« クルマ散策:よく見かけるクルマって・・・? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 »

新車心象風景:スズキ・キザシ

Kizashi  キザシがいいと思うのは、きっと肩の力の抜け加減なのかな、と思う。

 全長4600ミリ超、2.4リッターのアッパーミドルセダン。このところ欧州市場をメインとした小型車でこそ成功はしていたけれど、何たってこのクラスは初チャレンジだ。もう、ガンガン肩に力が入っちゃうのが普通なんだろうけど、よくもまあこれだけ抜力できたもんだと。

 明快にウエッジし、余計なキャラクターラインを廃したキャビン重視のボディは、こっちが心配になるくらいシンプルだ。これ、ザックリ言っちゃえばSX4セダンの拡大版で、完璧に欧州あるいは北米志向なパッケージかと。

 モーターショーではデザイナー氏がやたらに「塊り感」を強調していたけれど、スイフトやSX4と共通のフロントフェイスから腰高のリヤエンドまで、たしかに彫刻的かつ引き締まった一体感もある。

 いや、要はよくマークXにならなかったなと。やっぱり「今回は高級車だ!」と思えば、勢いあっち側を向いちゃうのが人情ってもんでしょう。だって、いまでこそアテンザのマツダですら、一時のルーチェなんか完全にメルセデスベンツのコピーだったものね。

 そういう意味で思い出すのは日産の2代目マキシマかな。初めて専用ボディになったやつ。初代がブルーバードの鼻先を伸ばしたキンキラ路線だったのが、一転極めてプレーンでシンプルな合理的パッケージング・セダンになったでしょ。

 僕はそのマキシマが大いに気に入っていたんだけど、キザシに賛同するのも同じことだと思う。見かけ同様、基本姿勢が骨太なのが気持ちいい。

 雑誌の扱いが地味なのがその証か、たぶんこういうクルマは日本じゃ売れないと思う。だから受注生産なのは正解だ。けれども、本当はこういうクルマこそメディアでしっかり扱ってほしいと僕は思う。仮にハード面でそのマークXに遠く及ばなくても、もっと別の”志”の部分にスポットを当てて欲しいなあと。

 欲を言えば、キンキラ路線にならない方向で、もう少し”見せ場”を意識した方がいいかなとは思う。たとえばフロントグリルやインパネまでスイフトと同レベルな感じはマズイもの。グリル周りにはもう少し緻密さを与えるとか、インパネはウッドやメッキはなくてもいいから造形自体に新しい提案を持ち込むとか。最近のシトロエンみたいにね。

 もちろん、小排気量ターボやデュアルクラッチミッション、高品質なインテリアなど、VWからの”お土産”があればいいんだけど、それはもう少し先の話なんでしょうね。

|

« クルマ散策:よく見かけるクルマって・・・? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

「脱力」ですか~ とても、上手い表現ですね。

私は、ショウカーのキザシで?が四つくらい出たんですが、いやいや、出てきたら、真っ当なクルマでこれはこれで?と、思いました。
でも、脱力って言葉にすると、なんだか、しっくりきますね。

スズキならもうちょっとデザイン頑張れたかな、とは思いますが、お初のラージセダンですから。でも、「顔力」と内装は、マイナー(イヤーかな)で、変えてもいいかもしれませんね。 そこは、今のスズキならやってくれそうですし!

今、日本のメーカーの中で一番期待しているのがスズキなので、頑張ってほしいです。

あと、アメ車って結構バカにされてますが、「マキシマ」・「アバロン」・「セプター」の頃の「日本アメ車」って凄くいい車でしたよね。乗ったことが無い人は残念ですねってくらい。「空間」の贅沢とか、「ゆるきもちいい~」感じとか。
あっあれ、「脱力」ですね!!

投稿: ぷじお | 2010年1月 6日 (水) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32870765

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・キザシ:

« クルマ散策:よく見かけるクルマって・・・? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊 »