど、何かこう、スポーティとかレーシーとかじゃない展開もやればいいのに。たとえば、トヨタ車なら全車種でボディ色やシート地を多数の見本から注文できるとか。

Punto  ところで、何と今回はアバルトが出展してましたね。たしかにチューニングメーカーではあるけど、東京モーターショーにはフィアットすら出なくて、こっちにアバルトとは・・・。

 ただ、500もプントもずっとセクシーなお姉さまが付きっ切りで、クルマに近づけないっていうのはどうなんだろう?

 メーカー以外のアフターパーツ、例の痛車など、たしかに出展数も多くてバラエティに富んだ会場でした。でも、言われてるように、これこそ日本のモーターショー・・・というほどの勢いは感じられなかったですよ。

 

 

|

« 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

オートサロンという場所で言うのは、ちょっと違うんですが、前回の「タント・エグゼ」は、「高級」で、「昭和のバー」的な寂しさで、趣味的・改造車みたいのになると、途端に下品なエアロ付きや、サーキット仕様の方向に行ってしまうのか?

これは、若くない昭和のオッサンでも「いいな~」とは思いませんね。まして、若い子の興味は引けないですよ。

商品企画の人たちにはもう、同世代の人たちがいるはずなのに同世代の人にも「欲しい」と思わせるクルマが作れないというのが、重症だなぁと。
おかしいな? 何処で、成長をやめたんでしたっけ、日本車。

投稿: ぷじお | 2010年1月24日 (日) 14時26分

ぷじおさん

こういう催しが開催されることを否定するつもりは毛頭
ありませんが、それをメディアやメーカーがどう評価、判
断するかですね。

若者のクルマ離れ・・・の解決がいまだに「ハチロク」「頭
文字D」方向だと信じているのなら本当に重症だと思いま
す。

もしかして大人が大人になっていないのでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2010年1月24日 (日) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/33021353

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京オートサロン初体験:

« 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »